子守康範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

子守 康範(こもり やすのり、1961年5月9日 - )は、日本のフリーアナウンサーラジオパーソナリティ、株式会社アンテリジャン代表取締役社長。元毎日放送アナウンサー。

来歴・人物[編集]

大阪府大阪市城東区出身。大阪市内の関目団地で幼少時代を過ごした後に、神戸市兵庫県立長田高等学校に入学。同校を卒業後に、慶應義塾大学商学部へ進学した。ちなみに祖父は、通信販売会社・フェリシモの創業者[1]

アナウンサーになりたいと思ったきっかけは、小学生の時に『おはようパーソナリティ中村鋭一です』(ABCラジオ)を聴いた時から[2]。中学生の頃によく聴いていたラジオ番組は『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)で、火曜日の「ものまね選手権」コーナーに出ようと電話をかけていたこともあったという[2]。大学生時代には、アルバイトとしてNHKやレコード会社などに勤務する[2]かたわら、アナウンサー志望が高じて『600こちら情報部』(NHK総合テレビ)にリポーターとして出演していた。

アナウンサーとしての第一志望は、毎日放送ではなく朝日放送だった。実家で長らく『おはようパーソナリティ中村鋭一です』(朝日放送ラジオ)を聴取していた影響で、中村鋭一のようなラジオパーソナリティを目指していたことによる[2]

毎日放送アナウンサー時代[編集]

大学卒業後の1985年に、現在もスポーツアナウンサーとして活動する森本栄浩と共に、アナウンサーとして毎日放送に入社。アナウンサー以外の同期局員に、大学の同級生でもあった宮前徳弘(スポーツ局の記者・ディレクター・プロデューサーを経て2016年度から解説委員)がいる。

毎日放送への入社当初は、森本とともにスポーツ中継の実況・リポーターを担当した。毎日放送が1985年入社のアナウンサー採用条件をスポーツ実況の志望者に限っていたことによるものだが、子守自身はスポーツアナウンサーを志していないことを伏せながら入社したため、短期間でスポーツ担当から離れた。後に子守自身が述懐したところによれば、野球のルールに詳しくなかったにもかかわらず子守と同じ経緯で毎日放送にアナウンサーとして採用された当時の上司・斎藤努には、前述した本心を早くから見抜かれていたという。

その一方で、入社当時の身長が197cmであったことから、「日本一背の高いアナウンサー」として注目[3]。『あどりぶランド』などのテレビ番組へ出演するかたわら、スポーツ担当を外れてからは、『MBSヤングタウン』『MBSサタデーコネクション ノッTEL土曜子守です』などのラジオ番組でパーソナリティを務めた。

1990年には、湾岸戦争の取材で中東へ滞在[4]1994年8月末には、同年9月から『MBSナウ』(MBSテレビで日曜日以外の夕方に放送されていたローカルワイドニュース)の月〜金曜日メインキャスターに就任することを前提に[5]、毎日放送の開局40周年および関西国際空港の開港記念特別番組に向けて東南アジア諸国を取材していた。しかし、同年8月26日にその取材で滞在していたカンボジアから『それゆけ!金曜板東英二』(当時MBSラジオで放送されていた生ワイド番組)へ中継リポートを入れた際に、「現地で飛行中の旅客機を操縦させてもらった」と取れるコメントを述べた。子守は旅客機の操縦に関する免許を一切持たないことから、実際には操縦室の操縦席に座っただけであったが、放送直後に一部の新聞・雑誌が「無免許で旅客機を操縦したのではないか」と指摘。この指摘を重く見た毎日放送では、操縦室への入室や前述のリポートを「聴取者の誤解を招く軽率な行為であった」として、子守に6か月間の番組出演停止処分を課した。この処分によって、『MBSナウ』メインキャスターへの就任も白紙に戻されている(MBSナウ#エピソードで詳述)。

1995年1月17日阪神・淡路大震災が発生。毎日放送では、「震災報道に携わるアナウンサーの人手が足りない」との理由で、子守への出演停止処分期間を3ヶ月に短縮した。これを機に、『がんばれ!被災者の皆さん』(MBSラジオの被災地復興支援番組)のキャスターとして番組に復帰。1996年4月から1998年3月までは、「(前述の飛行機操縦疑惑以来)落ち込んでいる子守を励ましたい」というやしきたかじんの希望から、『たかじん生JIN JIN』(たかじんの冠番組でもあったMBSラジオの生ワイド番組)で2代目のアシスタントを務めた。

「アンテリジャン」の起業・フリーアナウンサーへの転身[編集]

1998年に、事業家の立場で子守に早期の独立・起業を勧めてきた祖父が逝去。親族としてその足跡に関する映像を制作したことを機に、1999年12月25日付で毎日放送を退社した。退社に至ったのは、あくまでも起業を決意したことによる。

毎日放送への退社翌日には、生前に祖父が作った会社の名前を継ぐ形で、自分史・企業紹介などの映像を制作する会社として「アンテリジャン」を設立。同時に社長へ就任したことで、メディアへの露出を控えるようになった。ただし、やしきたかじんの冠番組であった『たかじんONE MAN』(MBSテレビの深夜番組)には、フリーアナウンサーとして月1回のペースで出演していた。

社長業とラジオパーソナリティ業の両立へ[編集]

2008年3月31日にMBSラジオで平日の帯ワイド番組『子守康範 朝からてんコモリ!』(以下『朝からてんコモリ!』と略記)の放送を開始したことで、9年振りにマイクロホンサイドに復帰。奇しくも、『おはようパーソナリティ道上洋三です』(『 - 中村鋭一です』の後継番組)の前半と放送時間が重なる『朝からてんコモリ!』で、ラジオパーソナリティを務めることになった。これを機に、経営者の顔を持ちつつ、同局のテレビ・ラジオ番組へ出演する機会を再び増やしている。

現在では、『朝からてんコモリ!』で3時間の生放送を終えた後に、映像プロデューサー・経営者としても活動。アナウンススクールを開講するなど、後進の指導にも当たっている。また、『朝からてんコモリ!』を中座・休演してまで国内外へ皆既日食金環食の鑑賞に出るほどの行動派。同番組の放送中に、日本内外からの生中継で皆既日食や金環食の瞬間を何度も実況している[6]

2013年5月3日には、『朝からてんコモリ!』での特別企画(後述)をきっかけに、歌手としてCDシングル「あなたにありがとう」を発表[7]2014年には、『たかじん生JIN JIN』『たかじんONE MAN』で共演したやしきたかじんが1月3日に64歳で逝去したことを受けて、同月8日水曜日)にMBSラジオで『朝からてんコモリ!』に続いてたかじん追悼特別番組(19:00 - 20:50に緊急生放送)の進行役を務めた。

2018年6月18日月曜日)には、『朝からてんコモリ!』の本番終了直後(7:58)に、毎日放送本社の社内で大阪府北部地震に遭遇。本社のある大阪市北区で震度6弱(発生時点の地震観測体制下での府内最大震度)を観測したことを受けて、同局のラジオスタジオから8:20まで第一報を伝えた。

エピソード[編集]

出演番組・CM[編集]

  • 前述したように、実業家への転身を理由に1999年12月で毎日放送を退社したが、入社1年目(1985年)の秋にも別の理由で退社を決意していた。1985年9月1日にMBSラジオで放送された開局記念特別番組で京都から3分間の生中継リポートを担当した際に大失敗を犯したことで、進行役の角淳一(当時の上司)・笑福亭鶴光に放送後厳しく叱責されたことによるという。その時の経験から、ラジオパーソナリティとしては、自分の意見や本音をできるだけ放送で明かすことを心掛けている。
  • 毎日放送への入社2年目に当たる1986年には、『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』(TBS制作でMBSテレビでも放送)に一般参加者として出演した。結果は「悪魔の館」で池に落ちて敗退したが、当番組でリポーターを務めていた生島ヒロシ(当時TBSアナウンサー)[8]から敗退直後にインタビューも受けている[9]
  • 衣笠祥雄(毎日放送の放送対象地域である京都市出身の広島東洋カープ内野手)がプロ野球公式戦2215試合連続出場(当時の世界最多記録、現在はNPB最多記録)を達成したうえで現役を引退した1987年の秋に、毎日放送が日本民間放送連盟のラジオ統一キャンペーン向けに制作したスポットCM「健やか日本 衣笠新記録」では、担当のディレクターが長田高校時代の先輩でもあった縁でナレーターに起用。このCMは、1987年度の日本民間放送連盟賞・統一キャンペーン ラジオスポット部門で最優秀賞を受賞した[10]。衣笠が70歳で永眠した翌々日(2018年4月25日)に放送の『朝からてんコモリ!』では、このCMの音源を交えながら、衣笠の訃報を伝えた。
  • 毎日放送を退社する際には、番組の共演などで親交が深かった河島英五(2001年4月に48歳で急逝)が、子守のために「あなたにありがとう」という楽曲を制作。2011年5月14日放送の『朝からてんコモリ!』では、子守と遺族の意向によって、テレビ・ラジオを通じて同曲の音源が初めて披露された。2013年5月3日からは、英五の遺児・河島アナムの補詞と子守の歌唱による「あなたにありがとう」を、CDシングルとして発売している。
  • MBSラジオでは、子守が毎日放送を退社してからも、同局のアナウンサー時代に収録した「スポーツニッポン」や「酒のたんだ(大阪全域に店舗を展開している酒類のディスカウントストア)」などのスポットCMを長らく放送していた。
  • 2009年6月3日には、毎日放送東京支社ラジオスタジオで『朝からてんコモリ!』の生放送を終えた後に、『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ制作・関西地方では関西テレビで放送)のオープニング企画「アラ2は誰だ!?」に一般参加者として生出演[11]。他局でありながら、関西ローカル放送の『朝からてんコモリ!』を全国に紹介していた。

趣味・活動[編集]

  • 『朝からてんコモリ!』などの出演番組で、「新しもの好き」「理系崩れ」「日食ハンター」と自称している。また、最新の製品・技術にいち早く興味を持つ一方で、飽きるのも速い。
  • 読書家で博学。特に鉄道や航空機などの乗り物や、デジタル機器への造詣が深い。MBSラジオの番組では、「西日本一の鉄道アナウンサー」として知られる後輩で同僚の馬野雅行との間で、鉄道ファンならではの深いトークをしばしば展開している。2012年2月24日金曜日)には、『朝からてんコモリ!』の生放送終了後に、プロ野球取材中の馬野に代わって『MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ』(当時のナイターオフ番組で、金曜日のパーソナリティを馬野が担当)のパーソナリティを務めた。
  • 稲盛和夫を「経営の師」と仰いでいる。「アンテリジャン」の社長として「盛和塾」(稲盛が主宰する若手経営者向けの経営塾)にも参加。2011年の「盛和塾世界大会」では司会を務めた[12]
  • 少年時代には、少年野球チームで4番打者・投手・主将を務めていた。ヤングタウンのパーソナリティを務めてたこともあり、草野球チームヤンタンオールスターにも参加し芸能人大会等で投手として登板もした。2014年7月2日水曜日)には、その経験を踏まえて、オリックスバファローズ東北楽天ゴールデンイーグルス戦(京セラドーム大阪)の始球式に登場。『子守康範 朝からてんコモリ!』のPRを兼ねていたため、背番号の部分に「TENKOMORI 1179」という文字を入れたバファローズのホームゲーム用レプリカユニフォームを着用したうえで、ワンバウンド投球を披露した[13]

現在の出演番組[編集]

いずれもMBSラジオの番組

過去の出演番組[編集]

毎日放送への入社前[編集]

テレビ

毎日放送アナウンサー時代[編集]

テレビ

ほか ラジオ

フリーアナウンサーへの転身後[編集]

テレビ

以下はいずれも、毎日放送制作の番組。

  • たかじんONE MAN(月一回の時事コーナー「ザ・まいど(社会派まいど)」進行役)
    • 前述のエピソードから、飛行機の話題になると司会のやしきたかじんからいじられていた。
  • ごぶごぶ お正月スペシャル(2009年1月1日)
  • ちちんぷいぷい
    • 同局からの退社後に、『朝からてんコモリ』への生出演と並行しながら、2012年頃まで不定期で企画取材・リポートを担当。2008年10月から2011年3月までは、月に1回のペースで、レギュラーコーナー『がんばれ!ヒヨコちゃん』に出演していた。
  • 痛快!明石家電視台

DVD

  • よみがえる総天然色の列車たち第2章(1)(ビコム株式会社、ナレーター)

TVコマーシャル

  • 「綾鷹」(コカコーラ社、関西地域限定)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ あきない総合研究所 「自分史ビデオ」株式会社アンテリジャン・子守康範社長
  2. ^ a b c d ラジオライフ三才ブックス)2014年5月号「子守康範 DJ interview」より。
  3. ^ 月刊ラジオパラダイス1988年4月号特集『ラジオ界おもしろ大百科事典 これがラジオのNo.1』44ページより。
  4. ^ そのときの経験などから「世界中どこに行っても、挨拶とビールの注文はできる」とよく口にする。
  5. ^ ただし、前任のメインキャスター・平松邦夫(当時は毎日放送アナウンサー、後の大阪市長)が休暇を取った期間に、メインキャスター代理として出演したことがある。
  6. ^ てんコモリ!ブログ「2012.5.21【月】よかったね」”. MBSラジオ『子守康範 朝からてんコモリ!』 (2012年5月21日). 2015年7月20日閲覧。てんコモリ!ブログ「2011.7.12【火】あれから1年」”. MBSラジオ『子守康範 朝からてんコモリ!』 (2011年7月12日). 2015年7月20日閲覧。
  7. ^ 株式会社アンテリジャン「あなたにありがとう」
  8. ^ 生島は当番組のレギュラーではなかったが、収録当日にレギュラーリポーターの柳沢慎吾が病気休養したため急遽代理出演した。
  9. ^ インタビューを受けた際、「毎日放送『ヤングタウン』子守康範アナウンサー(25歳)」というテロップ付きで紹介された。なお、子守が参加した回には漫画家青山剛昌も参加。子守と同じく「悪魔の館」で敗退している。
  10. ^ 日本民間放送連盟賞/1987年(昭和62年)入選・事績
  11. ^ 『子守康範 朝からてんコモリ!』「てんコモリブログ」2009.6. 3【水】笑っていいとも!を参照。ただし、『朝からてんコモリ!』では、放送の数日前から『笑っていいとも!』への出演を予告。出演当日には、通常は毎日放送の本社(大阪市北区茶屋町)から放送されている『朝からてんコモリ!』を、毎日放送東京支社からの生放送に切り替えていた。
  12. ^ 『子守康範 朝からてんコモリ!』「てんコモリブログ」2011.7. 6【水】リーダーの仕事
  13. ^ 『子守康範 朝からてんコモリ!』「てんコモリ!ブログ」2014年7月2日・3日付記事
  14. ^ ただし子守は、番組のタイトルに「がんばれ」という言葉を入れていることへの違和感から、放送では自身の意思でタイトルコールをあえて控えていたという(阪神・淡路大震災の発生から19年目に当たる2014年1月17日放送分の『子守康範 朝からてんコモリ! 5時ですよ〜』での述懐より)。
  15. ^ 他のゲストは、大林素子中村昌也田中卓志アンガールズ)・東口順昭ガンバ大阪サッカー日本代表GK)など。

外部リンク[編集]