亀井希生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かめい まれお
亀井 希生
プロフィール
出身地 日本の旗 愛知県名古屋市
生年月日 (1967-12-15) 1967年12月15日(50歳)
最終学歴 名古屋大学
勤務局 毎日放送
活動期間 1991年 - 現在
ジャンル ニュース番組
配偶者 古川圭子
家族 長男、長女
出演番組・活動
現在
  • 本文参照
過去
  • 本文参照
  • 亀井 希生(かめい まれお、1967年12月15日 - )は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサー

    来歴・人物[編集]

    愛知県名古屋市の出身で、愛知県立千種高等学校から名古屋大学へ進学。高校の先輩には舘ひろし上野ゆい、高校の後輩には元TBS竹内香苗CBC宮部和裕テレビ神奈川(元テレビ山口)の柳田純司、大学の後輩にはCBCの若狭敬一がいる。名古屋大学への在学中には、SBF中日本学生放送連盟で活動するかたわら、地元・名古屋のラジオ局でアシスタントディレクターアルバイトを経験した。

    大学卒業後の1991年に、アナウンサーとして毎日放送へ入社。同期入社には、アナウンサーの田丸一男NHK大津放送局より中途採用で移籍)、テレビプロデューサー田渕伸一(現在は制作局副部長)や渥美昌泰(現在はラジオ局制作センター長)などがいる。新人研修では、後の上司でもある角淳一から、直々に指導を受けた[1]

    妻は、1993年に毎日放送へ入社した同僚アナウンサーの古川圭子。家庭では2児 (1男1女) の父でもある。また、同局制作のテレビ・ラジオ番組や、MBSラジオで放送されるスポットCMに夫婦で共演することもある。ちなみに、古川の年齢と、局内における現在の役職は亀井より上である。

    毎日放送への入社後は、ラジオ番組を中心に、ニュースキャスターやスポーツ・情報・トーク番組のパートナーを務める機会が多い。特に、MBSラジオの『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』では、15時台に放送される「とれたて!駅売り夕刊紙」コーナーで長年「夕刊紙ナビゲーター」(日替わりキャスター)を担当。同コーナーが終了してからも、別のコーナーの進行やパーソナリティ代理などを任されている。さらに、同局で長年放送されているハイヒールの冠番組(『ハイヒールの金曜は生で!』→『ピカピカハイヒール』→『ますます!ハイヒール』)には、アナウンサー歴25年に当たる2018年4月の時点で、19年にわたってハイヒールのパートナーとして出演を続けている。

    ガンダムシリーズの根強いファンで、グラビアアイドル・日本の城・サブカルチャーに関する造詣も深く、生粋の中日ドラゴンズファンである[2]

    2016年4月からは、MBSラジオ土曜早朝の生ワイド番組『かめばかむほど亀井希生です!』でパーソナリティを担当中。テレビ・ラジオを通じて自身初の冠番組ながら、2018年の平成30年日本民間放送連盟賞では、ラジオ生ワイド番組部門の近畿地区審査で最優秀賞[3]、中央(全国)審査で優秀賞を受賞した(受賞対象回は同年4月21日放送分)[4]。また、同番組でも使用する毎日放送本社M館ラジオβスタジオ(生放送対応のスタジオ)の改修工事(同年1月 - 2月)に伴うラジオ放送用マイクの新調に際しては、毎日放送の現役アナウンサーを代表して、アナウンス部長の関岡香と共にマイクの選定テストへ携わった[5]

    現在の出演番組[編集]

    テレビ[編集]

    • MBS NEWS(不定期、2015年度までは土曜深夜~日曜早朝を中心に担当)
      • 2016年度以降の土曜日には、『かめばかむほど亀井希生です!』の本番終了後に、『JNNニュース』(11時台)の関西ローカルパートを担当することが多い。
    • ちちんぷいぷい
      • 2014年4月から、VTRコーナーのナレーターを不定期で担当。妻の古川は、アシスタント、ナレーター、コーナーレギュラーとして、1999年10月の番組開始当初から(2度の産前産後休暇をはさんで)断続的に出演している。
    • 痛快!明石家電視台
      • 2014年から、年に1~2回のペースで「MBSアナウンサー大集合スペシャル」を放送する場合に、アナウンサーとして古川と揃ってゲスト出演。出演のたびに、放送で言葉を噛む(滑らかに言えない)癖が話題に上っている。
      • 「MBSアナウンサー26人大集合スペシャル」(同年4月7日放送分)では、『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を愛聴していた学生時代からの憧れであったという松尾伴内と、スタジオで初めての対面を果たした。古川とは、「MBSアナウンサー大集合スペシャル」以外にも、2018年5月26日放送分の「実際どうなん!?いつも一緒の夫婦」に揃ってゲスト出演[6]
      • ハイヒールをメインゲストに迎えた「ハイヒール姉さんは最高やスペシャル」(同年5月26日放送分)にも、「ハイヒールと縁の深いアナウンサー」として、後輩の大吉洋平とともに出演した。
    • コトノハ図鑑(不定期)

    ラジオ[編集]

    • こんちわコンちゃんお昼ですょ!(金曜、「エンタメコンちゃん」進行役)
      • 2015年3月まで放送されていた「とれたて駅売り夕刊紙」でも、月・火曜 → 月・木曜 → 火・金曜ナビゲーターを担当。「エンタメコンちゃん」では、2013年4月から進行役を務めている。担当コーナー以外の時間帯にも、特別企画の進行役や、パーソナリティ・パートナー・アシスタントの代理として出演することもある。
    • ますます!ハイヒール(土曜、後述の前身番組からパートナーとして出演)
    • 松井愛のすこ〜し愛して♥(金曜、「無趣味方正の知らない世界」→ 「方正の知らない人たち」進行役)
      • 放送枠を『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』の直前へ移動した2015年4月から、同番組との兼務扱いでコーナー出演を開始。後輩アナウンサーでメインパーソナリティの松井愛が夏季休暇で休演する場合には、『亀井希生のすこ~し愛して♥』というタイトルで、金曜日の全編にわたってメインパーソナリティ代理を務める。
    • かめばかむほど亀井希生です!(2016年4月2日 - 、メインパーソナリティ)
    • 福島のぶひろの、どうぞお構いなく。(不定期)
      • 後輩アナウンサーの福島暢啓がパーソナリティを務める深夜番組で、亀井の趣味に関する特別企画を放送する場合に、ゲストとして出演。2017年12月1日放送分で出演した特別企画『2017年、お耳で感じるグラビア総まとめ!』は、100回目の放送(2018年2月23日)を前に実施された「私の神回ベスト3」(過去99回分の放送からベスト3を選ばせるリスナー投票企画)で1位に選ばれた。
    • MBSニュース(不定期、2015年度までは土曜深夜~日曜早朝を中心に担当していた)

    過去の出演番組[編集]

    テレビ[編集]

    ラジオ[編集]

    • はやおきサンデーMBS(藤本永治関岡香と共にパーソナリティを担当)
    • MBSヤングタウンシリーズ
      • ヤンタンはなまるリクエスト(月曜アシスタント、1994年1月~1996年3月)
      • ヤンタンミュージックネトランジェ(月曜パーソナリティ)
        • 以上のシリーズ番組ではいずれも、妻の古川が水曜放送分にレギュラー出演。
      • ヤンタンMUSIC MAX水曜日(1997年10月~1998年9月、林あさ美と共にパーソナリティを担当)
    • ハイヒールの金曜は生で!ピカピカハイヒール(『ますます!ハイヒール』の前身番組)
    • MBSナイトアングル
    • MBSニュースレーダー(金曜日ニュースキャスター、2008年4月4日~2009年10月2日)
    • RadioNews たね蒔きジャーナル(火・水曜日ニュースキャスター、2009年10月6日~2012年9月27日)
    • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day
    • ノムラでノムラだ♪ EXトラ! → ノムラでノムラだ♪(水曜日→木曜日→水曜日ニュースキャスター、2009年8月~2014年3月)
      • ニュースキャスターを固定しなくなった2014年度も、不定期で番組内の『MBSニュース』を担当。木曜日のパートナーやアシスタントが休演する場合には、自身の提案による特別企画を本編で放送する関係で、パートナー代理として本編に出演することもあった。
    • 情報どっか〜んライブ!ホームランラジオ(2011年度のナイターオフ番組、木曜パーソナリティ)妻の古川も一時ナレーターを担当
    • with…夜はラジオと決めてます(2012年度のナイターオフ番組、木・金曜日パートナー)
    • 京都いちばん!シリーズ(日曜、2012年4月8日~2013年3月31日、パーソナリティ)
    • ぴーたんぱん(2013年度のナイターオフ番組、近藤夏子と共にパーソナリティを担当)
    • ニュースターラジオ(2015年度のナイターオフ番組、木曜・金曜パーソナリティ)
      • 放送上のタイトルは『亀井希生のニュースターラジオ』で、『かめばかむほど亀井希生です!』は木曜放送分からの派生番組。
    • おとなの駄菓子屋(2016年4月15日放送分にゲスト出演)
      • 長らく上司だった角がフリーアナウンサーとしてパーソナリティを務める関係で、前述の新人研修以来25年振りに、角と2人きりで話ができたという[1]
    • スマラジw金曜日「ナジャとアナの虹色レインボー」
      • 毎日放送のアナウンサーがナジャ・グランディーバ(メインパーソナリティ)のパートナーを週替わりで務めた2016年度のナイターオフ番組で、第1回(2016年10月7日)と最終回(2017年3月24日)のパートナーを単独で担当。
    • ナジャ・グランディーバのレツゴーフライデー(2017年10月13日)
      • 『虹色レインボー』からの派生番組で、「ナジャじゃジャーナル」(18時台)のキャスターを担当。前週(6日)放送の第1回には、妻の古川も出演した。
    • おわらナイト(2018年2月3日)
      • 『夜もラジオと決めてます』(『夜ラジ』)の金曜日で共演していたいときんET-KINGのリーダー)が2018年1月31日に逝去したことを受けて「ET-KING特集」を放送した関係で、『かめばかむほど亀井希生です』の本番前ながら、生放送パートの途中(3時台の後半)から急遽ゲストで出演。1月31日の深夜から宿直勤務に入っていた関係で、『ちちんぷいぷい』のスタッフとして局内にいた佐川昌裕(『夜ラジ』でプロデューサーを担当)を通じて、いときんの訃報をいち早く知ったことなどを明かした。

    関連人物[編集]

    脚注[編集]

    外部リンク[編集]