MBSベースボールパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MBSベースボールパーク
ジャンル プロ野球中継(阪神戦中心)
放送方式 生放送
放送期間 2014年 -
放送時間 平日17:46 - 試合終了
土・日曜17:59 - 試合終了
放送局 MBSラジオ
ネットワーク 月・金曜:JRN
火・水・木曜:NRN
土・日曜:ローカル(LFと提携、対戦カードによりデーゲームはNRN/JRN・ナイターはJRNとネットを組む場合あり)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

MBSベースボールパーク』(エムビーエスベースボールパーク、MBS Baseball Park)は、 毎日放送MBSラジオ)が2014年から放送のプロ野球中継番組。

目次

概要[編集]

中継タイトルの変遷[編集]

  • 1959年 - 1972年:毎日放送ナイター(まいにちほうそうナイター、Mainichi Broadcasting System Nighter)以下、『 - ナイター』 (番組放送上は「毎日放送○曜ナイター」)
  • 1973年 - 2002年:毎日放送ダイナミックナイター(まいにちほうそうダイナミックナイター、Mainichi Broadcasting System Dynamic Nighter)以下、『ダイナミック - 』
  • 2003年 - 2010年:MBSタイガースナイター(エムビーエスタイガースナイター、MBS Tigers Nighter[1]以下、『 - ナイター』
  • 2011年 - 2013年:MBSタイガースライブ(エムビーエスタイガースライブ、MBS Tigers Live)以下、『 - ライブ』
  • 2014年 - :(with Tigers)[2] MBSベースボールパーク(ウィズタイガース エムビーエスベースボールパーク、with Tigers MBS Baseball Park)(以下、『 - パーク』)

放送日・放送時間[編集]

MBSラジオのサービスエリアである関西地方に本拠地を置く阪神タイガースの公式戦を中心に、オリックスバファローズなどの公式戦を随時中継。番組としての放送開始時間は、平日が17:45、土・日曜は17:59。公式戦の期間中は、デーゲームを含めて中継カードを試合終了まで放送する。

『 - ライブ』時代、平日の開始時間を、2004年度までは17:36、2005-2010年度は17:25、2011年度からは17:54(阪神戦以外の場合は17:57から)、土・日曜の開始時間を17:59に設定。また、月曜日のナイターや祝日のデーゲームで阪神の試合がある場合には、『MBSタイガースライブスペシャル』というタイトルで中継。土曜日についてはデーゲーム・ナイターとも『MBSタイガースライブ』として放送していた。

『 - ベースボールパーク』移行後の2016年度には、土曜日午後の生ワイド番組(同年度は『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト』→2017年度から『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』)の開始時刻を、通年で13:45に設定。土曜日に中継するデーゲームの開始時刻が13:45以降の場合には、編成上別番組として扱いながらも、先述番組のフロート番組(1コーナー)として放送する。

日曜日は競馬中継を最優先するためデーゲームの生中継は2006年まで行われず、前座コーナーの『とことん!!タイガース』でダイジェストが放送された。16・17時台にMBS自社制作の生放送番組『上泉雄一の日曜スポーツ宣言!』を編成していた2007年には、番組内でデーゲームの途中から生中継を実施することもあった[3][4]2008年以降は、阪神のデーゲームが薄暮開催などの関係で18時以降も続いていれば、ナイトゲーム中継枠の冒頭を使って放送することがある。

前座番組[編集]

平日は2008年まで、土曜日は2010年まで、日曜日は2009年まで、スタジオから前座コーナーを放送していた。

2009年からは、平日の前座コーナーを前枠番組『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』に統合。平日にナイトゲームを中継する場合には、原則として17:57に同番組からステブレレスで放送を開始した。

日曜日は2010年度当初から、土曜日は同年7月から同枠で別番組が開始されたため、土・日曜の前座コーナーも廃止された。

『 - パーク』1年目の2014年には、『もうすぐベースボールパーク』というタイトルで、平日のみ前座コーナーを再び内包(放送時間は17:46から中継カードの開始直前まで)。『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』については、タイトルを2008年度までの『ノムラでノムラだ♪』に戻すとともに、火 - 木曜日の放送時間を7分短縮した(短縮後の放送時間は16:00 - 17:46)。その一方で、『EXトラ(エキストラ)』というタイトルは『豊永真琴のベースボールパークEXトラ』[5]に引き継がれた。MBSの制作で阪神またはオリックスのナイトゲームを中継する場合には、『もうすぐベースボールパーク』の進行役を、実況担当のアナウンサーが事実上兼務。オープニングでは、「タイガース直前情報」と称して中継先から中継カードの聴きどころを手短に伝えた後に、タイトルコールを流す。スタジオアシスタントは、実況担当とのやり取りを最小限にとどめたうえで、中継に出演する実況・解説者の紹介、中継しないカードの先発投手・途中経過の案内、インフォマーシャルなどのアナウンスに専念していた。なお、平日に阪神・オリックス以外のゲームを中継する場合には、『もうすぐ - 』にMBSのスポーツアナウンサーがスタジオに登場。当該カードの中継を開始するまで、当日のスタジオ担当と共に、直近の阪神の戦い振りを振り返っていた。

2015年には、『上泉雄一のええなぁ!』の放送枠を平日のランチタイムから夕方へ移動させるとともに、『もうすぐベースボールパーク』の放送枠を『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』方式で統合。火 - 金曜日の17:45 - 17:54には、上泉と当日のスタジオアシスタントの出演で、『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』を放送している。なお、当番組で阪神のナイトゲームを中継する場合には、上泉が(対戦チームを含めた)当該試合のスターティングメンバーを『上泉雄一のええなぁ!』内(18:00開始予定の場合には17:25頃)で発表。『まだまだええなぁ! - 』では、上泉が「タイガース直前情報」まで出演した後に、中継しないカードの速報・予告先発投手をスタジオアシスタントが伝える[6]。7月からは、土曜日にMBSの自社制作で阪神のナイトゲームを中継する場合に『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト 延長スペシャル』(本来はナイトゲームのない土曜18 - 20時台に放送)として17:45 - 17:59に前座コーナーを復活させた[7]

2016年には、前年と同じく、火 - 金曜日に『まだまだええなぁ! - 』を編成。土・日・月曜日については、スポンサー付きの別番組を編成する関係で、ナイトゲームの中継を予定している場合でも基本として前座番組・コーナーを設定しない。ただし、土曜日にMBSの自社制作で阪神のナイトゲームを中継する場合には、『うきうき土曜リクエスト』の本編(17時台後半)に前座コーナーを組み込んだ。

2017年には、『うきうき土曜リクエスト』の後継番組として、4月改編から『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』(『るんるん』)の放送を開始。当番組の中継で実況・リポーターを担当するスポーツアナウンサーの井上雅雄をパーソナリティに起用するほか、井上が当番組を含むスポーツ中継との兼ね合いで休演する場合には、他のスポーツアナウンサーが交互に『るんるん』のパーソナリティ代理を務める。このため、土曜日の中継では、基本として井上以外のアナウンサーが実況やリポーターを担当。井上やパーソナリティ代理のスポーツアナウンサーは、毎日放送本社のラジオスタジオから、桜井一枝と共に前座コーナーへ出演する。『上泉雄一のええなぁ!』でもコーナー構成を若干変更したため、火 - 金曜日に阪神のナイトゲーム中継を実施する場合には、『まだまだええなぁ! - 』内で中継先から実況(または阪神側ベンチリポート)担当のアナウンサーが中継カードのスターティングメンバーを伝える。

エンディング[編集]

阪神が試合に勝った場合は、中継終了時にBGMとして「六甲おろし[8]を流しながら、試合結果、解説者、ベンチレポーター、実況担当アナの紹介をした後、その試合での阪神の得点場面や試合終了の場面を実況再生(1分間ほど)しながら中継を終了する(阪神がサヨナラホームランで勝った場合は、その場面のみを再生する場合が多い)。なお、全国ネットなどで他局にネットしている場合は、2007年までは試合結果などの紹介をした上でネット局のみ先に中継を終了させた後、MBSのみ解説者と実況アナとのトークなどを数分間続けたのち、上記の実況再生などをして中継を終了していた。2008年からはMBS・ネット局とも一緒に中継終了の挨拶をした後、MBSのみ実況再生をして中継を終える事が多くなった。

『 - ライブ』時代には、関西ローカル中継で阪神敗戦時に相手チームの選手に対するヒーローインタビューも放送したり、他球場からのプロ野球速報を中継内で詳しく伝えたりするなど、阪神以外の球団も極力平等に扱いながら野球界全体を盛り上げる方針となった。

以前はホームゲームでタイガースOBを中心とした解説者2名の「ダブル解説」形式を取っていたが、2010年時点では解説者1名のケースがほとんどとなった。ビジターゲームでは、解説者1名で中継する場合と、タイガースファンのタレントやMBSの他番組のパーソナリティ(以前は「トラ番ゲスト」と呼称)と解説者を交えて放送する場合がある。また、試合によってはJRN・NRN系列各局の解説者をゲストとして迎えて送る場合もある。

予備カードの扱い[編集]

2006年度からの一時期は、阪神のナイトゲームが中止・ノーゲームか20:30頃まで終了した場合には、予備カード扱いのオリックスのホームゲーム中継を放送。オリックスの試合がビジターゲームの場合には、巨人戦を中心に、原則としてセントラル・リーグのカードを予備カードからの繰り上げ形式で中継する。ただし、関東圏での阪神ビジターゲームが中止の場合には、オリックスがホームゲームを開催していても巨人戦の放送を優先しており、2010年時点では阪神の試合の開催地に関係なく、オリックス主催試合は阪神戦・巨人戦に次ぐ第2予備になることが多かった[9]。2011年度は前述のように他球団も極力平等に扱う方針となったため、8月までは巨人戦がある場合でもオリックスのホームゲームの方を第1予備として設定していたが、9月以降のこの優先措置は、全国放送の設定順位が屋内球場より上位の場合に限り行うようになっており、当初から阪神戦が非開催の日の対応についてもその時々であった。2013年からはオリックス戦の優先措置は阪神戦非開催日以外ほとんど見られなくなったが、2015年は阪神戦の第1予備にビジターのオリックス戦を配置するケースが見られるなど幾分扱いが改善されている(現地局で放送されている場合に限る)。

ちなみに、MBSラジオで選抜高等学校野球大会の全試合を完全中継していた2010年度までは、高校野球の試合時間が延びた場合に阪神・オリックス戦の中継を試合の途中から放送することがあった[10]

キャッチコピー[編集]

  • 2003 - 2010年:なにがなんでもタイガース!!(『 - ナイター』時代)
  • 2011年:毎日ナマ虎!(同年から『 - ライブ』移行)
  • 2012年・2013年:withタイガースMBSテレビ阪神戦中継との共通キャッチコピー)
  • 2014年 - :with Tigerswithタイガースの表記を変更)

インターネット・携帯電話・ワイドFM向け中継[編集]

2001年度からは、阪神甲子園球場で開催される阪神球団主催ホームゲーム(対巨人戦を除く)は、有料会員制でインターネット配信による実況『阪神タイガースLive!』を実施していた。

2007年度からは、『阪神タイガースLive!』を休止する代わりに、NTTドコモの携帯電話向け音声配信サービス『MBS猛虎亭DX』を開始。『阪神タイガースLive!』での対象ゲームに加えて、阪神対巨人戦(阪神主催試合)も配信している。ただし、MBSラジオで放送しない日曜のデーゲームや、他球団主催のビジターゲームまでは配信しない。また、auソフトバンクウィルコムなどの携帯電話には、今のところ対応していない。

2009年4月30日の阪神対横浜戦(甲子園のナイトゲーム、MBSではテレビ・ラジオで放送)では、P2P技術による実証実験を兼ねてインターネットでの無料配信中継を実施。2010年シーズンのradiko実用化試験期間中には、大阪府京都府兵庫県奈良県内に限って、試験用のポータルサイト(radiko.jp)を通じて放送中の中継・CMを無料・同時にインターネットで配信。試験対象地域では、携帯電話・携帯端末のうち、インターネット対応のiPhoneiPadAndroidで中継を聴けるようになった。同年12月から関西全域でradikoの本運用が始まったことを機に、『 - ライブ』改称後の2011年シーズン以降は、同時配信の対象を和歌山県滋賀県内にも拡大。その一方で、楽天球団の方針により、(阪神のビジターゲームを含む)楽天ホームゲームでは同時配信を実施できなくなった[11]

2014年9月1日から「radikoプレミアム・エリアフリー」(有料会員制サービス)でもMBSの配信が開始されたため、9月2日の「阪神対DeNA」戦から同サービスで聴けるようになった。

さらに、MBSラジオでは2016年3月19日(土曜日)の12:00から、大阪府のほぼ全域と兵庫県・京都府・奈良県の一部地域を対象にFM補完放送(ワイドFM)の本放送を開始。当番組では、当日の12:55から放送した「オリックス対阪神」オープン戦中継(京セラドーム大阪、実況:近藤亨、解説:藪恵壹)を皮切りに、ワイドFMと従来のAMによるサイマル中継を本格的に実施している。

なお、2016年の当番組では、ワイドFMでの中継開始と「超変革 Fighting Spirits」(阪神のチームスローガン)にちなんで「FMでも聴ける!MBSラジオも聴変革(ちょうへんかく)!!」というキャンペーンを展開。キャンペーンポスターには、ワイドFMの周波数(90.6MHz)にちなんで、阪神の高山俊外野手(背番号9)・大和外野手(背番号0)・金本知憲一軍監督(背番号6:2013年から2015年までの阪神戦中継ゲスト解説者)によるホームゲーム用ユニフォーム姿の写真を用いていた。阪神がチームスローガンを「挑む!」に変更した2017年には、キャンペーンの名称を「MBSも挑む!」に改めながらも、上記のキャンペーンを続けている。

歴史[編集]

MBSラジオでは、新日本放送としての開局2日目(1951年9月2日)に、日本の民放ラジオ局では初のアマチュア野球中継(ハワイ・レッドソックス対早稲田大学戦)を放送した。この中継では当初、「アメリカのメジャーリーグ中継を手本にせよ」という中澤不二雄の進言を基に、中澤自ら解説役として要点だけを喋るスタイルを採用していた。しかし、リスナーからの評判が芳しくなかったため、記録係として中継に帯同していた杉本隆平(当時の同局アナウンサー)が4回から放送に登場。これが解説を交えながら実況を伝える放送形式を生み出すことになった。ちなみに同年には、単発番組ながら、このスタイルでプロ野球のナイトゲーム中継も始めている[12]

  • 1959年5月、ニッポン放送RKB毎日放送とネットを組み、毎週火曜日と土曜日の20:00〜21:00にレギュラー番組として編成され、6月には火曜日のみ試合状況により30分間延長された[13]
  • 1960年4月から放送日が火曜日と日曜日(薄暮試合、17:00〜18:55)に変更される[14]
  • 1961年4月、放送開始が19:00からとなり、最大延長22:00まで可能となった[14]
  • 1962年4月、日曜日をラジオ関東 [15]とのネットワークで増枠[14]
  • 1963年4月、MBS全体がナイター中継中心の編成を採る事となり、試合開始前から終了まで放送する体制を確立。水曜日をラジオ関東、木曜日をTBSラジオとのネットで増枠[14]
  • 1964年4月、TBSの製作協力で土曜日の放送を再開[14]
  • 1965年4月、ネットワークを組み直し、火〜木曜日はLF、土曜日は文化放送、日曜日は薄暮試合も含めてTBSとネットワークを組む事となった。
    5月、ラジオネットワークの発足で、火〜木・土曜はNRNナイター、日曜日は薄暮試合も含めJRNナイターを担当する事となる[14]
  • 1967年4月、月曜日をJRNネットで増枠[14]
  • 1969年4月、日曜薄暮試合が無くなり、代わりに金曜日の放送を開始して全曜日の編成となる。ネットワークも月・金曜日はJRN、火〜木・土・日曜日はNRNに再編成される[14]
  • 1972年4月、南海ホークス応援番組の『ゴーゴーホークス』の放送を開始。
  • 1973年4月、番組名が『毎日放送ダイナミックナイター』となる[16]
  • 1976年4月、阪神タイガースがABCと優先契約を結んだため、巨人主体の内容になる(このことが原因で1980年頃まで阪神タイガースの取材と中継に制限がかかる)[17]
    また、日曜日は阪急ブレーブス主体の『ブレーブス・ダイナミック・アワー』(阪急電鉄阪急百貨店提供)に変更。NRNナイターやネットCMは放送されず、キー局・QRとの確執を生む事となる[18]
  • 1977年4月、土・日曜日のNRNナイターネットの辞退を余儀なくされ(担当局がラジオ大阪に移行)、土曜日はローカルとなる(LFの制作協力)。以降2007年迄、関西地区のNRNナイターは月・金はABC、火〜木はMBS、土・日はOBCがそれぞれ担当した[18]
  • 1978年5月、日本のラジオ局で初めてのウエスタン・リーグ公式戦中継として、14日の『ブレーブス・ダイナミック・アワー』内で、阪急対近鉄バファローズのナイトゲームを西宮球場から試合途中まで放送[19]
  • 1979年、日曜日の一部を『毎日放送ダイナミックナイター』(ローカル。LFの制作協力)に変更[20]
    4月、試合終了後に『タイガース情報』の放送を開始。ミスター・トラこと唐渡吉則がMBSラジオに登場(当初は「覆面レポーター」という名目だった)。
  • 1980年4月より、巨人戦主体の中継から再び阪神タイガース主体の内容に切り替えるが、1976年より阪神球団は朝日放送と優先契約を結んでいたことと当時阪神球団から取材規制がかかっていたため、中継できない阪神戦が数試合存在することとなった[17]
    4月、『タイガース情報』を『トラトラトラタイガース』に改題。試合開始前に放送時間を変更。
    10月5日、『ブレーブス・ダイナミック・アワー』放送終了。翌年より全曜日が『毎日放送ダイナミックナイター』となる。
  • 1988年10月8日、ホークスがダイエーに身売りし本拠地を移転することになったため、『ゴーゴーホークス』放送終了。
  • 1993年、火〜木(NRN)・土・日曜日(LF-MBS)の巨人主催試合の中継が可能になる[21]。それまで火〜木・土・日曜日に東京ドームの巨人-阪神戦がある時は関西地区のパ・リーグの中継を行っていた。なお、パ・リーグの中継は1996年、オリックスブルーウェーブの優勝時を境に中継数が激減している。
  • 2001年4月、インターネット放送(有料制)開始(2007年3月31日終了)。
  • 2003年4月、『MBSタイガースナイター』に改題。
  • 2007年4月、NTT DoCoMoの携帯電話による音声配信『MBS猛虎亭DX』を開始(有料制)。
  • 2008年、OBCのプロ野球中継からの撤退に伴い、土曜・日曜に『文化放送ホームランナイター』(NRN全国中継)の関西からの中継に制作協力する(MBS、QRとも異なる内容で送る場合はNRN系列局向けは実質MBSからの裏送り)体制を取るが、LFとの土曜・日曜のネットワーク関係は継続する。
  • 2010年、TBSの土曜・日曜のプロ野球中継枠の撤退に伴い、『文化放送ホームランナイター』の関西からの中継の制作協力担当局がABCに移行(ABCはナイターは完全にNRN向けに移行。デーゲームはJRN系列にはHBC・CBC・RKB向けの製作を継続するが、日程によってはナイター同様NRN向けとなる。クロスネット局のTBC・RCC向けはNRN扱いで製作)。NRN系列ではLFとのネットワークのみに戻り、ナイターでは阪神・オリックスが関与する試合でJRN系列(HBC・CBC・RKB)向けも製作することになる。土曜・日曜デーゲームの阪神・オリックス-中日・ソフトバンク戦におけるSTV・SF・KBCとのネット関係は継続するが、日程によってはナイター同様JRN系列局とのネットワーク体制となる。またナイターで阪神が関与しない試合でSTV・TBC・RCC・KBCからLF-MBSライン向けの裏送りを受ける場合がある(RCC・TBC発の場合はHBC・CBC・RKB向けを兼ねる場合もあり)。
  • 2011年、番組名を『MBSタイガースナイター』から、『MBSタイガースライブ』に変更[22]。同時にテーマソングを一新。さらに、Twitterによるメッセージの投稿・閲覧が可能になった。番組名から「ナイター」の表記は消えるが、土・日のナイターのレギュラー放送は継続する。ただし、東北地方太平洋沖地震発生の影響でプロ野球公式戦の開幕が当初の予定から延期されたため、『MBSタイガースライブ』としての中継開始は4月12日の阪神 - 広島戦(甲子園)[23]からになった。
  • 2011年9月1日 MBS・CBCがこの日で開局60周年を迎えたことから、中日対阪神のナイトゲーム(ナゴヤドーム)を、『CBCドラゴンズナイター』と共同で「CBC・MBS60周年記念合同実況」[24]として放送(後述)。
  • 2012年、3月3日の阪神対オリックス・オープン戦中継から、阪神戦中継のタイトルコールやラジオ番組表での表記を「〜withタイガース〜MBSタイガースライブ」に変更。阪神戦中継のオープニングでは、同年度のチームスローガン「Go for the Top 熱くなれ!!」にちなんで、阪神の新監督・和田豊の肉声による「和田豊です 熱くなれ!!」というメッセージをタイトルコールの前に入れている(他球団の公式戦中継では挿入せず)。このスタイルは、2013年の中継でも続けられている。また、Facebook上にも番組公式ページを開設したほか、テーマソングを古賀繁一の作・編曲による「withタイガース」に改めた。
  • 2014年、プロ野球中継の基本タイトルを『MBSベースボールパーク』、阪神戦中継のタイトルを「with Tigers MBSベースボールパーク」にそれぞれ変更(前述)。MBSラジオでは、3月8日(土曜日)の阪神 - 日本ハムオープン戦デーゲーム中継(甲子園)から、このタイトルの使用を開始した。
    • 2014年度から、テレビ・ラジオとも、プロ野球中継の基本タイトルを『MBSベースボールパーク』に変更。テーマソングを新調するとともに、阪神戦を中継する場合には、『with Tigers MBSベースボールパーク』というタイトルで放送する。また、イトキンET-KING)の作曲・ET-KINGの歌唱による「ええやんけ!阪神」をMBSのタイガース応援ソング[25]に制定した。
  • 2016年、3月19日のオリックス対阪神オープン戦中継から、ワイドFMでの本放送を開始(前述)。公式戦期間中の阪神戦中継では、MBSのスポーツアナウンサーが朗読する「プレーボール with タイガース」(少年時代からの熱烈な阪神ファンであるスポーツライター金子達仁が中継カードごとに書き下ろすエッセー)の音源を、カード初戦の中継のオープニングに放送した。この企画は、2017年度の中継でも続けられている。
  • 2016年6月、関西地区のラジオ聴取率調査で、2001年以来15年振りに、調査期間中(1週間)の平均聴取率がABCラジオのプロ野球中継を上回った[26]
  • 2017年、NPBオープン戦期間中の3月にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開催を控えていたことから、阪神・オリックスのオープン戦中継(25日のオリックス対阪神戦=京セラドーム)より先に、同月3日の日本代表強化試合(同ドームでのナイトゲーム・対阪神戦)から中継を開始(詳細後述)。また、毎日放送が前年9月に気象庁から気象予報業務の実施許可を受けたことを背景に、甲子園球場からの阪神戦中継限定で「甲子園ピンポイント予報」(同局の独自観測による球場周辺のピンポイント天気予報)を実況へ織り込み始めた。

備考[編集]

ゴーゴーホークス[編集]
  • 1972年4月〜1988年10月までの16年半にわたって放送された南海ホークスの情報番組である。ホークスの親会社である南海電鉄が単独で提供し、シーズン中は平日夕方、シーズンオフは主として土曜日を中心にした週1回の番組で、試合の直前情報や選手インタビューなどを放送した。
  • 出演者は宅和本司(当時はMBS野球解説者、元南海ホークス投手)、上田彰(タレント、現在は大阪のタレント事務所「オフィスキイワード」の社長でもある)、横山由美子(タレント、現・桂小春団治夫人)他。
ブレーブス・ダイナミック・アワー[編集]
  • 1976年〜1980年のプロ野球シーズンで、日曜日の夜に放送された阪急ブレーブスの試合中継・関連番組である。パーソナリティは島よしのり松井昭憲(当時はMBSアナウンサー)などがリポーターを務めた。
  • 阪急がホームゲームを開催する場合には、ナイトゲームの生中継か、デーゲームの録音中継で試合終了まで放送。ビジターゲームの場合には、その試合のダイジェストや、阪急選手へのインタビューなどで構成された。
  • 阪急東宝グループ(同球団の親会社の阪急電鉄阪急百貨店)の買い切り番組で、営業成績は良かったが、聴取率は芳しくなかったとされる。ちなみに、1979年には巨人戦、1980年には阪神戦主体の『ダイナミック - 』と交互に放送された。
  • 前述したように、1978年5月14日には、ウエスタン・リーグの阪急対近鉄ナイトゲームを西宮球場から中継した。この年に阪急へ入団した三浦広之投手が「球界の玉三郎」と呼ばれるほどの人気を博していたことや、三浦がウエスタン・リーグの開幕戦から3試合連続完封勝利などの好投を続けていたことを背景に、阪急球団からの要請で同リーグ公式戦のラジオ生中継が初めて実現した。阪急球団は試合の2日前から三浦の先発を予告していたが、試合では三浦が4回表までに6点を失ったため、MBSでは三浦が降板した6回表で生中継を終了(試合は4-8で阪急が敗戦)。終了後は、この試合の前に催された一軍(パ・リーグ公式戦)の阪急対近鉄デーゲームの実況を収録した音源をダイジェスト形式で流すことによって、予定の放送枠を消化した[19]
毎日放送ダイナミックナイター[編集]
  • 平日には、1985年から『 - ナイター』へ移行後の2008年9月まで、MBS野球解説者の太田幸司が主に前座コーナーのキャスターを務めていた。[27]
    • 太田は、中継で解説を担当する場合にも、中継先とスタジオをつなぐ形でコーナーを進行。ナイターオフ期間中にも、18時台を中心に放送されたプロ野球・スポーツ情報番組で、2009年3月までキャスターを担当していた。[28]『ノムラでノムラだ♪ EXトラ』が始まった2009年4月からは、解説業にほぼ専念している。
  • 『ダイナミック - 』で阪神戦を中継していた時期には、"ミスター・トラ"・唐渡吉則のベンチサイドリポートが長らく好評を博していた。唐渡は、リポートの他に、前座コーナーにも登場。[29]一時は、JRN・NRN系列局が制作するビジターゲーム中継を含めて、放送する阪神戦の全試合でリポーターを務めていた。
    • 『 - ナイター』へ移行してからは、MBSのアナウンサーがローテーションでベンチリポーターを担当。それでも唐渡は、2008年度まで、前座コーナーで主にスタジオから阪神情報を伝えていた。『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』が始まった2009年度からは、中継・前座コーナーともに出演していない。[30]
  • 1993・94年の『ダイナミック - 』では、当時阪神タイガースで活躍していたトーマス・オマリーをイメージキャラクターに起用。中継のCM明けに流されるジングルなどに登場していた(後述)。
  • 阪神で活躍したランディ・バースが、現役引退後の1997年シーズンのみ、レギュラー解説者として出演。日本語をほとんど話さないため、中継で解説を務める際には、英語に堪能な高井美紀(MBSアナウンサー)が通訳を担当していた。なおバースは、『 - ナイター』へ移行後も、来日の際に特別ゲストで数回登場している。
  • 1995・1996年のオールスターゲーム以降は、パシフィック・リーグでの首位争いやイチローなどの活躍で注目されたオリックス・ブルーウェーブの中継を優先。当時不振を極めていた阪神戦を予備中継扱い(もしくは在京・在名局への裏送り)として、実況・解説者陣を例年の配置から逆転させていた。
  • 1980年代までは、月曜にもJRNナイターとしての定時編成を組んでいたため、阪神戦以外の試合も放送されていた。場合によっては阪神戦非開催時に、在阪パ・リーグ球団の試合を優先して放送することがあった[31]

ネットワーク・中継体制[編集]

制作担当局[編集]

阪神戦が関わる場合は、この原則に沿った各局技術協力による自社制作を基本とするが、一部期間中は自社制作ではなくネット受け、もしくは裏送り出しのいずれかとなる。また日曜デーゲームの場合はMBSでは競馬中継を優先させて野球中継自体を放送しないため、資料素材用の収録(MBSでは「番外編」のダイジェスト放送、または18時以後も試合が続いているときの生中継に使用)、もしくは対戦相手側球団の地元局向け裏送りのいずれかになる。
地域(球団)/曜日 火・水・木 土・日
デーゲーム ナイトゲーム
基本系列 JRN NRN JRN JRN/NRN[* 1] LF-MBS
北海道 HBC STV HBC HBC/STV HBC[* 2]
宮城 TBC[* 3]
関東[* 4]西[* 5] RF/TBS[* 6] LF[* 7] RF/TBS LF(RF/TBS)[* 8]
東海 CBC SF CBC/SF[* 9] CBC[* 10]
広島 RCC[* 11]
福岡 RKB KBC RKB RKB/KBC[* 12] RKB[* 13]
  1. ^ 試合日のMBS/ABC両局の対応による
  2. ^ 土・日のナイターの場合STV製作は、2007年まではOBCがネット、2008・09年は名目上MBSがネットに参加していたが、MBS-LFラインを基本とする関係でSTVからの技術協力(裏送り)による自社、ないしはLFが乗り込んで制作するもののみを放送していた。2010年以後はNRN土・日曜ナイターのネット編成組み直しにより、STV製作のそれはABCがネット受け(または裏送り自社出し)をするため、HBC-MBS-LFの形で放送する試合もまれにある
  3. ^ 火曜日の場合、TBCは自社放送分をJRNネットとするためNRN分は裏送り、金曜日の場合は同じくNRNネットとするためJRN分は裏送りとなる。
  4. ^ JRNはヤクルト主催試合の放送はできない(日本シリーズおよび本拠地球場開催のオールスターゲームを除く。ヤクルトのビジターゲームは放送可能)が、「ヤクルト対阪神戦」に限りJRNネット該当日であっても放送される(LFからの技術協力や裏送りを受けて)。ただし、以前(含・2011年2015年クライマックスシリーズでヤクルト対巨人(2011年・1stステージ、2015年・ファイナル)、JRN受け担当曜日に阪神戦以外のヤクルト(および2001年までの大洋→横浜)主管試合が放送されることがあったときに、LFからの裏送りを放送した試合もあった。
  5. ^ TBSは巨人、MBSは阪神の試合を優先するため、DeNAとパ・リーグ球団の主催試合は交流戦以外は裏送り供給となる試合が多い。
  6. ^ RFについては、原則として巨人主催試合のみで年間20試合程度をJRN向けに制作(その逆で、RF/GBS/CRK向け<GBSは月曜を除く毎日、CRKは火-金曜のみ>にJRN各局が制作した巨人戦、及び巨人戦中止時の予備カードを放送する)。TBSは土・日に自社での放送を行わないが、デーゲームやJRN単独加盟局向けナイターの裏送り用中継は行う。日本ハム・ソフトバンク主催試合が関東で開催された際は、HBC・RKBが乗り込むかTBSに委託するかはその時々により異なる(HBCは関東地区在住の自社解説者を派遣する場合あり)。また楽天主催試合が関東で開催された場合、TBCは自社向けのみ制作するため、裏送り分の火曜はLFに、水 -金曜はTBSに委託することがある。2016年度より一部試合をRF製作によりJRN系列各局向けに放送する試合(TBS向けは火-金曜のみネット)、及びTBS製作のものをRF・GBS(月曜除く)・CRK(火-金曜のみ)に放送する試合がある
  7. ^ LFは試合日により巨人戦(ホーム・ビジターを問わず)、ヤクルト戦(ホームの一部)を優先させることが多いため、ヤクルト主催の一部、及びDeNAとパ・リーグ球団の主催試合は対巨人戦と一部の交流戦以外は裏送り供給となる試合が多い。
  8. ^ 「巨人対阪神」及び「巨人対オリックス」戦が週末に絡む2-3連戦がRF製作となる場合、金曜はJRNナイター扱いとなるRF側の中継にMBSのベンチレポーターを派遣するが、土・日曜はJRN番組としての野球中継が編成されないため(報道素材としてはRF・ABC・MBSのいずれかの中継を利用するか、TBSが自社で素材収録するかのどちらかとなる)、従来と同じくLF-MBSネットによる同時放送、またはLFとTBSのいずれかの技術協力によるMBS自社乗り込みとなる。
  9. ^ SFが「巨人対中日」を放送できない場合、土曜はMBSから、日曜はABCから(MBSが競馬中継を編成するため)SFが裏開催の阪神戦を同時ネットする場合もある(以前は日曜もMBSが裏送りしていたが、2014年から経費節減のためABCからの同時ネットに切り替えた)。
  10. ^ ナイターの場合SF製作はABCがネットするため、CBC-MBS-LFの形で放送する試合もまれにある
  11. ^ 火曜日の場合、RCCは自社放送分をJRNネットとするためNRNナイターは裏送り、また金曜日はNRNを自社放送分とするためJRNナイターは裏送りとなる。また阪神・オリックス主催の広島戦を放送する場合は曜日およびネットワークにかかわらず全てABCラジオからのネットとするため、競馬中継(広島戦デーゲーム時を除きRCCも15時台をMBSから土曜はCRK経由で、日曜は直接ネット)との兼ね合いもあり週末のデーゲームだとMBS制作分は関西ローカル(土曜の阪神戦)および素材収録待機(オリックス戦と日曜の阪神戦)のみとなる(ナイターはLFとの2局ネットとする場合あり)。またRCCは土・日曜ナイター時にはNRNネットを優先するため対在京球団戦は裏送りまたはLF制作、対阪神戦はMBSが自社制作となる。2014年まで対日本ハム・中日・ソフトバンク戦はJRN系列局向けを自社放送、NRN系列局向けを裏送りとすることがあったため、その際にはRCCの自社放送分がMBS・LFの予備カードとして組み入れられることがあったが、2015年からはRCCがこれらのナイターもSTV/SF/KBC(-QR-NRN)ネットを優先するようになったため、HBC/CBC/RKB(-LF-MBS)向けが裏送り扱いとなった。
  12. ^ オリックス戦デーゲームの裏送りはほぼ交互に実施。
  13. ^ ナイターの場合KBC製作はABCがネットするため、RKB-MBS-LFの形で放送する試合もまれにある
  • 基本的には月・金曜日はJRN(ただし、月曜日のMBSでの放送は阪神タイガースの公式戦開催日に限る)、火〜木曜日はNRN(キー局はLF)のラインネットで、土・日曜日はローカル放送だが、一部の中継はLF[32]や、NRN/JRN各局(対戦カードやデーゲーム・ナイトゲームの違いによりラインは異なる)と相互ネットを行う。
  • 阪神が低迷していた2002年頃までの『ダイナミック - 』では、開幕直後や聴取率調査期間やナイターオフ(10月以降)の例外的な放送や、JRN担当日のヤクルト(またはNRN独占時代の大洋→横浜)対阪神戦を除きネット受け・制作委託となる場合が多かった。[33]2000年代の阪神戦中継では、原則ホーム(阪神球団主催)・ロード(敵地)を問わずMBSのスタッフを球場に派遣する形で放送するが、2010年度からは不景気による制作費の削減からか、ロードにおいて現地の放送局に制作を委ねることが多くなっている(MBSからはリポーターのみ派遣)[34]
    • なお、1977年までラジオ関東毎日新聞社の資本関係が強かったころ[35]は、MBSが製作してRF向けに同時ネット、あるいは裏送り出し放送をしたものがあった。2016年度からは、RF・TBSの相互提携が本格再開され、JRN地方各局とのネットワーク(巨人戦20試合程度の主管カードをJRNナイター扱いでRFが制作、逆にJRN各局がRF向けに巨人戦(ビジターの試合30試合程度)を中心としたカードを配信するが、MBSは原則として金曜日に阪神戦がJRNナイターとして放送される場合に限りRFにも配給、また阪神戦の自主製作以外でRF製作のナイターをJRNナイターとして放送する場合にもRFからネット受けをするが、このケースは阪神戦が基から試合がないときであるか、阪神戦が雨天中止となったとき、あるいは巨人主管の阪神・オリックス戦であっても、MBSの都合で自社乗り込みをしない場合のいずれかに限られる(この場合はサービスエリアが重複するCRKと並列放送となる。巨人主管の対阪神・オリックス戦がJRNナイターとして放送する場合でも、原則としてMBSのアナウンサーがベンチレポーターとして派遣される〈MBS乗り込みの場合はMBS・RF-JRNの兼任となる〉。CRK製作関与については未定。なおCRKは巨人戦を優先しているので、巨人戦が屋外の球場で開催予定が中止となる場合(地方球場での巨人主催試合を含む)に、阪神・オリックス主催試合が予備補充で繰り上げとなった場合もMBS・CRK並列放送となる。さらに金曜にオリックス対巨人戦が開催となる場合、阪神戦が行われる場合はMBS側が阪神戦を優先させるため、この場合も阪神戦が中止となったときの予備補充であれば並列放送となる)なお1979-92年は阪神主催試合は、JRN加盟のもう1つのラジオ局であるABCがRF・CRK向け裏送り、1993年以後はRFが主体製作をし、それにCRKが製作協力をする形を取り、パ・リーグの近鉄、南海<1988年まで>、阪急→オリックス主催試合についてはこの期間中を通してCRKが制作を行っていた。また関西圏で開催の巨人主催試合はRF主体制作で神戸開催時はCRKが、大阪開催時はABCが制作協力を行っていた)[36][37]
  • オリックス戦のホームゲームを裏送り(阪神戦が行われる場合)として、対巨人戦は在京局(LF・TBS)を経由して全国中継(土・日はLFローカル)、他には HBCラジオ(『HBCファイターズナイター』)(月・金、ナイターのみ土・日)、STVラジオ(『STVファイターズLIVE』)(火〜木、デーゲームのみ土・日)、 TBC(『TBCパワフルベースボール』)(水・木)、RKBラジオ(『RKBエキサイトホークス』)(月・金、原則ナイターのみ土・日)、 KBCラジオ(『KBCホークスナイター&ダイナミックホークス』)(火〜木、原則デーゲームのみ土・日)の中継を担う(しかし、当該局による自主制作になる場合がある。また、TBCは2017年現在、裏送り形式の中継を原則行っていない)。
    • 『 - ナイター』となって阪神応援色を強めて以降は、在阪パ・リーグ球団の主催カードがMBS制作のNRN・JRN本番カードかつ阪神戦非開催で自社での放送が可能な状況あっても、LF-NRN・TBS-JRNへの裏送りとした上で、自社では阪神タイガース関連の特別番組を放送した事があった(実例:2003年6月20日のJRN向け『近鉄 vs 日本ハム』)。
    • なお、水曜日のオリックス対ソフトバンク戦は、MBS制作でKBCに加え、NBC長崎放送NBCラジオ佐賀とRKK熊本放送にもネットされる(2010年度まではOBS大分放送にもネットされた)。また、交流戦はオリックス-巨人戦を全国中継として裏送り[38]する以外は、後述の阪神戦ホームゲームの裏送りと同様である。さらに、2014年からソフトバンクが同球団の前身・南海ホークス時代の本拠地だった大阪府[39]の京セラドームで主催試合「鷹の祭典in大阪」を行う時も、2014年については曜日の関係でRKB向けの中継に技術協力で参加(実況・解説は自社乗り込み)。2015・2016年はいずれも木曜日の開催であるため、オリックス主催と同じ形式でのKBC向けの裏送り放送となった[40]
  • 以前は阪神戦のホームゲームを裏送りとして、CBCラジオ(『CBCドラゴンズナイター』)(月・金)、SF(『東海ラジオ ガッツナイター』)(火〜木・土・日)の中継を行う事があった(両局が制作し、MBSは協力に回ることもある)。これは、自局向けの放送がかなり阪神びいきになっている事に配慮したもので、JRN・NRNそれぞれのメインカードが雨天中止となった場合は、急遽全国ネット向けの放送になる事があった。しかし、現在は中日戦や全国放送カードにおける自局向けと地方向けの二重制作へは消極的な傾向にある[41]。なお、交流戦のオリックス対中日戦は従来通りCBC・SFへの裏送りや制作・技術協力を実施しているほか、2015年は関西ローカル向けの特別企画を行う関係で久々1試合の二重制作が実施された。2016年にも2試合二重制作を実施している。
    • 日曜は競馬中継のためMBSでは阪神主催デーゲームの中継は行わないが、2000年代後半からは阪神対中日戦開催時に東海ラジオ[42]、2012年からは阪神対ソフトバンク戦開催時にKBCラジオ[43]、2017年からは阪神対日本ハム戦開催時にSTVラジオ[44]へ、それぞれ裏送りしている。
    • また、阪神対中日戦に限らず、巨人対中日戦の裏開催となる阪神主催デーゲームをSFにネット(日曜は裏送り)することもあるが、2014年以降、日曜についてはSFがABCとの同時ネットに振り替えているため、MBSの実況は素材録音およびナイター枠への延長対応のみとなった。[45]
    • ビジターでのロッテ戦は、それぞれ予備カードからの昇格でない限り地元の在京局では原則的に放送されないので事実上独占中継になる場合がある。その一方ヤクルト・DeNA戦に関しては、巨人主催ゲームの裏カードとなった際に高額な巨人戦全国中継の放送権料を節約する関係上、巨人戦を予備カード扱いとした上で全国ネット本番とすることがあり、2010年代以降は幾分増加傾向にある。
  • オールスターゲームフレッシュオールスターゲームをMBSのサービスエリア内にある球場(現在は主に阪神甲子園球場・京セラドーム大阪)で開催する場合には、試合日に該当するライン(JRNかNRN)に合わせる形で全国中継の制作を担当(関西以外の地方で開催する場合には系列局からのネット受けで中継するが、やはり日曜のデーゲームとなった場合はネットしない)。後述のように関西のナイターネットが再編された2010年以降も、該当試合が土曜・日曜に当たった場合、MBSは従来通りLFへのネットとなる[46]
    • フレッシュオールスターゲームの開催日が本来のNRNライン担当日と重なる年には、NRN加盟局の若手スポーツアナウンサーが2 - 3イニング単位で交互に実況・ベンチリポートを担当することが、少なくとも1980年代後半からの恒例になっている。MBSからは、2009年から2016年まで金山泉を派遣(体調不良で出演を見合わせた2011年と不開催の2015年を除く)。2016年は実況担当の金山とともに、森本尚太がベンチリポーターとして中継に加わっていた。7月13日(木曜日)に静岡草薙球場で開催された2017年には、MBSのアナウンサーが中継に参加せず、金 - 日曜日スタジオアシスタントの市川いずみを『まだまだええなぁ!』の電話リポート要員として現地へ派遣しただけにとどまった[47]
  • なお、平日レギュラーシーズンにおけるネットの例外を以下に記す。
  1. 月・水・木曜の阪神対広島戦やセ・パ交流戦のオリックス対広島戦は本来同じNRN(月曜はJRN)ネットであるRCCとはネットを組まない。これは過去にMBSが巨人戦主体の編成を組み、阪神球団がABCと優先契約を結んでいた時代があったため(前述)、必然的にABCと組まざるを得なくなった名残と考えられる[48]
    また、RCCはJRNネットの曜日でもヤクルト対広島戦に限りNRNにラインを切り替えるので、JRNとNRNのネット比率を調整するために取られた措置とも考えられる。[49]
    ただ、水・木曜日のビジターの広島対阪神戦(NRN)が自社実況でなくRCCからの同時ネットとなった場合に、RCCのアナウンサー・解説者と一緒にMBSの解説者が登場したことがある他、逆に以前はRCCの解説者だった三村敏之が、RCCで放送がないにもかかわらずMBSの中継に出演した事があった。また広島戦以外の阪神主催ゲーム(NRN)や2005年の日本シリーズ(3・4戦・JRN)はRCCがネット受けしたり、ABC制作の阪神対広島の予備カードとしてMBS制作のオリックス戦のネット受けを設定する他、週末の競馬中継はABC-TBSではなくMBS-LF-STV-CBC-KBCのネットワークに参加する等、RCC側はMBS・ABCの両局と対等に関係を結ぶ配慮をしている。
    ちなみに、かつての「FOLネット」時代(1959年1962年、LF・RKBとのネットワーク)にはRCCも広島発の試合について製作協力を行っていた。
    なお、カープ戦が雨天中止や元から試合の予定が組まれていない日にRCCラジオが、カープの関与しない阪神・オリックス主催試合の中継放送が予定されている場合(予備カード繰り上げも含む)は、本来のネットワークに沿った編成となるため、この場合、NRNナイターを担当する水曜・木曜日にはMBS制作のナイターがネットされることになる。またRCCがJRNナイターを月曜に定時編成していた1980年代には、月曜にも対広島(NRNにネットを切り替えてABCからネット)以外の在阪球団主催試合では本来のネットワークに沿ってMBS制作のナイターがネットされていた。
  2. 火・金曜に広島対阪神戦、もしくはセ・パ交流戦の楽天対阪神戦があり、該当カードがNRN(火曜)・JRN(金曜)の全国向け本番カードとならない場合には、本来裏送り待機すべきRCCやTBCに代わって、MBSによる乗り込み中継が本番カード中止時の全国向け予備中継として扱われることがある(特に地方球場での開催時。RCCとTBCは予備からの昇格時にリポーターを派遣する程度)。月曜開催の楽天対阪神がTBSの本番カードにならない場合も同様の対応となることがある。ただし、該当カードが全国向け本番カードとなった場合は、通常通りRCCやTBCが裏送りし、MBS制作分は関西ローカル向けのみとなる。また、本番カードでなく、かつ乗り込みがある場合でも、要員が確保できる時は、RCCやTBCが別途素材収録待機を行う事がある。
  3. 月・金曜にヤクルト主催ゲームの中継がある時は、JRNネットを受けずLFが制作協力するものを放送する(阪神戦以外は基本的に裏送りだが、聴取率調査期間は稀に巨人戦を自社制作の場合あり)。関西地区ではMBSとABCが曜日別にNRN・JRN双方の中継を担当しているため、一方がJRN担当の曜日でもヤクルト対阪神・巨人戦は両局並列での中継が認められている他、LFがJRN担当曜日の局向けに裏送りする場合もあった(JRN単独局はヤクルト主催試合を中継できないが、北海道ではJRN中継担当のHBCがNRNにも加盟していることから、NRN中継担当のSTVが編成の都合上放送できない場合に限り中継が認められている)。
  4. 2006年6月19日に行われた「セ・パ交流戦」阪神対日本ハム戦は、中継を放送したHBCに対し本来は月曜にJRNラインをとるMBSが裏送りで中継を行うべきだったが、その日MBSが「裏送りに対応できない」という理由でABCがHBCに裏送りで放送した。[50]全曜日ナイター中継をJRNラインに統一しているHBCが、ABCと同じくNRNにも加盟していることや、本来NRNラインをとるSTVラジオの『STVアタックナイター』が月曜日に放送しなくなったことから実施された模様である。なお、2005年6月17日の阪神対日本ハム戦は、自局向けとHBC向け裏送りの二重制作を行った。
  5. 2007年5月22日 - 23日の「セ・パ交流戦」ソフトバンク対阪神戦はビジター乗り込みの自社制作で、本来NRN担当の火・水曜日ではあるが、他地域にネットしない事が確定しているため、MBSと兄弟会社的な関係を持つRKB(JRN単独加盟局)が技術協力を担当した。そのためか22日の中継では他球場速報にJRNのチャイムを使ったが、翌23日はNRNのチャイムを使った。一方、本来NRN担当のKBCは、ABC向けの技術協力を担当していた。
  6. 2011年9月1日(木曜日)には、ナゴヤドームの中日対阪神ナイトゲーム中継を、CBC(JRN加盟局)との相互ネットで放送した(後述)[51]。MBSでは通常、火〜木曜日に両球団の対戦を中継する場合に、SF(NRN加盟局)とネットを組んでいる[52]。しかし当日の中継では、特例扱いで「CBC・MBS開局60周年記念合同実況」を実施した。

土・日曜日の阪神・オリックス主催戦中継[編集]

関西の民放ラジオでは、2000年代以降、土・日曜のナイトゲーム中継を縮小・廃止する局が続出。しかしMBSでは、関西の民放ラジオ局では唯一、土・日曜の定期ナイトゲーム中継枠を維持している。

なお2009年度以降、土曜日に阪神のデーゲームを中継する場合には、本来同曜日のナイトゲーム中継に付いているスポンサーCMを阪神のデーゲーム中継へ移動させる。阪神以外の球団のナイトゲームを中継する場合や、ナイターの試合がない場合のレインコート番組には協賛なしのパーティシペーション形式でCMを放送する。オールスターゲームが土曜開催のデーゲームとなった場合も、同様の対応を取る。ただし、阪神のデーゲーム中継を17:30以前に完了できなかった場合には、逆に『うきうき土曜リクエスト』内の「ウィークエンドネットワーク」のコーナースポンサーCMをナイター中継の序盤にそのCMを消化する。

また、オリックス主催試合が全国放送となり、そのうえで阪神戦が同時開催される場合は、原則阪神戦を優先するため、オリックス戦はMBSでは放送せず、各ネット局向けの裏送り出し(スペシャルウィーク中は本拠地所在地の球団がある場合、その地域の放送局が自社出しする場合[53]がある)となることから実質的に「二重・三重放送」となるケースもある。

2007年度まで[編集]
  • 1977年のNRNナイター辞退以降、JRNラインはABC、NRNラインはOBC)の担当という体制が長らく続いていたため、ローカル放送またはLFとの2局のみのネット(通称:LF-MBSライン)[54][55]となり、阪神のビジターゲームのうち、現地局からのネットができない対中日戦や対広島戦では原則として自社のスタッフが乗り込んで放送していたが、時折SFやRCCが裏送りしたり、SFまたはRCCのアナウンサーとMBSの解説者またはその逆での放送となったこともあった。
  • ただし、2000年代以降、SFはOBCもしくはQRでの放送予定のない阪神対中日戦をMBSからのネット受けで放送するようになっていた。これはOBCでの阪神戦中継の機会が少なかった(特に土日デーゲーム中継枠は当時から組まれていなかった)ためである。
    • それ以前の1980〜1990年代には、ABC(月・金曜)・MBS(火〜木曜)が阪神対中日戦ナイターの自社向け中継をローカル扱いとした際、裏送り要員の都合等の諸事情により、平日でありながらOBCがSFへの裏送りを実施した例があった。
  • また、主に阪神戦やLFのメインカードの予備対応としてソフトバンク戦のホームゲームにスタッフを派遣することがあった(東日本の試合はLFがスタッフを派遣)。阪神戦がデーゲームまたは雨天中止となった場合は、ソフトバンク対オリックス戦の場合や、LFのメインカードが中止になった、またはナイトゲームがソフトバンク戦一試合の場合などで放送することがある。この場合、FOLネット(後述)の名残りから、現地(福岡)での技術協力局が本来のNRNナイター参加局のKBCとならず、JRNナイター参加局のRKBとなる場合もあった。なお、2010年以降、MBSによる福岡乗り込みは阪神のビジター戦や聴取率調査期間の特別制作を除いて原則として行っていない。
2008年度[編集]

MBSは2008年度・2009年度の2年間、土・日曜日に阪神・オリックス主催のナイトゲームを中継する場合に、関西ローカル放送の有無に関係なく、QR幹事によるNRNライン向けの中継を担当していた。これは、1977年から土・日曜日のNRNネットのナイトゲームを放送していたOBCが、2007年度を最後にすべてのプロ野球中継から撤退したことによる。
ただし、MBSの本放送では前年までと同様にLFとの相互ネット(LF-MBSライン)による中継を継続。そのため、MBSでは原則として、以上の場合に裏送り分を含めて二重(または三重)の中継体制を取っていた。[56]
ちなみに、土・日曜日に阪神・オリックス主催のナイトゲームをNRN系列局へネットする場合には、以下のパターンのうちいずれか1つの中継体制を取っていた。そのためこの間、大阪府内のラジオ局でQR-NRNライン(MBSからの裏送りによるQR経由のNRNネット)のナイトゲーム中継を聴くことは事実上不可能になった。[57]

  1. MBS-LF,MBS-NRN(NRN向けは裏送り)
  2. MBS-LF,MBS-QR-NRN(NRN向けはMBSの技術協力で、QRが制作)
  3. MBS-(LF)-NRN(STV・SF・KBCいずれかとの2局、もしくはLFを含めた3局ネット。阪神・オリックス戦がNRN全国中継カードで無い場合やデーゲームの場合だが、この場合でも1のパターンになることもあった)
  • 4月26日4月27日8月30日8月31日9月27日の阪神対巨人ナイトゲームでは、関西ローカル向けの中継を放送するかたわら、NRNラインで放送されたQR制作の中継にも技術協力で参加した。[58]
  • 5月25日は、阪神対西武戦がデーゲーム開催のため、LF制作のヤクルト対楽天戦をネットしたが、NRN独占カードのためTBCも加わって3局ネットとなった。本来日曜日のNRNナイターはQRであるが、TBCでは全国中継とならない場合のヤクルト対楽天戦のナイターを、放送曜日にかかわらずLFからのネット受けで中継することによる。
  • 6月21日6月22日の阪神対日本ハム戦は、NRN全国中継とLFの中継が別カードだったため、MBSとSTVの2局同時ネットになった。
  • 7月13日には、阪神対広島戦が全国で唯一のナイトゲームになったため、MBS-LFとMBS-NRN(裏送り)の二重制作体制を取った。
    • MBS-LF…解説:安藤統男、実況:森本栄浩、リポート:井上雅雄(阪神)・馬野雅行(広島)
    • NRN裏送り…解説:八木裕、実況:近藤亨、リポート:仙田和吉(両チーム担当)[59]
  • 7月27日の阪神対中日の試合は、LFとQR-NRNのメインカードになったため、7月13日と同様の中継体制をとった。ただし、SFはMBS-LFライン(7月26日の同一カードがNRN全国中継カードで無いため)の中継を放送。
    • MBS-LF-SF…解説:八木裕、実況:井上雅雄、リポート:近藤亨(阪神)・北山靖(中日)
    • NRN裏送り…解説:一枝修平、実況:仙田和吉、リポート:森本栄浩(両チーム担当)
2009年度[編集]

前年度まで土曜日にナイトゲーム中継を放送していたKBS京都が、同曜日の中継枠を廃止。関西地方では、『東海ラジオガッツナイター』を受信できる地域を除いて、MBSからの裏送りによるQR-NRNラインでの中継を聴けなくなった。

  • 5月3日8月1日8月2日の阪神対巨人戦、6月28日の阪神対横浜戦、7月4日7月5日の阪神対ヤクルト戦、9月12日9月13日の阪神対横浜戦、10月3日の阪神対ヤクルト戦は、LFライン、QR-NRNラインともMBSで制作。いずれのラインでも、ビジター側のベンチリポーターを除いて、MBSからアナウンサー・解説者・スタッフを派遣した。ここでも『 - ナイター』はLFライン版で放送。QR-NRNラインの中継は、完全な裏送りになった。
  • 7月11日7月12日の阪神対巨人戦では、MBS制作版、LF制作版、QR-NRNライン(MBS裏送り)の三重制作体制を取った。[60]
  • 8月15日は阪神の試合がデーゲームであったため、ナイター枠ではオリックス対ソフトバンク戦を放送したが、QR-NRNおよびLFの本番カードが屋内球場(ナゴヤドームの中日戦)だったにも関わらず、KBCとの同時ネットとはせず、MBSで自社向けとKBC(NRNライン)向けの二重制作を行った。
  • 8月29日8月30日の阪神対巨人戦では、MBS制作版、LF制作版、QR制作版(NRNライン)の三重制作体制を取った。[61]
2010年度[編集]

2010年度はNRNライン向けの中継担当はABCに移り、逆にJRN単独扱いの局(HBC・CBC・RKB)が土・日曜日に阪神・オリックス主催のナイトゲームを中継する場合に、従来のLF-MBSラインの中継との兼用という形で、前年までのABCに代わって自社の中継を当該局へネットするようになった。この場合には、原則として通常使うNRNの速報チャイムではなく、JRNのチャイムが使用される(土・日にソフトバンク対阪神戦をRKBの技術協力で自主制作した場合も同様の措置)が、稀に不手際でNRNのチャイムを使用した例がある。なお、ABCについては、2013年以降機材運用の簡便化のため、デーゲームについてはSF(日曜日の巨人対中日戦の裏カード)・KBCへの配信時を除きJRNのチャイムを使用する関係上、MBSがJRN系列局の協力による自社製作(主にソフトバンク主催でのRKB)またはネット受け(主に日本ハム主催でのHBC)となった場合は、どちらもJRNのチャイムを使用する形になる。

これは、大阪地区では過去の経緯などからMBSとABC双方がJRNとNRNの変則クロスネットを維持していることや、過去2年NRN用のナイターの大阪からの送出がLF向け、QRを含むほかのNRNライン向け双方ともMBSが独占製作した事情などもあり、2009年度を最後にJRN系列が土・日曜のナイトゲームの全国中継枠を廃止(TBSも不定期の放送に移行)[62]したことを機に、JRN全国中継の送出の必要が無くなったABCにQR幹事によるNRNライン用の中継制作を移管させたためである。

なお、MBSがJRN単独扱い局に送出した場合でも、そのカードはLFの予備カードとなっており、同局の本番カード中止時にはMBS-JRN-LFの変則ネットでの放送が想定されている(しかし2012年シーズン終了時点で、予備からの昇格発生例は一度もない)。なお、MBSがJRN単独扱い局に送出したカードをLFも本番カードにした場合は、どちらかが乗り込みの自主制作にする形で対応している(JRNナイターの制作が必要となるオールスターゲームも、TBSが裏送り要員を出して対応)が、どうしても双方とも自主制作できない場合は、MBS-JRN-LFの変則ネットのまま、本番カードとして双方に配信するため、現時点ではLF向けとJRN向けの二重製作を行った例はない。
これに伴い、阪神が絡まない試合を放送する場合、広島・楽天主催試合など、LFとともにJRN向けの中継を予備カードにする場合が生じているほか、JRN向けの放送体制がないカードでも、試合によっては開催地のNRN系列局がLF向けに裏送りで制作するようになったため、MBSもその裏送り放送をネットする場合も出ている。
ただし、デーゲームの放送体制は2009年までと同様にABCがJRN単独扱い局(HBC・CBC・RKB)向け、MBSがNRN単独扱い局(SF・KBC)向けという形を基本とする(ただし、土・日に「オリックス対ソフトバンク」のデーゲームが開催される場合、MBSとRKB、ならびにABCとKBCとの資本関係を考慮して、ナイターと同じネットワーク体制を取ることがある。カードごとに交互に担当している模様)。ちなみに、クロスネット局のTBCやRCC向けは原則としてデーゲーム・ナイターともにABCとのネットを継続するため、MBSの中継が流れることはないが、2014年はTBCが阪神対楽天戦の土曜ナイターで、ABC-QR-NRNが本番カードにしていながら、例外的にMBSからネット受けした[63]
よって、阪神・オリックス主催試合に限れば、ABCも含めて以下のような放送パターンに分けられることになった。

  1. MBS-LF,ABC-NRN(基本パターン。RCCやTBCが絡む場合はデーゲーム・ナイターともNRN扱い)
  2. MBS-JRN系列局ローカル,ABC-NRN(ナイターなどでMBSが自社分をHBC・CBC・RKBのいずれかへ送出する場合)
  3. MBS-JRN系列局ローカル,MBS-LF,ABC-NRN(2のパターンでLFもはじめから放送する場合。LFはMBSの技術協力で自社制作)
  4. MBS-LF-JRN系列局ローカル,ABC-NRN(3のパターンでLFが自社制作できない場合)
  5. MBS-NRN系列局ローカル,ABC-JRN系列局ローカル(デーゲームでABCが自社分をHBC・CBC・RKBのいずれかへ送出する場合)

4のパターン時に、土曜日にオリックス/阪神主催デーゲームのMBS発ビジター裏送りと阪神/オリックス主催ナイターのABC発NRN全国中継が組まれた場合、KBCではデーゲームをMBSから、ナイターをABCから受ける形になる。また、福岡・北海道地区に対してはABCがデーゲームはRKB・HBCに裏送り、ナイターはKBC・STVにネットという形態になる。この時、デーゲームが延長戦等でナイター時間帯にかかった際には、RKB・HBCとKBC・STVとの間でABC制作番組での競合が発生してしまう。

日曜デーゲームの場合、中京広域圏では4のパターン時に、福岡地区では2のパターン時に、ABC制作中継のネット(または裏送り)を受けているCBCとKBCが15時台に一旦飛び降りて競馬中継を同時ネットする場合があるため、MBSから中日・ソフトバンクのビジターゲームの裏送りを受けているSF・RKBとMBS制作番組で競合してしまう。

なお、報道素材としては上記のパターンに関係なく、阪神主催ゲームでは原則としてMBSがLFに、ABCがQR-NRNに配信しているが(報道素材としてのTBSラジオ/JRNへの配信は、TBSテレビとの兼ね合いからABCとMBSの両方が行っている模様)[64]、オリックス主催ゲームでは、MBSが阪神戦の中継と競馬中継で人員が逼迫して素材収録を行わない場合に、ABCが代わりにLFへの配信を請け負うことがあるほか、逆にABCがビジター側の地元局に音源制作を委託した場合に、MBSが代わりにQR-NRNへの配信を請け負うこともある。

  • 5月22日は阪神戦がデーゲームであったため、LFとともに楽天対巨人戦を放送したが、同局乗り込みではなくTBC制作の裏送りでの放送となった。また、同カードが中止になった場合の予備カードとして、STV制作裏送りによる日本ハム対横浜戦が組み込まれていた。
    • さらにTBC制作によるLF-MBS向け裏送りが予備カードとなった例として、7月31日8月1日の楽天対オリックス戦、9月26日の楽天対ソフトバンク戦があった。
  • 5月29日の日本ハム対阪神戦デーゲームは、HBCからのネット受けで放送した。近年の阪神戦ビジターの中継は原則として自社製作(ネットワークを結ぶ各局の技術協力による実質裏送り)だったので、ビジター遠征先の放送局からの垂れ流し放送は珍しいことだった。
    通常なら土・日のデーゲームはNRNラインを使うためSTVからのネット受け、あるいはSTV協力の自社製作が原則であるが、STVでは2016年まで慣例的に土曜日のデーゲーム中継の放送はしなかった(ただ、各局への裏送り対応をしたり、素材用としてアナウンサーは派遣している)こと、また2010年からJRN土曜・日曜ナイターの放送が廃止されたことや、HBCがNRNにも(ただしナイターの放送はJRN単独ネット)、MBSがJRNにも加盟していることなどが背景として挙げられる。
  • 7月17日のオリックス対ソフトバンク戦は、RKBへ裏送りした。MBSはLFからヤクルト対阪神戦をネットしており、MBS・LFともにその予備カードとして扱われていた。なお、翌日の7月18日の日曜にデーゲームで行われた同じカードは、それまでであればABCがRKBに裏送りするところだが、17日同様にMBSがRKBに裏送りした(ABCはKBCへ裏送り。なお、土日両日デーゲームだった9月4日9月5日の同カードでは、ABC-RKB、MBS-KBCの形になっている)。
  • 7月18日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、RCC-CBCのJRNライン2局ネットによる広島対中日戦が組まれていた。
  • 7月31日8月1日の阪神対中日戦は、CBCへネットした。LFは広島対巨人戦を、土曜は自社制作、日曜はRCC制作裏送りで放送したため、その予備カードとして扱われた。
  • 8月21日8月22日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、TBC-RKBのJRNライン2局ネットによる楽天対ソフトバンク戦が組まれていた。
  • 9月18日9月25日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、HBCローカルの日本ハム主催試合が組み込まれていた。5月22日とは異なり、STVの裏送り要員の都合が付かなかったことも影響しているようである。
2011年度[編集]

前年もLFとMBSの予備カードとしてHBCの中継が組まれたことがあったが、この年から土・日のLFとMBSの予備カードとして本格的にJRN単独局の中継も採用されることになった(MBSが乗り込み制作する阪神ビジター戦は除外)。

  • 4月23日4月24日には、ほっともっとフィールド神戸で行われる楽天対日本ハム戦が全国で唯一のナイトゲームとなり、MBSが自社制作し、HBCにもネットして放送した[65]。LFでもメインカードとして編成されたが、LFはMBS技術協力による乗り込み自社制作で対応した(関東地区が聴取率調査週間であったため。なお、NRNも本カードを中継したが、QRは自社制作した)。なお、前日の4月22日(金曜日)も、MBSがTBCに代わりJRN中継担当としてHBCに裏送りした。
以上のカードは当初、楽天のホームゲームとして同球団の本拠地・クリネックススタジアム宮城で開催される予定だった。しかし、東日本大震災でスタジアム内施設の一部に被害が及んだことから、パシフィック・リーグの特例措置として球場・試合時間[66]を変更した。
  • 5月7日5月22日7月9日7月16日8月21日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、CBC制作の中日主催試合(5月7日は名古屋ローカルの対巨人戦、5月22日はCBC-TBCのJRNライン2局ネットによる対楽天戦、7月9日は名古屋ローカルの対横浜戦、7月16日と8月21日はCBC-RCCのJRNライン2局ネットによる対広島戦)が組まれた。ただし、本番への昇格例はまだ出ていない。
  • 5月28日のオリックス対中日戦のナイターは、当日の楽天対阪神戦が屋外開催のため、その第1予備として中継体制が組まれた(LFはロッテ対巨人戦を放送するため、楽天対阪神戦に次ぐ第2予備)が、本来のネット相手であるCBCはMBSの音源をネットせず、MBS技術協力による自社制作で対応した。翌5月29日の日曜にデーゲームで行われた同じカードは逆にSFがネット相手となり、同局への裏送りを実施したが、MBS自社での放送がない[67]ことが確定しているため、実況アナウンサーのみSFから派遣を受けての放送となった。
  • 7月2日のオリックス対ソフトバンク戦のナイターは、前年同様にRKBへ裏送りし、MBS-LFの2局ネットの阪神対横浜戦の予備カードとして扱われた。翌日の7月3日の日曜にデーゲームで行われた同じカードもMBSがRKBに裏送りした。
  • 7月30日7月31日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、RCC-CBCのJRNライン2局ネットによる広島対中日戦が組まれていた。さらに7月30日は、RKB制作でHBCとのJRN単独扱い局同士のネットによるソフトバンク対日本ハム戦も、予備カードとして組まれていた。
  • 8月14日のナイターでは、TBCがLF-MBSライン向け予備として楽天対ロッテ戦の裏送り待機を行っていた(TBC自社分はQR-NRN雨天予備として放送)。
2012年度[編集]
  • 4月14日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、HBC-TBCのJRNライン2局ネットによる日本ハム対楽天戦が組まれていた。
  • 5月27日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、CBC-RKBのJRNライン2局ネットによる中日対ソフトバンク戦が組まれていた。
  • 6月2日の日本ハム対阪神戦のナイターでは、2010年度とほぼ同様の理由でHBCからのネット受けとなった。2010年度はデーゲームだったが、週末のナイターの本番カードでJRNラインを使うのは珍しいことだった。また裏開催のオリックス対巨人戦についてはMBS制作でLF向けに裏送りしている。MBSで中継のなかった翌6月3日についても、HBC側の要請でMBSから阪神側リポーターを同局のローカル中継に派遣した。
  • 6月9日土曜日)・6月10日日曜日)のナイター中継枠では、土・日曜相互ネットの相手局であるLFがスペシャルウィークに向けた特別編成[68]で10日の野球中継を休止した(9日は通常通り中日対楽天戦を関東ローカルで中継)ため、特別にJRNラインを採用。CBC制作・ナゴヤドーム開催の中日対楽天戦(9日、楽天の地元局・TBCとの3局ネット)および中日対日本ハム戦(10日、日本ハムの地元局・HBCとの3局ネット)を放送した。9日の中日対楽天戦(18:00試合開始)については、デーゲームの阪神対オリックス戦(甲子園)の放送時間を17:50頃まで延長したため、『ウィークエンドネットワーク』(ニュース)や『土曜ミミマンボ2』(スポンサー付き番組)をはさんで18:20からの飛び乗りでネット受けを実施した。
    • また、10日の阪神対ソフトバンク戦は日曜開催のデーゲームであったため、MBS制作でKBCへの裏送りを実施した。2010年まではRKBとKBCがともに関西に乗り込んで自社制作していたため、日曜デーゲームであってもMBSによる裏送りを行うことはなかったが、両局とも2011年からは当該カードの自社制作を見送っている。また、土日の連戦ではなかったため通常のデーゲームの組み方が適用され、RKBはABCからの同時ネットとなったため、KBCに対してはMBSが裏送りした。なお、通例であればKBCからの解説者派遣があるところであるが、今回はMBS解説者1名のみの担当となった。
  • 7月14日9月8日9月30日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、RKBローカルのソフトバンク主催試合(7月14日と9月8日は対ロッテ戦、9月30日は対日本ハム戦[69])が組まれていた。
  • 7月29日のナイターでは、TBCがLF-MBSライン向け予備として楽天対西武戦の裏送り待機を行っていた(TBC自社分はQR-NRN雨天予備として放送)。
  • 8月5日のナイター中継枠では、LFがロンドンオリンピック中継を優先して野球中継を休止した。MBSは通常通りマツダスタジアムの「広島対阪神」を関西ローカルで中継したが、予備カードが関東での開催となる「DeNA対巨人」と「ヤクルト対中日」の2試合のみのため、6月9日・10日のようにJRNラインには切り替えず、LFがMBS向け裏送りとしてこれらの2試合に解説者とアナウンサーを待機させた。翌週の8月12日もLFはオリンピック中継のため野球中継を休止したが、当日の「阪神対広島」が京セラドーム大阪での開催であったため、MBSの予備カード自体が設定されなかった。なお、8月12日は3試合が関東球団のナイターであったが、「DeNA対中日」が松本市野球場での地方開催、「ロッテ対オリックス」および「西武対楽天」が17時開始だったことも一因である。
  • 8月18日のオリックス対ソフトバンク戦は、RKBへ裏送りした。MBSはLFからヤクルト対阪神戦をネットしており、MBS・LFともにその予備カードとして扱われていた。なお、翌日の8月19日の日曜にデーゲームで行われた同じカードは、この年はデーゲームの組み方に合わせ、MBSはKBCに裏送りし、RKBは高校野球期間中のためABC協力の自社制作を行った。さらに予備順が浅いことから、18日はRKBからのベンチリポーター派遣があった。
  • 8月26日のナイターでは、LFとMBSの予備カードとして、TBC-HBCのJRNライン2局ネットによる楽天対日本ハム戦が組まれていた。このカードについては別途、TBC側でQR-NRN向け予備の裏送り待機がなされていた(STVは中継予定なし)。
2013年度[編集]

この年の日曜日は、ナイターの開催があるにも拘らず、LFがナイター中継を休止する事例が相次ぎ、MBSは予備カードなしの状態で、自社制作の阪神戦ならびにJRN単独加盟局制作中継のネット受けで凌ぐなどの対応を迫られた。

  • 4月21日のオリックス対ソフトバンク戦は唯一のナイターであったため、RKBとの2局ネットで放送した。LFでも本番カードとして編成されたが、LFは乗り込みによる自社制作で対応した(2011年の楽天対日本ハムと同様の対応)。この日は両球団が近鉄と南海のユニフォームを着用する「OSAKA CLASSIC 2013」にあたったことから、近鉄OBの佐野慈紀と南海OBの山内和宏をゲスト解説として迎えて放送(MBS・RKB専属解説者は配置なし)したほか、RKBからもベンチリポーターの派遣があった。なお、翌日4月22日の同カードはデーゲームで行われるが、こちらは2010年・2011年同様の形でMBSがRKBへ、ABCがKBCへ裏送りした。
  • 6月2日(日曜日)のナイター中継枠では、土・日曜相互ネットの相手局であるLFが野球中継を休止するため、JRNラインを採用してHBC制作・旭川スタルヒン球場開催の日本ハム対DeNA戦(北海道内の屋外球場ではNPB公式戦史上初のナイトゲーム)をHBCとの2局ネットで放送した(解説:大宮龍男、実況:HBC・水野善公[70]
  • 7月28日(日曜日)のナイター中継枠では、6月2日同様にLFが野球中継を休止するため、当日の阪神対DeNAはMBSローカルの放送となり、予備カードも一切設定しない。
  • 9月7日のオリックス対ソフトバンク戦は、RKBへ裏送りした。今回はMBS自社では放送されず、MBSはLF制作のDeNA対広島のネット受けとして、LF同様に第2予備の扱いとした。翌日の9月8日の日曜にデーゲームで行われた同じカードは、4月21日とは逆に本来のデーゲームの組み方を採用し、MBSはKBCへ裏送りした(RKBへはABCが裏送り)。
  • 9月8日(日曜日)のナイター中継枠では、6月2日ならびに7月28日同様に、LFが野球中継を休止した[71]。これに対してMBSは、当日のナイターが関東開催分のみであること、当日の阪神対巨人が15時開始の薄暮試合であること、さらに日曜版の「タイガースライブ番外編」が7月7日以来放送がないことを考慮して、当日はLFからの裏送りは受けずに「タイガースライブ番外編」を放送。冒頭で阪神対巨人の中継を約40分間挿入した。また、当該時間帯に唯一行われていたDeNA対広島の経過については、「番外編」において口頭で伝えていた[72]
  • 9月29日(日曜日)のナイトゲーム中継枠では、JRNラインを採用して、RKB制作のソフトバンク対楽天戦(解説・島田誠実況:RKB・田中友英)をRKB・TBCとの3局ネットで放送した。本来土・日曜の中継で相互ネットを組むLFが、前日で今季の野球中継のレギュラー放送を打ち切ったことによる。
2014年度[編集]
  • 5月10日のナイターでは、LFとMBS(本番はMBS自社制作の阪神対巨人)の予備カードとして、RKBローカルのソフトバンク対西武戦が組まれていた。
  • 5月17日のオリックス対ソフトバンク戦のナイターは、RKBへ裏送りした。今回はMBS自社では放送されず、MBSはLF制作の巨人対広島のネット受けとして、LF同様に第1予備の扱いとした。翌日の5月18日の日曜にデーゲームで行われた同じカードは本来のデーゲームの組み方を採用し、MBSはKBCへ裏送りした(RKBへはABCが裏送り)。
  • 5月31日の日本ハム対阪神戦のナイターについては、2010年や2012年と似た状況ではあるものの、今回はMBSの出演者が北海道に乗り込み関西向けに自社制作した。一方、裏開催となるオリックス対巨人戦については、LFはMBS協力の下での自社制作となったが、ベンチリポート担当アナウンサー1名(両軍兼務)のみMBSから派遣された。
  • 6月8日の阪神対ソフトバンク戦(甲子園)は日曜デーゲームのため、2012年同様にKBCへの裏送りが行われ、今回はKBCから解説者が派遣された(解説:藤原満[73]、実況:金山)。試合は壮絶な打ち合いになり試合終了が18時を超えたため、MBSにおいても18:00から『MBSベースボールパーク番外編』内で急遽放送した。しかし放送開始すぐにゲームが終了、阪神の選手のヒーローインタビューを流すこともなく中継を終了した(KBCにおいても同局の方針でヒーローインタビューは流さなかった)。
  • 6月14日6月15日のオリックス対中日のデーゲームについては、5月31日のオリックス対巨人戦同様、MBS協力の下でのSFの解説者と実況アナウンサーによる自社実況とし、ドラゴンズ側のベンチリポート担当アナウンサー1名のみMBSから派遣された(なお、MBS自社では、14日は裏開催の西武対阪神の自社制作、15日は競馬中継を放送)。
  • 6月21日の阪神対楽天戦は、唯一のナイターだったためLFに加え、通常ならばABCとネットを組むのが原則のTBCも加わり3局ネットでの放送となった(ABCはQR-NRNネットで放送)。翌22日のデーゲームは、MBSは競馬中継のため素材収録のみ実施し、TBCは原則通りABCからネット受けで放送する。
  • 6月29日の阪神対中日のデーゲームは、6月14、15日のオリックス対中日戦とは異なり、MBSの解説者(今岡)と実況(馬野)での中継となった。SFのアナウンサーが中日サイドを担当し、裏送りではあるがMBSから阪神サイドのリポート担当アナウンサーが派遣された。
  • 7月4日のDeNA対阪神戦(静岡)は自社制作で対応したが、5日のナイター(横浜)はLF制作の中継(解説:大矢明彦 実況:山内宏明)をネット。金山が阪神サイドリポートとして派遣された。
  • 7月6日8月10日はナイトゲーム(17:00開始の薄暮試合含む)の開催があったにもかかわらず[74]、LFは野球中継を休止した。両日とも阪神戦はデーゲーム[75]であり、JRN単独加盟局からネット受けできる中継もなかったため、MBSでは「番外編」を放送した。なお、7月6日は16:00開始のオリックス対西武の試合(ほっともっとフィールド神戸)が、番組中もまだ続いていたことから、音源収録を行っていた井上雅雄アナウンサーからのリポートを挿入していた。また8月10日、阪神対広島戦(京セラドーム)は当初14時開始予定だったが、台風の影響で当初予定を1時間延期して15時開始の薄暮デーゲームとなったため、序盤約1時間はその試合の生放送(解説:太田、実況:金山)に充てた。
  • 7月19日に甲子園で行われるオールスターゲーム第2戦は、2010年のナイターネット再編以降では、初めて関西からのJRN土曜ナイターが制作されることになったが、JRNナイター分はMBSやABCによる二重制作とはならず、TBSが東京から裏送り用のスタッフを派遣して制作した。よって、MBSは従来通り、LFとの2局ネット分のみを制作した。
  • 8月16日のオリックス対ソフトバンク戦のナイターもRKBへ裏送りし、本番であるDeNA対阪神の自社制作、第1予備であるLF制作の広島対巨人(LFの本番カード)に次ぐ第2予備とした。ただし、LFの方の予備順位は西武対日本ハム(17:00開始)よりも後位となった。
  • 9月27日は自社制作の阪神対ヤクルト戦を、LFを含めた本番カードとしたが、第1予備となる広島対中日戦は戦況によっては広島の敗戦と同時に巨人のリーグ優勝が決まる可能性があったため、LFが東京から予備要員を派遣する予定であった。しかし、前日に巨人が優勝を決めたため、予備要員の派遣は取りやめとなり、当初第2予備であったHBCローカルの日本ハム対オリックス戦が第1予備に昇格した。
  • 9月28日は阪神の試合開催が無く、オリックスもビジター戦であることに加え、前年の9月最終週同様にLFが前日で今季の野球中継のレギュラー放送を打ち切ったため、JRNラインを採用して、日本ハム対ソフトバンク戦をHBCからのネット受けで放送した(RKBは別途自主制作)。
2015年度[編集]
  • 3月29日の中日戦(京セラ)は、MBS制作でSFに裏送りしたが、当日のMBSは18:00以降をナイターオフ期の通常編成で送ることになっていたため、実況アナウンサーのみSFから派遣を受けての放送とした。解説は遠山、両サイドのリポートとして仙田が出演。実況はSFの森貴俊が務めた。試合は10-8で阪神の勝利。阪神のヒーローインタビュー(福留孝介)を途中まで放送し、放送を終了した。
  • 4月19日の対巨人戦(甲子園)は、延長11回に及び18時を跨いだ。この結果、素材音源収録のために現地にいた近藤の実況で急遽生中継を編成。阪神が敗れた直後の18時30分頃から、本来ネットするはずだったLF制作のヤクルト対DeNA戦を放送。しかし、LFでもMBS制作協力の下、甲子園のデーゲームを中継をしていた。このため、LFは18時40分頃から中継を開始した[76]。なお、このLF制作の甲子園のデーゲームにおいては、MBSの不手際でJRNのチャイムが流れた(最初だけで以降はNRNのチャイムに戻る)。
  • 5月30日は阪神がデーゲームで、唯一ソフトバンク対ヤクルト戦のみナイターで開催されるため、本来であればLF-MBSラインまたはRKB-JRNラインのいずれかをつなぐところだが、20時から『GI最前線 ジョッキー★ナイト』(日本ダービー特集)が放送される都合によりネットせず、全試合デーゲームと同じパターンで「うきうき延長リクエスト」を放送することになった。
  • 7月4日はセ・リーグがすべてデーゲームのため、ナイター枠ではオリックス対ソフトバンク戦を自社制作で放送。このカードはRKBだけでなく、LFも本番カードとしたが、2013年度の事例とは異なりどちらも自社制作を行わない。そのため、ネットワーク再編が行われた2010年以降では初めて、MBS-LF-JRN単独局の変則ネットで放送する(事実上、FOLネットの再現)予定だったが、雨天中止となった。なお、MBSとLFは予備カードの楽天対日本ハム戦が昇格した(RKBは雨天中止時は基から試合がない場合のルールに準じ、予備補充としての放送もしなかった)。こちらはTBC-HBCのJRNライン2局ネット分を充当せず、別途TBCが三重制作分(裏送り用のNRN=QRライン<STV、IBS、FBC、RKC向け。こちらもKBCも予備補充の繰り上げをしない方針のためネットせず>を含む)の裏送りを行った。
  • 7月以降の日曜日には、関東圏の球場での薄暮試合(17:00開始のデーゲーム)を、編成上の事情[77]で試合の途中(17:59)から中継する事例が相次いでいる。
    • 7月12日は、巨人対阪神戦(東京ドーム)がデーゲームであったため、LF制作のヤクルト対DeNA薄暮試合(神宮)中継を17:59から同時ネット(LFでも17:30から中継を開始)。試合終了後の20:40からは、当日のナイトゲームで唯一18:00から開始したロッテ対ソフトバンク戦(QVC)の中継(LF制作分)を、20:56まで放送した。なお、LFではMBSでの中継終了後も、後座番組枠を使ってQVCからの中継を関東ローカル向けに試合終了まで続けた。
    • 8月9日(日曜日)のDeNA対阪神戦(横浜)[78]は、17:00開始の薄暮デーゲームであったため、MBSの自社制作による中継(実況・近藤、解説・今岡、阪神側ベンチリポート・井上)を関西ローカル向けに17:59から試合終了まで放送。当初からナイトゲームの放送を予定していなかったLFの技術協力による中継であった。また、他の薄暮デーゲーム(15:00開始の日本ハム対楽天戦および17:00開始のロッテ対ソフトバンク戦)を予備カードとして設定しなかったため、阪神戦の中止・早期終了の場合には「番外編」の放送を予定していたが、実際には、20:35まで阪神戦を中継した後に、MBSの本社スタジオから市川と山田スタジアムの出演による後座コーナーを20:56まで放送した。
    • 8月16日には、LF制作のヤクルト対阪神[79]薄暮試合(神宮)中継を、同局との相互ネットで17:59から放送(実況・山田透、解説・若松勉)。当日は予備カード放送順位の1番目に18時開始・LF制作の広島対DeNA戦(実況・胡口和雄、解説・田尾安志)、2番目に17時開始・TBC製作の裏送り[80]の楽天対日本ハム戦を設定。全カード中止の場合には、「番外編」の放送を予定していた。なお実際には、阪神戦を20:35まで中継した後に、MBSのスタジオから20:56まで後座コーナーを放送。当日のスタジオアシスタントであった市川が、同日開催の第97回全国高等学校野球選手権大会3回戦やプロ野球他カードの結果を伝えた。
2016年度[編集]
  • 本年度は前述したとおり、「河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト」が13:45からの開始となったため、それ以後に試合開始されるデーゲームは事実上左記番組に内包される形を取った。また本年度より、土・日の17時開始のパ・リーグの薄暮試合についてはデーゲーム相当と扱われるようになり、MBS・LFともに原則としてナイターの予備に組み込まれなくなった。
  • 5月14日の「オリックス対ソフトバンク」(ほっともっと神戸)は、当日唯一のナイトゲームとなり、前述・2015年7月に雨天中止のため実現に至らなかったMBS-LF-RKBの「FOLスポーツネット」の復活放送が行われた(なおNRNはABC製作での放送だが、ABCは阪神戦デーゲーム日の土・日・月曜はオリックス主催を含むナイターを放送しない原則に沿ってQR-KBC-STVと、球団所在地以外でNRNナイターをレギュラー編成しているIBSFBCKRYへの裏送りとなる)。なお番組中にはネット各局の正式なナイターの題名(「MBSベースボールパーク」「ニッポン放送ショウアップナイター」「RKBエキサイトホークス」)をすべてアナウンスしたほか、JRN単独加盟局(RKB)とNRNキー局(LF)との変則ネットであることに配慮して、他球場速報はチャイムを鳴らさずに行った。
  • 5月28日の「巨人対阪神」(東京ドーム)は上述のRFラジオ日本とTBSラジオ・JRNの提携関係復活に伴い、RF制作のものをJRNにも報道素材として(TBS・CRKは放送なし)配信されたが、RFとGBS(ぎふチャンラジオ)用の中継には、MBS・ABCのどちらからもリポーターは派遣されなかった。なおMBSラジオではRF、及び本来のナイターネットを担当するLFがそれぞれ製作するものはネット受けせず、LF技術協力による自社乗り込み放送を行い、MBSアナウンサーの金山泉がLFの阪神ベンチ側とMBSのリポーターを兼任した。[81][82]
  • 7月30・31日の「阪神対中日」(甲子園)では、MBS-LF-CBCの変則ネットが実施され、CBCからも中日ベンチリポーターが派遣された。第1予備はMBS・LFでは両日ともRCC裏送り待機の「広島対ヤクルト」(RCCは自社ではABC・SFを含むNRN第1予備分を放送)、第2予備は30日のみHBC-RKBネットの「日本ハム対ソフトバンク」が組み込まれ、CBCは予備補充なしだった。番組中には5月14日同様ネット各局の正式なナイターの題名(「MBSベースボールパーク」「ニッポン放送ショウアップナイター」「CBCラジオ ドラゴンズナイター」)をすべてアナウンスしたほか、変則ネットであることに配慮して、他球場速報はチャイムを鳴らさずに行った。
2017年度[編集]
  • 土曜日で13:45以降に開始するデーゲームについては、本年度から放送を開始した『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』に中継枠を事実上内包している。
  • 9月2・3日の「阪神対中日」(甲子園)ナイトゲームでは、MBSの自社制作による中継をCBCとの相互ネットで放送したため、CBCからも中日側のベンチリポーターを派遣。両日とも、LF制作の「DeNA対巨人」(横浜)を第1予備カードに設定した。
  • 9月30日(ナイトゲーム)、10月1日(デーゲーム)の「オリックス対ソフトバンク」(京セラドーム大阪)は、両日ともMBS裏送り=RKB、ABC裏送り=KBCのネットで放送し、デーゲームでのこの組み合わせでの放送は2013年4月21日以来となった。10月1日は、途中KBCが野球中継を中断して「スプリンターズステークス」(中山競馬場、MBS制作)を放送したため、MBS制作番組での競合が発生した。
MBSテレビの副音声によるラジオ実況の同時放送[編集]

毎日放送では、「MBSはタイガースとともに戦い、一緒になって優勝を目指す」という宣言の下に、2012年からラジオ・地上波テレビ(MBSラジオ)・CS放送(GAORA)の阪神戦中継および関連番組における共通テーマとして「withタイガース」を提唱。当番組では、同年からこのテーマをタイトルに組み込んでいる。また、テレビとラジオにおける阪神戦の関西ローカル中継日・中継時間帯が重なる場合に、地上波テレビ中継の副音声(チャンネル2)でラジオの実況ブースを撮影しながら当番組の実況音声を流すことがある。この場合の副音声では、イニング・投手交代の間に主音声(チャンネル1)で放送中のCMを音声だけ流すか、実況・解説陣が主音声に向けてクロストークを展開する。

  • 2013年4月13日の阪神対DeNA戦(甲子園でのデーゲーム)は、毎日放送グループ(MBSテレビ・MBSラジオ・GAORA)のスポンサードゲーム「with タイガース MBSデーゲーム」として開催。MBSテレビ・MBSラジオが関西ローカルの地上波、GAORAが全国向けCSの中継権を保有していたことから、MBSテレビの副音声では試合開始から終了まで当番組の実況音声を流していた。
  • MBSラジオ スペシャルウィーク」期間中の2013年6月12日(水曜日)に自社制作・関西ローカルで19:00 - 20:54に放送した日本ハム対阪神戦中継(札幌ドーム)でも[83]、ワンセグ放送を除く副音声で当番組の実況音声を流した(実況:仙田和吉、解説:亀山つとむ、ゲスト解説:吉井理人[84]
  • 2014年4月19日(ヤクルト戦)も「with Tigers」キャンペーンのスポンサードゲームの一環によるテレビ(地デジ・CS)・ラジオ連動型放送を実施したが、この時は副音声の放送はしなかった。ただ5回の攻撃後と試合終了後(地上波は17時で中継終了であるため、テレビ版の放送はCSのみ)にテレビ・ラジオ同時放送のパートがあり、テレビ版の解説を担当した金本、藤本と、ラジオ版解説の藪(上記3名ともMBSではラジオのみ専属契約)、並びにラジオ版のゲスト解説を担当した増田英彦のやり取りが行われていた。
  • 2014年以降は、ジャパネットたかたの協賛で阪神主催デーゲームのテレビ中継を放送する場合に、MBSテレビでの中継終了までラジオ中継の音声をテレビの副音声で同時に流すことがある。
    • 2014年6月7日(甲子園球場のオリックス戦)では、17:00までテレビとの同時中継を実施。同球場内のテレビ・ラジオの放送席に加えて、「ちゃやまちこども猛虎会」(茶屋町本社M館1階のオープンスタジオ「ちゃプラステージ」で開催の親子参加型パブリックビューイングイベント)とも連動させた(中継タイトルは『ジャパネットたかたPresents withタイガース MBSベースボールパーク』)。また、ラジオで金本・藤本、テレビで藪、「ちゃぶらステージ」で遠山が解説を担当。テレビの副音声では、17:00の中継終了まで、ラジオ音声のサイマル放送を実施した。GAORAでもこの試合を中継したが、上記のイベントに参加しない関係で、放送ではTigers-ai配給の中継映像を流用した。
    • 2015年8月22日(京セラドーム大阪のDeNA戦)でも、解説:太田、ゲスト:増田英彦、実況:井上雅雄によるラジオ中継の音声を、17:00までテレビの副音声で同時に放送(テレビ主音声では亀山・藪のダブル解説と金山の実況で中継)。試合の途中でテレビ中継を終了したため、17:00以降は試合終了までラジオ単独で関西ローカル向けに中継を続けた。
  • 2015年の祝日に阪神主催・甲子園球場で開催のデーゲームを「with Tigers」キャンペーンのスポンサードゲームとして中継する場合には、テレビの副音声によるラジオ中継の放送に加えて、視聴者が参加できるテレビ・ラジオの合同懸賞企画「ホームインwith Tigersスペシャルプレゼント」を実施。この企画では、当日の試合で最後に得点した阪神の選手を7回表までに電話で予想。予想が的中した視聴者から抽選で1名に、「当番組スタッフからの当選電話を受ける際に(テレビ・ラジオ中継内で発表した)キーワードを告げる」という条件付きで、当該選手の背番号の1万倍の額の賞金を進呈している。
    • 最初に実施した5月4日月曜日みどりの日)の中日戦中継は、「MBSゴールデンウィークwith Tigers祭り」として開催。MBSテレビの副音声で当番組の実況音声を流した(実況:近藤亨、解説:藪恵壹、ゲスト解説:山崎武司[85]。月曜日に同カードを中継する場合にMBS制作分中継のネット受けを実施するCBCラジオには、MBSが同局向けに別途制作した中継を配信した(実況:CBCから派遣した角上清司、解説:太田幸司)[86]。また、この試合で最後に得点した阪神の選手が俊介だったため、予想の的中者から1名に68万円(=俊介の背番号68×1万円)を進呈した。
    • 9月21日(月曜日・敬老の日)の東京ヤクルト戦(14:01開始)中継については、テレビが『ちちんぷいぷい』(平日午後の情報番組)、ラジオが『上泉雄一のええなぁ!』とのコラボレーション企画として放送。「ええなぁ!デーゲーム中継」と題してテレビの副音声でも音声を流したラジオ中継では、井上雅雄が実況を担当するとともに、上泉と月曜パートナーの金村義明をゲストに迎えた[87]フジテレビの野球解説者である金村が、MBSラジオの中継に出演するのは初めて。ちなみに、この試合で最後に得点したのは、背番号5のマウロ・ゴメスであった。
      • MBSラジオでは、この中継が終了した後に、甲子園球場から上泉・金村の出演で『上泉雄一のええなぁ!』の短縮版を18:00まで放送する予定だった。しかし、試合が17:47まで続いたため、同番組を休止したうえで中継を18:05まで延長。その後『ボートレース住之江ガイド』を挟み、本来は18:00から放送する後枠番組『亀山つとむのかめ友 Sports Man Day』の開始時間を7分遅らせた。また、『かめ友』のメインパーソナリティでもある亀山は、遠山奨志とのダブル解説扱いでテレビの中継(17:50終了)に出演。このため、同番組の放送中には、亀山のいる甲子園球場と毎日放送本社ラジオスタジオとの二元生中継を急遽実施した[88]
  • 2016年度
    • 1回目は4月9日に実施。テレビ放送はMBS関西ローカル向けと、GAORA SPORTS(制作・Tigers-ai)のものそれぞれ別々に制作された。この時は阪神の選手のホームラン1本につき1名に10万円をプレゼントするキャンペーン(指定の電話にスマートフォン・ガラケーから電話をかけて応募登録し、締め切り後に番組内で発表したキーワードを正確に言えたら賞金獲得)を行った。
沖縄開催の阪神主催試合への対応(2013年)[編集]

阪神球団では2013年7月9日火曜日)・10日水曜日)に、沖縄県内では球団史上初めての公式戦における主催試合として、沖縄セルラースタジアム那覇で対中日ナイトゲームを開催。ただし、沖縄県内の日没時間に配慮したことから、試合開始時間を通常の主催試合より1時間遅い19時に設定した。

当番組では、火・水曜日にNRNナイトゲーム中継のネット受けを実施していることから、以上の2連戦を18:55から試合終了までSFとの相互ネット形式で中継(解説:今岡誠、実況:9日・井上雅雄、10日:仙田和吉)。その一方で、予備カード第1位扱いの巨人対ヤクルト戦(9日・荘内銀行・日新製薬スタジアム、10日・福島県営あづま球場)の中継(LF制作)を、18時台に限ってネット受けを実施した。

なお、沖縄県内におけるNRNの系列局・ラジオ沖縄では、沖縄県内の球場で公式戦が開催された場合でも自社制作またはNRN系列局からの裏送りによる中継を実施していない[89]。このため、9日にはナイトゲームの放送自体を休止。10日については、MBS制作分の阪神対中日戦を予備カードに設定したうえで、本番カードである巨人対ヤクルト戦と、第1予備カードであるDeNA対広島戦(RCC向けにLFが裏送り制作)の双方が中止になった場合にのみ、第2予備カードからの繰り上げで阪神対中日戦を放送する予定だった(実際には巨人対ヤクルト戦を放送)。

ナイター中継延長時の対応[編集]

平日[編集]
1999年度まで
  • 野球中継終了後(中止の場合は21:00から)から、21:55まで野球の試合結果やスポーツニュースを中心とした「ミュージックスタジアム9」(パーソナリティーは「プレイボール。太田幸司です。」のアシスタント。土・日も原則として同じ扱いだったが放送時間は21:30まで)を放送していた。
  • 22時以降延長した場合は「MBSヤングタウン」をスライドし(最大延長で25:00で終了)、後続の番組はTBSからの生ネット番組編成の関係で27:00で一律終了となった。
2007年度まで
  • MBSナイトアングル』放送後、『ナニワ音楽ショウ』を最大25時(翌日午前1時)までの範囲でスライド(金曜日(『U.K. BEAT FLYER 1179』)については2004年度までは野球延長の場合は全編(2時間半→2005年4月から2時間45分)スライドとなっていた)、その後24時以後の番組も時間枠をスライド、又は時間短縮で対応していた
  • 2005年度はナイターが延長となった場合、21:45までの終了なら、一律23:45終了となり、24時以後のスライドはなくなった。21:45以後終了の場合はナイター終了後から2時間『ナニワ音楽ショウ』または『UKビートフライヤー1179』を放送し、以後はスライドとなり、最終番組(『ラジオの達人』、『ゴーK!』)は短縮になる。
  • 2006・2007年度は、21:55までの終了なら、一律23:55終了となる。
2008年度
  • 月曜-木曜日は、『MBSニュースレーダー』と『MBSサウンドキングダム-音楽王国-』(第1部)、『ゴチャ・まぜっ!』をスライドさせ、『MBSサウンドキングダムDEEP』(第2部)を短縮・休止する。
    • なお、月曜日に試合が組まれている場合は、試合終了後『〜いつも誰かと〜』→『三枝輝行の商い勘所』[90]→『MBSニュースレーダー』の順に放送。
    • ただし、23時以降(月曜のみ22時15分以降)も野球の試合が続いている場合は『ニュースレーダー』のみ完全スライド、『MBSサウンドキングダム-音楽王国-』は午前1時55分までの短縮放送とする。その後は延長時間にかかわらず、『ゴチャ・まぜ!』を25時55分から、26時55分から『MBSニュース・お天気のお知らせ』を放送。
    • 大人のわがまま』は野球延長の有無にかかわらず、27時から放送する。
    • 金曜日は、『MBSニュースレーダー』から『ゴーJ!』までの番組をスライドさせ、『丑バラ』を短縮する。
2009年度
  • 『MBSニュースレーダー』は完全にスライド。ただし、月曜日にナイトゲームの中継を入れる場合には、『ほぐすラジオ』(本来19:00 - 19:30で放送されている箱番組[90])→『MBSニュースレーダー』の順に復帰。)
  • MBSうたぐみ Smile×Songs』は、『MBSニュースレーダー』終了後から生放送。ただし、全編スライドとはせず、午前1時(月曜ナイター開催日は0時半)で必ず終了(短縮放送)。[91]それ以降は、午前2-4時の時間帯をTBSやLF制作の番組(いずれも時差ネット)で埋めた関係で、定時編成になる。
2010〜2012年度
2013年度
  • 『RadioNews たね蒔きジャーナル』が2012年9月で終了したことから、火〜木曜日のフィラー番組として、『ナイターのあともラジオと決めちゃいます?』(通称『あとラジ』)を新設。21時台前半で試合が終了した場合には、終了直後から22:00まで放送する。中継が21時台後半以降も続いた場合には、中継終了の直後から『あとラジ』を25分間放送するため、その分だけ『うたぐみ』(火・水曜日)『ハンドレッドレディオ』(木曜日)の放送時間を短縮する。ただし、中継が23時以降も続く場合には、『あとラジ』を24:00で終了させることで上記の次枠番組の放送時間を確保する。
  • 金曜日には『報道するラジオ』(2012年10月から放送、基本放送枠は21:00 - 22:00)、月曜日にナイトゲーム中継を放送する場合には『弁護士の放課後 ほな行こか〜』(2012年10月から放送中の事前収録による30分番組、本来の放送枠は19:00 - 19:30)を、それぞれ中継終了の直後からスライド形式で放送する。
    • 月曜日については、『弁護士の放課後』→『MBSニュース・お天気のお知らせ(ネットワーク1・17内「今日のニュースのまとめ」とお天気の休止代替5分番組)』→『MBSうたぐみ U.K. BEAT FLYER』(2013年4月から放送枠を月曜日の21:00 - 22:00に移した事前収録番組)の順に完全スライド形式で放送。『うたぐみ』については、24:30を上限に放送時間を短縮する。
    • 金曜日については、『報道するラジオ』を完全スライドで放送するため、後枠番組『金曜お楽しみアワー』は25:20を限度に放送時間を短縮。その後で『めっちゃサッカー!』(本来の放送枠は24:50 - 25:00)を放送するため、本来は25:00 - 25:30に放送する『加藤ヒロユキの音楽のソムリエ』を短縮または休止させる。
2014年度
  • 月曜日については、前年度と同様に、『弁護士の放課後』→『MBSニュース・お天気のお知らせ』→『U.K. BEAT FLYER』(『MBSうたぐみ U.K. BEAT FLYER』から改題)の順に完全スライド形式で放送。『うたぐみ』の後番組である『浮かれてマンデーナイト』(基本放送枠は22:00 - 26:30)については、基本として24:30を境にした2部構成(第1部『笑い飯の月曜お楽しみアワー』第2部『八光・スマイルのおしゃべり親分』)の生放送番組であるため、26:30を上限に第1部と第2部の放送時間を調整する。
  • 火〜木曜日には、『あとラジ』の後継番組として、『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』(基本放送枠21:00 - 21:50)を新設。『あとラジ』に内包していた「MBSニュース」「お天気のお知らせ」については、10分間の独立番組として、基本放送枠を21:50 - 22:00に設定する。中継が21:50以降にまで及んだ場合には、『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』を休止したうえで、中継終了の直後に「MBSニュース」「お天気のお知らせ」を放送。後続の自社制作番組『アッパレやってまーす!』については、火曜日と水曜日については生放送であるため、放送枠の繰り下げ・放送時間短縮で対応する。ただし、木曜日のみ『アッパレやってまーす!』が収録番組であるため、後続の『キャイ〜ンの、今宵も最高潮 大儀であった!』『茶屋町アイドルプラザ』ともども完全スライドとなり、25:00からの『うたバッカ』の短縮で対応する。
  • 金曜日には、前年度と同じく、中継終了後に『報道するラジオ』を完全スライドで放送。後枠の生放送番組『ヤマヒロのぴかいちラジオ』・『めっちゃサッカー!』は完全スライド、23:40(2015年度は土曜0:10=金曜24:10)開始予定の生放送番組『ザ・ヒットスタジオ〜レッツゴーヤンヤン〜』の短縮で対応する。
2015年度
  • 月曜日は『弁護士の放課後』→『MBSニュース・お天気のお知らせ』→『U.K. BEAT FLYER』の順で先に放送してから『アキナ・大吉洋平の「週刊ヤングマンデー」』『押尾コータローの押しても弾いても』『アッパレやってまーす!』を順次繰り下げて放送し、『Till Dawn Music』は短縮とする。
  • 木曜は『アッパレやってまーす!』が録音であるため、生放送である『桜 稲垣早希のアニメ・アイドルバッカ』までは順次完全スライドし、『Till Dawn Music』は短縮とする。
  • 火・水・金曜については前年と同じ。
2016年度
  • 月曜日は『弁護士の放課後』に続いて、『報道するラジオ』(2016年4月から月曜20時台に移動)を30分に短縮して放送。その後は『U.K. BEAT FLYER』以降の番組を順次繰り下げて放送し、『Till Dawn Music』は短縮とする。ただし、阪神戦が雨天中止となった場合は予備カード補充を基本行わないため、この場合はナイターのない月曜日と同じ編成時間帯となる。
  • 月曜以外は、原則として2015年度と同じ。
    • また、月曜日に予備日扱いで組み込まれた試合については、『弁護士の放課後』と『報道するラジオ』の通常放送を優先する関係で、中継を実施せず通常編成で対応することがある[93]
土曜日[編集]
2005年度まで
  • 21時以後も試合が続いている場合、それ以後の番組はスライドとなり、その日の最終番組が短縮放送となっていた。
2006〜2008年度
  • 21時以後も試合が続いている場合、それ以後の番組はスライドとなり、『ゴー傑P』を短縮していた。
2009〜2011年度
  • 21時以後も試合が続いている場合、それ以後の番組はスライドとなり、『ゴチャ・まぜっ!』を短縮する。
2012〜2013年度
2014年度以降
日曜日[編集]
  • 最終番組まで放送枠を順次スライド。深夜にメンテナンスや特別番組(月に1回のペースで放送されている『NAOTOな音』など)の予定が組まれている場合は、一部番組を短縮して対応する。2014年4月・5月には、当時の最終番組『押尾コータローの押しても弾いても』の終了時間を24時(月曜0時)に設定していたため、上記の短縮処置をほとんど実施しなかった。なお、同年6月以降は、最終番組の放送終了時間を24:30分に繰り下げ。2015年1月からは、特別番組として放送されていた『関西ラーメンコロシアム』をレギュラーの最終番組として、終了時間を25時(月曜1時)に設定している。

いずれの曜日でも、中継を延長した場合には、後続番組の放送を始めるたびに上田悦子(毎日放送アナウンサー)の声による放送時間繰り下げ告知の音源を流している。

雨天中止時・ナイター非開催日の対応[編集]

月曜日[編集]

阪神戦以外は原則予備カード補充・並びにTBSからのレインコート番組のネット受けはせず定時番組放送[90]。ただし、過去には月曜のナイターが中止の時はTBSからの予備カード補充かレインコート番組、元から開催予定が無かった場合でもTBSから『マンデーナイトベースボール』と題した野球関連番組、もしくは『川村龍一のダンシング・ベースボール』など自社制作による野球関連番組を放送したことがあった。

火・水・木曜日[編集]

自社制作の『MBSベースボールパーク番外編』(後述)か、LF制作『まいにちとことんプロ野球!!』および『ナイタースペシャル・またはサウンドコレクションのいずれか』を放送。

金曜日[編集]

『MBSベースボールパーク番外編』(後述)か、TBS制作『プロ野球東西南北[94]を放送。

土曜日[編集]
  • デーゲームの時間帯 定時番組の『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』をそのまま放送。デーゲームを放送する予定だった時間帯については、『MBSベースボールパークスペシャル』というタイトルの下で、当番組の協賛スポンサーが付く。
  • ナイターの時間帯 『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト延長スペシャル』を主に放送。プロ野球ナイトゲームの開催が最初から予定されていない日のうち、月に1回は、生放送番組『ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー』を18:00 - 21:00に編成する。
※なお土曜日にナイターが行われていても、編成の都合によりナイター中継を実施せず、別番組を組んだことがある。
  • 2015年5月30日 この日はセ・パ交流戦「ソフトバンク対ヤクルト」が行われており、本来ならニッポン放送製作のナイターを編成するところだが、日本ダービー前日であり「GI最前線ジョッキーナイト」を編成した関係でナイターを休止したうえで、デーゲームの編成に準じて20時まで「河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト延長スペシャル」を放送した。
  • 2017年7月29日 この日は中日対阪神戦はデーゲームだったため、本来ならこの時間に開催されているナイター・薄暮デーゲーム3試合のうちから、ニッポン放送の中継カード(「巨人対DeNA」[95])を放送するところだが、MBSが協力して2017年7月22日7月23日神戸港で行われた「神戸港開港150周年海フェスタ神戸・笑かスノー夏祭り[96]」の中で行われた音楽・お笑い・トークショーの模様(一部当日生放送[97]があったイベントがあり、生放送で紹介されなかったものを抜粋)を放送するためナイターを休止した。
日曜日[編集]

『MBSベースボールパーク番外編 みんなでホームイン!』を放送。

『MBSタイガースライブ番外編』→『MBSベースボールパーク番外編』[編集]

月・土曜日以外で最初からナイトゲームの放送予定がない場合や、放送予定のカードが全て中止になった場合に、17:53 - 21:00(日曜日は17:59 - 21:00)に編成する自社制作・生放送の特別番組。ナイトゲームを中継する場合と同じく、19時前後にはスタジオから「MBS交通情報」を放送する。ただし、放送内容は平日と日曜日で大きく異なる。

以下の記述は、『MBSタイガースライブ番外編』として放送していた2013年度の放送内容に依拠。『 - パーク』への移行後は、『MBSベースボールパーク番外編』として放送を継続する一方で、野球中継の場合とは別のテーマソングを流している。

  • 火〜金曜日(公式戦の開幕直前やセ・パ交流戦の予備日、及び、祝日開催で全試合がデーゲームが行われる日などが該当)
    • 前述のレインコート番組を全編差し替えたうえで、MBSの野球解説者・スポーツアナウンサーや阪神ファンの著名人(主にお笑い芸人)が出演。『 - ライブ』の実況音源やリスナーからのメッセージを織り交ぜながら、阪神の戦い振り・思い出話・今後の展望などを自由に語り合う。ちなみに、『 - ライブ』へ移行した2011年のみ、『タイガース満腹スペシャル』というタイトルで放送することもあった。
    • 2013年には5月以降、火〜木曜日で最初からナイトゲームの中継予定がない場合(予備日など)に、『with…夜はラジオと決めてます』(以下『夜ラジ』と略記)木曜日の企画を受け継ぐ特別番組を『番外編』として月に1〜2回のペースで放送(with…夜はラジオと決めてます#放送休止・特別編成などを参照)。同曜日パーソナリティの増田英彦ますだおかだ)、パートナーアナウンサーの亀井希生(MBSアナウンサー)、当番組のスタジオ担当でもあるアシスタントの豊永が引き続き出演するほか、18・19時台には、スポーツキャスターの仙田、スポーツコメンテーターの安藤・一枝(隔回交代)も登場する。なお、この場合には『あとラジ』も『番外編』の拡大版として扱うため、実際の放送時間は他の『番外編』より1時間長い17:53 - 22:00になる。また、最初からナイトゲームの中継予定がない金曜日には、『夜ラジ』金曜日のレギュラーだったイトキン(ET-KING)・亀井・井上に豊永・須藤理恵(青空)を加えた『番外編』を、17:53 - 21:00に放送。2014年度からのMBSにおけるタイガース応援ソング「ええやんけ!阪神」は、当番組でリスナーから歌詞に入れたいフレーズを募集したうえで、イトキンが補詞・作曲を手掛けた。
    • 2014年には、『週刊ますだスポーツ』の企画を引き継いだ『MBSベースボールパーク番外編 月刊ますだスポーツ』を、セ・パ交流戦期間中の6月5日(木曜日)から不定期で放送。ただし、日曜日に『カワスポ野球部』の放送を予定している場合に、後述の日曜版を基調とした『番外編』を編成することがある。
    • 2015年には、『MBSベースボールパーク番外編 号外ますだスポーツ』(『月刊ますだスポーツ』の後継番組)や『番外編』を不定期で編成。『番外編』を放送する場合には、同年から『 - パーク』金 - 日曜日のスタジオアシスタントに就任した市川いずみが進行役を務める。
  • 土曜日
    • デーゲームの阪神戦が中止になった場合、定時番組の『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト』をそのまま放送するが、デーゲームを放送する予定だった時間は『MBSタイガースライブスペシャル』として放送し、タイガースライブの協賛スポンサーがつく。また、ナイターで予定していた試合も中止になった場合、住之江競艇提供ミニ番組(2015年6月まではさらに14分の定時番組枠)を挟んで21:00まで7時間連続放送になることもある(実例:2011年4月9日)。延長スペシャルとして放送する場合は、MBSプロ野球解説者1名をコメンテーターとして迎え、昼の生放送でかけられなかったリクエストの紹介以外に、プロ野球の話題についても触れていた。
    • 2013年度からは、プロ野球のオフシーズンを含めた通年番組として、『GI最前線 ジョッキー★ナイト』(日曜午後の競馬中継『GOGO競馬サンデー!』の姉妹編に当たる競馬情報・トーク番組)を不定期で放送。土曜日の20:00 - 21:00に放送する場合には、『うきうき延長リクエスト』の放送枠を20:00にまで短縮する。その一方で、2014年度には、『うきうき延長リクエスト』の代わりに『カワスポ野球部』を編成することもあった。また上述の通り、土曜日にナイターが予め組まれている場合でも、「ジョッキーナイト」などの特番の都合により、ナイターのネットを受けずに、「土曜リクエスト」を放送する場合もある。
  • 日曜日
    • 2010年に放送されていた『MBSタイガースナイタースペシャル INO-KONボンバイエ』(前年までオフシーズンに放送されていたスポーツ情報番組『INO-KONボンバイエ』の特別編)の後継番組で、同番組のレギュラーだった近藤亨がメインパーソナリティを担当。直近1週間の阪神・プロ野球の動向を「生トラウィークリー」(阪神のみ、2012年から「タイガースウィークリー」に改題)→「セ・リーグウィークリー」(阪神以外のセ・リーグ5球団)→「パ・リーグウィークリー」(パ・リーグ6球団)の順で球団別に振り返るほか、当日にデーゲームが開催されている場合には、その結果や速報を伝える。また、19時台の後半以降は、「ベストヒット野球歌(やきゅううた)」を放送。プロ野球関係者が過去に発表した楽曲、各球団のファンによる応援歌、野球をテーマに据えた楽曲を随時流している。
    • デーゲームの結果を試合ごとに伝える際には、事前に収録した豊永(2012年まで)→ 松本麻衣子(2013年・2014年)→ 市川(2015年から)によるウグイス嬢風の球場名コールが必ず冒頭に流れる[98]。ただし、豊永・松本ともスタジオに出演しないため、番組内の「MBS交通情報」では『MBSタイガースナイタースペシャル INO-KONボンバイエ』に続いて近藤が情報の読み上げを担当する。
    • 「ベストヒット野球歌」については、2012年までいわゆる「マニアックな野球歌」を多数放送。2011年には、出演者がランダムに選んだ数字に対応した楽曲を流したうえで、出演者・スタッフの投票によって「MVS(Most Valuable Song)」を選出していた(MVSに選ばれた曲はエンディングにBGMとして放送)。2013年からは、番組前半で伝えたスポーツニュースから、当日の選曲テーマを設定。「マニアックな野球歌」に限らず、そのテーマに沿った楽曲を流している。
    • 2011年には、『INO-KONボンバイエ』シリーズで近藤と共にレギュラーを務めてきたヤナギブソンか、当時「野球漫才」で活動していたストリークが近藤のパートナーとして出演。MBSラジオの野球解説者から、週替わりで1名がコメンテーターとして出演していた。なお、7月24日の放送では、解説者の代わりに、『INO-KONボンバイエ』で近藤とコンビを組んでいた井上雅雄がゲストで出演した。
    • 2012年には、前年度の『MBSとらぐみタイガースライブ!』日曜日に出演していた近藤と太田幸司(または亀山つとむ、いずれもMBS野球解説者)のコンビが続投するとともに、(阪神以外の球団のファンを含む)野球好きの芸人(元・ストリークの山田スタジアム=阪神ファン、かみじょうたけし=楽天ファン、ちゃらんぽらん冨好=西武ファン、シンデレラエキスプレスの松井成行=巨人ファンなど)が毎回1〜2名ゲストで出演。前半の内容はほぼ変わらないものの、19時台前半で「パ・リーグウィークリー」の後に放送される「その他のスポーツニュース」では、太田がスーパーバイザーを務める日本女子プロ野球の動向も伝えるようになった。また後半では、「MVS」を選ばない代わりに、「ベストヒット野球歌」と組み合わせた企画として「御自由に選んで下さい 50の野球話」の放送を開始。ゲストで出演する芸人が、あらかじめ用意された野球関連の50個のテーマから、自分の得意なテーマを自由に1個選んだうえで熱弁を振るっていた。
    • 2013年には、2012年の出演者が続投する一方で、番組後半の企画を一新。リスナーから寄せられた野球選手にまつわるもじり言葉(駄洒落)や気の利いたヤジを、「バイブレーション」(『プロ野球ニュース』「今日のホームラン」のテーマソングとして知られるジェームス・ラストバンドインストゥルメンタル)に乗せて近藤が次々と紹介する電子メール限定の投稿企画「井端はいいバッター」を新設した。「御自由に選んで下さい 50の野球話」も、「プロ野球〜と言えば〜でしょう!」(野球にまつわる1つのテーマについて出演者やリスナーが意見を寄せ合う企画)に改めている。
    • 『MBSベースボールパーク番外編』に改称した2014年には、前年までの出演者のうち、松井以外が続投。「プロ野球の思い出話」をテーマに、リスナーからメッセージを募集したうえで、受け付けたメッセージの一部を20時台に新設の「思い出ボールパーク」で紹介する。また、山田がレギュラーで出演する『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』の休止・放送時間短縮に備えた措置を兼ねて、「ウィークリータイガース」で阪神の戦い振りを振り返る場合には「山田スタジアムの猛虎日記」(山田によるコメント)を試合ごとに挿入。さらに、「井端はいいバッター」を「やっぱり井端はいいバッター」、「パ・リーグウィークリー」を「ベースボールパ・リーグ」とそれぞれ改題した。なお、「やっぱり井端はいいバッター」では、リスナーから投稿された駄洒落を芸人・解説者全員の判定によって「アウト」「ヒット」「ツーベース」「ホームラン」のいずれかで評価。セ・パ交流戦期間中の5月30日(金曜日)からは、最初からプロ野球ナイトゲームの開催を一切予定していない平日にも、日曜版と同じ出演者・企画による『番外編』を放送することがあった。
      • 9月21日(日曜日)と10月3日(金曜日)には、TBSテレビ制作の2014年アジア競技大会の中継実況要員として開催地の仁川韓国)に派遣された近藤に代わって森本栄浩が進行役を務めた。ただし、「やっぱり井端はいいバッター」については近藤(9月21日)と金山(10月3日)が事前収録で駄洒落を紹介していた。
    • 2015年には、ナイターオフ編成終了直前の3月28日(土曜日)17:59 - 19:20に「第0回」を放送。同日は阪神×中日戦(デーゲーム)ラジオ実況担当の近藤に代わって森本が進行役を務めた。「第1回」の放送は4月5日(日曜日)で、前年度からの出演者に加えて、市川がレギュラーで出演。市川は、「MBS交通情報」のアナウンスや、「野球ことわざ」(「井端はいいバッター」シリーズに代わるリスナー投稿企画)の読み手も担う。また、『番外編』の公式サイトや、「伸びしろあるで」という冨好の口癖にちなんだ『番外編』専用メールアドレス(nobishiro@mbs1179.com)を新設。6月からは、第1回以降の放送済み音源から、オープニングトークおよび「思い出ボールパーク」の音源を放送終了後に公式サイトからポッドキャストで順次配信している。なお、第2回以降の放送でも、近藤のスケジュールによっては森本が進行役を担当。7月19日には、前半(17:59 - 19:30)のみながら、『番外編』史上初めての公開生放送を「ちゃプラステージ」(毎日放送本社M館1階のオープンスペース)で実施した。

なお、2016年からは、『MBSベースボールパーク番外編 みんなでホームイン!』に改称。2015年度のナイターオフ番組『MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』レギュラー出演者の一部(近藤亨や市川など)が続投するほか、同番組の企画の一部を引き継ぐ。詳細は当該項を参照。

緊急対応による阪神戦中継の挿入[編集]

当番組の放送日(主に日曜日)が阪神のデーゲーム開催日と重なっていて、その試合が当番組の放送時間帯にも続いている場合には、オープニング直後からデーゲーム中継を挿入。MBSが当該試合を放送していなくても、スポーツニュース・資料・裏送り中継要員として球場で待機しているアナウンサーの実況で、スタジオ出演者によるクロストークをはさみながら試合終了まで中継する。この場合には中継終了後に、後述のコーナーの一部を短縮・休止することで対応する。

  • 2013年6月9日(日曜日)には、阪神対ロッテのデーゲーム(甲子園、14:00試合開始)が17:59以降も続いていたため、当初から放送を予定していた『MBSタイガースライブ番外編』のオープニングから当該カードを試合終了まで急遽中継。当日は同球場に解説者を配置していなかったが、ニュース・資料音源用の実況要員として待機していた金山の実況で、マット・マートンによるサヨナラ2ランの瞬間を伝えた。なお、当日はプロ野球ナイトゲームの非開催日であったことから、『番外編』では音源再生のジングル(前述)を生放送で特別に再現。「いいね!いいね!もう1回聴いてみよう」という菱田のコール音源を合図に、マートンのサヨナラ2ランの実況音源を流してから、『番外編』の出演者(近藤亨・太田・かみじょう・山田)が「ナイスバッティング!マートン」と絶叫した。
  • 2013年9月8日(日曜日)には、阪神対巨人のデーゲーム(甲子園、15:00試合開始)が17:59以降も続いていたため、当初から放送を予定していた『MBSタイガースライブ番外編』のオープニングから当該カードを試合終了直後の18:40頃まで急遽中継。当日は他地域への裏送り中継こそ無かったが、試合開始が遅いことから初めから中継を挿入することを想定し、放送席は実況担当の金山だけでなく、解説者として安藤も待機させていた。なおこの日は上記の理由に加え、LFも野球中継を休止していたため、ナイター中継時間中の薄暮(準デーゲーム)・ナイター開催試合の中継は基からそれを放送する予定はなかった。
  • 前述のように2014年6月8日(日曜日)には、阪神対ソフトバンクのデーゲーム(甲子園、14:00試合開始)が17:59以降も続く可能性があったことから、当初から放送を予定していた『MBSベースボールパーク番外編』のオープニングから当該カードを急遽中継。当日は『KBCダイナミックホークス実況中継』向けに裏送り形式で中継を実施していたため、同中継の音源(実況:金山、解説:KBC・藤原満)を18:00から流した。しかし、中継飛び乗りの直前に試合が終了していたため、18:03で中継を打ち切り。18:05から『番外編』の本編へ移行した。
  • 2014年8月10日(日曜日)の阪神対広島戦(京セラドーム)は、台風11号の直撃を考慮して試合は1時間遅れの15時プレイボールとなった。この結果、MBSでも『MBSベースボールパーク番外編』の中で急遽中継を編成(解説:太田 実況:金山 リポート:馬野)。18時50分頃まで中継した後、『番外編』の本編に移動した。2013年9月8日同様、LFも野球中継を休止していたため、他球場のナイター中継は当初から予定されていなかった。
  • 2014年9月21日(日曜日)には、阪神対中日のデーゲーム(甲子園、14:00試合開始)が17:59以降も続いていたため、当初から放送を予定していた『MBSベースボールパーク番外編』のオープニングから当該カードを急遽中継。当日は『東海ラジオ ガッツナイタースペシャル』向けに裏送り形式で中継を実施していたため、同中継の音源(実況:金山、解説:遠山)を18:00から流した。中日の勝利で決着した段階で中継を打ち切り、18:34から『番外編』の本編へ移行した(SFに対してはその後も中継を続行し、ヒーローインタビューまで放送された)。
  • 前述のように2015年4月19日(日曜日)には、阪神対巨人のデーゲーム(甲子園、14:00試合開始)が延長11回に及び17:59以降も続いていたため、阪神が敗れた18時30分頃まで急遽中継した。その後CMを挟んで、当初放送を予定していたLF制作のヤクルト対DeNA戦(ナイター)を中継した。しかしLFでも自社制作で甲子園のゲームを中継していたため、18時30分頃からLFが放送を開始する18時40分頃まではMBSへの裏送りとなった。
  • 2016年4月10日(日曜日)には、阪神対広島のデーゲーム(甲子園、14:00試合開始)が、17:59以降も続いていた。当初から放送を予定していた『MBSベースボールパーク番外編 みんなでホームイン!』では、ニュース・資料音源用の実況要員として球場へ待機していた馬野によるリポートを、オープニング直後から挿入。18:26から中継に切り替えた後に、試合終了直後の18:31から『番外編』の本編へ移行した。球場には解説者を配置していなかったが、『番外編』に金村義明が出演していたため、リポート中にはスタジオから金村の解説をはさんでいた。

スピンオフ企画による阪神戦中継『DJタイガースライブ』→『DJベースボールパーク』[編集]

  • 2013年9月23日の阪神対ヤクルト戦(甲子園、14:00試合開始)中継では、『タイガースライブ番外編』火・木曜放送分からのスピンオフ企画として、「新感覚スポーツバラエティ 増田英彦のDJタイガースライブ」というサブタイトルで放送。熱烈な阪神ファンであることを公言している増田が、「実況担当兼DJ(ディスクジョッキー)」として、同球場のラジオ放送席から実況や他球場の試合速報アナウンス[99]などに臨んだ。その一方で、仙田[100]が、「AJ(アシスタント・ジョッキー)」と称して、進行、実況の補足、メッセージの紹介などを担当。また、ベンチリポーターの馬野も、放送中には仙田と共に実況の補佐役を務めた。実況の合間には、リスナーから寄せられたテーマに応じたメッセージを紹介したほか、「増田英彦のスポーツ紙チェック」(当日に関西地方で発売されたスポーツ紙から「スポーツ報知」以外の4紙に掲載されたプロ野球関連の注目記事を紹介)、「増田英彦の鳴尾浜チェック」(増田やリスナーが注目する阪神の若手選手を紹介)などのミニコーナーも放送。松竹芸能での増田の後輩に当たるソエジマ隊員(同時に放送していたMBSテレビでの中継ゲスト)や、中継終了後に生放送の『かめ友』に備えてMBSの本社スタジオで待機中の亀山も、電話で随時出演した。さらに、試合終了後には、「今日の勝負どころ」に相当する実況音源再生コーナーとして「増田英彦のスコアブック」を放送した。
  • 2014年についても、9月30日の阪神対DeNA戦(甲子園、18:00試合開始)中継を、「ますだおかだ・増田のDJベースボールパーク」というサブタイトルで放送(公式発表上の実況:仙田、解説:亀山)。

ナイターオフ編成下での中継[編集]

MBSラジオで近年、ナイターオフ編成に入る10月にも、日本シリーズが始まるまで阪神の未消化試合やクライマックス・セを中継。この方針は、阪神の成績が低迷していた年であっても変わりはない。

在阪他局より中継日が多くなる関係で、ナイトゲームを中継する場合には、該当時間帯のナイターオフ限定生放送番組(自社制作分)がたびたび休止されたり、野球中継を織り込んだ上で開始時期そのものが繰り下げられる場合もある。また、ナイターオフ番組のスポンサーなど、レギュラー中継と異なるスポンサーが付くことが多い。

阪神戦[編集]

放送権や編成上の事情などで、一部放送できない試合が存在した年もあった。

  • 10月2日からナイターオフ編成に入った2006年には、10月7日(土曜日)・8日(日曜日)に対巨人戦〔阪神甲子園球場〕を急遽中継した。ナイトゲームの中継だったため、7日から放送を始める予定だった『亀山つとむのサタスポ!』などを休止。夜間にレギュラーで放送されていた『マイ・ストーリー』などの番組でも、縮小・休止の措置を取った。
  • 10月1日からナイターオフ編成に入った2007年には、10月1日・2日 に対横浜戦〔横浜スタジアム〕、10月3日に対ヤクルト戦〔神宮球場〕を中継した。
  • 9月29日からナイターオフ編成に入った2008年には、予備日開催となった10月12日の最終戦(対中日戦、スカイマークスタジアム)まで数試合を中継した。
  • 10月5日からナイターオフ編成に入った2009年には、10月9日の最終戦(対ヤクルト戦、神宮球場)まで数試合を中継した。
  • 10月4日からナイターオフ編成に入った2010年には、テレビ・ラジオを含めた在阪局で唯一、残りの3試合(10月5日:対ヤクルト戦=神宮球場、6日・7日:対横浜戦=横浜スタジアム)を全て中継した。[101]
  • 10月3日からナイターオフ編成に入った2011年は、東日本大震災に伴う開幕延期の影響で多数の試合を残していたため、日曜デーゲーム以外の阪神戦を中心に中継を継続。阪神のクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅した16日以降も、「MBSラジオ スペシャルウィーク」と重なった関係で、24日の最終戦(対広島戦=マツダスタジアム)まで放送した。24日は月曜日であったため、MBS本社スタジオから亀山つとむ亀井希生(本来のレギュラー番組『亀山つとむのかめ友 Sports Man Day』のパーソナリティ)などが特別に出演。通常の中継とは異なり、マツダスタジアムの実況席(実況担当・馬野雅行、解説・一枝修平)とのやり取りをはさみながら放送した。
    • 阪神戦がデーゲームだった10月8日・9日には、中日対巨人戦(ナゴヤドームでのナイトゲーム)を、SFからのネット受けで放送。7日にも、同局制作の同カードが予備カードに組み込まれた[102]。スポンサーについては、9日まで基本としてシーズン中と同じであったが、10日以降はパーティシペーションに変更。予備カードを設定しない代わりに、土曜日以外に予定されていた阪神戦が中止になった場合には、「MBSタイガースライブ番外編」を放送する体制を取っていた(実際にはナイトゲームのなかった23日=日曜日にのみ放送)。
  • 10月1日からナイターオフ編成に入った2012年には、残りの3試合(10月3日:対中日戦=ナゴヤドーム、5日:対ヤクルト戦=甲子園、9日:対DeNA戦=甲子園)を全て自社制作で中継した。
  • 9月30日からナイターオフ編成に入った2013年には、阪神の公式戦残り6試合を10月8日の最終戦(対DeNA戦=横浜スタジアム)まですべて自社制作で放送した[103]
    • 10月4日(金曜日)のヤクルト対阪神戦(神宮)は、ヤクルトの2013年度本拠地最終戦および、宮本慎也の現役引退試合でもあった。このため当番組では、全国の地上波メディアで唯一、同カードを試合終了まで中継(実況:金山泉、解説:安藤統男)。試合終了後には、小川淳司・ヤクルト一軍監督によるシーズン終了の挨拶と、宮本の引退セレモニーの模様を伝えた。ただし、編成上の事情から22:05で中継を打ち切ったため、宮本による引退の挨拶までは放送できなかった。
  • 9月29日からナイターオフ編成に入った2014年も、阪神の公式戦残り3試合を10月1日の最終戦(対広島戦=マツダスタジアム)まですべて自社制作で放送した。
  • 9月28日からナイターオフ編成に入った2015年には、同日時点で阪神のレギュラーシーズン最終順位が確定していなかったことを背景に、公式戦残り5試合を10月3日の最終戦(対広島戦=甲子園)まですべて自社制作で放送した。結局、阪神は順位未確定のままレギュラーシーズンを終了。しかし、広島が10月7日の最終戦(対中日戦=マツダスタジアム、MBSではナイターオフ期間限定の生ワイド番組中に途中経過・結果を紹介)に敗れたため、阪神のレギュラーシーズン3位と3年連続クライマックスシリーズ進出が決まった。
  • 9月26日からナイターオフ編成に入った2016年も、阪神の公式戦残り3試合を10月1日の最終戦(対巨人戦=甲子園)まですべて自社制作で放送。福原忍の引退試合でもあった10月1日の対巨人戦中継では、試合の実況を井上雅雄、試合後に催された福原の引退セレモニーの実況を仙田が担当した。
  • 10月2日からナイターオフ編成に入った2017年には、阪神の公式戦最終カード(対中日戦2試合=甲子園)[104]を自社制作で放送。安藤優也の引退試合でもあった10月10日の対中日戦中継では、試合の実況を井上雅雄、試合後に催された安藤の引退セレモニーの実況を仙田が担当した。
オリックス戦[編集]

ナイターオフ編成に入った段階でオリックスが優勝争いを演じている場合、パ・リーグの優勝チーム確定まで、阪神戦と重ならない日を中心に可能な範囲で、オリックス戦の中継を行う場合がある。

  • オリックスがソフトバンクと優勝を争っていた2014年は、9月30日の阪神戦の予備カードとして、TBCローカルの楽天対オリックス戦を編成[105](実際には予定通り阪神戦を放送)。阪神の全日程終了後の10月2日にはソフトバンク対オリックス戦を、KBCからのネット受けで放送したが、当該試合でオリックスがソフトバンクに敗れたことでソフトバンクの優勝が決定したため、MBSは当該試合を最後にこの年のレギュラーシーズンの中継を終了した。
クライマックス・セ[編集]

セントラル・リーグに2段階プレーオフ制度(クライマックス・セ)が導入された2007年度以降、阪神の進出いかんにかかわらず、シリーズの全試合(ナイトゲーム)を何らかのルートで中継している。この場合のネットワークは、曜日に関係なくNRNとなることが多いが(関東地区も曜日に関係なくLF受け持ち)、カードによっては例外もある。該当試合が日曜デーゲームとなった場合も、阪神が関与している場合は特例で中継することがある。

『 - ライブ』時代の2013年までのクライマックス・シリーズでは、阪神が関与する試合を『MBSタイガースライブ クライマックスシリーズ実況中継』、関与しない試合を『MBSクライマックスシリーズ実況中継』としてタイトルを使い分けていた。2014年以降は、タイトルを『MBSベースボールパーク クライマックスシリーズ実況中継』に統一している。

  • 阪神がシーズン3位で第1ステージへ進出した2007年には、ナゴヤドームで実施された第1ステージ(対中日戦、10月13日14日の2試合)をMBSの自主制作形式で中継。しかし、第2戦で阪神のステージ敗退が決まったため、第2ステージの3試合(10月18日20日、東京ドームの巨人-中日戦)はLFからのネット受け形式で中継した。[106]
  • 阪神がシーズン2位で第1ステージへ進出した2008年には、地元・京セラドーム大阪で実施された第1ステージ(対中日戦、10月18日〜20日の3試合)をSFにもネットして中継した。第3戦で阪神のステージ敗退が決まったが、第2ステージの4試合(10月22日25日、東京ドームの巨人-中日戦)も、前年とは違いすべてMBSの自主制作形式で中継した。
  • 阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2009年には、第1ステージの3試合(10月17日19日、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)と第2ステージの4試合(10月21日24日、東京ドームの巨人-中日戦)を、前年に続きすべてMBSの自主制作形式で中継した。この期間は、在阪ラジオ局の聴取率調査週間と重なったことから、実況を担当するMBSのアナウンサーが「関西のプロ野球ファンのためにお送りしています」と強調していた。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2010年には、地元・甲子園で実施されたファーストステージ(対巨人戦、10月16日〜17日[107]の2試合)を、2008年の第1ステージ同様にSFにもネットして中継した(巨人側ベンチレポーターはLFより派遣。なおLFはMBS協力による自主制作放送だった)。しかし、第2戦で阪神のステージ敗退が決まったため、ファイナルステージの4試合(10月20日23日、ナゴヤドームの中日-巨人戦)はSFからのネット受け形式で中継した。[108]
  • 阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2011年には、ファーストステージの3試合(10月29日31日、神宮球場のヤクルト-巨人戦)はいずれもLFから[109]、ファイナルステージ(11月2日6日、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)は、第1戦と第2戦をSFから、第3戦以降をCBCから[110]、それぞれネット受けして放送した。
  • 阪神がシーズン5位と、早い段階でクライマックス・セへの出場を逸した2012年も、例年通り中継は実施。ファーストステージの3試合のうち2試合(ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦のうち、10月13日の第1戦と、15日の第3戦)をSFからのネット受け形式で放送[111]。ファイナルステージの6試合(10月17日〜22日、東京ドームの巨人-中日戦)については全試合中継となるが、在阪ラジオ局の聴取率調査週間を跨ぐことから、このうち第5戦まではMBSの自主制作形式で放送。(出演時点で)阪神の現役選手である桧山進次郎を第1戦の(メイン)解説者に起用したほか、第2戦以降の中継では、この年に現役を引退したばかりの金本知憲今岡誠がゲスト解説者として出演した。ただし、聴取率調査週間終了後となる第6戦のみは自主制作せず、LFからのネット受け形式で放送した。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2013年には、地元・甲子園でのデーゲームであるファーストステージ(対広島戦、10月12日〜13日の2試合)を、2008・2010年の第1ステージ同様にSF[112]にもネットして中継した。第2戦で阪神のステージ敗退が決まった後のファイナルステージ3試合(10月16日〜18日、東京ドームの巨人-広島戦)については、第1戦と第2戦をLFからのネット受け形式での中継とした一方、第3戦のみはMBSの自主制作形式で中継した[113]
    • 10月13日は日曜日だったが、レギュラーで放送している競馬中継『GOGO競馬サンデー!』の放送枠を、ファーストステージ・対広島2回戦(甲子園)の中継に充当。競馬については、野球中継の合間に当日のメインレース・秋華賞の実況生中継を実施したほか、野球中継終了後の18:20 - 19:00[114]に特別番組として『GOGO競馬サンデー!番外編』を放送した(いずれも関西ローカル)。なおMBSでは、ファーストステージの決着が第3戦にまで持ち込まれる可能性を踏まえて、翌14日(体育の日)に第3戦のデーゲーム中継を予定し、当日の『GOGO競馬ホリデー!』は予めラジオ関西での放送に振り替えられた。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2014年には、地元・甲子園でのデーゲームであるファーストステージ(対広島戦、10月11日〜12日の2試合)を関西ローカルで中継した[115]。第2戦で阪神が1勝1分でファイナルステージ進出を決めたため、その東京ドームでのファイナルステージ(対巨人戦、10月15日〜18日の4試合)もすべてMBSの自主制作形式で中継した。
    • 10月12日は日曜日だったが、『GOGO競馬サンデー!』の放送枠を短縮して野球中継に充当。当日にGIレースの設定がないためレース実況の挿入もなかった。また、13日も第3戦のデーゲーム中継を前提に『GOGO競馬ホリデー!』を予めラジオ関西での放送に振り替えた。
  • 阪神がシーズン3位でファーストステージへ進出した2015年には、東京ドームでのデーゲームであるファーストステージ・対巨人3連戦(10月10日〜12日)を、自社制作・関西ローカルで中継した。阪神が同ステージ第3戦で敗退した後も、同月14日からのファイナルステージ・ヤクルト対巨人ナイトゲーム(神宮)全試合を中継した(いずれもLF制作で、第1・2・4戦を同時ネット、第3戦のみMBS向けの裏送りで放送)。同ステージでは第4戦でヤクルトのステージ突破・日本シリーズ進出が決まったが、決着を第5戦以降に持ち越した場合には、第5戦を同時ネット、第6戦を裏送り・MBSからの解説者派遣という体制で中継を放送する予定だった[116]
    • 10月11日(日曜日)には、前年のファーストステージ中継と同様に、『GOGO競馬サンデー!』の放送枠を13:00 - 13:55に短縮。13:55以降の時間帯を、ファーストステージ第2戦の中継に充てた。なお、中継が18:03まで続いたため、MBSでは19:00 - 20:00にナイターオフ期間限定で実施している『キニナル』(QR制作)の同時ネットを急遽休止。『GOGO競馬サンデー!』以降の時間帯(16:30 - 17:59)に放送している複数のスポンサー付きレギュラー番組や、17時台の『MBSニュース』『お天気のお知らせ』は、放送枠の完全スライド・放送順の入れ替えによって18:03 - 19:35の間に流した。当初は18:40 - 19:00に短縮生放送を実施する予定だったナイターオフ期間限定の関連番組『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』日曜版第1回も、放送枠を19:35 - 20:00に移動させたうえで放送している。
  • 阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2016年には、ファーストステージ(東京ドームの巨人-DeNA戦のデーゲーム)3試合のうち、10月8日(土曜日)の第1戦・10日(月曜日・体育の日)の第3戦中継(LF制作[117])を放送した。ファイナルステージの4試合(10月12日〜15日、マツダスタジアムの広島-DeNA戦。第4戦のみデーゲーム)もすべてLFからのネット受け形式で放送した[118][119]。ファイナルステージ第1〜3戦については、クライマックス・パ(札幌ドームの日本ハム対ソフトバンク、HBC制作)を予備カードとして編成している[120]
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2017年には、甲子園でのデーゲームであるファーストステージ・対DeNA戦を、10月14日(土曜日)の第1戦から全3試合を自社制作・関西ローカルで中継した。
    • 10月15日(日曜日)には、『GOGO競馬サンデー!』の放送枠を13:00 - 13:55に短縮したうえで、13:55以降の時間帯をファーストステージ第2戦の中継に充てた(実況:井上雅雄、解説:八木)。しかし、降雨の影響で試合開始を15:03まで遅らせたため、14:20から14:53まではスタジオから安藤優也へのインタビュー音源などを放送。中継自体も試合終了直後の19:50まで続いた。このためMBSでは、前述した2015年の事例に続いて、『キニナル』の同時ネットを急遽休止。本来は『GOGO競馬サンデー!』以降の時間帯(16:30 - 17:59)に放送しているスポンサー付きレギュラー番組3本および、17時台の『MBSニュース』『お天気のお知らせ』を、放送枠の完全スライド・放送順の入れ替えによって19:50以降に順次放送した。このため、当初は18:40 - 19:00に短縮生放送を実施する予定だった『MBSベースボールパーク』のナイターオフ・日曜版を休止。『キニナル』以降の時間帯に編成されていた番組も、当初の予定から1時間20分遅れで放送した。
    • 阪神は、10月17日の第3戦に敗れたことによって、ファーストステージでの敗退が決定。しかしMBSでは、翌18日からマツダスタジアムで催されたファイナルステージ(広島 - DeNA戦)の全5試合で、LF制作分中継の同時ネットを実施した[121]。ただし、阪神がファイナルステージへ進出した場合には、第5戦を含む全試合をMBSの自社制作で関西ローカル向けに中継する予定であった[122]。ファイナルステージ第1〜3戦については、クライマックス・パ(福岡ヤフオクドームのソフトバンク対楽天、LF制作[123])を予備カードとして編成している。
クライマックス・パ[編集]

競馬中継を優先した編成を採る関係で、日曜日のプロ野球デーゲーム中継自体が難しいこともあり、基本的にクライマックス・パの中継はオリックスの進出如何に関係なく、行なっていない。しかし、クライマックス・セの進捗や開催日時によっては、特例でオリックスの出場試合を中継する場合がある。また、2016年以降は、オリックスがファイナルステージへ進出しない場合でも、当該ステージの試合の一部を予備カードとして編成している。この場合のネットワークはクライマックス・セとは逆に曜日に関係なくJRNとするか、関東圏以外の開催でもLF制作分を放送するかのどちらかとなることが多い[124]

  • オリックスがシーズン2位で第1ステージに進出(対日本ハム戦。第2戦で敗退)した2008年は、関西ローカルでは一切中継せず[125]、京セラドーム大阪への乗り込み自主制作を行った在道・在京ラジオ局への技術協力にとどまった。
  • オリックスがシーズン2位でファーストステージに進出した2014年は、当初は阪神戦予備も含めて中継予定を組まず、対戦相手である日本ハムの地元局・HBC(JRN)への技術協力[126]にとどまるところだった。しかし、10月13日(月曜日・体育の日)にデーゲームとして開催される予定だった第3戦が台風19号の接近に伴い中止。翌14日(火曜日)にナイトゲームとして開催されたため、予定を変更して第3戦のみ急遽中継した(実況:馬野、解説:遠山)。なお、14日が新聞休刊日だったこともあり、一部の番組表では反映が間に合わなかったため、当日に局のWEBサイトやFacebookなどで大々的に告知した(オリックスはこの試合で敗退)。
  • 2016年は、オリックスが出場しないもののファイナルステージの第1〜3戦(日本ハム対ソフトバンク、札幌ドーム)を予備カードとして編成しているが、こちらはHBC制作中継のネット受け予定のため、本番カード(LF-NRN)と予備カード(HBC-JRN)でネットワークが異なる形となる。実際に、10月13日の第2戦では、マツダスタジアムの試合が先に終了したため、引き続いて本試合を決着までネット受けしている。
  • 2017年にも、オリックスが出場しないファイナルステージの第1〜3戦(ソフトバンク対東北楽天、福岡ヤフオク!ドーム)を予備カードに設定。ただし、この年は本番カードと同じく、LF制作分の中継に限っている。
    • 2017年10月18日(水曜日)には、本番カードのクライマックス・セ ファイナルステージ第1戦(広島対DeNA。LF制作)[127]が、5回裏終了後の降雨コールドゲーム宣告によって20:25に中継を終了。このため、前述したソフトバンク対東北楽天第1戦中継(実況:清水久嗣、解説:若松勉)を、7回裏の途中から試合終了直後の21:21まで放送した[128]

中継の特徴[編集]

ベンチリポーターに独特の呼称[編集]

『ダイナミック - 』時代から、(前座番組・次回中継予定の告知を含めて)ベンチリポーターを配置する中継カードでは「(○塁側、取材対象のチーム名)情報、(担当するアナウンサーが所属する放送局の略称[129])、(担当者名)アナウンサー」という独特の呼称でリポーターを紹介する。

阪神主催試合の中継を例に取れば、MBSのアナウンサーが阪神側のベンチリポーターを務める場合には、「1塁側タイガース情報はMBS〜アナウンサー」と紹介。1人でビジターチームのベンチリポーターも兼ねる場合には、「両軍情報はMBS〜アナウンサー」と呼んでいる。2015年以降は、金・土・日曜日スタジオ担当の市川いずみフリーアナウンサー)が阪神戦中継で阪神側のベンチリポーターを務める場合に、「タイガース情報は市川いずみリポーター」という呼称を用いている。

ちなみに、アナウンサーではない唐渡が『ダイナミック - 』で阪神のベンチリポートを一手に担っていた時期には、唐渡のことを放送上「タイガース情報は“ミスタートラ”唐渡吉則さん」と称していた。

多彩なジングル[編集]

『ダイナミック - 』時代には、阪神戦を中継する場合に、ランディ・バースなどの声を使ったジングルをCM明けに放送。トーマス・オマリーを『ダイナミックナイター』のイメージキャラクターに起用した時期には、「オマリーのダイナミックイングリッシュ」という異色のジングルも制作した。『 - ナイター』へ移行してからは、CM明けに以下のタイトルジングルを流していた(いずれも関西ローカル)。

  • (通常)「ナイター聴くなら、1179。MBSタイガースナイター!」(月曜ナイトゲームの時などは、最後に「スペシャル」が付く)
  • 以下のパターンは、阪神戦の中継でのみ使用(上記の通常パターンのものと併用)。
    • 「なにがなんでもタイガース!!1179MBSタイガースナイター!」(デーゲームや月曜ナイトゲームなどの時は、最後に「スペシャル」が付く)
    • 「MBSタイガースナイタースペシャル!タイガース・デーゲーム中継!」(デーゲーム限定)
    • 中継試合の解説者がメッセージ入りのタイトルジングルを担当することがある。
      • なお、2006年からは中継試合の解説者&実況アナによる掛け合いのパターンも登場した(個別に収録した音声を組み合わせるため、解説者と実況アナの喋るトーンが異なる場合がある)。
        (解説者)「1179MBSタイガースナイター!○○○○と」
        (実況アナ)「実況、○○○○がお送りしています。」
      • 板東英二がMBSラジオ・LFの解説者を兼務していた2012年までの中継では、LF発の中継に板東が出演した場合にも、本人の声によるジングルが使われていた。
    • 一部イニングを除き、阪神の選手がメッセージ入りのタイトルジングル(CM明け)を担当することもある(原則として、攻撃時はそのイニングの先頭バッターが、守備時はその時点でマウンドに上がっている投手が担当する)。
    • さらに月2〜3回程度、「MBSタイガースナイター・感動スタジアム」として、関西地区の上新電機に設置している応募葉書で当選したタイガースファンのリスナーが吹き込んだ応援メッセージを、CM明けジングルとしてオンエアする企画を実施している(2005年より毎年実施)。

阪神戦のMBSローカル中継では、1993年から、阪神が適時打や本塁打による得点で攻撃を終えた直後のCM前に得点シーンの実況音源を再生(リプレイ)。「(既にテレビのプロ野球の野球中継で実施していた)リプレイをラジオらしく音で演出する」との趣旨で、当時のヒット曲であった「WINNING RUN」(光GENJI)のイントロ部分をBGMに使いながら、「いいね、いいね!もう一回聞いてみよう!!」という声の後に音源を再生する。

ただし、犠牲フライや相手のミスが絡んだプレー(押し出し四死球や適時失策など)による得点の場合や、阪神の大量リードで迎えた試合の終盤に追加点を挙げた場合には音源を再生しない。その一方で、CM明けにMBSの本社スタジオから、スタジオアシスタントがリスナーからの応援メッセージを紹介することもある。

リプレイの終了後に、「ナイスバッティング!○○!!」(○の中には打点をあげた選手名)というコールと先述「WINNING RUN」のアウトロ部分が流れた後、局名を省いた番組タイトルで締めることが特徴。複数の選手が活躍した場合には「ナイスバッティング!タイガース!!」、一気に大量得点を挙げた場合には「ナイスバッティング!ビッグイニング!!」というコールを使用する。『ダイナミック - 』での開始当初は、事前収録によるオマリーの声を充てていた。2008年以降は、阪神の選手が満塁本塁打を放った場合に、実況再生の後に「ナイスグランドスラム!レインボーアーチ!!」というコールを放送。阪神における金本知憲の現役晩年(2009年 - 2012年)での中継では、金本が本塁打や適時打を放った場合に、「ナイスバッティング!アニキ!!」というコールを入れていた。

なお、試合展開やCM明けのタイミングによっては、スタジオアシスタントがMBS本社スタジオから応援メッセージを紹介することがある。他局でも同時ネット形式で中継している場合には、リプレイやCM明けのスタジオからの放送をはさむ関係でネット局がMBSよりも早くCMが明けるため、その間のみネット局への裏送りとなる。

ちなみに、「ナイター聴くなら、1179。MBSタイガースナイター!」「なにがなんでもタイガース!!1179MBSタイガースナイター!」といったジングルの声の主は、フリーアナウンサーの三嶋真路であった。

『 - ライブ』へ移行後も、タイガース選手やMBS野球解説者の声によるタイトルジングル、「いいね、いいね!もう一回聞いてみよう!!」の掛け声、CM前の実況再生を継承。ただし、タイトルコールを「毎日ナマ虎! 1179。MBSタイガースライブ!」(2012・2013年度は「〜withタイガース〜 MBSタイガースライブ」)に変更。関西を中心にナレーターや声優として活動する菱田盛之の声が、ジングルに使われるようになった。なお、阪神戦では当日出演解説者・アナウンサー、タイガース選手のバージョンのバリエーションがある(解説者・アナウンサーのバージョンは自社制作のオリックス戦でも使用する)。阪神が関与しない試合を系列各局からネット受けする場合や、自社制作でないレインコート番組となる場合は「1179 MBSタイガースライブ!!」のジングルのみであるが、BGMは同じである。

また、『 - ライブ』では、オリックスの選手に対応した「ナイスバッティング!○○」(○○は打点を挙げた同球団の選手の苗字)のジングルも用意。阪神戦が最初から組まれていない日に自社制作でオリックスのホームゲームを放送する場合には、オリックスの選手が打点を挙げれば、当該イニング終了後のスポットCM明けに「いいね、いいね!もう一回聞いてみよう!!」→打点を挙げたシーンの実況再生音源→「ナイスバッティング!○○」の順で放送する。さらに、(ネット受け分を含めて)オールスターゲームやフレッシュオールスターゲームを中継する場合にも、阪神・オリックスからの出場選手が打点を挙げれば関西ローカル限定で上記のジングルを流している[130]

2013年からは上記のジングルに加えて、MBSラジオの周波数(1179khz)に「7」が入っていることにちなんだステーションジングル「ラッキー7(セブン)のあるラジオ MBSラジオ」を、阪神・オリックスの攻撃が7回に入る直前に放送。同年8月からシーズンの終了までは、ソエジマ隊員(MBSテレビのスポーツ情報番組『カワスポ』の企画で同年の阪神公式戦全試合を球場で観戦していた松竹芸能所属のピン芸人・俳優)の声とギャグを用いたジングルも使われていた。

『 - パーク』への移行後も、基本として『 - ライブ』以降のジングルを踏襲。ただし、BGMを変更したほか、ジングル上のタイトルコールを『ベースボールパーク』に統一している(例:「ナイスバッティング!タイガース!!…ベースボールパーク」)。増田がゲストで出演する中継では、増田による英語風のコールを収録したジングルを使用するほか、「漫才のように面白い MBSベースボールパーク」などのオリジナルジングルを流す。

  • (通常)2014年・2015年度「1179 MBSベースボールパーク!!」→ 2016年度以降「AM1179 FM906(キューマルロク) MBSベースボールパーク!!」
  • 阪神戦は冒頭に「with Tigers!」を挿入。

ホームイン with Tigers」キャンペーンを毎日放送グループで展開している2015年には、阪神戦の中継で同球団の選手が得点を記録した場合にのみ、イニングの終了後に得点シーンのリプレイ → スタジオ担当による得点記録選手・チーム総得点数の紹介(いずれも関西ローカル向け)をはさんでCMを放送していた。2016年以降は、キャンペーンを継続する一方で、イニング終了後の時間を得点シーンのリプレイとリスナープレゼントの告知のみに充当。チームの総得点数については、中継のエンディングで、開幕戦から中継カード終了時点での総得点数を紹介している。

「今日の勝負どころ」[編集]

『 - ライブ』へ移行後の2011年シーズンからは、試合終了後の実況再生企画として、「今日の勝負どころ」を新設。中継に出演した解説者が「勝負の分かれ目」と評価したシーンを、実況音源を再生しながら詳しく振り返る。「今日の勝負どころ」にも専用のタイトルジングルがあるが、他局へネットされている場合は、コーナー自体は行うもののジングルや音源再生は省略され、解説者とのトークのみで対応する。MBS以外の加盟系列各局からネット受けする場合はこのコーナー自体行わないほか、MBS制作であっても元々裏送り用として制作された中継の場合は、配信相手の系列局の様式に合わせた番組構成となるためこのコーナーは行わない。なお、『 - パーク』への移行後も、上記の趣旨で放送を続けている。

コーナー・企画[編集]

  • 祝日や土曜日にデーゲームを中継する場合には、5回裏終了後のグラウンド整備中に、毎日放送本社の報道スタジオから『MBSニュース』、日本気象協会関西支社から『お天気のお知らせ』、日本道路交通情報センター大阪センターから『MBS交通情報』をそれぞれ放送する。2013年度からは、土・日曜日にナイトゲームを中継する場合にも、5回裏の終了後に『MBSニュース』を挿入するようになった。
  • 『 - ナイター』時代の2006年度以降のナイトゲーム中継では、「ドライバーにも野球観戦を楽しんでもらえるように」との配慮から、道路交通情報を原則として19時台と20時台の前半に挿入(2007年度からは1回表終了後にも放送)。日本道路交通情報センターからの資料を基に、スタジオ担当のフリーアナウンサーが直近の高速道路及び阪神高速道路の渋滞状況を紹介している。18時台以降に交通情報を放送することが皆無に近い関西地区のラジオ局では、異例の試みである[131]。『 - ライブ』→『 - パーク』への移行後も、以上のスタイルのまま道路交通情報を放送。ただし、タイトルコールを、菱田の声による収録音源に一新した。
  • 『 - ナイター』時代の2006年度から2009年度までは、5回裏終了後のグラウンド整備中に、スタジオから「MBSタイガースナイター ファーム情報」も放送。放送日のウエスタン・リーグ阪神戦の結果や、ファームで調整中の主力選手の現状などを手短に伝える。2008年度まではスポンサーが付いていた。[132]なお、2010年度以降は放送されていない。

以上はネット受け中継時を含めて、関西ローカルでのみ放送。

  • 2008年頃からは、夏休み期間や在阪ラジオ局の聴取率調査週間(MBSでは「スペシャルウィーク」と総称)を中心に、一部の中継でリスナーからの質問・メッセージを受付。中継の合間に、実況アナウンサーがメッセージを紹介したり、解説者が質問に答えたりしている。2009年には、阪神甲子園球場から阪神-中日戦をSFとの2局ネットで中継する場合に、『東海ラジオガッツナイター』との共同企画として実施することもあった。ただし、その場合でも、MBS側で一括してメッセージを受け付けている。
  • 2010年度からは、日本の民放ラジオでのプロ野球中継で唯一、他球場の速報にスポンサーを設定。速報チャイムを鳴らした後に、実況アナが「○○(スポンサー名)提供 MBSプロ野球速報(2013年度までは「MBSナイター/デーゲーム速報」)」と呼んでいる。ただし、スポンサーの設定は一部の曜日のみで、他局へネットする中継では実施されない。
  • 『 - パーク』への移行後は、増田や桜井一枝が、阪神ファンを代表して阪神戦の中継へ定期的に出演。増田が出演する中継では、阪神ファンのリスナー向けにテーマを設定したうえで、FAXと新設のメールアドレス(park@mbs1179.com)を通じてメッセージを受け付ける。なお、メッセージの一部は、実況アナウンサー・解説者とのQ&A形式で増田が中継の合間に紹介する。増田が出演しない中継でも、スタジオ担当からの告知を通じて、リスナーからメッセージを募集することがある。

番組プレゼント[編集]

  • 『 - ナイター』時代の2009年からは、スペシャルウィークスが実施される4月・6月の特定の1週間の阪神戦を対象に、解説者がその試合で最も活躍した選手1名を選定。当該選手の写真のパネルを、希望するリスナーから10名に贈呈するキャンペーンを実施していた。一時はこの期間のみ、中継の1回裏・3回裏・6回裏終了後に、当番組専用の電話番号をランダムに発表。受付時間内(2回表〜3回裏、4回表〜6回裏、7回表〜8回裏)にその番号へ電話したリスナーから、1つの番号につき抽選で1名に現金を進呈していた。
  • 2010年シーズンには、阪神のビジターゲームを中継する際に、甲子園球場での阪神ホームゲームのチケットプレゼントを実施している。原則として、試合中盤から試合終了までメールで募集を受付て、試合終了後抽選の上で1組4人を招待。(ただし、雨天など中止となった場合はチケットが無効となり、予備日への代替も不可)
    • 2010年8月からは、番組宛てに電子メールやFAXでメッセージを寄せたリスナーに向けて、「ブラゼルマートン応援キャンペーン」を実施。中継対象の阪神戦でクレイグ・ブラゼルホームランを最低1本放った場合か、マット・マートンが2本以上のヒットマルチヒット)を記録した場合に、上記のリスナーから抽選で3人ずつ(2つの条件をいずれも満たした場合は1試合6人)に「おくさま印」の無洗米5kgを贈呈していた。
    • 2010年10月5日にマートンがのNPBの一軍公式戦における当時のレギュラーシーズン最多安打新記録(211安打)を達成したことを受けて、達成した当日からシーズン最終戦となる7日までの3連戦は、マートンがこの記録を更新するたびに無洗米を3人に贈呈するという記念企画に変更。5日はマートン3安打・ブラゼル2本塁打の大活躍で合計12人に贈呈されたが、6日は贈呈なし、7日はマートン1安打のみの3人贈呈に終わった。
    • 阪神がクライマックス・第1ステージに出場した10月16日10月17日は「めざせ日本一キャンペーン」として、阪神のヒット数分のお米が贈呈された。ファイナルステージは阪神が進出できなかったため、10月20日-10月23日までは各試合に付き10人(うち、最初の2名は19時の時報後、次の3名は20時の時報後、残り5人は試合終了後と段階を追って発表した)にお米をプレゼントした。
  • 過去には毎試合終了後、中継カードの試合の展開の中からクイズを出題する「タイガースナイタークイズ」が行われ、正解者から抽選で1名に1万円の賞金(スペシャルウィークス開催期間中は別途プレゼントを定める)が贈呈されていた。
  • また、リーグ優勝が現実味を帯びた2008年にはテレビと合同で「笑虎(タイガースマイル)2008」と題したキャンペーンを実施し、リーグ優勝が決まった場合、リスナーからの情報提供に基づいて選手に記念プレゼントを贈呈するという準備を進めており、発送の準備も完了していたが、リーグ優勝を逃すどころかクライマックスシリーズ第1ステージで中日ドラゴンズに敗れ、あえなく企画倒れになったことがあった。
  • 『 - ライブ』への移行後は、阪神戦の中継において、以下のプレゼント企画を実施している。ただし、中継予定試合が中止やノーゲームになった場合には、応募しても無効として扱う。
    • 「トラトラ タイガースウルトラクイズ」(ビジターゲーム中継限定、2012年からは「withタイガースクイズ」と改題)
      • 5回裏終了後のグラウンド整備中に、阪神の歴史・選手などに関する3択クイズを、スタジオ担当アシスタント(2013年からは「女子部員」)が1問出題。6回裏が終了するまで、メールで回答を受け付ける。応募したリスナーから当選者1名には、阪神甲子園球場での阪神ホームゲームペアチケットを進呈する。なお、祝日や土曜日のデーゲーム中継である場合は5回終了時にMBSニュース(報道スタジオ)、天気(日本気象協会関西支部)、交通情報(日本道路交通情報センター大阪センター)を放送する都合上、実施しない場合がある。
    • 「ライブでビンゴ!」(携帯電話ユーザー向けの期間限定企画)
      • MBSラジオの携帯電話向け公式サイト「MBSモバイル」との連動企画で、『 - ライブ』の放送開始から2011年5月7日の放送までは、阪神戦中継のたびに実施。いったん終了した後に、同年6月から「MBSラジオ スペシャルウィーク」などの期間限定企画になった。当初はフィーチャーフォンからしか参加できなかったが、同年8月実施の第3弾からは、スマートフォンにも対応するように改善。実施期間中には、MBSテレビの番組やデータ放送サービス「よんde」でも、参加方法を紹介するようになった。
      • 実施の際には、当日の阪神ベンチ入りメンバーと監督の背番号がランダムに入った5マス×5マスのカードに対して、スタジオ担当アシスタント(2013・2014年には「MBSタイガースライブ女子部員」という肩書で出演)が中継の随所で番号を告知。阪神戦1試合につき、最も早くビンゴに達した参加者から3名に1万円、2名に甲子園球場での阪神ホームゲームペアチケットを進呈する。
      • ビンゴへ参加するには、中継開始から1時間以内に、「MBSモバイル」での登録とビンゴカードの取得(フィーチャーフォンの場合には同サイト内の当番組公式ページ、スマートフォンの場合には該当機種のアプリストアから「M☆BINGO」を無料ダウンロード)が必要。18時開始のナイトゲームで実施する場合には、登録受付締め切り後3回(19時過ぎ、20時過ぎ、試合の終盤<概ね20時台後半か、長引いた場合は21時過ぎ> デーゲームである場合は概ね試合開始から1時間後、2時間後、終盤<3時間前後>)にわたって番号を読み上げる。ただし、読み上げた番号をビンゴカードに反映させるには、参加者が次の読み上げまでに手動でカードを更新しなければならない。また、ビンゴの当選者が出なかった場合や、阪神戦が中止になった場合(試合開始予定後の中止やノーゲームの場合も含む)には、実施期間の最終日までキャリーオーバー形式でプレゼントの現金を増額する。
      • 2012年6月17日放送の「MBSタイガースライブ番外編」では、「MBSラジオ スペシャルウィーク」および同年のセ・パ交流戦最終日と重なったことから、「番外編」初の試みとして放送中に「ライブでビンゴ」を実施。阪神のデーゲーム(対ロッテ戦)終了後の放送だったため、同年の公式戦開幕時点での出場登録選手の背番号を、ビンゴの判定に用いた。
  • 「ホームイン with Tigers」キャンペーンを展開する2015年以降は、阪神のシーズン総得点が10点(2016年以降は20点)単位の「キリ番」へ達するたびに、リスナーに抽選でプレゼント(前年度ナイターオフ番組のグッズ・阪神選手のサイン入りグッズ・阪神主催試合のチケットなど)を進呈している。6月の「MBSラジオ スペシャルウィーク」および前週の中継については、総得点のカウントを継続するものの、後述する「ボールパークへいらっしゃい 今夜、ラジオでサイコロ振ります!」との兼ね合いで上記の「キリ番プレゼント」を休止する。
  • 上記のプレゼント以外にも、当番組を含むMBSラジオ制作番組スポンサーの提供によるリスナープレゼント企画を、『 - ナイター』時代から随時実施。中継の終盤で、イニングの合間にプレゼントの告知を放送している。
  • 2015年以降の「MBSラジオ スペシャルウィーク」および前週(プレウィーク)の中継(阪神戦を中心に最大10試合)では、「ボールパークへいらっしゃい 今夜、ラジオでサイコロ振ります!」と称するリスナー向けの現金(2016年以降はMBSラジオワイドFM関連グッズとのセットによる)プレゼント企画を実施。当日のゲストが5回裏の終了後にサイコロを振ったうえで、サイコロの出目に一定の数値(「プレウィーク」は1,000、「スペシャルウィーク」は10,000)を掛けた金額を、中継対象の阪神戦における阪神(関西ダービー以外のオリックス戦中継ではオリックス)の総得点と同じ人数分のリスナーに抽選で進呈する。
    • 「プレウィーク」の中継では解説者や(「スペシャルサポーター」の増田や山田スタジアムを含む)ゲスト、「スペシャルウィーク」の中継では『ちちんぷいぷい』『せやねん!』(いずれもMBSテレビが毎日放送本社スタジオから生放送の情報番組)のレギュラー出演者がサイコロを振る。使用するサイコロは基本として6面体だが、「スペシャルウィーク」最後の中継では、1から12までの目が付いた12面体のサイコロをゲストに振らせている。
      • 2015年6月3日(水曜日)の阪神対ロッテ戦(甲子園でのナイトゲーム)中継を例に取れば、当日のゲスト・銀シャリ(出演時点では『ちちんぷいぷい』水曜日のコーナーレギュラー)が振ったサイコロの出目が4、阪神の総得点が9であった。この例を「スペシャルウィーク」の前週に当てはめれば4,000円(総額36,000円)、「スペシャルウィーク」の期間中に当てはめれば40,000円(同360,000円)をそれぞれ抽選で9人のリスナーに贈呈することになる。12面体のサイコロを使用する「スペシャルウィーク」最後の中継では、7から12までの目が出る可能性もあるため、リスナー1人につき最大で120,000円を進呈する。
      • 「スペシャルウィーク」および「プレウィーク」で阪神・オリックスが関与しない試合をMBSの自社制作・ダブル解説体制で中継する場合や、NPBのナイトゲームを最初から開催しない日に『MBSベースボールパーク番外編』を放送する場合にも、上記のプレゼント企画を実施。解説者・出演者から2名がサイコロを振ったうえで、1名が出した目に一定の数値(「プレウィーク」は1,000、「スペシャルウィーク」は10,000)を掛けた金額を、もう1名が出した目の人数分(1〜6名)に進呈する。
      • 「スペシャルウィーク」中に甲子園や京セラドームから阪神戦を中継する場合には、両番組のレギュラー出演者から日替わりで1名(または1組)が、中継先の放送席か毎日放送本社のラジオスタジオにゲストとして登場。原則として中継当日の『ちちんぷいぷい』『せやねん!』出演者が、平日のナイトゲーム中継では『ちちんぷいぷい』、土曜日の中継では『せやねん!』の生放送を終えた後に中継の途中から登場する。
      • 「プレウィーク」がセ・パ交流戦の期間中で、阪神のビジターゲームを中継する場合には、現金の代わりに中継先の地元の特産品をリスナーへのプレゼントとして用意することがある。この場合には、番組側で用意したリストを基に、当日出演の解説者がサイコロの出目に対応する特産品をあらかじめ決定。その後で解説者がサイコロを振ってから、実際に出た目に対応する特産品を阪神の総得点と同じ人数分のリスナーに抽選で贈呈する。なお、ビジターゲームにおける地元特産品のプレゼントは、「スペシャルウィーク」前後の"キリ番プレゼント"でも随時実施している。
    • 中継対象の阪神戦で阪神(関西ダービー以外のオリックス戦ではオリックス)が無得点で試合を終えた場合や、中継予定の阪神戦・(予備カードから本番カードへの昇格予定分を含む)オリックス戦とも雨天中止(または降雨ノーゲーム)になった場合には、現金や中継先の特産品に代わるプレゼント(2016年以降はMBSラジオのワイドFM関連グッズ)をサイコロの出目と同じ人数分のリスナーに抽選で進呈する。

出演者[編集]

現在の出演者[編集]

レギュラー解説者[編集]

解説者
氏名 活動期間 キャッチフレーズ[133] 備考
一枝修平 1981年 - 1984年
1988年 - 1989年
1992年 - 1996年
1999年 -
「浪速の名参謀」
2003年までは「星野阪神はおまかせ」、
2004年 - 2006年は「岡田阪神もおまかせ」
安藤統男 1985年 - 1986年
1990年 -
「トラの重鎮」
2009年度までは「タイガースOB会長」、
2010年度は「トラのご意見番」、
「タイガース23代監督」というフレーズも使用。
太田幸司 1985年 - 「元祖甲子園のプリンス」 解説者就任から2008年まで、前座コーナー(『太田幸司のスポーツ・ナウ』→『太田幸司の熱血!!タイガーススタジアム』)のキャスターも担当していた。2017年は青森県出身として東北放送(TBCテレビ)にも出演。
亀山つとむ 1998年 - 「トラの兄貴分」
2011年度までは「魂のヘッドスライディング」
GAORA解説者を兼務。
遠山奬志 2003年 - 2004年
2012年 -
「トラの桜吹雪」
(2004年度以降の中継で使用)
2017年からの関西ローカル向け中継では「ちちんぷいぷい遠山親方」[134]というフレーズも併用
2003年度は「トラ番」として本数契約での出演。

2016年8月のリオデジャネイロオリンピック期間中は
レギュラーで出演している『ちちんぷいぷい』の
周辺取材リポーターの1人として
現地に派遣されたため本番組に出演しなかった。

八木裕 2005年 - 2008年
2016年 -
「代打の神様」
(2008年度までの中継でも使用)
サンケイスポーツ評論家兼務。
藪恵壹 2014年 - 「型破りの本格派」[135] ラジオのみ専属契約[136]
金村義明 2016年 - 「浪花のいてまえ魂」 フジテレビカンテレJ SPORTS解説者を兼務。
2015年9月21日にゲスト解説として初登場、2016年よりラジオのみ専属契約
火曜日は『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)、
木曜日は『バラいろダンディ』(TOKYO MXの生放送番組)で
それぞれレギュラーを務めるため本番組への出演はない。

2015年度の『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』では、フルバージョン(50分枠)での放送が可能な場合に「レジェンドインタビュー」を編成[137]。安藤・一枝・太田・遠山・亀山・藪が、事前収録か生放送で豊永からのインタビューへ交互に応じている。

出演契約の関係で「MBSラジオ野球解説者」として扱われている藪と金村は、原則として系列局向け裏送りや予備待機(日曜日の阪神主催デーゲーム、または阪神がビジターとならないオリックス主催試合)の中継に登場しない。また、NRNラインで中継される「オリックス×ソフトバンク」や日曜デーゲーム時の「阪神×ソフトバンク」の裏送りでは、KBCの野球解説者[138]が解説を担当することがある[139]

出演機会の多いゲスト解説者[編集]

概ね月1回以上出演している解説者のみ記載する。いずれもレギュラー解説者とのダブル解説の形態で出演することが多いが、一部の中継に単独で解説を任されるなど、「レギュラー解説者」に準ずる扱いを受けている。

ゲスト解説者
氏名 活動期間 備考
西山秀二 2016年 - GAORA・ラジオ日本テレビ新広島解説者を兼務。
これ以前にも単発での出演経験あり。
主に北海道・関東・広島地方でのビジターゲームを中心に出演。
阪神ホームゲームでの解説事例は2017年8月時点でなし[140]
谷繁元信 2017年 - MBSテレビの中継にも出演経験あり。ニッポン放送・フジテレビ・メ〜テレ解説者を兼務。
阪神ホームゲームについては原則として、
火〜木曜のNRNライン時、土・日曜のMBS-LFラインネット時のみ出演。

実況・リポート担当アナウンサー[編集]

『 - ライブ』への改称後は、解説者と同様に、担当アナウンサーにも実況・取材のスタイルや名前・趣味などにちなんだキャッチフレーズを付けていた。[141]

市川以外の人物は毎日放送のスポーツアナウンサーで、『 - ナイター』への移行・唐渡のリポーター勇退後の2003年度から、ローテーションで阪神側のベンチサイドリポートも担当[149]選抜高等学校野球大会全国高等学校ラグビーフットボール大会など、他のスポーツ中継で実況やリポーターを務めることも多い。

また、MBSグループの衛星放送・GAORAにおける北海道日本ハムファイターズ戦主催試合の中継で、実況を担当することもある。これまではMBS元アナウンサーで現在はGAORA専属の城野昭水谷勝海が担当していたが、2010年は高齢になったことや、水谷が大阪・毎日文化センターでの話し言葉講座講師を務めるなどの日程的な関係で、既に2008年から出演している赤木以外の数名のアナウンサーがシリーズごとに出演する機会が増えている(現役組ではこれまでに井上・金山・近藤が担当)。ただし、MBSで長らく当番組に出演してきた結城哲郎がGAORAへの出向(2011年6月)を機に同局専属の実況アナウンサーになったため、MBSの現役アナウンサーの担当は減少した。

2015年からは、週の前半に当番組で甲子園または京セラドーム大阪から阪神主催のナイトゲームを中継する場合に、金・土・日曜スタジオ担当アシスタントでフリーアナウンサーの市川が阪神側のベンチサイドリポーターを務めることがある。MBSアナウンサー以外の人物をレギュラーリポーターに起用するのは、『 - ナイター』最終年(2002年度)の唐渡以来で、2015年には水曜日限定で担当。2016年以降は、火・木曜日の阪神主催ナイトゲーム中継(MBS制作分)や、金・土曜日にナゴヤドームから放送する中日対阪神戦中継(CBC・SF制作分の相互ネット)にもリポーターとして随時出演している。

スタジオ担当アシスタント[編集]

ナイトゲーム中継では、19時前後の交通情報を担当。2013年度以降は、関連番組にもパーソナリティやアシスタントとして出演している。

  • 豊永真琴(基本として火・水・木曜担当、2003年度から出演)
    • 2003 - 2012年度は金 - 月曜、2013年度のみ火・土・日曜、2014年度は火 - 木曜を担当。2016年度には、市川が週末(金 - 日曜日)の中継カードで阪神側のベンチリポートを担当する場合に、市川に代わって当該曜日のスタジオアシスタントを務める。
  • 市川いずみ(基本として金・土・日・月曜担当、2015年度から出演、甲子園・京セラドーム・ナゴヤドームで開催される阪神ナイトゲーム中継の一部カードには阪神のベンチサイドリポーターとして出演)
    • 2015年度の当番組アシスタントおよび『トラツボ』(GAORAのプロ野球春季キャンプ情報番組)のリポーターを選考すべく、『藤本敦士のDASH宣言!』(GAORAでも2015年1月まで再編集版を放送していた2014年度のオフシーズン番組)で2014年の11 - 12月に実施された「DASHアシスタントオーディション」でグランプリを受賞。2015年1月以降は、同番組のアシスタントや、MBSテレビ・ラジオの選抜高等学校野球大会ダイジェスト番組(テレビ:『みんなの甲子園』ラジオ:『春一番!センバツ甲子園』)のナビゲーターを務めていた。当番組には、同年の阪神オープン戦中継から、阪神側のベンチサイドリポーターとして出演。

中継へのゲスト出演者[編集]

他局からのゲスト解説者[編集]

中継の時期・カードによっては、MBS野球解説者とのダブル解説を前提に、他局の野球解説者を随時ゲストに迎えている。『 - ライブ』時代の2013年には、高津臣吾吉井理人西山秀二などが出演。『- パーク』への移行後は、2015年に西山・金村・山﨑武司里崎智也[150]、2016年には、建山義紀山本昌・里崎・佐々木主浩が登場したほか、西山が定期的に出演するようになった。

2017年には、レギュラーシーズン前に放送したWBC日本代表対阪神の強化試合中継から、谷繁元信がMBSテレビ・ラジオ共通のゲスト解説者(LFとの相互ネット・MBS解説者とのダブル出演による阪神戦中継ではLFの解説者)として随時登場。里崎・建山・佐伯貴弘も出演している。

「公式サポーター」[編集]

  • 増田英彦ますだおかだ)「浪花のベースボールキッズ」[135] - 「DJタイガースライブ」をはじめ、『 - ライブ』時代から不定期で出演。『 - パーク』への移行を機に、阪神戦の中継へ定期的に登場するようになった。『週刊ますだスポーツ』からの流れで、出演する中継ではリスナーから送られたメッセージの紹介役も担当。『月刊ますだスポーツ』では、『週刊ますだスポーツ』に続いてメインパーソナリティを務める。なお、放送上は2015年から、「スペシャルサポーター」という肩書を使用。
  • 山田スタジアム「MBSベースボールパーク公式サポーター」- 通常は『MBSベースボールパーク番外編』『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』に登場。MBS以外のラジオ局が制作する阪神のビジター・ナイトゲーム中継を放送する場合には、twitterの公式アカウント上で中継と連動した「つぶやき実況」を展開する。2014年には、『もうすぐベースボールパーク』および、中継の5回裏終了後にスタジオから放送に出演することもあった。2015年からは、上泉が『上泉雄一のええなぁ!』を休演する場合に、『まだまだええなぁ! - 』で上泉の代役を務めることがある。

その他のレギュラーゲスト[編集]

  • 上泉雄一(毎日放送アナウンサー) - 入社後に一時、『ダイナミックナイター』時代の当番組を含むスポーツ中継で、実況・リポーターを務めていた。スポーツアナウンサーとしての活動を退いた後も、2007年に『上泉雄一の日曜スポーツ宣言!』、2015年から『まだまだええなぁ! - 』の進行を担当。毎年2月に阪神・オリックスの春季キャンプを取材しているため、『 - ライブ』時代からは、『上泉雄一のええなぁ!』のパーソナリティとして年に数回のペースで中継にもゲストで登場している。土曜日の13時台前半に『上泉雄一の週末もええなぁ!』(事前収録によるスピンオフ番組)を編成する2015年以降は、同曜日の当該時間帯(または14時台以降)[151]や、祝日と重なる月曜日[152]で甲子園または京セラドーム大阪から阪神主催のデーゲームを中継する場合を中心にゲストで出演。
  • 桜井一枝十三の虎姫」- 2015年7月から2016年までは、『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト 延長スペシャル』に出演。『うきうき土曜リクエスト』本編の時間帯で、甲子園または京セラドーム大阪から阪神主催のデーゲームを中継する場合にも、イニングの合間に同番組のスタジオから登場していた。また、上記の球場からの中継にも、ゲストとして随時出演。2015年度のナイターオフ期間に、『うきうき土曜リクエスト』に続いて『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』土曜版へレギュラーで出演したことを機に、出身地(大阪市淀川区十三)にちなんだ「十三の虎姫」というキャッチフレーズ(以前からの呼び名である「十三の白雪姫」をアレンジしたもの)を用いている。なお、『るんるん土曜リクエスト』の放送を開始する2017年以降も、同番組のスタジオから出演する。

過去の出演者[編集]

※レギュラー編成化前の人物も含む。●印は『 - ナイター』以降の出演経験者。

過去の解説者[編集]

  • 青田昇(1964年)
  • 穴吹義雄(1986年〜1990年)
  • 新井宏昌(1993年)
  • 伊藤敦規(「トラ番」として2003年、専属解説として2004年。現・阪神一軍トレーニングコーチ)●
  • 石嶺和彦(1997年〜2003年)●
  • 榎原好(1965年〜1974年)
  • 大熊忠義(1994年、1996年。現:GAORATigers-ai解説者)
  • 大島信雄(テレビネットがNET/東京12chとのクロスネット時代に出演 左記2局とSF解説者を兼務)
  • 掛布雅之(2009年ゲスト解説、2010年〜2012年ラジオのみで専属契約。現:阪神二軍監督)「ミスタータイガース」
    ※自身の債務問題の影響により、2011年度はオールスター戦から全日程終了まで中継の出演を見合わせていた[153]。2012年度の開幕から復帰したが、同問題の影響で5月以降の出演を見合わせた後に解説者契約を終了した。
    ※2013年度からskyA sports+の解説者へ転身した後に、2014年度から阪神のゼネラルマネージャー付育成&打撃コーディネーター(DC)を兼務。2014年11月の日米野球では、解説者として出演したTBSテレビ制作の中継を、MBSテレビが同時ネットで放送した。
  • 金田正泰(1962年〜1971年、当時NETテレビと兼任)
  • 川藤幸三(1987年〜1989年頃に後述2局と兼任のためラジオ限定で出演。現:読売テレビ日本テレビ解説者)
  • 佐々木恭介(1990年、1993年〜1995年、2000年、2004年〜2009年、「球界の仕事人」。2004年〜2009年はCBCテレビにも出演)
    ※2011年から2012年まで、太田がスーパーバイザーを務める女子プロ野球京都アストドリームスの監督を歴任。
  • 嶋尾康史(1997年〜1998年、現:俳優)
  • 杉浦忠(1971年〜1973年、1978年〜1985年、1986年から南海最後の監督・福岡ダイエーホークスの初代監督を歴任、2001年に逝去)
    ダイエー退団後の九州朝日放送の解説者時代にも、火曜〜木曜の同局からのネット受け時に出演していた。
  • 田口壮
    ※2012年のナイターオフのワイド番組『with…夜はラジオと決めてます』の火曜パーソナリティーを務める縁から、オフ編成期にゲスト解説者として2回出演。NHK解説者(2013年〜2015年)[154]を経て、2016年からオリックスの二軍監督へ就任。
  • 宅和本司(1962年〜1993年)
  • 達川光男(2004年〜2009年5月。当時フジテレビテレビ新広島・LF解説者兼。専属ではなく本数契約。主に火曜〜木曜のNRN受け、及び土曜・日曜のMBS-LFラインネットの時のみ出演。担当当時の番組広告には達川だけ名前のみで写真が掲載されなかった)「マイクの前でも好リード」
    ※なお、金曜日のLF制作中継がABCにネットされる場合は、達川が解説の中継がABCからの放送となる場合があった(例・2007年6月13日の『巨人vs広島』)。2014年から2015年まで中日の一軍バッテリーコーチを務めた後に、2016年からフジテレビ・テレビ新広島・LFなどで解説業を再開。2016年8月10日の対広島戦(マツダ)はRCCとの相互ネットとなり、同年から本数契約を結んでいる達川の中継が久々にMBSで流れた。
  • 田淵幸一(現:TBS解説者)●
    TBSテレビ・TBSラジオ解説者との兼任扱いで、2007年まで主にJRN受けの時に本数契約で出演していた。また、月・金曜日以外ではABCラジオにゲスト出演したことがある。降板後は、楽天の1軍ヘッド・打撃コーチを経て、2013年からTBSラジオ・TBSテレビ(当初は衛星波のBS-TBS・TBSニュースバード・TBSチャンネルのみ)の解説者に復帰し、2014年には地上波の解説も再開した。
  • 坪内道典
  • 永井正義
  • 長池徳士(現:福岡放送解説者)
  • 中澤不二雄(第1回当時の担当)
  • 仲田幸司(1998年〜2006年)●
  • 中西太(1976年・1982年・1991年・1993年)
    九州朝日放送の解説者だった1977・78年は火曜〜木曜の同局からのネット受け時に出演していた。
  • 中村勝広(専属解説者としては1989年、1996年〜2003年、2010年〜2012年8月25日)
    ※オリックスの球団本部長時代にも、本数契約で登場。2012年9月に阪神のゼネラルマネージャー(GM)に就任後も契約の都合からか一度だけゲスト解説として出演したが[155]、2013年シーズン以降は出演なし。専属解説者時代には、2010年度に「ミスターダンディ」との肩書を付けられていたが、本人の希望で『 - ライブ』への移行を機に「タイガース25代監督」へ変更された。
    ※『亀山つとむのかめ友 Sports Man Day』では、中村のGM就任後も、阪神の戦力補強に関する話題を取り上げるたびに番組スタッフの独自取材を通じて中村のコメントを紹介していた。しかし中村は、同球団のGMとしてチームの東京遠征に帯同していた2015年9月23日に、66歳で急逝した。
  • 板東英二(1984年〜2012年、当時LF解説者兼。ラジオのみ。主に火曜〜木曜のNRN受け、土曜・日曜のMBS-LFラインネットのみ出演[156])「今日もBANBAN名調子」
    ※当初はテレビ(MBSテレビ)の野球解説者も兼務。ラジオでは原則として、阪神がビジターとならないオリックス主催試合(裏送りや予備待機時)の中継に出演しなかった。
    ※2009年度のみ、毎週金曜の午後に、『バンバンバン』(MBSテレビ)で全国各地からの生中継に登場。MBSが金曜日にJRNラインを採用していることもあって、同曜日の中継には出演しなかった〔詳細は#出来事節を参照〕。[157]
    ※2012年のシーズン終了後に所属事務所による所得税の申告漏れ・自身の所得隠し問題が発覚したため、MBSではテレビ・ラジオとも、2013年1月から自社制作によるレギュラー番組の放送を休止。同年度の解説者契約も保留した関係で[158]、当番組の公式サイトからもプロフィールが削除された。
    ※タレントとしては、2014年10月から、MBSラジオの番組へのレギュラー出演を本格的に再開。プロ野球中継についても、2015年5月29日の西武対阪神戦中継(西武プリンスドーム)から、ゲスト解説者として復帰した〔「レギュラー解説者」節も参照〕。ゲスト解説者としての復帰後はJRN向けの中継へも制限なく出演していたが、2016年以降出演なし[159]
  • 平田勝男(1995年〜1996年、2011年〜2012年、2011年「帰ってきたお祭り男」→2012年「トラのお祭り男」、現:阪神一軍チーフ兼守備走塁コーチ)●
    ※現場復帰後も、MBSテレビ・ラジオのスポーツ関連番組にゲストで随時出演。当番組では、「阪神タイガースの平田勝男」名義で収録したジングルを、阪神戦の中継内で随時使用している。
  • 広澤克実(2009年〜2010年にラジオ限定のゲスト解説者として本数契約。現:サンテレビジョン仙台放送・TBSチャンネル等で本数契約の解説者)
  • 福間納(1991年〜1997年)
  • 藤本敦士(2014年) 「最後のF1戦士」[160]
    ※当番組への出演期間中は、Tigers-ai解説者を兼ねながら、ラジオのみMBSラジオと専属契約。ただし、「MBSラジオ野球解説者(または『プロ野球解説者』)」という肩書で、(毎日放送を含む)在阪民放テレビ局の阪神戦地上波中継や関連番組に出演することもあった[136]
    ※2014年10月には、ラジオおよびGAORAでは自身初となる冠番組『藤本敦士のDASH宣言!』のパーソナリティに起用された。しかし、MBSラジオでの初回放送2日前(11月6日)に二軍内野守備走塁コーチとして阪神へ復帰することが決まったため、実際にはコーチ業と並行しながら同番組へ出演。2015年春季キャンプ開始前日の放送(1月31日)を最後に、スタジオパーソナリティを山田スタジアムに交代した(同年2 - 3月の放送では一部のコーナーにのみ出演)。
  • 本屋敷錦吾(1973年〜1975年)
  • 湯舟敏郎(「トラ番」として2003年。2004年から朝日放送解説者。阪神二軍投手コーチを経て2015年から朝日放送解説者に復帰)●
  • 米田哲也(1978年〜1984年。テレビのみ1982年から関西テレビフジテレビへ移籍)
  • ランディ・バース(1997年に専属として登場〔詳細は#歴史節を参照〕。その後もゲスト出演する場合がある)
  • 今岡誠(2013年〜2015年。TBSチャンネル2・DeNA戦制作中継兼、現:阪神二軍打撃兼野手総合コーチ)
  • 金本知憲「鉄人」(2013年〜2015年、現:阪神一軍監督)

過去の実況担当[編集]

◎:2017年3月時点で現役のMBSアナウンサー

※『ダイナミック - 』では長きにわたって、オープニングのタイトルコールに城野の声が使われていた。
2016年9月の定年を前に、前年9月でラジオのプロ野球中継への出演を終了(テレビは翌年6月で終了)。このため、同年の「FMでも聴ける!MBSラジオも聴変革!!」ポスターには氏名が掲載されなかった[162]。2016年10月からは、「シニアスタッフ」(嘱託扱いのスポーツ中継専任アナウンサー)として、MBSラジオ・GAORAで放送されるプロ野球以外のスポーツ中継で引き続き実況を担当。

タイガースリポーター[編集]

※『ダイナミック - 』時代の1978年から2002年まで、ベンチリポーターとして出演。当初はミスター・トラの名義で出演しており、放送上本名を明かしていなかった。また、2009年3月まで32年にわたって、通年で阪神情報コーナーのパーソナリティも担当(ナイターイン編成時は当番組の前座コーナー扱い)。同一人物がパーソナリティを務めるスポーツ番組(コーナー)としては、現在でも日本最長とされる。
※『 - ライブ』時代の2010年8月25日から、『 - パーク』移行後の2014年度まで、阪神主催のナイトゲーム中継で主に水・土曜日のリポーターを担当。他のレギュラー番組との兼ね合いで、阪神が関与しないオリックス主催試合の中継やビジターゲームを担当することはほとんどなかった。2015年3月から第1子の出産を前提に産前産後休暇を取得したため、市川に交代した。

阪神OB以外のトラ番ゲスト[編集]

  • 月亭八方
  • 松村邦洋 - 『 - ライブ』 →  『 - パーク』への移行後も、『番外編』日曜版のスペシャルゲストとして年に1回は出演。

過去のスタジオ担当[編集]

  • 川畑亜紀(火〜木曜日、〜2007年6月・産休で降板)●
  • 岡本育子(『ダイナミック - 』時代に長らくアシスタントを担当)
  • 三瓶京子(火〜木曜日、2007年6月〜2012年9月、以前は『ABCフレッシュアップベースボール』スタジオ担当)
    • 担当期間中には、ナイターオフのスポーツ情報番組でもアシスタントを担当。2009年には、『MBSマンデースペシャル』において、豊永とのコンビによる特別番組が放送された。
  • 石橋雅子(2013年・2014年)
    • 『 - ライブ』最終年度の2013年に水〜金曜日、『 - パーク』初年度の2014年に金・土・日・月曜日を担当。『週刊ますだスポーツ』でも、2013年版でアシスタントを務めた。

出来事[編集]

毎日放送ダイナミックナイター[編集]

  • 1992年9月11日には、試合時間で日本のプロ野球史上最長記録を達成した阪神対ヤクルト戦(甲子園でのナイトゲーム、中断時間を含めて6時間26分、延長15回引き分け)を完全中継。実況を担当した結城哲郎は、前座コーナーから中継終了(翌12日24:35)まで、ほぼ7時間にわたって放送で喋り続けた[164]

MBSタイガースナイター[編集]

  • 2006年7月16日には、阪神中日ナイトゲーム(京セラドーム大阪)で解説予定だった板東英二が、『クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル』に出演(『FNS26時間テレビ 国民的なおもしろさ!史上最大!!真夏のクイズ祭り 26時間ぶっ通しスペシャル』内、東京・フジテレビのスタジオから生放送)。同番組が午後3時頃に終了した影響で、亀山つとむが板東に代わって急遽解説を務めることになった。
  • 板東は2008年度まで、甲子園での阪神戦中継の解説を木曜日に担当する場合に、試合の途中から放送に登場することがあった。中継の直前まで、MBSテレビの情報番組『ちちんぷいぷい』(木曜日)にレギュラーで出演していたことによる。
    • 板東は、『バンバンバン』の開始を機に、2009年3月で『ちちんぷいぷい』のレギュラーを降板。同年度の『 - ナイター』では、『バンバンバン』の生中継出演や前日移動などに配慮する形で、主に水・日曜の解説を担当していた。
    • 『バンバンバン』は、2010年3月26日(同年度のセントラル・リーグ公式戦開幕日)の生中継を最後に、1年間の放送を終了。板東は、その1週間後(4月2日)に『 - ナイター』で放送された中日対阪神戦(ナゴヤドームのナイトゲーム)において、1年振りに金曜日の中継で解説を担当した[165]
  • 2007年には当初、「土・日曜日に阪神・オリックス共にデーゲームで、巨人がナイトゲームを実施する場合には、LFから巨人戦中継をネット受け形式で放送する」と発表。しかし、同年4月15日には、巨人対ヤクルトのナイトゲーム中継を自社制作に差し替えた。
  • 2010年6月16日は交流戦の予備日だったため、尼崎市記念公園野球場より日本女子プロ野球兵庫スイングスマイリーズvs京都アストドリームスの試合を初ラジオ中継する予定だったが、予備日に北海道日本ハムファイターズvs中日ドラゴンズが組まれたため自社ではその中継を優先。当該試合については毎日放送が制作(実況:森本栄浩 解説:太田幸司)し、エフエムあまがさきで放送されることになった[166]
  • 2010年9月第1週には以下のように異例の編成が続いた。
    • 2010年8月31日10:30から9月1日17:54にかけて、MBS開局60周年記念番組「31.5時間ラジオ MBS史上最大のラジオ祭り 目指せ1179曲てアンタ!?」が放送されたため、8月31日のナイトゲーム「阪神 vs 横浜」(甲子園)は中継されなかった。なお、LFの「巨人 vs ヤクルト」(石川県立野球場、全国放送扱いであるが関東ローカル放送[167])が中止になった場合の第1予備カードとして、裏送りでの中継体制は組まれていた。
    • 9月4日はデーゲームの「広島 vs 阪神」終了後、ナイター枠では18:48頃からLF制作の「横浜 vs ヤクルト」(横浜)を途中飛び乗りで放送したが、LF自体は3回裏終了(18:55頃)を以って同カードの放送を打ち切り、19:00からサッカーのキリンチャレンジカップ日本 vs パラグアイ」を放送したため、LFとMBSが同時ネットした時間はわずか数分程度となり、以降は裏送りによるMBSの単独放送となった。3回裏終了時点では実況の松本秀夫アナが両局のタイトルを呼称していたが、4回表からは「MBSタイガースナイター」とのみ呼称していた。
    • 9月5日はLFでは「横浜 vs ヤクルト」(横浜)が放送されたが、この試合は当日唯一のナイター時間帯の試合でありながら17:00試合開始の薄暮デーゲームであり早終了が見込まれていたこと、また本来放送予定のないデーゲーム「広島 vs 阪神」(マツダ)も15:00開始で、試合が長引いた場合にMBSでも途中から中継できるようにすることから、MBSではLFからのネットを受けずに『INO-KONボンバイエ』を放送した。実際に最初の40分程度は「広島 vs 阪神」の中継に充てられた。

MBSタイガースライブ[編集]

2011年度[編集]

  • 5月6日の横浜対阪神の試合(横浜スタジアム)は、平日ながら薄暮デーゲーム(17時開始)であった。しかし、MBSでは、16時から生放送のレギュラー番組『畑中ふう・大桃美代子のてふてふ』を優先。同番組の放送時間を短縮したうえで、試合途中の17:30から当番組で中継し、試合終了後から残りの時間はCBC発の中日対巨人の中継をした。
  • 9月1日(木曜日)には、ナゴヤドームの中日対阪神ナイトゲーム中継を、CBCとの共同制作によって「CBC・MBS開局60周年記念合同実況」として放送。木曜日における両局の中継ネットワークが異なるのに加えて、関西地方ではABCとの兼ね合いもあることから、関西・東海地方向けのローカル番組扱いで放送した(他球場の速報チャイムには独自の音源を使用)。
    • この中継では、平田勝男(MBS野球解説者)と小松辰雄(CBC野球解説者)[168]が揃って解説を担当。奇数回(1・3・5・7回)表裏と9回表以降の実況を高田寛之(CBCアナウンサー)、偶数回(2・4・6・8回)表裏の実況を馬野雅行(MBSアナウンサー)が務めた。[169]また、MBS・CBCが所蔵する過去の実況音源から、両球団の対戦における名シーンを随時再生。当番組では、中継終了直後の応募を前提に、阪神の総安打数と同じ人数に1万円ずつ進呈するリスナー参加企画を特別に実施している[170]
  • 9月2日から3日にかけて、前年に続いて、MBS開局60周年記念番組『31.5時間ラジオ ラジオの力! 対話が日本を元気にする!』が放送されたため、9月2日のナイトゲーム「阪神対横浜」(甲子園)はMBS自社では放送せず、JRNナイターとしてTBSなど[171]に裏送りする予定だったが、台風12号接近のため中止となった。なお同日開催の「オリックス対日本ハム」(京セラドーム大阪)は予定通りHBCへ裏送りした。
  • 9月21日には阪神戦の開催が予定されていなかったため、LF発NRN全国中継(本番:神宮のヤクルト対広島、予備:東京ドームの巨人対横浜)を放送する予定だったが、台風15号の影響により全5試合のうち上記2カードを含む4試合が中止となった。これを受け、当初は九州のKBC・NBC・RKK向けに裏送りとして中継する予定だった「オリックス対ソフトバンク」(京セラドーム大阪)を唯一のナイトゲームとして全国中継した[172]。なお全国中継繰上げに伴い、西村龍次(KBC野球解説者)の単独解説から、中村勝広(MBS野球解説者)とのダブル解説に変更された。また、この回はMBS自社で放送されながらも、西村に配慮して「今日の勝負どころ」のコーナーを行わなかった。

2012年度[編集]

  • 4月11日に甲子園で楽天対西武が開催される場合、TBCではNRNラインの担当日であるのでMBS裏送りによる放送が予定されていたが雨天中止となった。(前日4月10日は予定通り行われ、TBCはJRNラインだったためABC裏送りであった)
  • 9月30日(日曜日)に自社制作(実況:井上雅雄、解説:遠山奨志)・LFとの2局ネット[173]でマツダスタジアムから中継した広島対阪神のナイトゲームは、広島・石井琢朗(当時は一軍野手コーチ兼内野手)の現役引退試合でもあった。このため当番組では、試合終了後に石井の引退セレモニー(引退の挨拶)を途中まで放送した(試合は阪神の勝利)。

2013年度[編集]

  • 4月26日(金曜日)のDeNA対阪神ナイトゲーム中継(横浜スタジアム)は、TBSラジオ制作のJRN全国中継をそのまま放送したMBSからは、ベンチリポーターとして赤木誠を派遣した[174]。6月25日(火曜日)の中日対阪神ナイトゲーム(富山アルペンスタジアム)でも、SF制作の中継を相互ネット形式で放送する関係で、MBSから近藤亨を阪神側のベンチリポーターとして派遣した[175]
  • 5月22日(水曜日)のロッテ対阪神戦(QVCマリンフィールド、18:15試合開始)では、関西ローカルでの放送を前提に、MBSの自社制作で中継(解説:遠山、実況:近藤亨)。しかし、同中継におけるNRNの予備順が日本ハム対ヤクルト戦(札幌ドーム)よりも下位であるため、LFでは自社での予備中継体制を敷いていなかった[176]。そのため同局では、『ニッポン放送ショウアップナイター』枠で21:16(8回表・阪神の攻撃中)から21:37まで、飛び乗りによる同時ネットを急遽実施した。当日同枠で放送していた楽天対巨人戦のNRNライン中継(クリネックススタジアム宮城、TBC制作)が、21:11で終了したことによる。ちなみに、ロッテ対阪神戦は延長12回の末に引き分けたが、当番組では試合終了後の23:36まで中継を続けた。
  • 6月12日(水曜日)開催の日本ハム対阪神戦(札幌ドーム)では、テレビ中継副音声での同時放送を伴う自社制作中継を実施(前述)。本来はNRNラインを取る水曜日の中継ながら、HBC解説者の吉井理人がゲストとして出演した(技術協力局がSTVかHBCのどちらであったかは不明)。当日と6月13日(木曜日)に京セラドーム大阪で開催の「オリックス対巨人」については、NRNナイター用の制作局であるMBSでは中継せず、水曜・木曜にNRNナイターを放送するクロスネット局、及びNRN単独のIBS、CRT、KBS、ROKの各局に向けて裏送り形式[177]で放送した。
  • 7月24日7月25日の対ヤクルト戦(神宮)の2連戦はLF制作の全国ネットを中継。
  • 8月27日からの対巨人(東京ドーム)の3連戦については、27日と28日は関西向けに自社制作したが、29日はゲスト解説者として金本をLF制作の全国ネット中継に派遣する関係で、この試合のみLFからのネット受けとなった。この週はLFのスペシャルウィークとなっており、金本はスペシャルウィーク中の中継の注目キャストの一人として扱われた[178]
  • MBSの自社制作による9月15日のヤクルト対阪神戦(神宮)中継では、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト外野手)がシーズン56号本塁打(1回裏・NPBのシーズン新記録)と57号本塁打(3回裏・2打席連続・アジアにおけるプロ野球のシーズン新記録)を放った瞬間を、赤木の実況・太田の解説で伝えた。
  • 9月21日(土曜日)には、13:55から阪神対ヤクルトデーゲーム(甲子園)を自社制作で中継した後に、『うきうき土曜リクエスト』(短縮版)→『土曜ミミマンボ2』をはさんで巨人対広島ナイトゲーム(東京ドーム)をLFとの相互ネットで放送するという編成を組んでいた。しかし、阪神対ヤクルト戦については、延長12回まで続いたため19:36まで中継(結果は引き分け)。中継終了後は、スポンサー付き番組の『土曜ミミマンボ2』のみ放送したうえで、19:54からナイトゲームの中継枠へ移行した。さらに、デーゲーム中継や『うきうき土曜リクエスト』で流す予定だったCMや『MBSニュース・お天気のお知らせ』をナイトゲーム中継枠の冒頭へ組み込んだため、実際には20:07からの飛び乗りで巨人対広島戦を放送した。
  • 9月22日(日曜日)には、LFとの相互ネットで、18:00から巨人対広島戦(東京ドーム)の放送を予定していた。しかし、14:00開始のデーゲーム・阪神対ヤクルト戦(甲子園)が18時以降も続いていたため、17:59から18:08まで同カードの中継を挿入。ニュース資料用の実況要員として同球場に待機していた近藤亨が、解説者のいない状況で急遽実況を務めた。なお、18:10からは巨人対広島戦中継に飛び乗り。阪神がヤクルトに敗れた時点で巨人のセ・リーグ2連覇が決定していたが、当番組では巨人対広島戦を試合終了後の21:21まで放送した(試合は巨人の勝利)。

MBSベースボールパーク[編集]

2014年度[編集]

  • MBSベースボールパークとのタイトルで初めて放送された3月8日(土曜日)の阪神対日本ハムオープン戦(甲子園)では、藤浪晋太郎(阪神)と大谷翔平(日本ハム)による「投手としてのプロ初対決」の模様を、プレーボール直後の13:00から試合途中の15:00まで仙田の実況で生中継。同年から毎日放送の野球解説者に就任した藤本が、この中継で解説者としての本格デビューを果たした。
  • 3月28日(金曜日)には、『 - パーク』初の公式戦中継として、東京ドームから巨人対阪神のセントラル・リーグ開幕戦を放送。前日の『週刊ますだスポーツ』2013年度最終放送に出演していた近藤亨が実況、仙田が阪神側ベンチリポーター、藪が解説、増田がゲスト、石橋がスタジオ担当で登場した。ナイターイン編成に入る前の放送だったため、前座コーナーの「もうすぐベースボールパーク」を割愛したうえで、『 - ライブ』時代と同じく17:54から中継を開始している。
  • 5月3日からの対ヤクルト3連戦(神宮)中継については、3日(土曜日)・4日(日曜日)に『ニッポン放送ショウアップナイター』を同時ネットで放送。こどもの日かつMBSがJRN扱いとなる5日(月曜日)のみ、増田をゲストに迎えて、MBSの自社制作で中継した。
  • MBSラジオ スペシャルウィーク」期間中の6月7日(土曜日)には、14:00から阪神対オリックスのデーゲーム(甲子園)をMBSラジオの自社制作(解説:金本知憲・藤本敦士、実況:馬野雅行、MBSテレビの中継でも17:00まで副音声で放送)、17:59から巨人対西武のナイトゲーム(東京ドーム)をLF制作分の同時ネットで中継。巨人対西武戦の中継では、『MBSベースボールパーク番外編』日曜版のレギュラー出演者から、近藤亨(パーソナリティ)と冨好(西武ファン代表)がMBS発のスタジオパート(関西ローカル放送)にゲスト扱いで出演した。

2015年度[編集]

  • 4月14日〜16日の中日対阪神戦(ナゴヤ)は、15日と16日がSFとの相互ネット、14日はSFの技術協力で自社制作(解説:金本、実況:近藤)。阪神側のベンチリポーターを務めた金山は、SFの中継にもリポーターとして出演した。
  • NRNラインで全国に中継された5月20日の阪神対巨人戦(甲子園)では、MBS制作の全国向け中継で初めて、市川が阪神側のベンチリポーターを担当した。
  • 増田がゲストとして出演した6月20日の阪神対ヤクルト戦(甲子園)は、巨人対中日戦の裏開催のため、代替中継カードとして中継をSFにもネット。増田は、関西以外の地域へのネット中継に初めて登場した。
  • 6月30日のヤクルト対阪神戦(神宮)中継では、阪神側のベンチリポーターとして待機していた森本が、急遽実況を担当した。当初実況を予定していた井上雅雄が大阪からの当日移動で利用していた東海道新幹線の上り車両が、別の下り区間の車両内で発生した東海道新幹線火災事件の影響で、本来のダイヤより大幅に遅延したことによる(森本と解説の安藤は前日に上京済み)。なお、試合開始の直前に同球場へ到着した井上は、中継内で阪神側のベンチリポーターを務めた。この関係で、翌日以降の2試合についても、当初の予定から実況とリポーターの担当を逆転させている(1日は井上、2日は森本が実況)。
  • 7月16日(木曜日)のナイトゲーム中継枠では、フレッシュオールスターゲームのNRNライン・全国向け中継の同時ネットを予定。MBSからは例年どおり、金山を実況・ベンチリポート要員として開催地の倉敷マスカットスタジアムに派遣していた。しかし、平成27年度台風第11号接近の影響で、試合は翌17日の予備日に順延(当該枠では前述のNRNフィラー番組を同時ネットで放送)。さらに、予備日では当初からデーゲーム(13:00開始)に振り替えることが決まっていたため、編成上の事情などからラジオでの中継を見送った。結局、17日も台風の影響で試合を中止したため、この年はフレッシュオールスターゲームを初めて開催しなかった。
  • 8月25日(火曜日)は当初広島対阪神戦(マツダ)をMBSの自社制作で放送予定であったが、台風15号の接近に伴い中止となったため、ヤクルト対巨人戦(神宮)を中継することになった。しかし、制作局であるLFでは、自社向けの中継(解説:野村克也関根潤三)にてフジテレビの同試合中継(解説:江本孟紀、ゲスト解説:藤川球児[179]とのコラボ企画を実施[180]。この関係で、MBSに対しては、LFによる二重制作分(解説:前田幸長)がNRN全国中継の扱いで裏送りされたが、MBS以外にネット局がなかったため[181]、LF制作NRN全国中継ながら関西ローカルの体裁で放送された。なお、翌26・27日は自社制作を見送りRCCからのネット受けを実施した(阪神ベンチのリポーターはMBSが派遣)。
  • 9月3日(木曜日)の阪神対広島戦(甲子園)はNRN第1予備扱いながら、LFとの2局ネットとなった。LFは当初、NRN全国中継である中日対DeNA戦(ナゴヤドーム、SF制作)のネット受けを予定し、DeNA側のリポーターもLFから派遣していたが、両チームとも優勝争いに絡めていないことから、独自で放送予定を変更してMBSからのネット受けを行った。なお、NRN地方局へは当初の予定通りSFから中日対DeNA戦が配信された。
  • 9月16日(水曜日)は阪神・巨人ともに試合の予定がない(予備日程は設定されていたが行使されなかった)ため、本番組ではオリックス対ソフトバンク戦(京セラドーム)を中継し、当初はKBC・NBC(NBCラジオ佐賀含む)・RKKの北部九州3局へもネットする予定であったが、ソフトバンクがこの時点で優勝マジックを2としていたため、KBCは乗り込みの自社制作に差し替え、NBC・RKKもKBCからのネット受けに切り替えた。このため、MBS制作分は自社のみのローカル放送となった。なお、前日15日(火曜日)も同カードをKBCへ裏送り予定(MBS自社は阪神対中日戦を中継)であったが、同様の理由でKBCは自社制作となり、MBS制作分はセ・リーグ全試合中止時の予備待機扱いとなり放送されなかった。

2016年度[編集]

  • 6月11日(土曜日)のソフトバンク対巨人戦ナイトゲーム(福岡ヤフオク!ドーム)は、翌週のスペシャルウィークに関連して自社乗り込み放送を実施(解説:八木裕、実況:赤木誠、両軍リポート:森本栄浩)[182]
  • 「MBSラジオ スペシャルウィーク」と重なった6月17日(金曜日)からの阪神対ソフトバンク3連戦(甲子園)のうち、同日および18日開催分については、「スペシャルウィーク」の企画と連動した自社向け中継と在福局(17日はRKB、18日はKBC)向け中継の二重制作体制で対応した[183]
    • 6月17日(金曜日)
      • MBS自社向け分=解説:金村義明、実況:金山泉、ゲスト:桂吉弥、リポーター:井上雅雄
      • RKB裏送り分(JRN予備音源)=解説:太田幸司、実況:赤木誠、リポーター:馬野雅行
    • 6月18日(土曜日)
      • MBS自社向け分=解説:金村義明、実況:井上雅雄
      • KBC裏送り分=解説:八木裕、実況:馬野雅行
  • 7月1日(金曜日)・2日(土曜日)の中日対阪神戦(ナゴヤドーム)では、在名局制作分(1日はCBC、2日はSF)の中継を相互ネット形式で放送した関係で、MBSから当番組スタジオアシスタントの市川いずみを阪神側のベンチリポーターとして派遣した。2015年から関西圏の阪神ホームゲームの一部でベンチリポートも担当する市川が、阪神ビジターゲーム中継のリポーターとして関西圏以外の球場へ派遣されたのは、このカードが初めて。また、本来は当該曜日の中継で市川が担当するスタジオアシスタントを、他曜日担当の豊永真琴が特別に務めた。
  • 7月12日(火曜日)・13日(水曜日)のヤクルト対阪神(12日:長野・13日:神宮)については、LF制作の裏送り中継を放送[184]。12日は解説を野村弘樹、実況を同局アナウンサーの煙山光紀が務めた[185]。13日は解説を金村、実況をLFの山田透が担当[186]。MBSからは両日とも、井上雅雄を阪神のベンチリポーターとして派遣した。ちなみに13日には、LFでも、『ショウアップナイターハイライト』で上記の裏送り中継の終盤を同時ネット形式で放送。結果として、金村による解説がLFで初めて流れた。
  • 増田がゲストとして出演した7月26日(火曜日)の阪神対ヤクルト戦(甲子園)は、同日開催の巨人対広島戦(長良川球場)が雨天中止となったため、NRN全国中継への昇格扱いでLFにもネット。LF以外にネット局はなかったものの、増田は全国向けの中継に初めて登場した。
  • 阪神の夏季長期ロード期間中(8月2日 - 24日)のビジターカードのうち、2日(火曜日)からの対DeNA3連戦(横浜)については、3試合ともLF制作の裏送り中継で編成した。2日は解説:大矢明彦・実況:清水久嗣、3日は解説:金村、実況:松本秀夫、4日は解説:里崎、実況:胡口和雄のコンビで放送。実況担当はいずれもLFのアナウンサーだったが、MBSからは3試合とも、金山をベンチリポーターとして派遣した。8月9日からの対広島3連戦(マツダ)については、9日が自社制作(解説:八木、実況:仙田、リポーター:井上[187])、10日と11日はRCCとの相互ネットで放送した[188][189]。19日(金曜日)からの対巨人3連戦(東京ドーム)については、19日のナイトゲームのみTBS制作分の中継を同時ネットで放送[190]。それ以外の試合の中継については、MBSの自社制作で対応した。
  • 9月20日(火曜日)には、自社制作による中継を予定していた阪神対巨人戦(甲子園)と、中継の予備第1カードに設定していた千葉ロッテ対東北楽天戦(QVCマリンフィールド)がいずれも中止。当番組では、当日唯一開催されたオリックス対埼玉西武戦(京セラドーム大阪)の自社制作中継(実況:馬野、解説:安藤)を、予備第2カードからNRN全国ネットの本番カードに昇格させた。オリックス対西武戦については、阪神の公式戦が最初から組まれていなかった翌21日(水曜日)にも京セラドームで催されたが、当番組ではソフトバンクと北海道日本ハムの直接対決によるパ・リーグ首位攻防戦(福岡ヤフオク!ドーム)の中継を優先。KBC制作分の中継(実況:田上和延、解説:藤原満)を、STV・MBCRKKとの同時ネット[191]で放送した。

2017年度[編集]

  • 3月2日(金曜日)にWBC日本代表の強化試合として京セラドームで開かれた対阪神戦を、関西ローカル向けにラジオ独占中継。実況:仙田、解説:藪、ゲスト解説:谷繁、ベンチリポート:金山(阪神側)・森本尚太(日本代表側)という体制で、19:00から試合途中の21:00まで放送した(延長オプションなし)。2017年からLFの野球解説者・日刊スポーツの野球評論家としての活動を開始した谷繁は、この放送によって、プロ野球中継への本格的な解説者デビューを果たした。
  • 3月31日(金曜日)からの広島対阪神開幕3連戦(マツダ)については、同日開催のナイトゲームをECC、4月1日(土曜日)開催のデーゲームを幸南食糧の1社提供形式で関西ローカル向けに中継。いずれもMBSの自社制作による本番カードであることから、放送上は『(スポンサー名)presents with Tigers MBSベースボールパーク』というタイトルを冠していた。
    • MBSでは、3月31日の12:25から第89回選抜高等学校野球大会決勝・履正社対大阪桐蔭戦(いずれもサービスエリアである大阪府内の私立高校)の実況中継(甲子園)を試合終了まで予定していた。しかし、試合が予定されていた時間帯で天候不良が予想されたことを理由に、決勝の開催を翌4月1日に順延。3月31日には、決勝戦が予定されていた時間帯の番組編成を通常編成へ戻したうえで、『ECC presents with Tigers MBSベースボールパーク』として広島対阪神の開幕戦のみ中継した(実況:井上雅雄、解説:金村)。
    • 4月1日には、前述の理由で順延した選抜高校野球の決勝戦を、試合開始(12:30)直前の12:25から閉会式途中の15:12まで生中継(実況:森本栄浩、解説:渡辺元智)。14:00開始の広島対阪神戦については、『幸南食糧presents with Tigers MBSベースボールパーク』として、2回裏の途中(15:13)から試合終了まで中継した(実況:仙田、解説:八木)[192]。この試合が9回裏終了までに両チーム合計で26与四球[193]を記録するほどの乱戦で、延長10回までもつれ込んだため、当番組では試合終了直後の19:39まで中継を継続(試合は広島が9 - 8でサヨナラ勝利)。本来は17:43から順次放送する予定だった後続番組については、スポンサー付きのレギュラー番組[194]や『キングコング西野のおとぎ町レディオパート2』(いずれも事前収録番組)のスライド放送[195]を優先させたため、当日13:45から17:43まで、当番組をコーナーとして挟みながら放送する予定だった『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト・前夜祭[196]』と18時台に予定していた『みんなでホームイン!』土曜日・2016年度ナイターオフ版最終回の生放送を急遽取り止めた。
  • 4月21日(金曜日)の巨人対阪神戦(東京ドーム)は、本来ならJRNネット日(同試合の阪神側リポーターを務めた金山はTBS-JRN中継兼任)だが、RFも自社制作で中継(GBS、CRKにネット)していた関係から、速報チャイムはNRN仕様だった(技術協力をTBSとLFのどちらが担当したかは不明)[197]
  • 4月29日(昭和の日・土曜日)は阪神対中日戦(甲子園)のデーゲームを中継し、SFにも同時ネットした後、ナイトゲームは、当初LF制作のヤクルト対巨人戦(神宮)をネット予定だったが、オリックスの好調を受けてオリックス対ソフトバンク戦(京セラ)を予備カード(RKB向け裏送り)から昇格させた(実況:森本栄浩、解説:太田幸司、リポート:近藤(オリックス側)、馬野(ソフトバンク側))[198]。速報チャイムは、デーゲームは通常NRN系列局とのネットを中心とし、かつSFにも同時ネットしていることもありNRN仕様だったが、ナイターは元々がRKB向け裏送りのみであるのと、RKBがMBSと同様にJRNに加盟している都合もあり、JRN仕様だった[199]
  • 4月30日(日曜日)の阪神対中日戦(甲子園)では、SF向けの裏送り形式で中継を制作。解説を亀山、実況を井上雅雄が務める一方で、リポート要員として同局から大澤広樹を派遣した。
  • 6月4日(日曜日)の阪神対日本ハム戦(甲子園)では、STV向けの裏送り形式で中継を制作。解説を太田、実況を馬野、リポートを森本尚太[200]が担当した。
  • 6月第3週の「MBSラジオ スペシャルウィーク」および、第2週の「プレウィーク」では、以下のように異例の中継体制を組んでいた。
    • 「プレウィーク」中の6月6日(火曜日)・7日(水曜日):オリックス対阪神ナイトゲーム(京セラドームで18:00開始)
      • 6日の第1戦中継(実況:近藤、解説:薮)では、「スペシャルサポーター」の増田が、この年の公式戦中継に初登場。7日の第2戦中継(実況:仙田、解説:金村)では、ますだおかだにおける増田の相方・岡田圭右(阪急→オリックスの大ファン)が、ゲストで当番組に初めて出演した。
        • 7日の中継では、オリックスの攻撃イニング開始前・得点イニング終了後に岡田、阪神の得点イニング終了後に増田によるコール音源を放送したり、岡田に向けた増田からのメッセージ音源をイニング開始前に随時流したりするなどの演出を施した。なお、岡田は8日(木曜日)の午前中に『PON!』(日本テレビが東京・汐留の日本テレビタワーから生放送の情報番組、MBSのサービスエリアでは未放送)のMCを務める関係で帰京を迫られたため、20:30頃(8回表終了)まで中継に出演。8回裏以降[201]は、仙田・金村コンビで中継を進行した。
    • 「スペシャルウィーク」中の土曜日(6月10日・6月17日)には、阪神戦がデーゲームであったことから、「南から北まで野球三昧」と称して昼夜二元生中継を実施。夜には、阪神・オリックスが関与しないナイトゲームの中継を、MBSの自社制作で放送した。
      • 6月10日
        • 13:55から関西ローカルで放送した「南の中継」(福岡ヤフオク!ドームで14:00開始のソフトバンク対阪神デーゲーム中継)では、MBSとKBCのスポーツアナウンサーによる「大阪vs福岡応援実況」を実施した[202]。この企画では、MBSの金山が阪神の攻撃イニング、KBC[203]三澤澄也がソフトバンクの攻撃イニングで実況を担当。中継全体の解説を務めた金村が、両者の実況における「勝敗」を試合終了後に判定したところ、三澤が勝利した[204](試合は5-1で阪神が勝利)。
        • 前述した「南の中継」が17:51で終了したことから、スポンサー付きのレギュラー番組をはさんで、札幌ドームの日本ハム対巨人ナイトゲーム(18:00開始)を試合途中(2回表開始)の18:11からMBSの自社制作で試合終了まで「北の中継」として放送。MBSから赤木を実況担当、森本栄浩をベンチリポーター、亀山を解説者として派遣する一方で、GAORA・HBCの解説者でもある建山をゲスト解説者に迎えた。当日は『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』の17時台を休止したため、ソフトバンク対阪神戦の試合終了直後には、札幌ドームとの二元生中継方式で日本ハム対巨人戦の直前情報を挿入している。
      • 6月17日
        • 阪神対東北楽天のデーゲーム(甲子園)を、13:55から関西ローカルで17:56まで中継した(実況:井上雅雄、解説:金村、ゲスト:桜井一枝、ベンチリポート:近藤亨)。6月10日と同じく、中継終了後は『るんるん土曜リクエスト』の17時台を休止したうえで、スポンサー付きのレギュラー番組を放送。18:14からは、当日唯一のNPBナイトゲームであった巨人対ロッテ戦(東京ドーム)を、LFからの同時ネットではなくMBSの自社制作で21:04まで中継した。この中継では、MBSから馬野を実況担当、当日の午前中に『せやねん!』へ出演していた藪を解説者として派遣。LF専属・ロッテOBの里崎智也とのダブル解説体制を取るとともに、阪神対東北楽天戦の試合終了直後には、東京ドームとの二元生中継方式で巨人対ロッテ戦の直前情報を挿入した。
  • 6月27日(火曜日)から29日(木曜日)までの中日対阪神3連戦(27日のみ浜松、28日以降はナゴヤドーム)では、SF制作の中継を相互ネット形式で放送するとともに、MBSから井上雅雄を阪神側のベンチリポーターとして派遣。27日については、この年の4月にLFからフリーアナウンサーへ転身した松本秀夫によるSF制作中継での実況[205](解説:山﨑武司)を、当番組で初めて放送した[206]
  • 7月7日(金曜日)にMBSの制作・JRNラインで全国に向けて放送された阪神対巨人ナイトゲーム(甲子園)では、実況を金山、解説を金村が担当。2016年からMBSラジオと契約している金村が、JRNラインの中継に初めて登場した。
  • 阪神の夏季長期ロード期間中(7月28日 - 8月29日)のビジターカードについては、MBSの自社制作で中継する8月1日(火曜日)からの対広島3連戦(マツダスタジアム)・8月11日(金曜日)からの対DeNA3連戦(横浜)・8月22日(火曜日)からの対ヤクルト3連戦のうち最初の2戦(神宮)を除いて、以下の中継体制で対応する。
    • 7月28日(金曜日)からの対中日3連戦(ナゴヤドーム):28日にCBC制作のナイトゲーム・29日にSF制作のデーゲーム中継を相互ネット形式で放送した一方で、MBSから近藤亨を阪神側のベンチリポーターとして派遣した。ちなみに29日には、18:00 - 21:00にMBSの自社制作・公開収録による特別番組『海フェスタ神戸 MBSラジオ笑かスノー夏まつり』(前述)を当初の予定どおり放送したため、他カードのナイトゲーム中継を休止。デーゲームとして開催の30日には、編成上の事情で中継を放送しない一方で、LF制作による広島対ヤクルト(マツダ)ナイトゲーム中継の相互ネットを実施した。
    • 8月8日(火曜日)からの対巨人3連戦(東京ドーム):3試合とも、LF制作によるNRNライン向け中継を同時ネット形式で放送。MBSからは、井上雅雄を阪神側のベンチリポーターとして派遣した。
    • 8月18日(金曜日)からの対中日3連戦(ナゴヤドーム):18日にCBC制作のナイトゲーム・19日にSF制作のデーゲーム中継[207]を相互ネット形式で放送。MBSからは、赤木を阪神側のベンチリポーターとして派遣した。デーゲームとして開催された20日には、LF制作による広島対ヤクルト(マツダ)ナイトゲーム中継の相互ネットのみ実施。
    • 8月22日(火曜日)からの対ヤクルト3連戦(神宮):22・23日はMBSの自社制作(LFも別途予備待機を実施)、24日はLFからのNRN本番扱い(LFでは第1予備)での裏送りで放送[208]。3試合とも、MBSの金山が阪神側の実況(22日)・ベンチリポーター(23・24日)を担当した。
    • 8月25日(金曜日)からの対巨人3連戦(東京ドーム):25日には、TBS制作のナイトゲーム中継を同時ネット形式で放送した。26日には、MBSの自社制作でナイトゲーム中継を実施。前述したヤクルト戦に続いて東京へ滞在した金山が、阪神側のベンチリポーター(25日)・実況(26日)を務めた。なお、デーゲームであった27日には、LF制作による広島対中日(マツダ)ナイトゲーム中継の相互ネットのみを実施した(TBS・LF制作の中継は首都圏の聴取率調査期間に対応した内容で放送)。
  • このほか、8月6日(日曜日)は当日阪神は京セラドームでのデーゲームにつき、LF制作によるDeNA対広島(横浜)のナイトゲーム中継のみ実施したが、LFでは板東英二がゲスト解説を務める(田尾安志とのダブル解説)ことになっており、MBSでも相互ネットされる案内がなされていた。しかし、契約の都合からか急遽MBS向けの二重制作(解説:若松勉)に変更された。

関連項目[編集]

  • 地方ラジオ局のナイター中継タイトル一覧
  • SAMURAI BASEBALL(MBSテレビのプロ野球中継、MBSローカルでの放送の場合「with Tigers MBSベースボールパーク」にタイトル差し替え)
  • ちちんぷいぷい(MBSテレビが平日午後に放送中の情報番組)
    • 当番組の中継でMBSのアナウンサーが実況した阪神戦の結果を「ぷいぷい with Tigers」(プロ野球シーズン限定コーナー)でアシスタントが伝える場合に、MBSラジオの周波数と当該アナウンサーの氏名を字幕で表しながら、実況のハイライト音源を映像に合わせて使用。上記の条件に該当しない阪神戦の結果を伝える場合にも、報道素材用の実況音源を流したり、MBSのスポーツアナウンサーがボイスオーバー形式でハイライト映像を実況したりすることがある。
前座番組・関連番組
  • ノムラでノムラだ♪ EXトラ!(前座コーナーや阪神情報などを、2009年度は通年、2010年度から2013年度までナイターシーズンのみ放送)
  • 上泉雄一のええなぁ!(放送枠を『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』の時間帯へ移行した2015年度から、ナイターシーズンの火 - 金曜日に前座コーナー「まだまだええなぁ もうすぐベースボールパーク」を放送)
  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day(2009年度 - 2015年度。プロ野球中継時を除いて通年で月曜日に放送)
  • 亀山つとむのスポーツマンデー!(2016年度 - 、亀山・市川・山田スタジアムがレギュラー出演)
  • withタイガース カワスポサタデー運動部!(『MBSベースボールパーク番外編 カワスポ野球部』の母体番組で、2013年度ナイターオフ期間の土曜日夕方に放送。『ダイナミック - 』時代に実況・リポーターを務めた河田がパーソナリティ、豊永がアシスタントを担当したほか、金本・今岡・藤本・藪が週替わりでレギュラー出演)
  • 桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト(2017年度 - 、プロ野球シーズンには阪神戦を中心にデーゲーム中継をフロート番組として随時内包)
ナイターオフ期間限定の関連番組
  • MBSとらぐみタイガースライブ!(2010年度・2011年度)
  • with…夜はラジオと決めてます(2012年度。豊永が火・木曜日のアシスタントを務めた)
  • 茶屋町プレミアムナイト(2013年・2014年度の生ワイド番組レーベル)
    • 週刊ますだスポーツ(2013年度は木曜枠・2014年度は水曜2部枠で放送、2013年の日本シリーズ実況中継ではコラボレーション企画を実施)
  • with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!(2015年度・2016年度の火 - 日曜日に放送)
    • 『上泉雄一のええなぁ!』では、前述の「まだまだええなぁ!もうすぐベースボールパーク」に代わる前座コーナーとして、「いっしょにええなぁ みんなでホームイン!」を組み込む。
    • 2015年度には、『週刊ますだスポーツ』2014年度版の出演者(増田・仙田・豊永・安藤)を火曜日、『番外編』2015年日曜版の出演者(近藤亨・太田・市川・かみじょう)を日曜日のレギュラーに起用したほか、井上雅雄・金山・亀山・遠山・藪・山田スタジアムも他の曜日に日替わりでレギュラーを務めていた。
    • 2016年度には、増田が出演しない一方で、土・日曜日の放送に週替わりレギュラー制度を採用。2017年度も当番組の中継で実況・リポートを担当するスポーツアナウンサーと、MBSラジオと契約している野球解説者が全員、定期的に出演できるようになった。
    • 2017年度には編成せず、当中継と同じタイトルのスポーツ情報番組『with Tigers MBSベースボールパーク』を土・日曜日に放送する。

脚注[編集]

  1. ^ ABCラジオでも、阪神タイガースの応援中継に特に力を入れるという同様の意味合いで1995年1996年度のプロ野球ナイトゲーム中継で『ABCタイガースナイター』というタイトルを使っていた。
  2. ^ 阪神戦(およびオールスターゲーム、フレッシュオールスターゲーム)中継時は「with Tigers」の冠がつく。ただしMBSラジオ公式ホームページ内およびradiko.jpの番組表では、阪神戦でなくとも「with Tigers」をつけており、ジングルのように使い分けをしていない(2017年よりradiko.jpで掲載されるようになった番組イメージイラストも、『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』を含め「with Tigers」仕様を流用)。
  3. ^ 裏送りも含めた中継の有無に関係なく、阪神主催試合には報道素材収録のためアナウンサーを配置(15時試合開始の場合は解説者も一緒に配置する場合あり)しており、ニッポン放送の『ショウアップナイター プレイボール』でその際の実況音源が使用されることがある。また、日曜日のナイター枠が『タイガースライブ番外編』になったり、中継予定試合の開始が18時より遅いため前座コーナーを行う場合には、その担当アナウンサーが電話でリポートを行うことがある(「阪神対中日」で東海ラジオのアナウンサーに実況を委ねた場合は、ベンチリポート担当のアナウンサーがこれを担当)。
  4. ^ 番組開始前の分は試合終了後録音ダイジェストで放送し、その場合でも『MBSタイガースナイタースペシャル』とクレジットされていた。
  5. ^ 基本放送時間は火 - 木 21:00-22:00。中継終了後に編成する、実質的なフィラー番組。豊永真琴(月 - 木曜日スタジオ担当)と山田スタジアムが出演
  6. ^ 上泉が休暇などで休演する場合には、山田スタジアムや、当日(裏送り分を含む)ナイトゲーム中継を担当しないスポーツアナウンサーが日替わりで代演。
  7. ^ 同時間帯の土曜定時番組枠が廃枠となったため(同枠は2016年1月9日より復活)。
  8. ^ カラオケバージョン。阪神甲子園球場で使われているものと同じ。[要出典]
  9. ^ 予備の最優先カードとして巨人戦の中継を組むことによる措置。ちなみに、関西地方では2010年以降、阪神・オリックスと対戦する場合以外の土・日曜の巨人戦ラジオ中継は阪神戦がナイターの場合聴取できないことが多い。『ABCフレッシュアップベースボール』は春季における阪神戦以外の週末のナイトゲーム中継、『ラジオ大阪ドラマティックナイター』は日曜日(2008年から全曜日)の中継から、『WBSゴールデンナイター』は2010年より週末のナイトゲーム中継から撤退したことによる。全国的に見ても日曜日の中継の定時放送を行っているAM局は、MBS・LF・RFラジオ日本・岐阜放送の4局のみ。
  10. ^ プロ野球の開幕直後のカードが該当。
  11. ^ 楽天球団が別途ニコニコ生放送で動画によるホームゲームの生中継を実施している関係で、radikoでの同時配信に合意していないため。これは在阪・在京各局も同様である。ただし、2011年シーズン中がradikoの試験運用期間にあたる中京広域圏や北海道、福岡の各局では当面radikoでの楽天主催試合の配信も行われる。
  12. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、52頁。 
  13. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、316-317頁。 
  14. ^ a b c d e f g h 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、317頁。 
  15. ^ 当時、毎日新聞社との資本関係があり、相互ネットが多かった。現在は読売新聞グループ本社日本テレビ放送網傘下
  16. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、318頁。 
  17. ^ a b MBSは阪神主催ゲームの予備カード待機にも制限がかけられたため、本来MBSと組む側のネットワークはビジター側地元局が乗り込んだり、場合によってはABCがJRN・NRN向けの二重制作を行うこともあった。特にMBSとネット機会を組むことが多いLFはこの状況に対応するため、自社で甲子園球場に中継設備を整備しており、現在もスペシャルウィークやポストシーズンマッチ等での乗り込み制作に活用している。
  18. ^ a b 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、474頁。 
  19. ^ a b 松井正『二軍史 もう一つのプロ野球』(2017年、啓文社書房)pp.248 - 249「ラジオ局までも動かしたアイドル選手」
  20. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、475頁。 
  21. ^ 東京放送(編集) 『TBS50年史』、2002年、573頁。 
  22. ^ 『MBSタイガースライブ』への改称後初の中継は、2011年2月26日放送の阪神対オリックスオープン戦(安芸市営球場、実況・金山泉、解説・平田勝男)
  23. ^ 実況を近藤亨、解説を掛布雅之、ベンチレポートを仙田和吉が担当。
  24. ^ 同日開局ながら、CBCがMBSより6時間早く本放送を開始したことから、放送上のタイトルでは「CBC」を先に入れていた。
  25. ^ MBS公式サイトからのダウンロード限定シングル曲として、2014年3月26日に音源の配信を開始。2015年度からは、『豊永真琴のベースボールパークEXトラ!』のオープニングテーマに使われている。
  26. ^ MBSラジオ2016秋改編”. 2016年9月27日閲覧。
  27. ^ 前座コーナーは一時、「プレイボール 太田幸司です」として放送。TBSで『ネットワークTODAY』が制作されるようになってからは、「『ほっと』インフォメーション」を企画ネット形式で内包(本編をMBSで独自に制作)。プロ野球シーズン中には、プロ野球のデーゲーム速報やナイトゲームの先発投手を伝えていた。また、日本人メジャーリーガーが活躍を始めた時期には、LF制作の『独占!メジャーリーグTODAY』も企画ネット形式で内包していた。
  28. ^ 『ダイナミック - 』時代は『太田幸司のスポーツナウ』、『 - ナイター』移行後は『太田幸司の熱血!!タイガーススタジアム』として放送。
  29. ^ 初期は「ミスター・トラ(唐渡吉則)のトラ!トラ!トラ!タイガース」、2000年から「ミスター・トラ 唐渡吉則のとことん!!タイガース」として放送。ナイターオフ期間中には、『太田幸司のスポーツナウ』→『太田幸司の熱血!!タイガーススタジアム』に内包された。
  30. ^ ただし、MBSでは現在でも、野球以外の分野で複数の番組に出演。中継や『ノムラでノムラだ♪ EXトラ』での前座コーナーでは、唐渡の声によるCMも流れている。
  31. ^ 一例として、1984年6月11日は自社制作の「近鉄 vs 南海」(解説:杉浦忠、実況:結城哲郎)を本番カード(JRN第1予備)として、JRN本番の「日本ハム vs 西武」(TBS。解説:田宮謙次郎、実況:石川顯)を第1予備、雨傘として『プロ野球東西南北』(TBS)が編成していた(出典:産経新聞・岡山版、1984年6月10日、テレビ・ラジオ欄。休刊日のため11日の番組表も掲載)。
  32. ^ 土・日曜の中継については、実況・解説者や制作をLFに委託する場合がある(1993年までは茨城放送IBSショーアップナイター』とも相互ネットしていた試合があった)。当然ながら、その場合の速報チャイムはNRN仕様である。また、「ニッポン放送ショウアップナイター」の中継カードのネットを受けることもある。なお、2010年5月29日のオリックス対ヤクルト戦では、放送中に「『MBSタイガースナイター』『ニッポン放送ショウアップナイター』」と両局のタイトルをアナウンスしていた。
  33. ^ 現に1980年代には、阪急・近鉄主催ゲームの中継では平和台球場での開催時はRKBまたはKBCから(年度によっては福岡開催の阪神主催ゲームでもABC・MBSともに在福岡局への制作委託となった)、ナゴヤ球場での開催時はCBCまたはSFからの裏送りで対応していた。ただ、いずれの場合にも、MBSからアナウンサーを必ずリポーターとして派遣。解説者も一緒に派遣することがあった。
  34. ^ 2010年7月17日・18日のヤクルト対阪神戦および8月3日-5日の巨人対阪神3連戦をLFから(後者はNRN全国中継)、8月6日の中日対阪神戦をCBCから、翌7日の同カードをSF(土曜デーゲームのため)からそれぞれネット受け。7月17日・18日の試合についてはMBSがビーチバレー日本ツアーの中継を製作したため、そちらの要員確保も理由として挙げられている。また、2010年から「GAORAプロ野球中継」の日本ハム主催試合をMBSアナウンサーが実況するようになったことも影響している。2011年も7月5日-7日の中日対阪神戦をSFから、7月15-17日の横浜対阪神戦は15日の中継をTBSから(JRN全国中継)、16・17日の中継をLFからネット受けした。ただし、いずれの事例でも現地局も放送している。
  35. ^ 当時RFの定時ニュースは、夕方の「京浜ニュース」を神奈川新聞から提供していた以外は原則として「毎日新聞ニュース」として配給を受けていた
  36. ^ ラジオ日本とTBSラジオが巨人戦中継で制作協力 ラジオ日本の巨人戦中継、80試合以上へ大幅増加(RFラジオ日本2016年1月28日付プレスリリース)
  37. ^ エキサイトベースボール TBSラジオとラジオ日本がナイター中継で制作協力 TBSラジオ「エキサイトベースボール」の 巨人戦中継数が大幅に増加”. 2016年1月27日閲覧。
  38. ^ この場合、受信地区によるがKBS京都和歌山放送山陰放送山陽放送西日本放送四国放送福井放送など周辺府県の放送局が中継する時は聴取可能。
  39. ^ 南海時代は大阪球場が本拠地だった。
  40. ^ 2015年は楽天が相手だったため、MBS(裏送り)-KBC-TBCのラインで放送。MBSを初めとした多くのNRNナイターネット各局はこの日もう1試合だけ行われた甲子園の阪神対中日の早終了・中止時の予備待機対応だった。2016年は当該日の阪神が移動日(16・17日に京セラドームで広島戦を行った後で、18日が移動日)で試合がないが、ナゴヤドームの「中日対巨人」戦を本番としているため、それの早終了用の予備待機になっている。ABCラジオについても曜日の関係で2014年はKBC自社乗り込み放送の技術協力、2015年はRKB向け裏送り・およびJRNナイターネット局向けの予備待機、2016年度はRKB自社乗り込みの技術協力とJRNナイター予備待機となっている
  41. ^ 特に2010年以降の火曜日、2014年以降の金曜日の放送で阪神戦が全国放送カードとなった一方で、LF(火曜日)、TBS(金曜日)が関東ローカルの乗り込み制作をした場合、全国放送扱いでありながら結果的にMBSローカルの放送となるケースも出ることがありえることも要因として挙げられる。このような事例は2013年4月9日(火)の阪神対巨人戦にて初めて発生し、その日は関西ローカルの体裁で放送した(LFは自社制作、他のNRNマストバイ局は地元球団の試合もしくはナイター枠なし)。もっとも、日曜デーゲームはMBSでの中継がないため、裏送りのみの制作となり、この場合は実況アナウンサーのみSFから派遣される場合がある。
  42. ^ それ以前はラジオ大阪からの裏送りを基本としていた。
  43. ^ それ以前は自社スタッフの乗り込みで対応していた。
  44. ^ それ以前は中継そのものを行わなかった。
  45. ^ SFはLFまたはQRでの中継のない、あるいは中継していても関東ローカル扱い(主に週末デーゲーム)の巨人対中日戦の中継を見合わせているため、その代替として放送する。これは、同地区のCBCがヤクルト主催試合を放送できないことを考慮したもの。
  46. ^ 2010年以降のオールスターゲームの土・日開催分では、ABCはデーゲームも含めてNRN向けとしている。そのため、関西で開催される場合のJRN向けの制作担当はTBSとする(ただし、自社では放送しない)。そのため関西地区では、オールスターゲームにおいて、土・日にJRN向けを優先するTBC・RCCの自社向け放送分を含め、JRN系列局制作の中継を聴くことができなくなった(CBCが聴取できる地域はそちらで補完可能。また、2011年の宮城での第3戦に限り、「radiko復興プロジェクト」を通じてTBC制作のJRN向け中継が配信されたため、そちらで補完できた)。
  47. ^ フレッシュオールスターゲームの翌日(7月14日・金曜日)には、オールスターゲームの第1戦が(静岡からの帰阪途中に位置する)ナゴヤドームで開催されたことから、市川は第1戦の取材(前日同様『まだまだええなぁ!』で電話リポート)を経て帰阪。MBSではCBC制作・JRNライン向け中継の同時ネットを実施したため、市川に代わって豊永真琴がスタジオアシスタントを務めた。
  48. ^ RCCは1976年から水曜ナイターのネットをJRNからNRNに変更したが、阪神主催ゲームのABC優先契約の影響で、1980年までは月曜(JRN)・水 - 木曜(NRN)の阪神対広島戦についてはABCが二重制作した裏送り分を放送した。優先契約が終了した1981年から同カードは月曜をNRN、水 - 木曜はJRNにネットを切り替える形でABCから本番カードを受ける形となった。
  49. ^ ちなみに、RCCがJRN担当日にヤクルト対広島戦を放送する場合には、ナイターオフの消化試合を除き月・火曜(土・日曜デーゲームや屋内球場試合の裏開催でQRが裏送り体制を取れない際のナイターを含む)=LF、土・日曜=QRという原則を堅持。自社制作時の技術協力先も、この原則に従っている。
  50. ^ MBSは自局向けの放送予定を組んでいたが、内容が阪神びいきのため、HBCが裏送りを希望したという事情もあった。ちなみに、当日のHBC向け中継で使われた速報チャイムはJRN仕様だった。
  51. ^ 同カードは当日のJRN全国中継カードに当たったため、CBCはMBSとの2局ネット以外に、JRN各局向けの裏送り分も制作。そのため、MBS以外のJRN加盟局には、「CBC・MBS開局60周年記念合同実況」とは別の内容で中継された。
  52. ^ 8月30日・31日の同カードでは、SFとの相互ネットで放送
  53. ^ 在京局のTBS・LFなど
  54. ^ 特にシーズン序盤および終盤は、日中に東京六大学野球リーグ戦を開催のため週末でもナイターとなる神宮球場のヤクルト戦が中継カードとなる場合が多い。
  55. ^ 1980年代にはABCが高校野球中継で要員不足となる8月上旬から中旬に、NRN独占カードのヤクルト/大洋対阪神戦に限り火 - 木曜LF-ABC-NRN、土・日曜LF-ABCラインの同時ネット(いずれも予備カードはJRNナイターを編成)に組み替えて、MBSがLF技術協力による乗り込み自社制作とした例があった。
  56. ^ MBSの技術協力でNRN全国中継分をQRが制作する場合があり、LFも同様にMBSの技術協力で独自に制作する場合があるため、関西ローカル向けを含め三重制作もあった。
  57. ^ ただし、SFの電波を受信できる地域では、『東海ラジオガッツナイター』の聴取によって補完することが可能。2008年度には、土曜日のナイトゲームでも、KBS京都を通じてQR-NRNラインでの中継を聴けた。
  58. ^ QR制作の中継は、事実上MBSからの裏送り。QRから実況アナウンサー・解説者・巨人側のベンチリポーターを派遣したのに対して、MBSからはアナウンサー1名を阪神側のベンチリポーターとして出演させている。
  59. ^ 裏送り分の中継は、STV・茨城放送・QR・SFの4局で放送された。
  60. ^ MBS制作版とLF制作版では、それぞれ自社のスタッフで放送した。QR制作版では、巨人側のベンチリポーターを除いて、MBSからアナウンサー・解説者・技術スタッフを派遣。事実上、MBSからの裏送りで中継した。
  61. ^ MBS制作版とLF制作版では、それぞれ自社のスタッフで放送した。QR制作版では、実況アナウンサーと解説者を同局から派遣したのに対して、MBSからは阪神側のベンチリポーターと一部の技術スタッフを派遣。事実上、MBSからの裏送りで中継した。ちなみに、両日とも在京ラジオ局の聴取率調査週間に当たっていた。
  62. ^ ただし加盟局によっては、従来どおり中継するほか、関東で行われる試合についてはTBSからの裏送り送出を受ける形で放送する場合もある。
  63. ^ TBCが経費の都合で水・木曜オリックス主催ゲームの裏送り依頼を中断している上、MBSとLFを軸とした週末競馬中継のネットワークに参加していないため(TBCはラジオNIKKEIから競馬実況をネットする形で独自制作)、TBCとMBSとのラジオにおける一定の番組ネット関係を確保するために取られた可能性がある。ちなみにRCCは在阪球団主催広島戦中継=ABC(JRN/NRN)、競馬中継=MBS(NRN。土曜のCRKとの共同制作分を含む)のネット関係が確立されている。
  64. ^ サンデーモーニング』(TBSテレビ)の「週刊御意見番」では、原則としてMBSラジオの実況素材(LF-NRN分を含む)を使用しているが、稀にABCラジオ(JRN分)の実況素材が流れることがあった。
  65. ^ 試合開始が18:30だったため、それまでの前座コーナーとして、スタジオ担当の豊永に加え、土曜は河田直也桜井一枝(うきうき土曜リクエストからそのまま出演)が、日曜はストリークがゲストとして出演した。
  66. ^ 当初、宮城では23・24日はデーゲームの予定であったが、ほっともっと神戸では大学野球がデーゲームで組まれていたため、特例として18時半開始のナイターとした。
  67. ^ MBSが競馬中継を最優先するためであるが、元々日曜以外であってもMBSはオリックスのデーゲーム中継を原則行っていないため。
  68. ^ 翌11日に「巨人対ロッテ」を特別編成で中継するため、本来の月曜日の番組の一部を10日に振り替えたのも理由として挙げられる。
  69. ^ 当初はHBCもネット予定であったが、日本ハムがパ・リーグの優勝争いを演じていたことから、乗り込みの自社制作へ変更された。
  70. ^ 当日は、阪神が福岡・ヤフオクドームでのデーゲームでソフトバンクと対戦(MBSでは未放送)。ナイトゲームでは楽天対中日戦(クリネックススタジアム宮城)も予定されていたため、TBC-CBCの2局ネット分を予備に組み込むことも可能であったが、試合開始が17:00であったことなどから予備カードへの採用を見送った。
  71. ^ 19時台に報道特別番組「振り込め詐欺を根絶せよ〜警視庁10年目の戦い」を編成。
  72. ^ この日は17時開始の「薄暮(準デーゲーム)」として、ロッテ対西武が一旦は開始されていたが、2回裏2アウトの段階で降雨中断→そのまま打ち切り・ノーゲームとなった
  73. ^ 当初は佐々木誠が担当予定だったが、監督を務めるNTT西日本の試合日程の都合で急遽藤原に変更となった。
  74. ^ 7月6日はロッテ対日本ハムの1試合のみ(HBCはTBS制作の音源を放送)、8月10日はDeNA対ヤクルト、ロッテ対西武、楽天対オリックスの3試合で、いずれもMBSは裏送りを依頼するか乗り込まないと中継できない。なお、週末JRNナイター廃止以降、HBC・RKBが関東圏の試合でTBSからの裏送りを受けた際にMBSがネットワークに加わった例は2017年現在実例がない。
  75. ^ 8月10日は日曜開催かつ高校野球と重なっていたため、ラジオを含めた関西地区地上波での生放送がない状況にあったが、当日の高校野球が台風のため順延となったため、ABCテレビとABCラジオでの生放送が行われることになった。
  76. ^ そのため、それまでの数分間はMBSへ向けた裏送りになった。なお、このヤクルト対DeNA戦も試合が長時間に渡ったため中継終了は23時台に及び、甲子園のデーゲームを試合開始から中継したLFは、のべ9時間半連続で野球中継を行ったことになる。
  77. ^ 17時台に複数のスポンサー付き自社制作番組をレギュラーで編成
  78. ^ 8月7日(金曜日)開催分はTBSラジオ制作分、8日(土曜日)開催分はLF制作分を、18:00の試合開始から終了まで同時ネット。8日の中継には、LFでプロ野球実況の経験がある高嶋秀武がゲストで出演していたため、MBSのリスナー向けに高嶋の経歴を紹介する企画も放送していた。
  79. ^ 8月14日(金曜日)・15日(土曜日)開催分のナイトゲームでは、MBSの自社制作・LFの技術協力による中継を、18:00の試合開始から終了まで放送。
  80. ^ 本番はTBC-STV-NRNライン(QR放送なし、関西地区はABCの予備カードとして編成)を使用。通常TBCの自社本番はHBC-JRNラインを充てるところだが、HBCは乗り込み自社制作で対応したため、STV-NRNラインを自社本番に、裏送り分をLF-MBS予備に充てた。
  81. ^ なおこの前日・27日放送のレポーターはRF・TBS-JRN向けとMBS向けとも同アナウンサーの近藤亨が兼務した。
  82. ^ ABCは週末ナイターはNRN<QR幹事>扱いとするため、QR-NRN向けナイターに阪神ベンチ担当としてABCのアナウンサーを派遣したが、ABCも別途自社乗り込みを行い、技術協力は放送ブースや技術要員の都合でTBSが担当した(東京ケーブルネットワークのブースを使用し、速報チャイムもJRNの物を使用)。しかし、リポーターはQR-NRN向けと兼務したため、ABCと在京局の関係にねじれが生じた。
  83. ^ 現地系列局のHBCテレビでも、別途自社の実況で中継した(主音声=解説:金村暁・実況:川畑恒一、副音声=解説:大宮龍男・実況:水野善公、ベンチリポート:卓田和広)。
  84. ^ 主音声では、赤木が実況、安藤・今岡が解説を担当。
  85. ^ 主音声では、馬野が実況、遠山・今岡が解説を担当。
  86. ^ 当日のMBSラジオ自社向けでゲスト解説を務める山崎武司が、競合局である東海ラジオの解説者であることも理由に上げられる。
  87. ^ テレビ中継では、『ちちんぷいぷい』月 - 木曜総合司会の山本浩之関西テレビ出身のフリーアナウンサー)がゲストで出演。
  88. ^ スタジオからは、スポーツ担当ではないパートナーアナウンサーの亀井希生と、「かめ友」(レギュラーコメンテーター陣)の1人で阪神ファンの金子達仁(スポーツライター)が出演。
  89. ^ 沖縄県の公式戦は、同地区の琉球放送の主催で行われているため。
  90. ^ a b c d 野球中継が組まれた場合でも、スポンサード番組についてはスポンサー契約上の関係で野球終了後必ず放送する。また雨天中止の場合はナイター休止となるため通常と同じ時間で放送
  91. ^ 4月21日以降は、火曜〜金曜に『やきぐりバンバン』を編成した関係で、『MBSうたぐみ』の放送時間が午前0時半までに縮小。
  92. ^ 政府広報番組という性質上、必ず放送する。
  93. ^ 甲子園球場で阪神対オリックスのナイトゲーム(2016年セ・パ交流戦最終試合)を予備日扱いで実施した2016年6月20日が該当。
  94. ^ 火〜木曜の『プロ野球ネットワーク』と同じ内容・趣旨。
  95. ^ 早終了の場合の予備第1位「広島対ヤクルト」、第2位「ロッテ対西武」=これだけ17時開始の薄暮デーゲーム
  96. ^ プレスリリース
  97. ^ えぇなぁすこ〜し愛して感謝祭」の一部、「サンデーライブ ゴエでSHOW!スペシャル」の一部が当日生放送だった
  98. ^ この音源は、12球団の本拠地だけでなく、地方球場分も用意されている
  99. ^ 速報音には、ABCとともにNRNライン向けチャイムを使用。
  100. ^ 『夜ラジ』木曜日や『週刊ますだスポーツ』で増田と共演
  101. ^ 阪神が甲子園球場でクライマックスシリーズを初めて開催できるシーズン2位の可能性が、最終戦まで残っていたなどの事情による(最終戦終了後に阪神の2位が確定)。
  102. ^ 本来は月曜と金曜はJRNの、土曜と日曜はLF-MBSライン(と一部JRN系列局制作)の試合を放送するところだが、シーズンオフ編成であるためNRN系列局の試合中継を受ける(ただし、自社制作の試合ではネット局がない限り、シーズン中の本来の曜日に合わせた速報チャイムを鳴らした。また、土・日曜の関東地区開催ゲームの制作局がLFかQRかは不明。
  103. ^ 平日には雨傘番組に『MBSタイガースライブ番外編』を設定していたが、日程が順調に消化されたため放送されなかった。
  104. ^ どちらも中日戦であるが、本来MBSとネットを組むSFは編成上の都合によりネットを見送り、CBCの方も局の方針により中継しないため、MBSのみローカル放送を実施する。10月6日(金曜日)に予定されていた最終戦については、雨天中止によって10日(火曜日)の予備日に組み込まれたが、MBSでは前述した方針に沿って中継した。
  105. ^ 当日は火曜日であり、通常TBCはABCとのネット関係となるが、ナイターオフ編成かつABCが阪神戦の予備カードを設定しなかったため、TBCの自社分がMBSの予備カードとして組み込まれた。このためTBCはMBSに合わせてNRNの速報チャイムを使用した。
  106. ^ 本来、金曜にあたる10月19日はJRNラインのためTBSからのネット受けになるところだが、この日も含めて全試合がLF制作のネット受けとなった。MBSではその場合に、アナウンサー・解説者が東京ドームへ乗り込んだうえで、自社制作で放送する予定だった。
  107. ^ 本来日曜日は競馬を優先するが、10月17日は阪神戦の中継を優先し、競馬の秋華賞は野球中継を一時中断しての生放送をした。なお競馬の中継をネットする各局に向けては15時以後裏送りで放送を行った。
  108. ^ なお、阪神がファイナルステージへ進出していた場合はSFの協力での自主放送となる予定だった。
  109. ^ LFは、ABCに向けた裏送り中継の制作も別途行った。
  110. ^ ファイナルステージの第1・2・3・6戦はレギュラーシーズンの曜日割り当てに合わせたネット受けである。土日開催の第4・5戦は本来ならLF-MBSラインの曜日であるが、2010年以降はナイターに限り、阪神ビジター試合ではCBCがMBSに対して技術協力を行い、逆に阪神主催試合は既述の通りCBCがMBSとの相互ネットで中継している。
  111. ^ 10月14日のファーストステージ第2戦は日曜開催のデーゲームとなったため、MBSでは競馬中継優先となり、放送されなかった。
  112. ^ 中日はシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸したが、SFは例年通りクライマックス・セの中継を実施する。
  113. ^ MBSは阪神の進出可否にかかわらず、このような放送形態と採ることになっており、第4戦以降も自社制作する予定であった。
  114. ^ 本来は18時からの1時間枠の予定だったが、野球が延長し、17時から放送する予定だった番組を20分延期して放送したため、その分を短縮する形での生放送にした
  115. ^ 例年関西開催分をMBSからネット受けしていたSFは、LFからのネット受けで放送した。
  116. ^ 第3・6戦で、LFの自社放送分の中継をABCが同時ネットで放送することによる措置。ABCでは、第1・2戦はLFからの裏送り、土曜日(10月17日)開催の第4戦を自社制作で放送した。また、日曜日(18日)に第5戦を開催した場合にも、自社制作による中継を予定していた。阪神が進出していなかったにもかかわらず、ABCが第4・第5戦に自社制作での中継体制を講じたのは、土・日曜日のNRNナイトゲーム中継幹事局のQRが曜日を問わずセ・リーグのクライマックスシリーズを一切中継しない方針を取っていることによる。
  117. ^ MBSが競馬中継を優先した関係で放送できなかった10月9日(日曜日)の第2戦中継(LF制作分)では、SFがLFとの相互ネットで放送。10日については、MBSが休日開催分の競馬中継『GOGO競馬ホリデー!』の放送をラジオ関西に振り替えたうえで、LFとの相互ネットで放送した。
  118. ^ 地元系列局のRCCも自社制作を実施するが広島県域ローカル放送となる。なお、TBSもナイター試合に限り、LF同様自社での乗り込みを実施する(予備は第1-3戦はHBC制作、第6戦は自社派遣で日本ハム戦を編成)。
  119. ^ 第4戦で決着しなかった場合、16日の第5戦は日曜デーゲームのため、MBSでは競馬中継を優先するため中継せず(こちらもLF制作分がとSFとの2局ネットとなる)、17日の第6戦のナイターはLFからネット受けする予定であった。
  120. ^ LFはSTV制作分をセ・リーグの早終了時用カードとして編成している。
  121. ^ 当初は10月22日(日曜日)に第3戦が組まれていたため、同日のみ通常編成で対応する予定だった。しかし、平成29年台風第21号接近による天候不良で順延されたため、結果として24日(火曜日)の第5戦まで全試合の中継を実現できた。逆にABCでは、ファイナルステージの中継を一切放送せず、ナイターオフ期間の通常編成を優先した。
  122. ^ ABCでも、MBSと同じ体制での全試合完全中継を予定していた。
  123. ^ RKBもしくはKBCのネット受けでないのは、首都圏がスペシャルウィーク期間のため。
  124. ^ 2015年まで長らくNRNの中継を担当していたQRが『ライオンズナイター』での関係を優先して、関西の試合がある場合にABCと、それ以外の地域でNRN各局と提携(裏送り制作含む)して中継していることに配慮した措置。
  125. ^ 第1戦当日は阪神のデーゲームと開催時間が重複したため阪神戦を中継。第2戦は日曜のデーゲームとなったため通常通り競馬中継を放送した。
  126. ^ ABCはQR・STV(NRN)向けの裏送りを行った。
  127. ^ TBSも乗り込み自社制作を実施し、RCCは広島県ローカルとなったが、速報チャイムはNRNのものを使用し、QRの報道素材としても扱われた。
  128. ^ 制作局のLFや、ネット局のSFでも同じ措置でリレー中継。
  129. ^ ラジオ部門が分社しているTBSラジオ、CBCラジオ、STVラジオ(アナウンサーは、TBSとCBCはテレビ子会社、STVは本体に所属)については「ラジオ」という呼称を割愛。
  130. ^ 2012年7月19日にNRNラインでネット受けを実施したフレッシュオールスターゲーム中継(LF制作、HARD OFF ECOスタジアム新潟、地元・新潟県出身の金山がMBS代表として7回表から試合終了までの実況を担当)では、阪神の中谷将大がウエスタンリーグ選抜の3番打者として4回表に先制打を放ったところ、そのイニング終了後に当該シーンの実況再生音源とともに「ナイスバッティング!中谷」というジングルが流れた。2013年7月18日の同ゲーム中継(LF制作、秋田こまちスタジアム)でも、阪神の西田直斗(いずれも出場時点では一軍公式戦不出場)がウエスタンリーグ選抜で6回裏に適時打を放った直後に、「ナイスバッティング!西田」というジングルを放送している。
  131. ^ ただし、かつてはナイターオフ期間のみ、18時以降にも交通情報を放送した局が実在した。
  132. ^ スポンサーは阪神鳴尾浜球場(阪神のファーム本拠地)近くにある温浴施設の「天然温泉熊野の郷」。コーナーから中継へ復帰する間に八木裕(元阪神内野手・外野手、当時はMBSの野球解説者)出演のCMを放送していたが、八木の阪神2軍コーチ就任を機に2008年限りで降板。2009年の中継では、ノンスポンサーでコーナーを継続した。
  133. ^ 「ニッポン放送ショウアップナイター」でも、MBSからネット受けの時にはキャッチフレーズ付きで解説者を紹介することがある(CM明けのジングルなど)。
  134. ^ 『ちちんぷいぷい』へ野球以外の企画を含めて出演する際に用いられる愛称で、阪神の現役選手時代から「親方」さながらに後輩への面倒見が良いことに由来。
  135. ^ a b 『週刊ますだスポーツ』の2013年度最終回(2014年3月27日放送分)で、リスナーから募集したキャッチフレーズ案を基に決定。しかし番組公式ホームページの解説者一覧には記載されていない(2016年シーズン途中に、実況・アシスタント一覧は、定年の美藤とプロ野球中継から撤退の松本を削除し森本尚太を追加したが、解説者一覧は更新されず)。
  136. ^ a b MBSテレビのプロ野球中継・関連番組にも「MBSラジオ野球解説者」という肩書で登場することがある。
  137. ^ 2014年度のフルバージョン放送では、安藤と一枝が、「昭和野球アーカイブス」(事前収録によるインタビューコーナー)の証言ゲストとして交互に出演していた。2015年度の「レジェンドインタビュー」では、中継の延長対応などとの兼ね合いで、同じ解説者へのインタビュー音源を数回に分けて放送することがある。
  138. ^ 2011年から2014年までは、当時関西に住んでいた佐々木誠(2015年からソフトバンク三軍打撃コーチ)が、NTT西日本硬式野球部打撃コーチ(のちに監督)との兼務扱いで主に解説していた。2015年度は9月の自社制作分に限り前田幸長が担当したが、MBS制作分への解説者派遣はなかった。
  139. ^ 土・日のデーゲームや阪神戦ナイターが屋内球場開催で、予備カードからの繰上げ中継の可能性が低い場合に限定されるが、万一の繰上げに備えMBS解説者とのダブル解説となる場合もある。
  140. ^ ホームゲームを担当する場合も、ラジオ日本との兼務であることから、MBSがJRN扱いとなる月曜と金曜のみとなる見込み。
  141. ^ MBSタイガースライブ 2011年度担当アナウンサー
  142. ^ その関係で、HBC向けの「オリックス×日本ハム」の裏送りをMBSが担当する場合、赤木が実況することが多い。
  143. ^ 毎日放送でプロ野球実況を始めてから25年以上(2017年度で入社37年目)になるため、『 - ナイター』後期の中継では、「猛虎の熱闘をお伝えして四半世紀」といったフレーズを自己紹介代わりに使うことがあった。
  144. ^ 2012年のオープン戦中継から使用。2011年のキャッチフレーズは「トラに密着24時」。『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』でパーソナリティを務める2017年以降の土曜日には、同番組への出演を優先する。
  145. ^ 2006年4月から2009年3月までは、月-水曜日に『VOICE』のメインキャスターを担当していたため、週の後半(特に金曜)の中継に出演していた。
  146. ^ MBSラジオが競馬中継を編成する日曜日の午後に、阪神が関西圏の球場でデーゲームを主催する場合には、裏送り中継やニュース・音声素材の収録を目的に実況を担当することが多い。試合が17:59以降も続いていて、当番組のナイトゲーム中継枠や『番外編』の冒頭で関西ローカル向けに急遽放送する場合には、実況・リポート担当アナウンサーとして出演する。
  147. ^ a b 土・日曜日は競馬中継を優先。
  148. ^ 2016年2月のオリックス春季キャンプから、プロ野球関連の取材・リポートを開始。同年のプロ野球シーズンには、オリックスの主催試合で、中継のベンチリポートやニュース・音声素材用の実況を随時担当している。同年5月14日のオリックス対ソフトバンク戦で、オリックス側のリポーターとして公式戦の中継に初登場。2017年からは、阪神戦の中継でもベンチサイドリポートを随時担当する。
  149. ^ 通常は阪神・オリックス側のみ。中継カードによっては、相手側にも自社でリポーターを配置。交流戦で阪神とオリックスが対戦する場合にも、両サイドにリポーターを置く。なお、オリックスのビジターゲームへのリポーター派遣は2015年時点では自社での放送有無に関わらず原則実施していない。
  150. ^ セ・パ交流戦期間中には、阪神対北海道日本ハム戦(甲子園開催分)の中継で、両球団のOBである建山義紀を迎える予定だった(実際には雨天中止で中継自体が消滅したため登場できず、MBSの中継への登場は翌年の札幌ドームでの自社制作分に持ち越された)。
  151. ^ 2015年までは、土曜日の午前中に『せやねん!』(MBSテレビの生放送番組)の第1部「せやねん!スポーツ」の進行役を務めていた。
  152. ^ 『上泉雄一のええなぁ!』との連動企画として放送するため、月曜パートナーでもある金村が中継の解説を務める。
  153. ^ ただし、『MBSとらぐみタイガースライブ!』には2011年度も火曜日にレギュラーで出演。
  154. ^ 週刊ベースボール』「2013プロ野球全選手写真名鑑号」に掲載の「2013評論家・解説者名鑑」より
  155. ^ 金本が現役引退を発表した2012年9月12日の阪神対ヤクルト戦(甲子園球場のナイトゲーム・平田とのダブル解説)
  156. ^ LFとの契約がなかった時代はJRN向けに出演する場合もあったが、以降はJRN受けとなる月曜・金曜はMBS単独放送かつ全国放送雨天予備カードとなっていない場合のみ出演だった。
  157. ^ 2009年7月10日(金曜日)には、MBS本社のギャラクシースタジオから全編『バンバンバン』の総集編を放送した関係で、同番組への出演後に甲子園球場へ移動。LF制作の阪神対巨人ナイトゲーム中継(ABC技術協力・関東ローカル)で解説を務めた。なお、当日の試合では、NRN向けにABC制作の中継が別途放送された。
  158. ^ 毎日放送、板東英二の契約打ち切りを示唆(『スポーツ報知』大阪版2013年1月24日付記事)
  159. ^ その一方で2016年からは、LFへのゲスト解説としての出演を再開したが、契約の都合からか土・日曜のLFローカルの中継(阪神戦裏開催の巨人戦・ヤクルト戦や、MBSと別制作する阪神ビジター戦など)のみ登場しており、予備カードからの昇格でない限りMBSの中継には登場しない。
  160. ^ 2014年のオープン戦中継では「誰よりも愛された背番号9」と称していたが、『withタイガース カワスポサタデー運動部!』のリスナーから、公式戦用のキャッチフレーズを募集。阪神での現役時代の2001年に、当時の一軍監督・野村克也から俊足を買われて「F1セブン」と名付けられた7選手のなかで最後に現役を引退したことにちなんで採用された。
  161. ^ 『タイガースナイター』時代の2010年度から、土曜日の午後に『うきうき土曜リクエスト』のパーソナリティを担当。『ダイナミックナイター』時代には、上泉と同じく、スポーツアナウンサーとして実況・リポーターを務めていた。『うきうき土曜リクエスト』のパーソナリティだった2014 - 2016年には、桜井とのコンビで、「レギュラーゲスト」として土曜日のデーゲーム中継に出演。
  162. ^ 毎日放送公式サイト・アナウンサールーム内の森本尚太公式ブログ「勇壮活発 めざせ!!表現者」2016年5月10日更新分より。
  163. ^ 毎日放送でアナウンサー室長を務めていた時期にも、実況やベンチリポーターとして出演。2011年6月11日放送の西武対阪神戦を最後に、ラジオでの実況担当を退いた。
  164. ^ 2009年11月27日放送の『ノムラでノムラだ♪Go!Go!エキストラ』に出演した際に本人が証言。当日は、太田幸司が前座コーナーを休んだため、甲子園の実況席から代役でコーナーを進行していた。なお、中継では一枝修平が解説を務めている。
  165. ^ 当日の中継では、板東と同じ中日ドラゴンズのOBで、板東の個人事務所に所属することになった立浪和義がゲスト解説者として出演していた(立浪はテレビ・ラジオともにフリー解説者だが、ラジオではCBC、LF制作以外の中継に出演したことはなく、LFの出演も名古屋からの中継のみ)。
  166. ^ 女子プロ野球:初の実況中継 エフエムあまがさきで16日 - 毎日jp(毎日新聞)
  167. ^ 火曜日はクロスネットの大半がJRNナイターを放送しているのと、NRNマストバイ=単独ネット局のうち、STV、SF、KBCはそれぞれ地元勢の試合を放送、IBS、CRT、KBS、ROKは火曜日のナイター放送を元から組んでいなかったため
  168. ^ 平田・小松は、年齢(放送時点で52歳)や現役引退年(1994年)が同じで、1977年春の第49回選抜高等学校野球大会に出場(平田は長崎・海星高、小松は石川・星稜高)。いずれもベスト4に進んだ(中継でのプロフィール紹介より)。
  169. ^ ベンチリポーターについては、阪神サイドを近藤亨(MBS)、中日サイドを角上清司(CBC、JRN裏送りと兼務)が一貫して担当。9回表以降の実況については、8回裏終了時点で阪神リードなら馬野、中日リードなら高田が担当することになっていた(中継内で高田・馬野が再三にわたって紹介)。
  170. ^ 当時実施していた「ライブでビンゴ」は休止。ちなみに、『CBCドラゴンズナイター』では、中日の総安打数に相当するリスナーに1万円ずつ進呈していた。
  171. ^ JRNマストバイのTBSとRBC i-Radioの2局だけで放送予定だった。他のHBC、CBC、RKBの3局は地元勢の試合を当てていた(うち、CBCが放送する予定の広島対中日も同様に台風のため中止。これに伴いTBS・CBC・RBCの3局は、元々はRKB向けであったTBS制作の西武対ソフトバンクを放送した)。それ以外のクロスネット各局はNRN(LF幹事)の中継に当てていた。
  172. ^ ただし、系列キー局のLFは、途中からサッカーロンドン五輪予選・日本対マレーシア(20時キックオフ)の中継に切り替える予定であったこと、また首都圏にも交通機関をはじめ台風の影響が出ていることを鑑みてMBSからのネットを見送り、サッカー中継開始までスタジオから台風情報を放送した。
  173. ^ 当初、LFは神宮球場でのヤクルト対巨人を中継する予定であったが、台風17号接近のため中止となった。そのため、18:00から10分程度台風情報を伝えた後、飛び乗りでこのカードを中継した。
  174. ^ なお、翌27日の同カードは自社制作で中継(解説:安藤、 実況:赤木)。
  175. ^ なお、翌26日に石川県立野球場の中日対阪神戦を同じ中継体制で放送する予定だったが、雨天により中止になった。
  176. ^ 通常のリーグ戦では、巨人・ヤクルト主催試合全般と、横浜スタジアムでのDeNA主催試合ではビジター側の乗り込み有無に関係なく自社で予備人員を配置するのに対し、西武・ロッテ主催試合と、一部の地方開催のDeNA主催試合では、屋内球場よりも予備順位が下位でビジター側の乗り込み中継がある場合にはそちらを予備中継扱いにする傾向にあり、セ・パ交流戦でもその流れが踏襲された形となっている。
  177. ^ LFは自社制作だが、NRN向けとの兼任の形でMBSからオリックス側のリポーターを派遣。
  178. ^ LOVEサザン ニッポン放送♪ 8月のニッポン放送はサザンがかかりまくる1ヶ月 - AMラジオ 1242 ニッポン放送 2013年8月20日閲覧。
  179. ^ MBSテレビと同一サービスエリアのフジテレビ系列局である関西テレビは、自社制作番組「ちゃちゃ入れマンデー」の拡大版を放送したため、ネットせず。また当初広島対阪神戦を中継予定だった対戦相手のフジテレビ系列局、テレビ新広島もフジテレビ系の遅れネット番組を雨傘番組としたためネットしなかった。
  180. ^ ノムさん、G小林のリードをバッサリ「優勝は無理でしょう」 - サンケイスポーツ、2015年8月25日閲覧
  181. ^ MBS以外のNRNマストバイ局は、地元球団の試合、または野球以外の番組を放送していたため。
  182. ^ この試合はLFの自社乗り込みと、KBC-QR-NRN、RKB(TBS-JRNは報道素材扱い)による中継も行われた。
  183. ^ ABCもスペシャルウィークの企画を実施するがこちらは別制作せず、プレゼント企画に在福局向けの抽選枠を用意した。
  184. ^ これは長野オリンピックスタジアムのラジオ放送席設営スペースの都合と思われる(ABCは12日・13日とも自社制作)。前年6月23日(火曜日)も同スタジアムで阪神戦(広島のホームゲーム)が行われたが、翌年とは逆にMBSが自社制作(解説:太田幸司、実況:美藤啓文※長野県出身、リポーター:馬野雅行)でABCはRCC制作の裏送り中継だった。
  185. ^ 煙山は13日のヤクルトサイドのリポートも担当した。
  186. ^ 山田は12日のヤクルトサイドのリポートを担当した。
  187. ^ 井上はこの3連戦とも、阪神サイドのリポートとして出演した。
  188. ^ 一方、ABCでは9日がRCCとの相互ネットで10日がRCC制作の裏送り、11日はJRN全国放送向け裏送りを中継。アナウンサーを派遣しなかった。
  189. ^ 11日の中継は唯一のナイターということで、NRN全国放送となった。
  190. ^ 残りの2試合はデーゲームで、20日(土曜日)のみMBSの自社制作で放送。
  191. ^ MBCでは試合開始後の18:30から、RKKでは19:00から飛び乗り形式で放送。
  192. ^ 選抜高校野球の決勝戦を3月31日に開催した場合や、4月2日に順延した場合には、広島対阪神戦を13:55から試合終了まで中継する予定だった。
  193. ^ セ・リーグ公式戦1試合における与四球総数の新記録、および日本プロ野球の公式戦1試合における与四球総数の最多タイ記録(いずれも9回裏終了時点でカウント)。これに加えて、5回表に広島の薮田和樹が1つの死球、延長10回裏に阪神のマルコス・マテオが1つの四球を与えている。
  194. ^ 『地震防災メモ』の放送枠を17:43 - 17:45から19:39 - 19:41、『日本盛プレゼンツ 居酒屋阿希子』の放送枠を19:41 - 19:55にスライド。
  195. ^ 本来は19:00 - 21:00に放送する予定だったが、19:55 - 21:55に放送枠をスライド。
  196. ^ 正式なスタートは同年4月8日の「阪神対巨人戦」からで、この日はプレビュー番組としての編成予定だったが、先述のセンバツ高校野球の日程変更のため試合前パートが休止、試合後パートのみの放送予定だった。
  197. ^ この日は金曜日のため同じく自社制作したABC(阪神側リポーターはLF-NRN中継兼任)もNRN仕様の速報チャイムを使用した(MBSと同じく、技術協力をTBS・LF・QRのどの局が担当したかは不明)。
  198. ^ RKBは2010年以降、テレビ中継実施時などの一部例外を除いてリポーターを派遣していない。
  199. ^ LFも予備カードとしていたため、神宮が中止の場合はFOLラインが成立して速報チャイムなしとすることが想定されていた。
  200. ^ STVラジオからの発表では、テレビ・ラジオを通じて、プロ野球生中継の実況を初めて担当することが予告されていた。
  201. ^ 本来は関西ローカル向けの本番カードであったが、LFがNRNライン向けにメットライフドームから中継していた西武対巨人ナイトゲームが20時台で終了したことから、9回裏(20:57)から試合後のヒーローインタビュー終了(21:16)まではLFでも放送。
  202. ^ 通常福岡への乗り込み時は、資本関係やテレビネットの都合上RKBの技術協力となることが多いが、デーゲームでのネット関係から特例としてKBCとの共同企画を実施した。なお、同様に乗り込みを行ったABCへの技術協力をKBCとRKBのどちらが担当したかは不明。
  203. ^ KBCでは、この中継の相互ネットではなく、別途自社単独制作による中継を福岡県向けに放送(実況:KBC小林徹夫、解説:藤原満)。
  204. ^ 金山・三澤は、実況を担当しないイニングにも、応援役として中継に参加していた。金村によれば、1回裏からソフトバンクの攻撃イニングで阪神の投手陣による好投や野手陣による好プレーが見られるたびに、金山がアナウンサーらしからぬ呻き声を上げ続けたことから三澤に軍配を上げたという。
  205. ^ 2017年度からSFのプロ野球実況要員が不足していることによる措置で、古巣のLFが制作する中継については、フリーアナウンサーへの転身後も(当番組との相互ネット分を含めて)実況やベンチリポートを随時担当。
  206. ^ 一方、JRNラインのABCはSBSからのネット受けで対応した(解説:木俣達彦、実況:岡村久則)。
  207. ^ ABCでは、CBC制作のデーゲーム中継を第99回全国高等学校野球選手権大会中継の予備カードに設定。しかし、当該時間帯に高校野球が予定通り催されたため、在阪ラジオ局ではMBSのみ中日対阪神戦を中継した。
  208. ^ ABCでは関西ローカル向けに自社制作で中継。首都圏の聴取率調査期間に該当したため、LFでは22・23日は「中日対巨人」を自社乗り込みで(NRN向けはSFが制作)、24日は「DeNA対広島」をRCCとの2局ネット(MBS-NRNでは第1予備扱い)で放送した。

外部リンク[編集]

  • with Tigers MBSベースボールパーク(MBSテレビ・ラジオ共通の中継・関連番組ポータルサイト)
    • 『 - ナイター』時代から、ラジオ番組でありながら、テレビ番組用のアカウント(mbs.jp)上に公式サイトを開設していた。『 - ライブ』へ変更した2011年度のみ、公式サイトをラジオ番組用のアカウント(mbs1179.com)のアカウント上に移動。しかし、キャッチフレーズに「withタイガース」を採用した2012年度からは、公式サイトをmbs.jp上の「withタイガース」(2014年度から「with Tigers MBSベースボールパーク」)ページに統合している。
  • MBSベースボールパーク番外編(2015年度版) - 放送済み音源の一部をポッドキャスト向けに配信
  • MBS with Tigers (@tigers_park_mbs) - Twitter

Template:デフォルトソート :えむひいえすへえすほおるはあく