コウテイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コウテイ
KOUTEI
メンバー 下田真生
九条ジョー
結成年 2013年
2016年(再結成)
事務所 吉本興業
活動時期 2013年 - 2016年3月
2016年10月 -
出身 NSC大阪校35期
影響 千鳥笑い飯
出会い NSC
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 九条ジョー
同期 ゆりやんレトリィバァ
ガンバレルーヤ
からし蓮根
レインボー
濱田祐太郎
ラニーノーズ
イノシカチョウ
加賀翔(かが屋)など
受賞歴
2019年 第40回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 福笑い大賞
2020年 MBSラジオ演芸 第8回ヤングスネーク杯 優勝
2020年 第41回ABCお笑いグランプリ 優勝
2021年 第10回ytv漫才新人賞 準優勝
テンプレートを表示

コウテイは、下田真生と九条ジョーからなる日本お笑いコンビ吉本興業所属。大阪NSC35期生。

メンバー[編集]

下田真生(しもた まさき、 (1993-05-15) 1993年5月15日(27歳) - )ボケ(ツッコミ)担当。立ち位置は向かって左。

鹿児島県出水市出身。身長164cm、血液型B型。
苗字の読みは「しもだ」ではなく「しもた」である。
一人称は「わし」。鹿児島弁ではなく、千鳥大悟に憧れて使っている[注 1]
重力に逆らうように全ての髪を立ち上げている[1]
趣味・特技は卓球ギャンブル将棋鹿児島県立出水工業高等学校卒業で[2]、コントで使用する小道具制作を得意とする。
粗品霜降り明星)を慕っている。
大のギャンブル好きで、いつでもお金を借りられるように実印を持ち歩いている。
漫才中に、反りツッコミでぎっくり腰を発症したことがある[3]

九条ジョー(くじょう じょー、 (1994-01-13) 1994年1月13日(27歳) - )ツッコミ(ボケ)担当。立ち位置は向かって右。

滋賀県長浜市出身。身長184cm、血液型A型。
本名:緒川拓文 (おがわたくや)
髪型はビシッとした八二分け[1]。ややポエマー[4]。喫煙者。
趣味は熱帯魚飼育、釣り。実家は熱帯魚店を経営していたが倒産し、親はおよそ1億円もの借金を抱えている。
「ズィーヤ」や「やばスギ薬局!」という持ちギャグが多数あり、実際にスギ薬局ではアルバイト経験がある。「ズィーヤ」で顎の歪みが酷くなり、2019年に手術を行った[5]
ブログで短編小説を執筆しており、書籍の受注販売を行った。

概要・略歴[編集]

コンビ結成 - 2019年
  • 共にNSC大阪校35期(2012年入学)。養成所時代に同じクラス・班、そして同じマンションに住んでいたことから意気投合し、コンビ結成[6]。NSC在学中にケンカによる1度目の解散を経て在学中に再結成。最下層のCクラスで卒業[7]。同期には、首席で卒業したゆりやんレトリィバァ、NSC時代から漫才に定評があり『第8回ytv漫才新人賞』で優勝したからし蓮根、『R-1ぐらんぷり2018』王者の濱田祐太郎などがおり、彼らは早咲きであった。
  • 2016年3月末に2度目の解散を経験するも2016年10月に再々結成。
  • 今までに「解散して再結成」を2回経ており、自他共に認める「不仲」であった。現在はネタで揉めた時、下田が折れる形で丸く収まっている。「不仲だったのに、なぜ組むのか」の問いに対して、下田「九条が書くネタが面白いから」、九条「下田の表現力がすごくて」と返答している。
  • 久保田かずのぶ(とろサーモン)にイチオシされている。「とろサーモンだよ!自宅に集合」(GYAO!)の「久保田のM-1 2019三連単予想」というコーナーにて、さらば青春の光猫塾を押さえ、一位に選ばれた[8]
2020年 -
  • 第41回ABCお笑いグランプリ優勝。ファーストステージでは漫才、ファイナルステージではコントを披露している。AbemaTVにて優勝者特番に出演した際、下田と仲が良かったMCを務める粗品(霜降り明星)が号泣。
  • 「NYLON'S NEXT 2021」の芸人部門を受賞[9]

芸風[編集]

芸風は自称・超不完全究極肯定完全感覚奇天烈[1]。九条はコウテイというジャンルを作りたいとも語る[4]。コンビ揃って臙脂色マオカラースーツを揃って着用し、漫才コントどちらも行う。賞レースにも拘っている。下田のダイナミックな動きと表現力、九条の甲高い声での自由奔放なツッコミや「OK釈迦地蔵」「ズィーヤ」というギャグが特徴。九条はネタ中の動きに合わせて頻繁にセンターマイクの高さを調整する。

バラエティ番組では、同期や先輩芸人を貶したり、敢えて流れを崩しボケまくり荒れさせたりする尖った芸風でもある[1]。独特な表現と鋭い言い方で切り込む九条に対してフォローするバランサーな下田という役割を果たしている[10]

賞レース成績[編集]

M-1グランプリ
年度 結果 エントリー
No.
会場 日程 備考
2015年(第11回) 3回戦進出[11] 875 よしもと祇園花月(京都) 2015/10/28
2016年(第12回) 3回戦進出[11] 1570 よしもと祇園花月(京都) 2016/10/20
2017年(第13回) 準々決勝進出[11] 1363 メルパルクホール大阪(大阪) 2017/11/02
2018年(第14回) 3回戦進出[11] 333 よしもと祇園花月(京都) 2018/10/24
2019年(第15回) 準々決勝進出[11] 489 なんばグランド花月(大阪) 2019/11/18
2020年(第16回) 準決勝進出[11] 739 NEW PIER HALL(東京) 2020/12/2 敗者復活戦 第6位
キングオブコント
年度 結果 備考
2017年(第10回) 準々決勝進出
2019年(第12回) 準決勝進出
ABCお笑いグランプリ
年度 結果 備考
2019年(第40回) 決勝進出 1stステージ ー Cブロック敗退
2020年(第41回) 優勝[12]
上方漫才協会大賞
年度 結果 備考
2018年(第3回) 新人賞ノミネート
2019年(第4回) 新人賞ノミネート
2020年(第5回) 大賞ノミネート
  • オシャレ芸人ランキング:2位:九条ジョー 
  • ダサい芸人ランキング:6位:下田真生
2021年(第6回) 大賞ノミネート(最終ノミネート)
  • オシャレ芸人ランキング:1位:九条ジョー 
  • ダサい芸人ランキング:5位:下田真生
ytv漫才新人賞決定戦
年度 結果 備考
2018年(第7回) ROUND3-10位敗退
2019年(第8回) 決勝6位 ROUND2-2位通過
2020年(第9回) ROUND3-4位敗退 ROUND1-3位、ROUND2-6位
2021年(第10回) 準優勝 ROUND1-5位 ROUND2-3位通過

その他[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

不定期出演
特別番組

配信サイト[編集]

ラジオ[編集]

  • コウテイの銀蛾・流電音』 (ギガ・ルデオ)(MBSラジオ、2020年1月27日、2020年4月25日)- MBSラジオ演芸 第8回ヤングスネーク杯優勝による冠特別番組[14]
    • 『コウテイの銀蛾・流電音』(2020年11月1日 - 2020年11月29日、毎週日曜16時00分〜 、2020年12月4日 - 2021年3月19日、毎週金曜20時00分〜)2021年4月より月1放送。
  • Friday Relaxing Space “Go!Go!”(e-radio エフエム滋賀、2020年7月17日)

映画[編集]

  • ゾッキ(2021年4月2日公開) - 九条のみ

単独ライブ[編集]

出囃子[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 《M1準決勝進出》同期の悪口、不遜な態度、尖った芸風……それでも「コウテイ」が愛されるワケ 1頁”. 文春オンライン (2020年11月23日). 2020年12月28日閲覧。
  2. ^ 【新春特別号】日本を笑わせたい”. 2021年2月13日閲覧。
  3. ^ コウテイ下田、漫才中にぎっくり腰発症「反りツッコミで動けなくなったのは2回目」”. ライフ&ピースニュースマガジン (2020年9月8日). 2020年9月8日閲覧。
  4. ^ a b 《M1準決勝進出》同期の悪口、不遜な態度、尖った芸風……それでも「コウテイ」が愛されるワケ 6頁”. 文春オンライン (2020年11月23日). 2020年12月28日閲覧。
  5. ^ 「コウテイ」九条ジョー 顎の病気で手術 コンビでの活動を一時休止”. 2019年4月10日閲覧。
  6. ^ "オンスト". 21 December 2015. YES-fm. 2018年5月6日閲覧 |series=は必須です。 (説明)
  7. ^ 《M1準決勝進出》同期の悪口、不遜な態度、尖った芸風……それでも「コウテイ」が愛されるワケ 3頁”. 文春オンライン (2020年11月23日). 2020年12月28日閲覧。
  8. ^ 原田美紗 (2018年3月16日). “とろサーモン・久保田、「M-1グランプリ2019」の結果を最速予想......優勝候補はコウテイ”. GYAO! (Yahoo! JAPAN). https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/544029/ 2018年5月6日閲覧。 
  9. ^ コウテイ、フレッシュな著名人を表彰する「NYLON JAPAN」のアワードを受賞”. お笑いナタリー (2021年1月14日). 2021年1月14日閲覧。
  10. ^ 《M1準決勝進出》同期の悪口、不遜な態度、尖った芸風……それでも「コウテイ」が愛されるワケ 4頁”. 文春オンライン (2020年11月23日). 2020年12月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f コウテイ コンビ情報詳細│M-1グランプリ 公式サイト”. accessdate=2020-02-19閲覧。
  12. ^ Inc, Natasha. “「第41回ABCお笑いグランプリ」優勝はコウテイ” (日本語). お笑いナタリー. 2020年7月12日閲覧。
  13. ^ MBSラジオ「ヤングスネーク杯」でコウテイが優勝、丸亀じゃんごが準優勝”. お笑いナタリー (2020年1月15日). 2020年1月15日閲覧。
  14. ^ コウテイ冠ラジオ特番「銀蛾流電音」下田は大喜利力試し、九条は官能コーナー展開”. お笑いナタリー (2020年1月27日). 2020年1月27日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ YouTube よしもと漫才劇場『地方出身芸人特別配信~九州編~』にて発言。

外部リンク[編集]