CBCドラゴンズナイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CBCドラゴンズナイター
ジャンル プロ野球中継(中日ドラゴンズ戦中心)
放送方式 生放送
放送期間 1983年2001年 -
放送時間 火 - 金曜 17:57 - 試合終了(原則)
土・日・月曜は中日戦がある場合のみ適宜放送
放送局 CBCラジオ
ネットワーク JRN(土・日の一部試合ではLFとネットを組む場合あり)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

CBCドラゴンズナイター』(シービーシードラゴンズナイター)は、CBCラジオ(2012年までは中部日本放送[注 1]が放送しているプロ野球ナイトゲーム中継番組である。以下の各節では、同局で行うデーゲーム中継である『CBCドラゴンズスペシャル』(シービーシードラゴンズスペシャル)、土曜日の試合中継『CBCドラゴンズサタデー』(シービーシードラゴンズサタデー)、日曜日の試合中継『CBCドラゴンズサンデー』(シービーシードラゴンズサンデー)、ならびに火 - 金曜のナイトゲーム中継終了後のクッション番組である『ドラ魂ナイト』(ドラだまナイト)についても記述する。

概要[編集]

CBCラジオの初プロ野球中継は1951年9月23日の当時の名古屋ドラゴンズ(1954年より、中日ドラゴンズ[注 2]大洋ホエールズ戦。プロ野球地域保護権(フランチャイズ制)が正式導入された1952年には、名古屋の主催試合(ホームゲーム)[注 3]を全試合放送開始する[1][2]。当時のタイトルは『ドラゴンズ野球中継』(ドラゴンズやきゅうちゅうけい)[2]。またレギュラー番組編成の関係で放送枠が確保できなかった試合は、街頭の有線ラジオで中継していた。

オンシーズン中は中日戦のうち、放送権利の関係(テレビ中継の放映権をフジテレビがほぼ独占しており、同社と共にフジサンケイグループの一員であるニッポン放送が独占制作し、同局がキーステーションであるNRN系列・東海ラジオへの裏送り中継だけになる為)で中継できない東京ヤクルトスワローズ戦ビジターゲーム(明治神宮野球場など)を除くほぼ全てのゲームを中継放送している。平日デーゲームや月曜日の試合、オフシーズン編成切替後も優勝争いを継続している場合やポストシーズン以降の中日戦は、「CBCドラゴンズスペシャル」というタイトルでプロ野球中継を放送する(オフシーズン編成期の放送の詳細は後述)。中日の試合がない場合、もしくは前述のヤクルト戦ビジターゲームの場合はTBSラジオ制作の横浜DeNA×巨人、若しくはJRN全国ネットの中継をネットしていた(2017年まで)。中日戦以外の中継の場合でもタイトルはドラゴンズナイターのままである。ただし、中日が絡まないクライマックスシリーズ日本シリーズの中継は「CBCスポーツスペシャル」となる。

実況アナウンサーが放送を紹介する際は、他の地方放送局は略称の後に正式名称を言う(例:広島主催ゲームの場合は実況はRCC中国放送の○○でお送りいたします。)というのに対し、CBCのアナウンサーは(例:高田寛之の場合は実況はCBC(ラジオ)高田寛之でお伝えしてまいります。)のように正式名称を言わないことになっている(CBCは放送上正式名称をほとんど使用しないため[注 4])。

2010年からはTBSラジオによる土・日のJRN全国中継の中止の影響により、土曜日は「CBCドラゴンズサタデー」、日曜日は「CBCドラゴンズサンデー」というタイトルで中日戦の開始時間に合わせて放送される。これにより、中日戦以外の土日ナイターの中継は行わない(これまでのデーゲーム(「ドラゴンズスペシャル」、特番扱い)とナイター(「ドラゴンズナイター」、レギュラー番組扱い)の別番組扱いから、土曜日・日曜日の中日戦中継番組という放送時間不定のレギュラー番組扱いに変更。ABCラジオやHBCラジオなど、2009年以前に同様の扱いに変更した局があった)。なお、土・日に中日戦もしくはオールスターゲームが予定されていない、もしくはCBCラジオに放送権がない東京ヤクルト戦ビジターゲームの場合は定時番組を放送する。

中継中、他球場の途中経過を知らせる際、チャイムアタック音)が流れた後、TBSラジオ制作などは「TBSラジオ ナイター速報」と実況アナウンサーが言った後、途中経過を伝えるが、CBCの場合はアタック音と共に上田定行による「CBCナイター速報」(デーゲームの場合は「CBCデーゲーム速報」)というボイスが流れてから途中経過を伝えている(上田はオープニングとエンディングのタイトルコールも担当)。ただし、ビジターゲームの場合は、他局制作の裏送りや自主制作でも、実況アナウンサーが「CBCナイター速報」と言った後で途中経過を伝える。放送開始から約30年以上が経過しているため、JRN野球中継で使用されているアタック音は、2011年5月の交流戦からは2代目の物に変更され、2012年からは大幅にリニューアルした。2018年からはJRN野球中継のチャイム音は3代目の物に変更されたため、上田定行によるボイスは廃止されたが、他中継球場によっては2代目のチャイムが流れることもある。なお、中継中は時報、交通情報、天気予報、ニュースは原則流れない(東海ラジオは交通情報・天気予報のコーナーがある)。時報以外は臨時に流すことがある。

中日ドラゴンズの点数が入るとCMの後のハイライトが聴けるようになった。この時は、プロ野球ナビゲーターという肩書きで出演する戸井康成により、“得点した時“の状況説明が入る。

2017年からは2015年、2016年の二年間、チア・ドラゴンズのメンバーを勤めた小倉綾華が土日限定のナビゲーターを担当することになった。

2016年度からは、RFラジオ日本とTBSラジオの提携が本格的に再開され、TBSラジオをキー局とするJRNの加盟各局との相互連携により、巨人戦は主管・ビジターを問わず年80試合以上が放送されることになっているが、中日主管試合は従来通り、及び中日が関与しない試合をJRNナイターとしてCBCラジオは基よりRF・ラジオ関西(CRK)に向けて放送する場合で、CBCが本番カードとする試合についてもGBS向けには放送されない。CBCが中日戦を優先した場合は裏カードのTBS・RF制作JRNナイターがGBSでも放送されるが、予備補充はCBCに配慮して行わないことが多い[3][4]。なお「巨人対中日」(巨人主管試合)となる場合はこのエリア重複による干渉を避ける観点から、RF制作のものは原則としてJRNには放送せずに別製作としている(CBCラジオを含むJRNにはTBSラジオ制作のもの、ぎふチャンラジオにはRFラジオ日本制作のものをそれぞれ放送する)が、祝日などで平日デーゲームとなる際はぎふチャンが放送しない為、個別ネット扱いでRFからネット受けすることがある(例:2016年9月22日)。またCRKについても、基本的に巨人戦で放送可能なカードは、火-金曜日に放送する原則を取っているが、巨人主管の地方開催[注 5]を中心に、放送されない試合がまれに発生している。

曜日別番組名一覧(2017年)[編集]

曜日別番組名一覧(2017年)
曜日 デーゲーム ナイター
CBCドラゴンズスペシャル CBCドラゴンズスペシャル
CBCドラゴンズナイター
CBCドラゴンズサタデー
CBCドラゴンズサンデー
オフシーズン(中日戦) CBCドラゴンズスペシャル
オフシーズン(中日戦以外) CBCスポーツスペシャル

放送時間[編集]

ナイター中継は原則17:57から試合終了まで(中日戦以外の試合を中継する場合は22時前に打ち切られることもある)。一方、デーゲーム中継も試合終了まで中継するが、開始時刻は直前番組が自社制作の生番組の場合は試合開始3分前、録音の箱番組の場合は試合開始時刻からとなる。(ナイターでも試合開始時刻がイレギュラーな場合は同様の対応が取られる)試合開始3分前からの放送の場合は、スタジオパート→CM(時報)→中継の構成。試合開始時間からの中継の場合は時報の後すぐに中継を開始し、スタジオパートは1回表終了後に放送する。2001年度 - 2005年度は17:58放送開始だったが、2006年度からは開始が1分繰り上げられた。ナゴヤ球場が中日ドラゴンズの本拠地だったころは、ナイターが18:20試合開始だったため、かつては18:15からの開始(東京ドームおよび甲子園での放送開始時は18:00、本来18:00から放送される番組は放送終了時から放送開始)で、全国放送カードになった場合、CBCの放送開始までは前座番組を設けていない一部の地方局(山陽放送など)へ放送席でのトークを裏送りしていたが、1997年にドラゴンズの本拠地がナゴヤドームに移転するとともに、試合開始時間も変更したため、その関係で放送開始時刻を変更した。2013年7月9日・10日は阪神対中日が沖縄セルラースタジアム那覇で開催された(ABCからのネット)が、19時試合開始のため、18時の時報明けから『ドラ魂ナイト』を放送し、18時50分頃から中継を開始した。

火~金曜のナイター中継前の17:53~17:57は「ドラゴンズナイター最前線」と題して、スタジオ担当の戸井康成と実況アナウンサー、解説者により中継する試合の直前情報やリスナーからの応援のFAXやメールを放送する。中日戦がデーゲームだった場合は、放送終了後の取材内容を加えたリポートを入れる。新聞やYahoo! JAPAN等のラジオ番組表では、CBCドラゴンズナイターは17:53開始と表記されることが多い。ただし、年度によっては「最前線」にスポンサーがつくこともあり、放送上は別番組扱いである(2013年度はアサヒビールが冠スポンサーについている)。なお、土・日・月曜開催のナイターであっても前番組が自社制作番組の場合は試合開始7分前から「ドラゴンズナイター」として放送開始する場合がある。この場合は「最前線」相当の直前情報枠なしで、提供読みとCMを放送した後4分繰り上げでの中継スタートとなるが、18時の時報および時報CMは放送する。

また、これとは別に平日の中日戦ナイター中継がある場合に限り、直前番組の『丹野みどりのよりどりっ!』の「よりドラっ」中で 17:25過ぎにCBCの自主制作時は当日の実況とベンチレポート担当、中日ビジターゲームで現地局制作なら現地のリポート担当のアナウンサーもしくは戸井が登場して当日の先発投手とスタメンの速報を伝える。CBCの自主制作時は16:10頃にもベンチレポート担当のアナウンサーが登場して中日情報を伝えている。

オフシーズン編成期の中継[編集]

2001年から2012年までと2015年からについて、公式戦は中日にリーグ優勝の可能性がある場合に限り、中日戦のみ中継を行い、逆に中日が優勝争いに絡んでいない場合は仮にリーグ優勝やクライマックスシリーズ(CS)の進出有無が決まっていなかったとしても中継は行わない方針を採っている。オフ編成に入った後にリーグ優勝が決定した場合も以降の中継は原則行わないが、中継権の関係で一部中継する試合も発生している。また、たとえオンシーズン中であっても、オフ編成に入る前に優勝が決定した場合は以降の土曜・日曜の中継が行われないこともある。2013年と2014年はこの方針を撤回し、オフ編成突入後の消化試合であっても中継を行ったが、2015年からは再び2012年までと同じ状態に戻った。

以下は2001年以降のオフシーズン編成期前後の対応である。

  • 2001年:10月1日にオフ編成に入った後の5試合は中継せず。この時点でリーグ優勝チームはまだ決定していなかったが、中日が早々に優勝争いから脱落したため。
  • 2002年:10月7日にオフ編成に入るが、既に9月23日に巨人の優勝が決定していたため、中日戦の中継は10月5日の横浜スタジアムでの横浜戦を最後に4試合を残して打ち切り。翌10月6日もデーゲームで同カードが行われたが中継せず。ただし、同日のJRNナイターは放送された。
  • 2003年:9月29日にオフ編成に入るが、中日戦の中継は9月21日の横浜スタジアムでの横浜戦を最後に10試合を残して打ち切り。なお、9月27日に同カードがデーゲームで行われたが中継せず(9月15日に阪神の優勝が決定していた上に、改編直前1週間で中継可能な中日の試合がこの横浜戦1試合のみであった)。JRNナイターの放送は9月28日まで継続。
  • 2004年:9月27日にオフ編成に入るが、中日の優勝が濃厚であったため中継を継続。9月30日には優勝決定の可能性があったため、本来中継権のない神宮球場でのヤクルト戦をニッポン放送からの裏送り(実況はNRN向けとは別に用意)により特例で中継。10月1日に優勝決定後、10月3日のナゴヤドームでのヤクルト戦を最後に3試合を残して中継打ち切り。
  • 2005年:10月3日にオフ編成に入った後の4試合は中継せず(9月29日に阪神の優勝が決定していたため。)。
  • 2006年:10月2日にオフ編成に入るが、中日の優勝が濃厚であったため、優勝を決めた10月10日の東京ドームでの巨人戦まで中継を継続(この試合はCBCが実況アナ・解説者を派遣して自社制作。また、10月3日からは8連戦であったが10月9日の神宮球場でのヤクルト戦以外は全て中継[注 6])。その後4試合を残すが、10月14日のナゴヤドームでのヤクルト戦以外は中継せず。
  • 2007年:10月1日にオフ編成に入るが、中日が優勝の可能性を残していたため、この日は広島市民球場での広島戦を中継。翌10月2日に巨人の優勝が決定したため、3試合を残して中継打ち切り。中日が2位で進出したクライマックスシリーズは、ホーム開催の第1ステージ(対阪神、ナゴヤドーム)を全試合放送。中日が進出した第2ステージ(対巨人、東京ドーム)も全試合自社制作で放送した。
  • 2008年:9月29日にオフ編成に入った後の7試合は中継せず(この時点でリーグ優勝チームはまだ決定していなかったが、中日が早々に優勝争いから脱落したため。なお、中日のCSへの進出は10月4日に確定。)。中日が3位で進出したクライマックスシリーズは、ビジター開催の第1ステージ(対阪神、京セラドーム)及び中日が進出した第2ステージ(対巨人、東京ドーム)を全試合自社制作で放送した。
  • 2009年:10月5日にオフ編成に入るが、この時点で残り試合が神宮球場でのヤクルト戦1試合のみで、かつ9月24日に巨人の優勝が決定していたため、元々中継予定はなし(したがってオンシーズン中に中継可能な試合は全て中継した。)。中日が2位で進出したクライマックスシリーズは、ホーム開催の第1ステージ(対ヤクルト、ナゴヤドーム)を全試合放送。中日が進出した第2ステージ(対巨人、東京ドーム)も全試合自社制作で放送した。
  • 2010年:10月4日にオフ編成に入るが、10月1日に中日の優勝が決定し、翌10月2日のナゴヤドームでのヤクルト戦で中日の全日程が終了したため、オンシーズン中に最終戦まで完全中継した。CBCが中日のシーズン最終戦を中継したのは1998年以来12年ぶりであった。中日が1位で進出したクライマックスシリーズは、ファーストステージ(阪神対巨人、甲子園)を全試合自社制作で放送。中日が進出したファイナルステージ(対巨人、ナゴヤドーム)も全試合放送した。
  • 2011年:10月3日にオフ編成に入るが、中日が優勝争いに絡み、かつ東日本大震災発生で開幕が3週間近く遅れた影響で例年より多く試合を残していたため中継を継続。オフ期の番組である『宮部和裕のドラゴンズEXPRESS』の開始を10月18日まで繰り下げ、10月4日からの球団史上初の13連戦を全て中継する態勢を取ったが、優勝決定に至らなかったため、10月18日の横浜スタジアムでの横浜戦も予定を変更して中継(CBCが実況アナ・解説者を派遣して自社制作)。この試合で中日の優勝が決定したため、2試合を残して中継打ち切り。中日が1位で進出したクライマックスシリーズは、ファーストステージ(ヤクルト対巨人、神宮)が放映権の問題[注 7]で中継できないため、HBCからパ・リーグのファーストステージ(日本ハム対西武、札幌ドーム)をネット。中日が進出したファイナルステージ(対ヤクルト、ナゴヤドーム)については全試合放送した。
  • 2012年:10月1日にオフ編成に入った後の3試合は中継せず[注 8]。(9月21日に巨人の優勝が決定していたため。)。中日が2位で進出したクライマックスシリーズは、ファーストステージ(対ヤクルト、ナゴヤドーム)を全試合放送。中日が進出したファイナルステージ(対巨人、東京ドーム)も全試合自社制作で放送した。
  • 2013年:9月30日にオフ編成に入り、9月22日に巨人の優勝も既に決定していたが、残りの3試合もすべて中継を実施。このうち10月1日の甲子園球場での阪神戦は、本来のネット相手であるABCでの中継予定がないため、夏の高校野球開催期間[注 9]、関西地区の聴取率調査期間、2004年以前の土曜デーゲーム[注 10]といった事例を除けば異例のABC制作の裏送りとなった[注 11]。中日は4位に終わりクライマックスシリーズへの出場を逸したが、ファーストステージ(阪神対広島、甲子園)はABCからのネット受けで、ファイナルステージ(巨人対広島、東京ドーム)はTBSからのネット受けで全試合放送した。ただし、中日が進出しなかったことを配慮する形で「CBCドラゴンズナイター(サタデー・サンデー・スペシャル)」は使用せず「CBCスポーツ・スペシャル」の番組名で放送。
  • 2014年:9月29日にオフ編成に入り、9月26日に巨人の優勝も既に決定していたが、残りの2試合もすべて中継を実施。一方のSFはナゴヤドーム開催の1試合のみの放送となったため、2011年や2012年とは逆にSFの方が先に公式戦の中継を終了する形になった。中日は4位に終わりクライマックスシリーズへの出場を逸したが、前年同様に「CBCスポーツ・スペシャル」として、ファーストステージ(阪神対広島、甲子園)はABCからのネット受けで、ファイナルステージ(巨人対阪神、東京ドーム)はTBSからのネット受けで全試合放送した。
  • 2015年:9月28日にオフ編成に入った後のビジター3試合はすべて中継しない予定であった(この時点でリーグ優勝チームはまだ決定していなかったが、既に中日のCS進出可能性がなくなったため)[注 12]。しかし、そのうち10月1日の対広島戦が雨天中止となり、順延されシーズン最終戦となった10月7日の試合は、山本昌投手の引退登板試合となり、SFがネット受けも含めて中継を行わなかったことから、CBCは『ドラ魂KINGスペシャル レジェンド山本昌50歳、最後のマウンド』として急遽RCCからのネット受けで中継した。結果的に、2年連続でSFの方が先に公式戦の中継を終了する形になった。なお、クライマックスシリーズはファーストステージ(巨人対阪神、東京ドーム)については、TBSラジオが放送しないため、ABCからネットした(3戦目は月曜日であったが、JRN扱いでCBCにネットしているにもかかわらず、レギュラーシーズンと同様にNRNのチャイムを使用した)。ファイナルステージはセ(ヤクルト対巨人、神宮)は放映権の関係で放送出来ないため、RKBからパのファイナルステージ(ソフトバンク対ロッテ、ヤフオクドーム)をネットした(なお、TBSは自社制作し、HBC・TBCは通常番組を優先したためRKBとの2局ネットだった)。
  • 2016年:9月26日にオフ編成に入った後のビジター2試合は中継せず(既に9月10日に広島の優勝が決定していたため)。なお、クライマックスシリーズはファーストステージ(巨人対DeNA、東京ドーム)及びファイナルステージ(広島×DeNA、マツダスタジアム)についてはファーストステージをTBSラジオが放送しないことに加え、在京球団同士の対戦だったことや中日が4年連続Bクラスに終わったこともありクライマックス・セ導入後初めて中継をせず通常編成を取ることになった。また当年から中日がクライマックス・セ非出場時は中継を一切行わない方針に切り替えることになった[注 13]
  • 2017年:10月2日にオフ編成に入るが、既に9月18日に広島の優勝と中日の5年連続Bクラスが決定していたため、中日戦の中継は9月27日の東京ドームでの巨人戦を最後にビジターの6試合を残して打ち切り(このうち2試合は改編以前の実施であるが、どちらも神宮球場のヤクルト戦のため元々中継なし)。JRNナイターの放送は9月29日まで継続。
  • 2018年:10月1日にオフ編成に入った時点で中日は2試合を残していたが、既に9月26日に広島の優勝が決定していたため、中日戦については10月13日のナゴヤドームでの阪神戦(シーズン最終戦)のみを中継。この試合は双方の球団のBクラスが確定したことでクライマックスシリーズの開催期間中に組み込まれたが、SFがクラマックスシリーズ中継を優先する一方、CBCはクラマックスシリーズの中継予定がないこと、さらには岩瀬仁紀荒木雅博の引退試合であることから中継に踏み切った。

なお、日本シリーズについては、2017年までは中日の出場有無に関係なく全試合を完全中継しており、中日が出場した2004年、2006年、2007年、2010年、2011年は全試合をCBCが実況アナウンサー・解説者を派遣して自社制作し、ほかの年はJRN全国中継をネット受けしていた。しかし、2018年からはTBSラジオの野球中継撤退の影響もあり、中日が出場できなかった年は中継しないことになった[注 14]

レインコート番組(予備番組)一覧表[編集]

曜日別レインコート番組放送一覧(2018年)
曜日 ナイター放送予定全試合が中止の日 ナイター開催が基からない日
火 - 金 「ドラ魂ワイド!!」(自社制作)
※「ドラ魂ナイト」のスペシャル版[5]
「ドラ魂ワイド!!」(自社制作)
または
「大谷ノブ彦のキスドラ」(自社制作)
※「大谷ノブ彦のキスころ」の特別編
土・日・月 (定時番組)
(試合時間別の対応は当該項を参照)
  • 2017年までは火曜から木曜に「プロ野球ネットワーク」、金曜に「プロ野球東西南北」が編成されていた(いずれもTBSラジオ制作)。どちらも放送する主旨は同じであるが、月曜日と金曜日のJRNナイターの関西地区でのネット局がMBSラジオ(火-木曜はABCラジオ)であることに配慮してタイトルを変えていた。2018年はTBSラジオのプロ野球中継撤退の影響で、上記の対応となった。

中継が延長した場合の対応と土・日・月曜の番組編成[編集]

原則、試合開始時刻から3時間を中継枠として設けているが、試合が長時間に及んだ場合は以下のようになる。また、土・日・月曜は状況により番組編成が以下のように変化する。なおこれは、クライマックスシリーズ日本選手権シリーズにも準用される。

火曜日 - 金曜日[編集]

  • ナイター中継の終了が21:55まで場合は、『ドラ魂ナイト』を短縮放送。22:00を過ぎる場合は『ドラ魂ナイト』は休止し、中継終了後に『ナガオカ×スクランブル』を短縮放送する。
  • デーゲーム中継時は、17:50頃までに終了した場合は『丹野みどりのよりどりっ!』を短縮放送。ただし、中継を行っている時間帯に本来放送されている箱番組を優先して放送する。17:53を過ぎる場合は『丹野みどりのよりどりっ!』が休止となり、試合終了まで中日戦の実況を続け(18時以降はドラゴンズナイターのタイトルになる)、中日戦の試合中継終了後に(場合によっては箱番組の放送を行ってから)他球団のナイトゲームの中継に飛び乗る。左の状況でJRN系列でナイトゲーム中継の代わりにレインコート番組をナイトゲーム帯に放送している場合でも中日戦の中継終了後に飛び乗りする。なお、JRN全国ネットのニュース番組『ネットワークTODAY』は番組開始時刻になっても中継が続いている場合は休止され、CMのみ中継終了後に流れる。(月曜デーゲームの中継時も同様)

土曜日[編集]

  • ナイター中継時は『工作太朗のラジオボーイ』は中継の直前番組として17:53までの短縮放送となる。また、通常時20:30開始の『ラジオシアター〜文学の扉』を16:15に、19:30開始の「Stagerアイドルベストテン!」を17:00開始に移動する。
  • デーゲーム中継時は、『若狭敬一のスポ音』は中継の直前番組として試合開始3分前までの短縮放送となる。
    • 中継終了後は原則として『中野浩一のフリートーク』を中継終了直後に放送し、その後で『ラジオボーイ』を19:00まで放送する。平日のようなリレー中継は行わない(これは日・月曜も同じ)。放送の開始・終了が(2017年度の中日主催デーゲームの基本時間である14:00を基準として)イレギュラーなケースは以下の通りとなる。
    • 16:45より前に中継が終了した場合は『若狭敬一のスポ音』を16:45まで放送し、その後の『フリートーク』以降の番組は通常編成。
    • 17:45になっても中継が続いている場合はJRN全国ネットのニュース番組『ウィークエンドネットワーク』が休止され、CMのみ前後の時間帯に放送。中継終了が17:45に近い時間となった場合は『ウィークエンドネットワーク』を放送してから『中野浩一のフリートーク』を放送(場合によっては『ラジオボーイ』に内包する形を取る)。
    • 『中野浩一のフリートーク』の終了時点で18:45を過ぎた場合は、『ラジオボーイ』を休止し、『中野浩一のフリートーク』を放送した後で、通常19:00開始の『大矢真那のホームタウン』以降の各番組をスライドして放送し、通常21:00開始の『ラジノート』を短縮放送にして対応。
  • 中日戦の開催がない、もしくはCBCラジオに放映権がないヤクルト戦ビジターゲームで『CBCドラゴンズサタデー』自体が編成されない場合には、2016年までは『ドラ魂ポーン!!!』を休止し『歌武蔵の番外らじちゃんこ』を編成することが多かった。2017年はヤクルト戦ビジターゲームの際は『スポ音』は原則フル放送。中日戦がナイターの場合、『スポ音』を15時までの短縮として『らじちゃんこ』を編成する場合がある。

日曜日[編集]

  • ナイター中継時は『河原崎辰也 いくしかないだろう!』は中継の直前番組として17:53までの短縮放送となる。また。通常18:45開始の『対話の力~インドの詩心と知恵を語る~』を16:00開始に、通常19:00開始の『高橋誠の心音』16:15開始に移動する。
    • 中継終了後は、通常20:00放送開始の『明日へのエール〜ことばにのせて〜』以降の各番組をスライドして放送。通常21:00放送開始の『CBC歌謡ベストテン』は22:00開始に変更の上で短縮放送になる[注 15]
    • 終了が22時をまたぐ場合は通常22:55から放送される中日新聞ニュースが休止。また、23時をまたぐ場合は設備のメンテナンス時間を確保するために箱番組の一部が休止となることもある。[注 16]
  • デーゲーム中継時は、『板東サンデー』は中継3分前までの放送となる。『GOGO競馬サンデー!』(MBS制作のネット受けまたはCBC自社制作)は原則休止となるが、G1などの重賞レースは野球中継を一時中断してレース実況のみ生中継か同時パッケージ(いわゆる「録って出し」)で放送する。着順や配当は確定した後でスタジオパートで伝える。野球中継がネットされている場合、競馬中継中は一時的に裏送りとなる。重賞レースと阪神主催の中日戦と重複した場合は、SFがMBSからの裏送りで野球中継を放送しているため、競馬中継の時間帯のみCBCとSFでMBS制作番組の競合となる。
    • 中継終了後は、原則『いくしかないだろう!』(終了直後 - 18:45)→『対話の力~インドの詩心と知恵を語る~』(18:45 - 19:00)の順に放送。終了が18:45を過ぎる場合は『いくしかないだろう!』を休止し、以下の番組は繰り下げとなる。逆に中継が早く終了した場合、『いくしかないだろう!』を繰り上げて枠拡大で放送する。

月曜日[編集]

  • ナイター中継時は、基本的に火曜 - 金曜と同様であるが、『ドラゴンズナイター最前線』の放送はない。また、中継終了後は『AKB48 今夜は帰らない…』、『SKE48 観覧車へようこそ!!』を放送した後、『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』が放送される。終了時間が21:00以降の場合は、『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』が飛び乗りでの放送になる。『河原龍夫のヒット! ヒット! パラダイス』と『名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻』は終了時間に関係なく休止となる。
  • デーゲーム中継時は、こちらも基本的に火曜 - 金曜と同様であるが、他球場でのナイターの中継を原則行わないため、終了時間が17:53を過ぎた場合は野球中継終了後に『河原龍夫のヒット! ヒット! パラダイス』を20:00まで短縮放送する。なお、箱番組を放送する場合はそれらを放送してから『河原龍夫のヒット! ヒット! パラダイス』の放送が始まる。

その他[編集]

ナイターが21:00より早く終了した場合は、21:00までスタジオ担当の戸井のフリートークとFAX・メール紹介、音楽を送るケースとTBSラジオのスタジオと一旦つないだ後で、まだ試合が続いている他球場からの中継を送るケースがある[注 17]。21:00から「ドラ魂ナイト」がスタートする。

他にプロ野球の試合が行われていない時のために、CBCでレギュラー番組を持っているパーソナリティーによる独自の穴埋め(フィラー)番組(録音)も用意されているが、放送されることはほとんどない。内容は毎年変わるらしい。この例として、2018年9月30日のナゴヤドームのデーゲームが平成30年台風第24号の影響で中止となった際に、「板東サンデー」と「GOGO競馬サンデー!」の間でブランクとなった時間帯で、「ドラ魂ミュージック」と題した久野誠の進行による録音番組が急遽放送された。

タイトルの変遷[編集]

  • 1977年 - 1982年:「CBCラジオナイター」(シービーシーラジオナイター、総称。普段は「CBC○曜ナイター」(シービーシー○ようナイター)と称していた)
  • 1983年:「CBCドラゴンズナイター」(第1次)
  • 1984年 - 1996年:「CBCラジオナイター」(シービーシーラジオナイター)
    • 上記「CBCラジオナイター」の頃までは、テーマ曲として「ロイヤル・ウェールズ・フュージュリア連隊 (Royal Welch Fusiliers March) 」(作曲/ジョン・フィリップ・スーザ)という行進曲を使用。この曲は、CBCのスポーツ中継全体のテーマ曲という位置付けであり、ラジオだけでなくテレビの中日主催ゲーム中継においても使われた。
  • 1997年 - 2000年:「CBC Power Night Game」(シービーシー パワーナイトゲーム)
  • 2001年 - 現在:「CBCドラゴンズナイター」(第2次)

プレゼント[編集]

  • 2004年:勝利の点差クイズ
    • 中日が当日の試合に「何点差で勝つか」を予想してもらい、正解者から抽選で現金5000円や特製グッズをプレゼント。負けや引き分けの場合は現金プレゼントは無し。
  • 2005年:ホームランプレゼント
    • 中日の選手でホームランを打った選手の名前を書いて抽選で現金をプレゼント。またFAX/メールメッセージを送って特製グッズがあたり月末に月間賞として別の賞品が当たる。
  • 2006年:キーワードプレゼント
    • 番組内で3回キーワードが読み上げられ、全てを答えて送ると抽選でプレゼントが当たる(現金1万円1名、番組特製ネックストラップ5名)。
  • 2007年:強竜伝説キーワードプレゼント
    • 内容は2006年度と同じ。2つめのキーワードの前にキーワードに関連した過去の名場面の実況が流れる。
  • 2008年:強竜伝説キーワードプレゼント
    • 発表されるキーワードが1つになった。番組内で3回読み上げられ、2回目の発表時に前年度と同様、キーワードに関連した過去の実況が流れる。
  • 2011年:キーワードプレゼント
    • プレゼント企画がホームゲーム限定となった。キーワードは1つで、5回裏終了時に読み上げられる。キーワードは試合展開に関連したものが多い。
  • 2012年:JOIN US!キーワードプレゼント
    • 基本は2011年と同様だが、キーワードの読み上げをチア・ドラゴンズ2012メンバーが行うようになった。また、セ・パ交流戦の期間中は「ドラゴンズ必勝キャンペーン」として、ビジターゲームも含む全ての試合でプレゼント企画がなされた。
  • 2013年:ラストバッタークイズ~ザ・ラストサムライ~
    • 中継する中日戦の全てでプレゼント企画が行われるようになった。タイトル通り、中継した試合の最後のバッターを答える。

解説者[編集]

レギュラー解説者[編集]

ゲスト解説者[編集]

2011年までは立浪のみだったが、レギュラー解説者の人員減少を受け、2012年から2013年にかけて、ゲスト解説者の登場機会が増えていた。原則として月1回程度の出演で、2014年以前のラジオ日本向け裏送りの対巨人戦中継には出演しなかった。

  • 立浪和義(2010年 - 、JRN全国ネットも担当する)[注 23]
  • 森本稀哲(2016年 - 。在札各局で解説)2016年はセ・パ交流戦のHBCとの2局ネットで出演したが、2017年は単独放送の対西武戦に出演[6]
  • 高橋尚成(2016年 - RFラジオ日本他解説者)巨人主催試合の自社乗り込みで出演。
  • 秋山幸二(2017年 - RKB毎日放送からの派遣)対西武戦に出演[6]
  • 落合博満(2018年 - )セ・パ交流戦で出演。
  • 槙原寛己(2018年 - TBSテレビ解説者)以前からTBSラジオ制作の中継に出演していたが、2018年はナゴヤドームからの自社制作中継にも出演。
  • 清水隆行(2018年 - RFラジオ日本解説者)RFラジオ日本制作の巨人主催試合のネット受け・裏送りに限らず、TBSラジオが制作に係わるDeNA主催試合の自社乗り込みにも出演。
  • 板東英二(1979年 - 1980年、2018年 -。ニッポン放送ゲスト解説・MBSラジオゲスト解説者兼) CBCラジオでは2018年から『板東サンデー』を担当し、34年振りに復帰。専属解説を離れて以降も本数契約時折出演。

TBSラジオ制作分の中継(DeNA主催試合)の出演者については、TBSラジオ エキサイトベースボールの項を参照されたい。

備考 この他、解説者が不足した際には、TBS・ABC(月・金曜以外)・MBS(月・金曜)・RCCから解説者を借りて放送することがある。

  • TBS=杉下茂等の中日OBや、水原茂等中日監督・コーチ経験者が主体だが、それ以外の解説者も担当。過去にはRF向け裏送り中継にTBS解説者が出演した例もある。
  • ABC=対阪神戦。中日OBの矢野燿大等。
  • MBS=主に対阪神戦(稀に阪神非関与のJRN全国中継の担当もあり)。中日OBの一枝修平等。
  • RCC=対広島戦のビジター自社制作(特に2018年は金曜日を中心に実施)で中継する際に出演することがあるが(過去には、逆にRCCアナウンサーとCBC解説者という形態もあった)、RCCがJRN受けの曜日には中日のホームゲームに道原博幸が派遣された例があった。また衣笠祥雄など広島OBのTBS解説者が派遣されることもあった。

過去の解説者[編集]

備考

2011年まではCM明けに解説者のワンフレーズが流れていた。以下にその一覧を記す。なお、このワンフレーズは放送日に解説を担当していない場合でも流れていた。

  • 高木守道:「CBCラジオを聴くのが普通です
  • 木俣達彦:「勝敗予想に自信あり、CBCラジオ
  • 山田久志:「次の一球をズバリ読みます。CBCラジオ
  • 小松辰雄:「直球勝負、CBCラジオ
  • 牛島和彦:「CBCラジオで野球の楽しさ、伝えます
  • 彦野利勝:「歌も野球もCBCラジオで
  • 落合英二:「CBCは選手の素顔に迫ります・・・なんてね

実況アナウンサー・リポーター[編集]

TBSラジオ制作分の中継(DeNA主催試合等)の出演者については、SAMURAI BASEBALLの項を参照されたい。

備考

塩見・江田以外は衛星テレビ放送向け実況[注 28]も担当。塩見・水分・江田以外はテレビ地上波の実況も担当している(塩見・水分もかつては担当していたが、今は衛星放送向け実況のみの担当になっている。江田は2018年8月時点では衛星放送向けの実況のみ担当しており、テレビ地上波での実況経験なし)。

  • 中日ビジターゲーム時の実況・リポーターは原則として高田、宮部、西村が交替で担当(若狭は他の担当番組にかぶらない範囲で担当。江田も2017年から担当することがある。江田は2018年シーズンより生放送のレギュラー番組がなくなった為、スポーツ部に移動した伊藤の代わりに担当することが多くなった)。CBCが中日戦の中継を行う場合、セ・リーグゲームのビジターゲームのアナウンサーの派遣は原則行われる。交流戦も2013年までは同様に派遣していたが、2014年はアナウンサーを派遣せず、現地局の出演者のみで中継を行うことが多くなった。2015年以降は再び全試合派遣に戻った(そのうちCBC向けが裏送りになる4試合のうち3試合をCBCアナウンサーが実況を担当する)。派遣されるアナウンサーは原則1人だが、交流戦の自社制作時や3連戦でかつ全試合をCBCアナウンサーが実況する場合は2人派遣されることもある(この場合はそれぞれのアナウンサーが実況とベンチリポートを交互に担当する)。尚、2018年は札幌ドームでの日本ハム戦のみアナウンサーを派遣しなかった[7]。また、CBCテレビがビジター中継を行う場合、カードの途中でテレビ実況を担当したアナウンサーと交代する場合もある(3連戦の1戦目にテレビ実況を担当したアナウンサーが2・3戦目のラジオリポーターを担当するなど)。
  • 塩見は2012年7月のスポーツ部への異動により一旦番組から離れていたが、2014年7月に専任局次長としてアナウンス部に復帰[8]。同時に本番組にも復帰し、当面は不定期に中日主催試合のベンチリポートを担当する。
  • 水分は2012年7月のアナウンス部長就任後はビジターゲームの担当から外れていたが、2014年9月19 - 21日の対阪神戦で久々にビジターゲームのベンチレポートを担当している。
  • 若狭は2012年までは『サンデードラゴンズ』、『若狭敬一のスポ音』を担当している日曜日以外の試合に出演していた。2013年4月からはこれらに加えて月曜~木曜に『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』に出演するため、2013年シーズンは後述の中日クラウンズ期間中の5月1日にベンチリポーター、5月4日に実況で1度出演したのみであった(テレビ中継も副音声のみ担当した)。2014年シーズンより『ゴゴスマ』の担当が月曜日のみとなったため、2014年から2016年シーズンは日曜日、月曜日以外に出演するようになった。2017年シーズンより『若狭敬一のスポ音』が土曜日のデーゲーム直前の放送となったため、土曜日も実況・リポーターを担当しなくなった。ただし、中日クラウンズの時期は人員が不足するため、これらの曜日であってもベンチリポートのみ担当する場合がある[9]
  • 西村は2011年6月のスポーツ部への異動によりレギュラーでの番組出演は一旦終了したが、2013年・2014年には実況アナウンサーの人員に余裕がない際に数度、スポーツ部所属のまま実況を担当したことがあった(ラジオ日本向けの裏送り中継含む)。2016年7月からアナウンス部に復帰したため、本番組へも本格的に復帰している。
  • 江田は2015年9月3日・対DeNA戦(ナゴヤドーム)のリポーターとして中継初登場。2016年8月11日・対東京ヤクルト戦(ナゴヤドーム)で実況デビューを果たす。
  • 榊原は2018年7月7日・対ヤクルト戦(ナゴヤドーム)のリポーターとして中継初登場。
  • 光山は2018年7月26日・対DeNA戦(ナゴヤドーム)のリポーターとして中継初登場。
  • CBCテレビがビジター中継を行う場合、リポーター担当のアナウンサーはテレビ・ラジオの両方に出演する。ホームゲームの場合はそれぞれ別のアナウンサーが担当する(中日主催試合かつCBCテレビが地上波中継を行う場合、ヒーローインタビューのインタビュアーをテレビ中継のリポーターが、中日が勝利した場合の監督インタビューのインタビュアーをラジオ中継のリポーターが担当する)が、中日クラウンズと日程が重なるなど、人員が不足する場合は兼任する場合があるが、中日クラウンズ期間中のテレビ放映権は、普段中継する日曜日のデーゲームも含め東海テレビテレビ愛知NHK名古屋放送局に譲渡することが多くなっている。
  • 2012年までは放送内で「実況 CBC ○○」と呼称していたが、2013年4月1日のラジオ部門の分社化にあわせ、2013年シーズン開幕から「実況 CBCラジオ ○○」と呼称するようになった。なお専属解説者についてはテレビ・ラジオ兼任であることから「解説 CBC ○○さん」で変わっていない。

過去の実況アナウンサー・リポーター[編集]

スタジオ担当[編集]

  • 火曜日-金曜日ナイター:戸井康成(中継終了後の『ドラ魂ナイト』パーソナリティも担当。なお戸井が休む場合はCBCアナウンサーが『ドラ魂ナイト』も含め担当する)
  • 土曜日・日曜日:スポーツ担当のアナウンサーから1名(原則事前録音で対応。競馬中継がある場合、別のアナウンサーが生で競馬中継への前振りや配当の読み上げを行う)
  • 月曜日ナイター・平日デーゲーム:CBCアナウンサーから1名(スポーツ担当以外のアナウンサーも担当する。月曜日に関しては本来の月曜レギュラー番組『河原龍夫のヒット! ヒット! パラダイス』を担当している渡辺美香でほぼ固定されている)
    • 試合中の提供読みやプレゼントの告知、ニュース速報を担当する。ニュース・交通情報の速報が入る場合、夜勤アナウンサーが報道スタジオから担当する場合がある。
    • 平日にリレーナイターの編成になった場合は戸井はナイターのみ担当し、デーゲームはCBCアナウンサーがスタジオ担当となる。
    • 試合中にスタジオにつなぐ場合はBGMとしてその年のCBCテレビ「燃えよ!ドラゴンズ」テーマソングが流れる(2013年はSKE48の「チョコの奴隷」。この措置は2007年から)。通常はインスト版だが、場合によってはヴォーカル入り版が流れる。
なお、2015年までの体制は以下の通り。
  • 2007年までは久野を中心に男性のスポーツアナウンサーが交代で担当していた[注 29]
  • 2008年からは女性アナウンサーも担当するようになった(占部沙矢香アナが夫の佐藤充投手の登板日にスタジオ担当となったこともある)。
  • 2009年と2010年は日曜が女性アナ、火曜~土曜は当時平日にレギュラー番組を持っていた久野以外の男性のスポーツアナウンサー、月曜は男女関係なく空いているアナウンサーが担当した。
  • 2011年は曜日を問わず男女関係なく空いているアナウンサーが担当していた。
  • 2012年は2010年までと同様の体制に戻り、久野も再びスタジオ担当として出演するようになった。
  • 2013年から2015年は戸井が平日ナイターを担当し、それ以外は男女・スポーツ担当にかかわらずアナウンサーが担当するようになった。
  • 2016年の土・日・月曜日のビジターゲームはチア・ドラゴンズ2016メンバーから1名が担当していた。ただし、提供読みや競馬中継が挿入される場合の前フリや配当の読み上げはCBCアナウンサーが担当していた。また、ホームゲームの場合はCBCアナウンサーが担当した。
  • 2017年の土曜日・日曜日は元チア・ドラゴンズの小倉綾華がスタジオを担当したが、競馬中継の前フリや配当の読み上げはCBCアナウンサーが担当していた。

ドラ魂ナイト[編集]

2013年度から始まった、火 - 金曜のナイター終了後から22:00まで放送されるクッション番組。2013年度は4月2日から9月27日までの放送。火 - 金曜ナイターのスタジオ担当である戸井康成がパーソナリティーを務める。

主なコーナー[編集]

短縮放送時並びに中日戦以外の試合を中継した場合には一部コーナーが割愛される。

  • FAX・メール紹介
    • 中継した試合のゲーム内容に絡んだリスナーからのFAXやメールを紹介する。
  • 実況・リポーターとのトーク
    • 中継した試合が中日主催の場合は実況アナウンサー、他球団主催の場合はベンチリポート担当のアナウンサーと戸井が試合後の監督の談話も交えて、中継した試合についてトークする。
  • ゲームダイジェスト
    • 中継した試合を実況音源も織り交ぜてダイジェストで振り返る。
  • 中日新聞ニュース
    • 定時ニュース。夜勤担当のCBCアナウンサーがニュースを読む。
  • 他球場の試合の結果・途中経過の速報。
  • さゆドラプッシュ曲
    • 『さゆりんの音楽楽園』[注 30]と『ドラ魂ナイト』で一押ししているアーティストの曲を1曲かける。曲は月単位で変わる。
  • アゲソン!リクエスト
    • 中日が敗れた場合のみ「さゆドラプッシュ曲」の替わりに放送。元気が出る曲を中心にしたリスナーからのリクエスト曲を1曲かける。
  • 戸井康成のドラ魂ブルペン - アーティストと戸井のトーク、もしくはアーティストからのコメントを流した後に曲が流れる。トークゲスト・コメントゲストがいない場合はCBCラジオのヘビーローテーションである「いっしょに歌お!」の2曲のうちの1曲をかける(事実上『さゆりんの音楽楽園』からの継承コーナー)。
  • ピンチヒッター大喜利
    • 野球関係の事柄をテーマにしたネタコーナー。コーナーの最後で次回のお題が紹介される。
  • ドラ魂ダービー
    • 毎月テーマを決めてリスナーの予想を募るコーナー。テーマは月ごとに変わる。
  • ドラえーもん
    • エンディングコーナー。中継した試合のベストシーンを実況音源で振り返る。

関連番組[編集]

  • 久野誠のドラゴンズワールド(オンシーズンは月曜 18:00 - 18:55、土曜 17:00 - 17:53。オフシーズンの月 - 金 18:00 - 19:00、土曜 17:00 - 18:45。2009年春改編で終了。2011年8月21日の13:30 - 15:00の枠で終了から2年半ぶりにスペシャルを放送。)
  • 若狭敬一のドラゴンズワールド WEEKEND SPECIAL(ナイターイン期は土曜 17:00 - 17:53・デーゲーム中継時は休止の週あり。ナイターオフ期は金曜 18:00 - 18:55、土曜 17:00 - 18:45。現在は下記『スポ音』に移行。)
  • 若狭敬一のスポ音(日曜 17:00 - 19:00、デーゲーム中継時は試合終了時間により放送時間が変わる(詳細は上記)。ナイター中継時は17:53までの短縮放送)
  • 宮部和裕のドラゴンズEXPRESS(オフシーズンの火 - 金 18:00 - 20:00。2012年春改編で終了)
  • ドラ魂KING(オフシーズンの火 - 金 18:00 - 20:00)
  • 晩ドラ(CBC中継予定カードのない日に不定期放送。メンバーは戸井康成・高田寛之・加藤由香・彦野利勝。放送は2008年度は4月19日から開始。2009年度は6月9日と6月12日の2回放送。その後長い間放送がなかったが、2011年7月10日と2012年2月26日にはいずれも13:30-15:00の枠でスペシャル版を放送。さらに2012年6月15日には3年ぶりにナイター枠で放送され、コーチとなった彦野に代わり牛島和彦が出演(彦野も遠征先から1コーナーのみ電話出演)。)
  • サンデードラゴンズ(日曜 12:54 - 13:24 CBCテレビで放送)
  • プロ野球ネットワーク・プロ野球東西南北(JRNネット受けカード雨天中止時に放送)
  • ごごイチ/ごごイチ金(ゴールド)(月 - 木 13:00 - 16:00(金は - 17:53)、ドラゴンズデーゲーム時は時間短縮。2012年春改編で終了)
  • 夕刊アツキー!(月 - 金 16:00 - 17:53、ドラゴンズデーゲーム時は時間短縮。2013年春改編で終了)
  • 土曜天国 ぴかラジ(土 12:30 - 16:45放送、ドラゴンズデーゲーム中継時は時間短縮。2012年春改編で終了)
  • 神山里美のホット!na日曜(日 9:00 - 15:00放送、ドラゴンズデーゲーム中継時は午後枠を休止或いは短縮。2009年春改編で終了)
  • サンデーみか 〜Mika's MUSIC MUSEUM〜(上記「ホット!na日曜」の後継番組、ドラゴンズデーゲーム中継時は午後枠を休止或いは短縮。2012年春改編で終了)
  • 上野規行のSunday LOVEARTH(日 17:00 - 17:53放送、ドラゴンズデーゲーム中継延長時は時間短縮。2009年春改編で終了)
  • GOGO競馬サンデー!(日 15:00 - 16:00放送。既述の通り、ドラゴンズデーゲーム中継時は休止し中継終了後に結果速報のみ伝える。G1などのメインレースのみ野球中継を中断して生放送する場合あり)

ネットワーク[編集]

JRNシングルネット

ラジオネットワーク発足以前のフリーネット時代は、カードによりニッポン放送九州朝日放送との相互ネットとなる事例もあった。
TBSラジオが野球中継の全国配信から撤退した2018年以降は、オールスターゲームでは平日(主に金曜日)は文化放送、土・日曜日はニッポン放送を含むネット関係となる。

制作担当局[編集]

地域(球団)/曜日 火・水・木 土・日
基本系列 JRN[* 1]
北海道 HBC
宮城 TBC[* 2]
関東[* 3]西 RF(TBS)[* 4]
東海 CBC
近畿 MBS ABC MBS ABC
広島 RCC[* 2][* 5]
福岡 RKB
  1. ^ TBSラジオが自社およびJRNネットワーク番組としての野球中継を廃止した2018年以降は、厳密には(NRNとのクロスネットを含む)JRN加盟局間の個別ネット扱いとなる。
  2. ^ a b 「楽天対阪神」「広島対阪神」の場合に限り、水・木曜はABC、金曜はMBS制作になる場合がある(RCCやTBCが裏送り待機を粉わず、中日戦およびJRN全国カードが中止となり、予備カードから昇格した場合のみ)。
  3. ^ ヤクルト主催試合の放送はできない(日本シリーズおよび本拠地球場開催のオールスターゲームを除く。ヤクルトのビジターゲームは放送可能)。
  4. ^ RFについては、原則として巨人主管試合のみで年間20試合程度をJRN向けに制作(その逆で、RF/GBS/CRK向け<GBSは月曜を除く毎日、CRKは火-金曜のみ>にJRN各局が制作した巨人戦、及び巨人戦中止時の予備カードを放送する)。なお巨人戦は2017年までGBSへの配慮としてJRNナイターはTBSが制作し、RF側はGBS/CRK向け(GBSは原則月曜を除く毎日、CRKは火-金曜日のみ)のみを放送していたが、2018年からRF制作中継CBCとGBSの並列放送が解禁された。2018年以降TBSは自社での放送を行わないが、CBCへの裏送りや乗り込み中継への制作協力は行う。またアール・エフ・ラジオ日本が巨人主催試合に限り2016 - 2017年は一部の試合をJRNナイターとして放送し、2018年も引き続きJRN系列局へのネットや乗り込み中継の制作協力を行う。土・日曜ナイターでLFの、平日の西武主催でQRの関与があるかは未定。
  5. ^ 2018年から自社放送分のナイターに関しては全曜日NRNを優先し、中日が関与する試合もSFとの相互ネットとしているため、広島主催はRCCからの裏送りかCBCの乗り込み自社制作での対応となる。デーゲームでは引き続き土・日曜日に相互ネットを実施している。

巨人・DeNA・西武・ロッテ戦[編集]

(ヤクルト主催試合は原則JRNに放送権がないので基本的に放送出来ない)

  • TBSラジオ、またはアール・エフ・ラジオ日本(火~金曜の巨人戦は相互ネットが多いが、DeNA戦も相互ネットになることがある。土・日・月曜の当該球団主催は単独放送またはTBS制作の裏送り。2016年からRF製作によるJRNナイターの放送となる場合がある。後述)
    • TBSからのベンチリポーターの派遣は火~金曜にTBSと相互ネットになるか、予備カードからの昇格の可能性が高い試合、並びに土・日・月曜の関東での試合に限られる。DeNA対中日の場合、TBSから派遣されたベンチリポーターはBS-TBSTBSチャンネルの「SAMURAI BASEBALL」と兼任する場合がある(兼任はTBS所属のアナウンサーに限られ、テレビ中継のリポーターがフリーアナウンサーの場合は出演しない。また、CBC側からのリポーターは「SAMURAI BASEBALL」に出演しない)。また、DeNA対中日におけるヒーローインタビュアーも担当する(平日ナイターなどでTBS・CBC双方からリポーターが派遣されている場合は勝ったほうのチームのリポーターが担当するが、NHK(総合テレビ及びBS1)が放送している場合はNHKのアナウンサーが担当する)。
    • TBSの放送エリアでの中日ビジターゲームでは後述のようにCBCのアナウンサー+TBSの解説者で中継が行われることも多い。TBSが自局で野球中継を行わない土・日・月曜の試合や火~金曜開催のデーゲームのほとんどがこの手法で中継される他、2011年のロッテ・西武との交流戦は平日のナイター開催分も含め全てこの手法で中継を行った。また、2012年の8月にDeNA対中日が土曜日に甲府、日曜日に松本での2連戦で行われた際には、ロンドンオリンピック期間中ということもあり、要因不足を考慮したためかTBSからのアナウンサー派遣がなかったため、CBCから2名のアナウンサーが派遣され、交互に実況・リポートを担当したほか、松本での試合は信越放送(SBC)が主催として名を連ねていたため、SBCとの2局ネットで放送した(SBCは土日JRNナイター廃止と同時に土日ナイター枠を廃止し、通常はTBSからの音楽番組のネット受けとしているため、JRN相当のCBCの中継を受けたと思われる。ちなみにNRNは全国ネットカードだった(ただしQRはロンドンオリンピック中継のため野球中継を休止した))。
    • 巨人戦については火~金曜の開催分は原則相互ネットとなるが、2012年からは経費と人員の問題からか特にシーズン中盤以降のカードで火~金曜の開催分でも裏送りとなる事例が発生している。この場合、3連戦のうち最低1試合はCBCアナウンサーが実況を担当している。また、2017年にはぎふチャンラジオが土曜・日曜ナイターの放送を取りやめたため、CBCがRFからの個別ネットで中継する例が発生している(2017年は6月24日が該当)[6]
    • 相模原市立相模原球場でDeNA対中日戦が行われ、CBC自社制作(JRN雨天予備カードの場合は除外)もしくはCBCのアナウンサー+TBSの解説者で中継を行う場合、CBCの中継は地元のFMさがみにもネットされる。
    • 近年は、中日主催試合が行われる場合に在京球団以外のチームとの対戦(主に阪神戦)であってもTBSがCBC制作分をネット受けするケースが出てきている。
    • 沖縄県のJRN単営局である琉球放送(RBC)のRBCiラジオ エキサイトナイターTBSラジオ エキサイトベースボールと同内容で放送しているため、水曜~金曜の試合でTBSがCBC制作分をネット受けする場合は事実上CBC-TBS-RBCの3局ネットでの中継となっていた。なお2016年以降はRBCのナイター中継が火曜のみとなったため、この状況は発生しない[注 31]
    • かつて、ナゴヤ球場・ナゴヤドームで西武主催ゲームが行われた場合はCBCが予備待機を担当する場合があった。
    • 1995年~2001年は、横浜主催の中日戦に限り特例でニッポン放送(LF)が裏送りしていた(後述)。
    • CSについてはTBSが中継する場合は開催球場に関係なく原則自社制作で中継を行うため、CBC制作の実況がネットされたことはこれまで一度もなく、CBC・TBS双方の乗り込み自社制作時の技術協力のみに留まっている。なお、TBSはナイターのみ放送し、デーゲームの場合は中継を行わない。なお、CSの放映権はレギュラーシーズンに準ずるため、CBCと同様にヤクルト主催になる場合は中継できない。
    • 「ドラゴンズナイター」になって以降、日本シリーズに中日が出場した場合のTBSの対応は以下の通り。
      • 2004年(対西武)-全試合自社制作(西武ドームでの試合時には自社向けとJRN全国中継を二重制作)。
      • 2006年(対日本ハム)-全試合自社制作(自社向けのみ)。
      • 2007年(対日本ハム)-全試合JRN全国中継を解説者派遣の上でネット受け(札幌ドームでの第1・2戦はHBC、ナゴヤドームでの第3~5戦はCBC制作)。第3戦と第4戦はJRN全国中継をCBC自社でも放送したため、TBSの解説者がCBCの地元向けの放送にも登場した(第3戦は牛島、第4戦は元木大介[注 32]
      • 2010年(対ロッテ)-千葉マリンスタジアムでの第3~5戦のみ自社制作。ナゴヤドームでの第1・2・6・7戦はCBC制作のJRN全国中継をネット受け(解説者派遣はなし)。
      • 2011年(対ソフトバンク)-全試合JRN全国中継をネット受け(福岡Yahoo! JAPANドームでの第1・2・6・7戦はRKB、ナゴヤドームでの第3~5戦はCBC制作。RKB制作分は後述の通りCBC解説者とRKB解説者のダブル解説。TBSからの解説者派遣はなし)。
    • 2018年はTBSラジオのプロ野球中継撤退に伴い、巨人主催試合はRFラジオ日本からのネット受けが基本となり、RFラジオ日本が放送しない土日デーゲームの制作協力相手もTBSからRFに変更となった。DeNA主催試合はTBS協力による裏送り及び自社制作を継続する(2018年9月22日のDeNA戦は、CBCラジオでは初めて、現地の中継映像(TBSテレビ制作の球団中継)をCBCのスタジオで見ながら実況を行った。(解説:彦野、実況:西村))。西武主催試合については、対中日戦はQRの技術協力(放送ブース使用など)による自社制作で対応する[注 33]。2018年に中日主催で行われるロッテ戦は、CBC制作分をQRが予備カードとして編成する。このため、2018年6月5日の対ロッテ戦は、QRが本番カードとしていたDeNA対西武戦が雨天中止となり、CBC-QRの2局ネットで放送された。
    • ロッテ・西武主催で中日が関与しない試合については、中日戦の非開催時やヤクルト主催中日戦の裏カード時を中心に、下記の事情によりQRからJRN系列局に裏送りする中継をネット受けする。
      • 同じくJRNシングルネット扱いのHBC・RKBは、西武・ロッテ主催はLF(土・日曜)またはQR(平日)による裏送り及びLFまたはQR協力の自社制作で対応し、CBC解説者でもある牛島がQR制作裏送りの中継に出演することがある[注 34]。逆に平日の西武戦ビジターゲームについては、HBC・RKBからQRにネットするようになった(TBCも2017年までのJRNと同内容でQRにネットする)。
      • 逆に土日デーゲームに限りJRN系列とのネット関係を継続としたRCCは、土日デーゲームで開催された2018年のロッテ主催の広島戦を、巨人主催時と同様にRF制作協力による自社制作で対応した。
    • 土曜ナイター開催となった2018年のオールスター第2戦(熊本)については、LF制作中継をネットした(MBS・HBC・RKBもネット。NRN分はQRが制作)

阪神・オリックス戦[編集]

  • MBSラジオ(MBS、月・金曜日全て、土・日曜日ナイター)
  • 朝日放送ラジオ(ABC、火~木曜日全て、土・日曜日デーゲーム)
    • 2010年から土・日曜のJRNナイターが原則廃止され、ABCがNRNナイター担当局となったために上記の体制となった(福岡のRKBとは異なり、時間帯によってネット関係が固定されている)。土・日曜のMBS制作阪神・オリックス主催ナイターについてはニッポン放送ショウアップナイターが本番・予備カードとする場合があるため、MBS-CBC-LFの変則ネットとなることも想定されている(これまでに何度かその予定が組まれたことがあるが、現時点では予備からの昇格はなく実現に至っていなかった。2016年7月30・31日には初めて本番カードでの変則ネットとなる[注 35])が、CBCが別途MBS協力による自社制作を行い対応することもある。なお、ABC発の場合は文化放送(QR)の、MBS発の場合はLFの報道素材扱いとなっているが、表面上はJRNの形式(速報チャイムはJRNの物を使用)で行われている(TBSにはABC、MBSの両方が提供している模様。なお土日はJRNに関してはデーゲーム・ナイターとも、NRNはデーゲームは個別ネット扱いになる)。
    • 対阪神戦については、2013年から聴取率調査週間中を除いては主催球団に関係なく上記担当局との相互ネットとなる[注 36]。ただし、9月28日と29日の中日主催の土日デーゲームはCBCのネット相手であるABCが自社制作を行った[注 37]
    • 中日が関与しない阪神主催の土・日曜デーゲームについては、CBCが中継する「巨人 vs 中日」の裏カードとなる試合をSFがMBSと同時ネット(土曜)または裏送り(MBSが競馬中継優先となる日曜)を受けているが、2014年は日曜についてSFがMBSからの裏送りを受けず、ABCからの同時ネットに変更する例が発生している。
    • 対オリックス戦については、上記担当局でオリックス戦が中継されることは少ないので、中日主催は単独放送、オリックス主催はABCからの裏送り[注 38]か自主制作となる。ABCにおいて予備カードとして組み込まれていない場合は、ABC解説者+CBCアナウンサーという形が採られたケースもある(2009年、2010年、2013年[注 39])。なお、2006年、2008年、2011年、2012年のオリックス主催試合は全てCBCが現地に乗り込んで自主制作した[注 40]。また、オリックスのOB会長を務め、関西在住である山田が交流戦開始以来、2012年までは毎年最低1試合は必ずこのカードの解説を担当していた[注 41]が、2013年は中日・オリックス両チームでコーチ経験のある高代延博がCBCの中継では初めて解説を担当した。
    • 中日主催試合における上記担当局のベンチリポーターは、原則としてCBCとの相互ネットの場合もしくはJRN全国中継となった場合のみ登場するが、例外として2010年9月21日からの3連戦のようにCBCローカルでありながらABCから阪神サイドのリポーターの派遣を受けたこともあった(このときはABCの自社制作分の一部にもCBCから中日サイドのリポーターを派遣した)。
    • 2003年から2012年の中日主催の阪神戦はMBS・ABC共にCBC(いずれか一方がSFの場合あり)協力での自社制作が基本となり[注 42]、CBC単独での放送が多くなっていた。ただし、この間も以下の試合は相互ネットで中継している。
      • 2004年-ABCにおける8月以降の試合(高校野球期間終了後も含む)[注 43][注 44]
      • 2010年-MBSにおける8月6日の試合。
      • 2011年-ABCにおける8月以降の試合(高校野球期間終了後も含む)[注 43]とMBSにおける9月1日の試合(詳細は後述)。
      • 2012年-ABCにおける5月1日からの3連戦[注 45]、6月26日からの3連戦[注 45]、9月9日と10日の試合[注 46]
    • かつてナゴヤ球場・ナゴヤドームでオリックス・近鉄主催ゲームが開催された時に本番カードとなった場合は、JRN向けをABCまたはMBSのアナウンサー・解説者が乗り込みCBC技術協力で自社制作する場合と、CBCが直接制作の上自社のアナウンサー・解説者が担当する場合があった。また、CBCは中日戦同様にRFラジオ日本・ラジオ関西向けを制作する場合があった。この場合、中日戦でないためAM岐阜ラジオへのネットがあったかは不明。
    • ナイターオフ編成時は、ナイター編成期間と比べてネットワークの縛りが緩いため、本来MBSと組むべき月・金曜ならびにナイター時の土・日曜日でもABCと組むこともあり(この場合、東海ラジオ放送(SF)のネット相手もMBSとなる)、ナイターオフ期も多数の試合を残していた2011年度は、CBCがABCに対して予備カードの融通を行った。ただし、CBC・MBS両局が中継しない場合はSFがネット受けするカードをABCが予備カードとして設定した事例もある[注 47]
    • セ・リーグのCSについては[注 48]、2010年まではMBSが全試合NRN扱いで中継していたため[注 49]、必然的にCBCはABCと組む(全試合JRN扱い)[注 50]事になったが、ABCが中継を行わない年があったり[注 51]、中継を行う場合もCBC・ABC両局が全試合自社制作を行ったため、双方の乗り込み自社制作時の技術協力に留まっていた。2011年度はナイター編成期間通りのネットワーク関係となり、水・木曜開催となったファイナルステージ第1・2戦はABC、金~日曜開催となった第3~5戦はMBSと相互ネットを組んだ。2012年度については、2010年までと同様にABCがJRN、MBSがNRN固定となり、ファーストステージはCBC-ABC、SF-MBSの相互ネット、ファイナルステージは聴取率調査週間にかかるため、ABCは第3戦、MBSは第5戦まで自社制作を行った[注 52]。2013年は中日が敗退したため、ファーストステージの阪神対広島をABCからのネットで放送した(RCCは自社制作したが、ABC-CBCとリポーターの相互乗り入れを行った)。
    • 日本シリーズでは第1・2・6・7戦はABC、第3・4・5戦はMBSとネットを組む。

広島戦[編集]

  • 中国放送(RCC)
    • 主催球団に関係なく、月・火全般、ならびに土・日曜はデーゲームのみ相互ネット[注 53]。水~金曜は中日主催は単独放送、広島主催はRCCの制作で裏送りが行われる。土・日のナイターについては、2014年まではデーゲーム同様の相互ネットであったが[注 54]、2015年からはRCCが機材運用の簡便化のため土・日ナイターをNRNナイターの枠組みに固定したため、水~金曜同様の取扱いとなった[注 55]。ただし、オフシーズン編成期は日本シリーズを含めて前述のABC・MBSと同様、ネットワークの縛りが緩くなる関係で水~金曜や土・日曜ナイター開催であってもCBCがRCCとの相互ネットで中継するケースもある[注 56]。また、稀にRCCが中日主催試合を自社制作する際にCBCとSFのどちらが技術協力するかは、要員などの都合もあり必ずしも曜日によって決まっていない。
    • RCCがNRNラインを採り相互ネットとならない水~金曜(ならびに土・日ナイター)の中日主催試合では、RCCからの広島サイドのベンチリポーター派遣はJRN全国中継となった場合に不定期に行われる程度(近年はない場合が多い)であり、RCCのリポーターが派遣されない場合はCBCのアナウンサーが両チームのリポーターを兼務する。逆に広島主催の場合は水~金曜開催(ならびに土・日ナイター開催)で、かつ全国放送でない場合であってもRCCから広島サイドのリポーターが派遣される。
    • 土・日曜のRCC制作広島主催ナイターについては、ニッポン放送ショウアップナイターおよびMBSベースボールパークが予備カードとする場合があるため、繰上げ時にはRCC裏送り(2014年までは本番)-CBC-LF(-MBS)の変則ネットとなる(予備順位によってはRCCが別に実況をスタンバイして三重制作とする場合あり)。
    • 聴取率調査期間や優勝争いに絡む場合は、CBCが自社制作する場合があり、聴取率調査期間以外の水~金曜日は、RCCが裏送り体制をとらず、CBCの中継をそのままJRN予備待機扱いとする場合がある。また、土・日デーゲームならびに月曜日に該当した際は、RCCはCBC向けの送り出し対応が必要なくなるため、通常裏送りとしているSF(ナイターはQR-NRN予備または本番)向けを自社向け本番に切り替える場合と、SF-NRN向け裏送り・CBC自社製作分の技術協力とは別に、自社分をローカル(ナイター時の月曜はJRN素材)扱いとして別製作する場合とがある。
    • 中日が関与しない広島主催の土・日曜デーゲームについては、CBCが中継する「巨人 vs 中日」の裏カードとなり、かつJRNナイター単独参加局(実例は無いが、日本ハム戦非開催時のHBCが該当)からのネットが無かった場合に限り、RCC-SFの相互ネットとなる場合がある。
    • JRNナイターが平日のみに縮小された2010年からRCCが週末ナイターをNRNに一本化する前年の2014年までの間、CBCが聴取率調査週間の土・日曜ナイターでホームゲームの中継内容をプレゼント企画・応援実況等地元向けに特化し、RCC向けをCBCが別に裏送りしたり、RCCがSFからのネットに切り替えた実例はなかった。
    • RCCはクライマックスシリーズの中継は広島出場時のみ行う(2013年、2014年はすべてJRN扱いで放送したが、現時点では中日と広島の対戦実績がないため、全てをCBC-JRN相互ネットとするか、一部の試合をSF-NRN相互ネットするかは不明。ただし、広島が出場した2016年はCBCが未放送の一方、SFはRCCではなくLFからネット受けしていた)。
    • RCCの日本シリーズ中継は2005年の中継再開から2011年を最後に終了するまで全試合JRN全国中継をネット受けしていた。このため、中日が日本シリーズに出場した2006年、2007年、2010年、2011年のナゴヤドームで行われた試合は全てCBC制作分をネット受けしている(全国ネット用とローカル用が別制作の場合は全て全国ネット用を受けた)。なお、広島が出場する2016年は広島主管分の第1・2戦は自社向けをNRN(SFにネット)扱いとするRCCが二重制作を行わずJRN向けをTBSラジオが制作するが、第6・7戦はRCCが二重制作して自社向けをCBC-TBS-ABC-JRN扱い(HBCは全試合自社制作)、裏送り分をSF-MBS-STV-NRN(第6戦のみQRがネット受け、LFと非開催に終わった第7戦のQRは自社制作)扱いとして、ナイター編成時と異なる対応をとっている。
    • 過去に長良川球場で広島主催の中日戦が行われた際には、中日主催と同様にRCCはリポーターのみ派遣し、CBC・SF制作で放送された(RCCは曜日に応じてどちらかからネット受け)。また、RF向けは中日主催と同様にCBCが別制作する場合と、RFが乗り込む場合とがあったが、いずれの場合でも岐阜放送(GBS)へのネットが行われていた。
    • TBSラジオが野球中継から撤退した2018年から、RCCは火曜日もNRNを優先することになり、広島戦非開催時の予備補充や本番受けもSFから行うため、広島非関与の中日主催試合でのCBCとのネット関係が事実上解消された。また火曜日の広島と中日の対戦時はナイターではSFとの相互ネット(広島主催のCBC向けは裏送りまたは乗り込み自社制作)に切り替えることになったが、火曜日が祝日でデーゲーム開催となった場合や、従来ヤクルト・阪神主催を除きJRN系列局とのネットを優先していた月曜日のネット体制については未定。一方土・日曜のデーゲームについてはCBCとの相互ネットを引き続き優先するが、この場合は、直前の金曜ナイターをRCCの技術・制作協力によるCBCの自社制作として、相互ネットとする土・日曜デーゲームのペンチリポートとして派遣されているアナウンサーが実況を担当する例がある。

日本ハム戦[編集]

  • 北海道放送(HBC)
    • 中日主催試合は交流戦開始以来、CBC協力でHBCが自社制作していたが、2010年に中日主催の1試合が雨天順延で予備日開催となったため、当該試合はHBCもネット受けでの放送となり(JRN全国放送扱い)、2011年以降は全試合CBC-HBCの相互ネットとなっている(この場合、HBCのリポーター派遣は、原則としてHBCテレビでの中継がある場合のみとなる)。
    • 日本ハム主催試合は2006年・2007年・2009年がHBC協力でCBCが自社制作、それ以外はHBC-CBCの相互ネットとなった。なお、2008年・2010年・2011年のHBC制作分では中日、日本ハム両チームのOBでかつCBCの放送エリアの愛知県出身である大宮龍男が全ての試合で解説を担当していたが、2012年度以降は新谷博が解説を担当している。
    • 中日と日本ハムが戦った2006年と2007年の日本シリーズではCBC、HBC両局がホーム・ビジター関係なく全試合を自主制作した。HBCは札幌ドームでの全ての試合で自社向けとJRN向けの二重制作を行ったが、CBCは日本一決定試合となった2007年の第5戦を除いては二重制作を行わなかった。

楽天戦[編集]

  • 東北放送(TBC)
    • 中日主催の場合は日・火・土曜はCBC-TBCの相互ネットで、それ以外の曜日はCBCの単独放送となる。尚、TBCはビジターゲームへのリポーター派遣を原則行っていないが、TBCテレビが中継し、かつラジオがCBC-TBCで組む曜日の場合は、テレビ・ラジオ兼任の形でリポーターが派遣される場合がある。
    • 楽天主催の場合、相互ネットは2008年と2012年のいずれも火曜ナイターと2013年の日曜ナイターのみで、他は全てTBC制作の裏送りか、CBCの自主制作となっている。土・日曜が絡んだ2006年と2011年はCBCが全試合を自主制作した(TBCはJRN扱いの単独放送。SF向けは裏送りにしている[注 57])。なお、TBCの解説者がCBCの中継に登場したのは2008年、2010年、2012年、2013年のみで他の年はすべてCBCの解説者が仙台に乗り込んで中継を行っている。2015年は金曜日がTBC裏送り(CBCが実況を派遣)、土日はTBCとの相互ネットとなる。

ソフトバンク戦[編集]

  • RKB毎日放送
    • 曜日・主催球団に関係なく原則は相互ネットとなる。ただし、ソフトバンク主催試合については2005年・2006年・2008年・2012年はCBCがRKB協力で自主制作し、2009年は1試合が土曜デーゲーム(この年までRKBは原則として放送対象外としていた)となったため、CBCが実況アナを派遣(解説者・リポーターはRKBから派遣)しての裏送りを行った。また、2007年の中日主催試合ではCBCが自社向けとRKB向けの二重制作を行った。なお、RKBは2010年以降ビジターゲームへのリポーター派遣を原則中止したが、ナゴヤドームでの中日戦に関しては先述のHBC同様、RKBテレビでの中継予定がある場合に限り、リポーター派遣が継続されている。
    • 中日とソフトバンクが対戦した2011年の日本シリーズではCBC、RKB両局がホーム・ビジター関係なく全試合を自主制作した。また、ヤフードームでの試合についてはCBCが自社の解説者をRKB発のJRN全国中継に派遣している。(逆にナゴヤドームでの試合時にCBCはRKBの解説者派遣は受けずに中継を行った。)なお、両局とも二重制作は全く行わなかった。

中日主催がJRN全国ネットの場合[編集]

上記テンプレート「JRNナイター中継」のネット受けの局。また、地元球団の試合を優先する放送局も、その該当球団の試合がなく、独自番組の編成もない場合ネットする。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年4月1日に中部日本放送のラジオ部門がCBCラジオとして分社。
  2. ^ 1951年から1953年までは、従来の親会社・中日新聞社のほか、名古屋鉄道が隔年での球団経営に加わった為、球団名を中日から名古屋に変更した。
  3. ^ 1951年8月に本拠地の中日球場が火災で全焼したため、それ以降閉幕までのドラゴンズのホームゲームは周辺の地方球場や首都圏の球場で挙行されていた。当時、首都圏で主催試合を行った後楽園球場は、中日新聞の東京発行版・東京新聞の発行エリアにあった。プロ野球地域保護権が誕生する1952年より前だった為、東京都に拠点を置く読売ジャイアンツ(巨人)などからの許可は不要であった
  4. ^ ABC・HBCも同様。
  5. ^ 本来は4月19日4月20日熊本市鹿児島市で行う予定になっていた「巨人対中日戦」も、基はRFとGBSには放送し、CRKは編成とスポンサーの都合により「ナイタースタジオ特集」への差し替えで、開催の有無に関係なく予備カードも含めてナイター中継を行わないことにしていたが、この熊本・鹿児島遠征は平成28年熊本地震の影響で中止となった。なお、RFのみ単独でTBSラジオからJRN全国ネットに昇格した「DeNA対広島」の配給を受けた(当初は19日のみRCCへ裏送りの予定だった)。
  6. ^ この試合での優勝決定の可能性はなかったため、特例の中継も行われなかった。
  7. ^ CSの放映権はレギュラーシーズンと同様のためJRNはヤクルト主催ステージの放映権を持たない。SFはLFからのネットで放送。
  8. ^ 競合局であるSFは、3試合のうちナゴヤドームのホームゲーム2試合のみ中継した。
  9. ^ 2008年以前のABCは当日の高校野球全試合終了からの中継開始とし、それまではネット局向けの裏送りのみとなっていた。2009年以降は高校野球の展開にかかわらず、ナイターは定刻開始となったため、この形態が適用されるのはデーゲームのみとなっている。
  10. ^ 当時のABCの土曜デーゲーム枠は『近鉄バファローズアワー』として近鉄戦を放送していたため、阪神戦の土曜デーゲームは基本的にABC自社では放送していなかった。
  11. ^ ABCの競合局であるMBSはSFにもネットしつつ自社でも放送。
  12. ^ 競合局であるSFは、10月2日の広島戦1試合のみ中継した(10月1日も予定通り行われた場合には中継する予定であった)。また、9月28日の対ヤクルト戦は全国的にラジオ中継自体がなかった。
  13. ^ 競合局のSFは2016年以降も中日のCS進出可否関係なくセリーグCS中継を継続している。
  14. ^ 競合局のSFは、2009年まで中日不出場時の中継を行っていなかった(2012年からは中日の出場有無に関係なく中継)ため、その当時から立場が入れ替わることになった。
  15. ^ この場合は編成に及ぼす影響が大きいため、前週の同番組で事前告知される。
  16. ^ 例として2010年11月7日(日曜日)の日本シリーズ第7戦は150分延長で中継終了が23時30分となった関係で、23時台の『嶌信彦のエネルギッシュトーク』と『高見沢俊彦のロックばん』が休止となった。なお『エネルギッシュトーク』はこの日の放送分が11月14日に1週遅れで放送され、本来11月14日に放送すべき分を11月21日の19時30分から放送して消化した。
  17. ^ 主にCBCで中継した試合をTBSでも中継している場合に行われる。
  18. ^ 契約の都合上、ラジオ日本向け裏送りの対巨人戦中継には出演しない。兵庫県在住の為、出演は月に1~2回程度に留まる。オリックスOB会長の肩書きも持つ関係上、オリックス主催試合のJ SPORTS中継にゲスト出演する事もある
  19. ^ 2017年12月に自身が絡む交通死亡事故に巻き込まれた影響からか、2018年シーズンは開幕から暫くの間解説者としての出演を自粛していた。同年6月14日に放送されたCBCラジオの番組つボイノリオの聞けば聞くほどでの告知を経て、7月1日の対巨人戦より解説に復帰した。
  20. ^ TBSラジオとの兼ね合いから、2015年までラジオ日本向け裏送りの対巨人戦中継には出演しなかった。一方で、土・日曜はTBSラジオでの中継編成が無いため、予備からの昇格により牛島の解説がニッポン放送経由で流れる可能性があった。
  21. ^ TBSラジオ(2017年まで)・TBSテレビ(BS-TBSTBSチャンネル向け、2009年までは地上波含む)の解説も担当した。
  22. ^ 2016年は現役投手としてゲスト解説者として出演していた。2017年3月19日に正式に選手引退を表明したため、2017年からレギュラー解説を担当。
  23. ^ テレビではCBCを含め各局で解説活動をしているが、ラジオでの解説はCBC以外には、MBSとニッポン放送の名古屋からの自社制作のみ出演している(尚、2016年4月19日(熊本)、20日(鹿児島)の巨人対中日戦でTBSラジオ制作の中継に初出演予定だったが、熊本地震の影響で試合が中止となった)。なお、CBCラジオでのこれまでの出演もすべてナゴヤドームでの試合であったが、2016年開幕戦(京セラ)で初めてナゴヤドーム以外からの中継に出演した。
  24. ^ 出演したのはいずれもテレビ部門でHTVと競合するRCCへの配慮から、TBS R&C・CBC制作分ともに、RCCにネットされない中継だった。TBSにはRCCがNRN(LF)受けの曜日に、CBCにはマツダスタジアムへの乗り込み時に出演した。
  25. ^ 担当時中日スカウト兼任。年数回ゲスト解説として出演。
  26. ^ 中日監督(第1次)退任後、客員解説者として出演。
  27. ^ 系列違いの文化放送の専属解説者でもあるため、文化放送がNRNナイター幹事となる土・日曜は原則としてデーゲームのみ担当。またCBCへの配慮から、土・日曜のNRN中継は原則として、当日に対巨人ビジター以外の中日戦デーゲームが行われた場合の担当としていた。平日ナイターも中日戦が本番カードになった場合は、文化放送とTBSラジオへの配慮から担当しなかったが、予備カードの中日戦やビジター乗り込み中継は担当することがあった。
  28. ^ 中日ホームゲームでCBCテレビが地上波放送を行う試合における『J SPORTS STADIUM』(J SPORTS・対巨人戦以外)もしくは『SAMURAI BASEBALL』(TBSチャンネル1BS-TBS・対巨人戦)の実況を担当する。
  29. ^ ナゴヤドームでの中日主催試合の時はラジオ・テレビ中継の予備要員の意味合いもあったと思われる。実際に2004年の日本シリーズ第1戦ではテレビの実況を担当していた塩見が試合中に体調不良を起こしたため、当日スタジオ担当であった久野が急遽ナゴヤドームに駆けつけて実況を引き継いでいる。
  30. ^ 2002年から2012年までのナイターシーズンは月 - 金曜 21:00 - 22:00に放送。『ドラ魂ナイト』開始に伴い、2013年4月から月曜 21:00 - 22:00の放送。
  31. ^ なお、当該カードでTBSが自社制作を行った場合は原則CBC-RBCの2局ネットとなるが、聴取率調査週間中などにはCBCが自社向けとRBC向けを二重制作したこともある。2010年6月24日の中日対横浜(ナゴヤドーム)が該当。
  32. ^ 第1・2・5戦は二重制作が行われ、JRN裏送り分がCBC・HBC解説者とTBSの解説者のダブル解説となった(第1・2戦はHBC、第5戦はCBCが制作)。
  33. ^ 2018年の場合、東名阪各局のスペシャルウィークに該当していたことから、QRも関東ローカルに特化した特別企画を組んでいたのも要因として挙げられる。また、SFは金曜ナイターのみLFからの裏送りで、土・日曜デーゲームはQR技術協力による自社制作とした。
  34. ^ 2018年5月2日のロッテ対ソフトバンク戦では、CBCのネットを前提に牛島がこの中継を担当予定であったが、同日の日本ハム対楽天戦における清宮幸太郎の一軍デビューが報じられていたため、CBCでは第1予備としていたこのカードの中継(HBC制作)のネットに変更された。
  35. ^ ただし、2012年6月9日と10日の土・日曜ナイターは、阪神・オリックスが絡まない中日主催ナイターながらMBSがCBCからJRNラインでネット受けした。本来MBSとネットを組むはずのLFは土曜日のみ同じカードを自社制作で中継し、日曜日は中継せず。「オリックス vs ソフトバンク」では2016年にMBS-RKB-LFの変則ネットが実現している。
  36. ^ 以前は阪神-中日戦の中継時にMBS・ABCが自局向けとCBC向けを二重制作していたこともあるが、近年は阪神-中日戦での二重制作は、後述の例外を除いて大阪地区の聴取率調査期間中にABCが、テレビ・ラジオ連動企画の時にMBSが行う程度である。
  37. ^ なお、MBSは9月28日のみSFと相互ネットで放送、29日は競馬中継の為中継せず。2015年5月4日の阪神対中日はMBSによる冠試合「MBSゴールデンウィークwith Tigers祭り」に伴いMBSがテレビ・ラジオ連動の特別企画を実施したため、CBC向けがMBS協力による別制作になった(解説:太田幸司、実況:角上、リポーター:宮部)。MBSの中継には、SF解説者の山崎武司がゲスト出演していた。
  38. ^ 交流戦開始後にCBCがオリックス戦でMBSからの裏送りを受けた事例は解説者派遣を含めてまだ発生していない。2013年現在、MBSとネットを組む曜日にオリックス戦が組まれた場合は全てCBCの自主制作で対応している。
  39. ^ 2009年・2010年は火・水曜開催、2013年は水・木曜開催。
  40. ^ 2006年以外は全て土・日曜開催の試合。
  41. ^ オリックス主催試合をCBCが自主制作する場合は、ホーム・ビジターとも最低1試合ずつ解説を担当する。2012年はオリックス主催の2試合とも山田が解説を担当した。なお、CBC制作の野球中継で同じ解説者が2試合続けて出演するのは稀である。
  42. ^ ABCは夏場の高校野球期間中に限り相互ネットとしていたが、2009年以降は自社制作するようになった。
  43. ^ a b 阪神が優勝争いから脱落したため。
  44. ^ この年はMBSも8月以降の試合をSFとの相互ネットに切り替えている。
  45. ^ a b CBCの解説者不足の関係もあり、ABC解説者の矢野燿大5月3日6月28日の試合にゲスト解説者として登場。実況は5月3日が水分、6月28日が角上といずれもCBCアナウンサーが担当。
  46. ^ 8日もSFと相互ネットを組んだ。
  47. ^ 2011年10月20日の中継が該当。阪神甲子園球場での阪神対横浜の予備カードにMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島での広島対中日(RCC-SFの2局ネット)が充てられた。
  48. ^ 厳密にはJRN・NRNともに個別ネット扱いとなる。
  49. ^ SF・LFからのネット受け、リポーター派遣、技術協力を受けていた。
  50. ^ CBCが中継しないオリックス主催のパ・リーグCSの中継は逆にABCがNRN(QR他NRN系列局への裏送りのみ)となる。このため、LFがセ・リーグと競合しない範囲の独自制作、MBSがJRNの担当とみられるが2015年現在前者は制作実績が、後者は他局へのネット実績がない。
  51. ^ 2009年は第1・第2ステージとも一切中継せず。2007年は第1ステージは中継したが、阪神が敗退したため、第2ステージは中継せず。
  52. ^ ABCは第4戦以降はTBS、MBSは第6戦のみLFからネット受けした(第6戦開催日にはすでに聴取率調査週間が終わっていた)。
  53. ^ CBCと相互ネットを組む土・日曜のデーゲームで不定期にRCCがSFと相互ネットを組み、CBC向けを裏送り(またはCBCの乗り込み自社制作)にした事例もあった。
  54. ^ 最後の実例は2014年9月27日(土)のナイター(マツダスタジアム)であった。
  55. ^ 最近の例では中日主催では2015年9月19日(土)のナイター(ナゴヤドーム)が、広島主催では2017年7月22・23日のナイター(マツダスタジアム)が該当(23日はSF向け本線、CBC向け裏送りに加えてLF-MBS向け裏送り予備待機もRCCが行い三重制作体制)。
  56. ^ 最近の例では2012年3月30日(金)の開幕戦(ナゴヤドーム)が該当。
  57. ^ 同様のケースでは自社向けをNRN向け本番にすることも多いが、CBCが自社制作を取りやめた場合を想定してこのような対応がとられているものと思われる。なお、TBCは福岡のRKBラジオやKBCラジオに対ソフトバンク戦を配信する場合にも同様の対応を取ることがある。

出典[編集]

  1. ^ 2011年9月3日の本番組で実況した高田寛之が発言。[出典無効]
  2. ^ a b 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012』P246に掲載された、CBCラジオプロ野球中継の紹介記事。
  3. ^ ラジオ日本とTBSラジオが巨人戦中継で制作協力 ラジオ日本の巨人戦中継、80試合以上へ大幅増加(RFラジオ日本2016年1月28日付プレスリリース)
  4. ^ エキサイトベースボール TBSラジオとラジオ日本がナイター中継で制作協力 TBSラジオ「エキサイトベースボール」の 巨人戦中継数が大幅に増加”. 2016年1月27日閲覧。
  5. ^ ドラ魂ワイド? - CBCラジオ「ドラ魂ナイト」公式サイト(2018年04月20日)、2018年4月21日閲覧。
  6. ^ a b c 2017年5月30日 - 6月30日、放送スケジュール CBCラジオ公式サイト、2017年5月30日閲覧。
  7. ^ この理由について、若狭が「若狭敬一のスポ音」内で、リスナーからの投稿に答える形で「予算の都合」と明かしている。
  8. ^ 戻ってきました・・・ - CBCアナウンサーズ 塩見アナのブログ 2014年7月1日閲覧。
  9. ^ 2018年4月28日及び29日は中日クラウンズの中継に江田以外のアナウンサーが派遣された為、レギュラー番組終了後ナゴヤドームに移動してリポーターを担当した(実況は両日とも江田が担当)。
  10. ^ 2011年4月から夕方ワイド番組『夕刊アツキー!』を担当していたため、2011年シーズンは同番組の放送がない金 - 日曜の中日主催試合のみに出演していた。さらに2012年4月改編で同番組が金曜日にも放送されるようになったため、2012年シーズンは一度も当番組を担当することはなかったが、その間にも番組公式サイトのアサウンサー紹介ページには伊藤の名前は残されていた。2013年3月の同番組終了に伴い、2013年シーズンから当番組に復帰した。

参考資料[編集]

  • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』(『三才ムック』vol.472。2012年2月24日発売・3月1日発行)ISBN 9784861994470

関連項目[編集]

  • SAMURAI BASEBALL(TBSテレビ系列のプロ野球中継。CBCテレビローカルの中日戦中継では「燃えよドラゴンズ!」にタイトルを差し替える)

外部リンク[編集]

以下、インターネットアーカイブの保存キャッシュ一覧