いっしょに歌お!CBCラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いっしょに歌お!CBCラジオ』(いっしょにうたお!シービーシーラジオ)とは、CBCラジオが企画するラジオ推薦曲、推薦アルバム、ヘヴィー・ローテーション、イベントおよびミニ番組。2002年10月開始。

他の東海3県のラジオ局でもヘヴィー・ローテーションを行っているところがあるが、CBCラジオのように大々的に行うところはない。

概要[編集]

毎月、CBCラジオが独自で選んだおすすめの曲を紹介する。推薦曲は、2009年3月までは、CBCラジオが推薦する「今月の歌」、スポット等でヘビーローテーション等を行なう「ハイパー」、今月一押しのアルバムの中から「アルバム」(アルバムタイトルの紹介)の3曲となっている。2009年4月以降は、「ハイパー」・「アルバム」の枠が廃止され、「今月のうた」(変更の際、かな表記に変更になっている。詳細は不明)のみになり、2曲選ばれる。なお、2009年3月までの際、同タイトルのミニ番組で取り上げる場合、主に「今月の歌」を紹介する場合が多い。

選ばれる曲は、その月発売のもの以外の場合もある(1か月以上前に発売したものがセレクトされることも往々にしてある(2015年3月には「CBCラジオ YELL!キャンペーン」のキャンペーンソングである岡村孝子夢をあきらめないで(28年前の1987年2月発売)が選ばれている)。近年は逆に翌月以降に発売される曲を先行して「今月のうた」とするケースも出てきており、それが放送解禁になるまで2曲あるはずの「今月のうた」が1曲しか紹介されないという事例が特に月初めの放送で発生している)。全国的に話題になる前に、この枠で紹介されていた曲も多い(森山直太朗さくらnavy&ivory指輪など)。また、イベントが大々的に行われ、多くの会場でフリーライブが催される。

放送時間[編集]

主に、番組間のつなぎとして使われる場合が多い。

その他、週末の『CBCドラゴンズナイター』終了後の番組調整として使われる場合も多い。

スポット[編集]

  • 15秒程度で、「今月の歌」や「アルバム」の内の2曲が2組で30秒程度流れるケースもある。
  • 主に、生ワイド番組の中で他のCMとともに流れる場合もあるが、場合によっては『オールナイトニッポン』などのCMフィラー代わりにスポットを1~2曲流すケースもある。

その他[編集]

  • CBCラジオの生ワイド番組で取り上げられる場合もある。その場合、「いっしょに歌お!CBCラジオ 今月のうた」(2009年3月まで「今月の歌」のみ「-今月の歌」)の推薦曲であることも紹介される。
  • さゆりんの音楽楽園』でも、ナイターシーズン期に「いっしょに歌お!CBCラジオ」という一コーナーが存在した(21:35ぐらいに放送。ただし、『CBCドラゴンズナイター』の放送時間延長の場合、左記の番組も休止になる場合があった)。
  • 小堀勝啓の心にブギウギ!』のエンディングに「いっしょに歌お!CBCラジオ・今月の歌」が使用された。
  • このキャンペーンで選ばれた曲を集めたアルバムが数枚、いずれもCBCラジオや東海地区のサークルKサンクスで限定発売されることがある。

これまでの選曲[編集]

下記の外部リンク参照。

選ばれる曲はJ-POP歌謡曲演歌など多彩であるものの、洋楽がセレクトされたことは一度もない。

なお最初に選ばれた曲は一青窈もらい泣き

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年9月までは、月曜 - 金曜にて放送された。

外部リンク[編集]