水谷啓昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水谷 啓昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県海部郡(現・愛西市
生年月日 (1953-07-22) 1953年7月22日(64歳)
身長
体重
172 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト3位
初出場 1979年4月15日
最終出場 1982年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1990 - 1995, 1998 - 2000)

水谷 啓昭(みずたに ひろあき 、1953年7月22日 - )は、愛知県海部郡出身の元プロ野球選手投手)。2001年からは中日ドラゴンズスカウトを務めていた[1]

来歴・人物[編集]

愛知・東邦高では春夏の甲子園に3回出場。1970年、2年生時の夏の選手権では準々決勝に進むが、岐阜短大付湯口敏彦投手に完封され敗退。翌1971年春の選抜も準々決勝で木更津中央に敗れる。同年夏の甲子園県予選準決勝では中京高ノーヒットノーランに抑え、決勝でも、後に大学のチームメートとなる大宮龍男のいた享栄高を破る。しかし夏の選手権では1回戦で、この大会に優勝した桐蔭学園の大塚喜代美投手(三協精機日本鋼管ライト工業)に完封負け。

駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは、同期の山本泰之(神戸製鋼)、1年下の森繁和両投手との三本柱で1974年春季リーグ優勝、1975年には春秋連続優勝。同年の全日本大学野球選手権でも決勝で大商大を降し優勝。リーグ通算48試合登板、17勝7敗、防御率2.68、97奪三振。大学同期に山本の他、駒大三羽ガラスと言われた中畑清平田薫二宮至がいた。

卒業後は新日鉄名古屋に入社。1976年には社会人野球日本選手権大会に出場し、決勝で日鉱佐賀関藤沢公也と投げ合い、1-0で完封勝利。初優勝を飾りこの大会の最優秀選手賞を受賞する。1977年から2年連続都市対抗野球大会出場。1978年ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。

主に左の中継ぎとして登板し、1980年にはリーグ最多登板56を記録した。サイドスローからのシュートフォークを武器とする。腕が背中に付いた状態から投げる独特のフォームで球の出所が見づらく、特に対左打者の奪三振率が高かった。1982年シーズン中に故障で離脱、1983年は一軍での登板は無く、同年限りで現役引退。

引退後は中日でスカウト及び投手コーチを歴任。1984年から1989年までスカウト、1990年から1995年まで投手コーチ、1996年から1997年まで再びスカウト、1998年から2000年まで再び投手コーチを務めた。2001年より三度スカウトに転身。2014年4月22日発売の月刊ドラゴンズによると、2014年からは中日球団の少年野球指導担当として地元東海地区を中心に活動している。

スカウトとして、近藤真一井端弘和蔵本英智等多数の選手を担当。2012年からはCBCドラゴンズナイターにゲスト解説として出演している(これまでの解説者であった高木守道彦野利勝が現場復帰したことによる補充として)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1979 中日 47 2 0 0 0 3 2 0 -- .600 293 65.1 65 16 33 2 4 55 0 0 42 38 5.23 1.50
1980 56 1 0 0 0 1 2 0 -- .333 274 59.0 67 2 27 2 6 43 1 1 39 28 4.27 1.59
1981 47 0 0 0 0 2 0 3 -- 1.000 238 56.2 41 8 27 4 3 37 0 0 18 17 2.70 1.20
1982 31 0 0 0 0 1 1 2 -- .500 89 19.2 16 2 14 2 0 24 1 0 16 15 6.86 1.53
通算:4年 181 3 0 0 0 7 5 5 -- .583 894 200.2 189 28 101 10 13 159 2 1 115 98 4.40 1.45
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 55 (1979年 - 1980年)
  • 24 (1981年 - 1983年)
  • 82 (1990年 - 1991年、1998年 - 2000年)
  • 79 (1992年)
  • 87 (1993年 - 1994年)
  • 86 (1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21

関連項目[編集]