彦野利勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
彦野 利勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市港区
生年月日 (1964-10-12) 1964年10月12日(53歳)
身長
体重
173 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 ドラフト5位
初出場 1985年6月21日
最終出場 1998年10月3日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2012 - 2013)

彦野 利勝(ひこの としかつ、1964年10月12日 - )は、愛知県名古屋市出身(石川県金沢市生まれ)の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

愛知高校では2年生の時、3番打者、中堅手として1981年夏の甲子園県予選決勝に進出するが、工藤公康投手を擁する名古屋電気高に惜敗。翌1982年にはエースとして春の選抜に出場。2回戦(初戦)で横浜商三浦将明投手に抑えられ敗退。同年夏の甲子園県予選では準々決勝で野中徹博紀藤真琴のいた中京高に敗れ、甲子園には届かなかった。

1982年のドラフト会議で中日に5位指名を受け入団、投手から外野手に転向する。入団後は二軍暮らしが続いたが、5年目の1987年に一軍定着。星野仙一監督時代の1988年には「長打力のある1番センター」=核弾頭として6年振りのリーグ優勝に大きく貢献した。1989年には自己最高の26本塁打を放ち、オールスターゲームにも監督推薦で初出場。藤井寺球場で行われた第2戦で西崎幸広から決勝本塁打を放ち、同試合のMVPを獲得。同年のベストナインにも選出された。翌1990年はオールスターゲームにファン投票選出された。強肩を活かした守備が評価され、1988年から3年連続でゴールデングラブ賞を受賞。1988年の日本シリーズでは、西武・工藤公康から初回先頭打者本塁打(第3戦・西武ライオンズ球場)を放つ。ポストシーズンでの初回先頭打者アーチは高木守道以来14年振り。

左右の手の間にかなりの隙間が開く、珍しいグリップをしていた。

1991年6月18日ナゴヤ球場での横浜大洋戦で盛田幸妃からサヨナラ本塁打を放ち一塁ベースを回った所で転倒。脚を痛めて走塁ができなくなり退場し、代走の山口幸司がホームインした。当初は捻挫と診断されていたが、その後の検査で右膝の靭帯が断裂していることが判明し、長期離脱を余儀なくされた。本塁打後のアクシデントで代走がホームインしたのは、日本プロ野球史上2例目のことだった[1]

1994年は118試合に出場してレギュラーに再定着し、序盤一時打率1位をキープするなど活躍しオールスターゲームにも監督推薦で出場。10.8決戦でも活躍し、カムバック賞を受賞した。1995年以降は徐々にスタメン機会を若手に奪われ、主に代打の切り札として勝負強さを見せた。1998年に現役引退。

引退後は1999年から2011年まで中部日本放送野球解説者・中日スポーツ評論家を務めたほか、自身主催の野球教室も開催した。2012年より中日二軍打撃コーチに就任することが発表され、14年ぶりにユニフォームを着ることとなった。翌2013年からは宇野勝と入れ替わりで一軍打撃コーチに転任するも、2013年10月15日に球団より来季の契約を結ばない旨が発表された[2]

2014年からはCBCテレビCBCラジオの野球解説者、中日スポーツ評論家を務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 中日 11 7 6 3 2 0 0 1 5 1 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .333 .429 .833 1.262
1986 19 23 21 4 5 0 0 0 5 2 1 0 0 0 2 0 0 4 0 .238 .304 .238 .542
1987 101 341 311 51 79 21 1 11 135 30 2 5 8 2 17 0 3 77 4 .254 .297 .434 .731
1988 113 432 374 53 102 25 2 15 176 47 9 9 16 1 33 2 8 67 1 .273 .344 .471 .815
1989 125 551 454 83 125 21 3 26 230 59 10 10 15 4 71 5 7 82 6 .275 .379 .507 .886
1990 109 418 353 41 88 14 0 12 138 42 7 8 14 0 44 3 7 51 7 .249 .344 .391 .735
1991 42 127 97 18 31 4 0 3 44 18 0 0 1 2 23 0 4 13 4 .320 .460 .454 .914
1992 23 29 28 0 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 1 0 0 11 0 .107 .138 .143 .281
1993 95 227 196 21 51 9 0 6 78 29 0 1 2 1 24 0 4 50 10 .260 .351 .398 .749
1994 118 418 363 41 103 17 3 6 144 49 1 1 3 4 45 1 3 61 14 .284 .364 .397 .761
1995 93 213 181 14 39 10 0 1 52 20 0 1 2 0 27 1 3 28 6 .215 .327 .287 .614
1996 67 131 111 11 30 6 0 3 45 22 0 0 0 1 17 0 2 17 2 .270 .374 .405 .779
1997 42 42 36 2 11 3 0 1 17 19 0 0 0 1 5 1 0 8 1 .306 .381 .472 .853
1998 7 7 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 3 0 .000 .143 .000 .143
通算:14年 965 2966 2537 343 669 131 9 85 1073 340 30 36 61 16 311 14 41 475 55 .264 .351 .423 .774
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 57 (1983年 - 1991年、1998年)
  • 8 (1992年 - 1997年)
  • 81 (2012年 - 2013年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

サンデードラゴンズ

ディスコグラフィ[編集]

  • 「愛する君のために生まれかわりたい」(作詞:佐々木積善、作曲:原淳、キングレコード、1995年3月24日発売、型番:KIDD-1481)

参考文献[編集]

  1. ^ 【6月18日】1991年(平3) 前代未聞のサヨナラ本塁打で代走 彦野利勝、天国から地獄へ”. スポーツニッポン. 2010年6月18日閲覧。
  2. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年10月15日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

・彦野利勝official site http://hikono.net/