曽田康二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曽田 康二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県出雲市
生年月日 (1957-11-10) 1957年11月10日(61歳)
身長
体重
181 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト外
初出場 1981年5月19日
最終出場 1987年6月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

曽田 康二(そた やすじ、1957年11月10日 - )は、島根県出雲市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

大社高ではエース、4番打者として1975年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、山陰大会決勝に進出するが、江の川高崎山嗣盛投手(阪神)に抑えられ、甲子園出場を逸する。チームメートに石橋貢捕手がいた。

高校卒業後は、社会人野球日本通運に入団。1977年秋のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから3位指名を受けるも入団を拒否。1978年1980年都市対抗野球大会に出場。その後、1980年オフにドラフト外中日ドラゴンズへ入団した。

1年目の1981年に5勝、1985年にも5勝を記録するが、故障がちでコンスタントな成績はあげられなかった。

1987年12月、大島康徳と共に、大宮龍男田中富生との2対2の交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。しかし、ここでは公式戦での登板機会に恵まれず、1988年オフに現役を引退した。

スライダーとキレのよいシュートが武器。また、1985年6月22日のナゴヤ球場での対巨人戦では、キース・カムストックからレフトポール直撃の本塁打を放っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 中日 20 17 3 1 0 5 4 0 -- .556 384 89.2 101 12 18 1 8 42 1 1 40 37 3.70 1.33
1982 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 32 6.1 15 2 0 0 0 2 0 0 7 6 9.00 2.37
1983 12 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 75 17.2 12 0 10 0 2 11 0 0 3 2 1.02 1.25
1984 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 5.1 1 1 1 0 0 6 0 0 1 1 1.69 0.38
1985 39 11 1 0 0 5 8 0 -- .385 459 106.0 107 16 44 8 3 54 3 0 62 54 4.58 1.42
1986 11 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 58 12.0 17 4 5 0 1 6 0 0 16 13 9.75 1.83
1987 12 3 0 0 0 1 1 0 -- .500 94 21.2 20 2 7 0 6 13 0 0 9 9 3.74 1.25
通算:7年 104 31 4 1 0 11 15 0 -- .423 1120 258.2 273 37 85 9 20 134 4 1 138 122 4.24 1.38

記録[編集]

  • 初登板:1981年5月19日、対阪神タイガース9回戦(ナゴヤ球場)、8回表に2番手として救援登板・完了、2回無失点
  • 初奪三振:同上、8回表に真弓明信から
  • 初先発・初勝利:1981年5月23日、対横浜大洋ホエールズ9回戦(ナゴヤ球場)、7回1失点
  • 初完投勝利:1981年8月7日、対阪神タイガース17回戦(ナゴヤ球場)、9回1失点
  • 初完封勝利:1981年8月30日、対横浜大洋ホエールズ21回戦(横浜スタジアム

背番号[編集]

  • 22 (1981年 - 1986年)
  • 47 (1987年)
  • 27 (1988年)

関連項目[編集]