田中富生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 富生
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県南宇和郡愛南町
生年月日 (1960-04-12) 1960年4月12日(58歳)
身長
体重
185 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト1位
初出場 1983年4月20日
最終出場 1992年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 富生(たなか とみお、1960年4月12日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

南宇和高校では、エースとして1978年春の選抜に出場、同校にとって初の甲子園出場であった。1回戦で崇徳高を降すが、2回戦では、後に大学同期となる西田真次木戸克彦のバッテリーや、1年後輩となる一塁手小早川毅彦らを擁するPL学園に敗退した[1]

卒業後は法政大学に進学。東京六大学リーグでは在学中3回の優勝を経験。しかし1年下の和田護(日産自動車)の陰に隠れ、3年生までは目立たなかった。4年生になると39回1/3連続無失点の記録を打ち立てるなどエースとして活躍し、1982年春季リーグでの優勝に貢献。同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝でエース仁村徹を擁する東洋大を降し優勝。和田とともに日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。リーグ通算28試合登板、13勝1敗、防御率0.97、奪三振86、ベストナイン2回。

1982年にドラフト1位指名で日本ハムファイターズに入団。1983年4月20日南海ホークス戦で初登板。5月1日ロッテオリオンズ戦で初勝利を記録する。1984年に日本ハム先発投手陣の一角として活躍、8勝13敗の成績を残し、オールスターゲームにも初出場。翌1985年も8勝するが、1986年には3勝と低下。1988年大宮龍男と共に大島康徳曽田康二とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍。しかし、新天地でも一軍で良い成績が残せずに1993年に引退した。引退後はプロ野球マスターズリーグにも名古屋80D'sersの一員として参加している。

スライダーやシュートなどの横の揺さぶりが得意。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 日本ハム 25 15 0 0 0 4 6 0 -- .400 471 106.1 116 14 48 1 4 63 0 0 54 50 4.23 1.54
1984 27 25 7 1 0 8 13 0 -- .381 770 174.0 183 22 78 2 3 91 2 0 100 93 4.81 1.50
1985 28 22 3 0 0 8 11 0 -- .421 567 132.2 140 19 48 0 1 61 0 0 89 76 5.16 1.42
1986 29 17 4 1 0 3 8 0 -- .273 491 114.2 134 20 23 0 4 49 3 0 61 58 4.55 1.37
1987 17 12 1 0 0 3 3 0 -- .500 282 62.1 81 10 17 0 1 13 1 0 46 36 5.20 1.57
1988 中日 18 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 125 30.2 31 4 6 0 1 14 1 0 18 16 4.70 1.21
1989 16 4 0 0 0 1 1 1 -- .500 155 36.1 38 1 14 1 0 23 0 0 16 15 3.72 1.43
1990 21 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 135 30.2 30 2 13 2 3 16 0 0 23 21 6.16 1.40
1991 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 2.1 5 0 1 0 0 0 0 0 1 1 3.86 2.57
1992 16 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 105 23.2 28 1 5 0 0 15 1 0 12 9 3.42 1.39
通算:10年 199 97 15 2 0 28 45 1 -- .384 3113 713.2 786 93 253 6 17 345 8 0 420 375 4.73 1.46

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 11 (1983年 - 1987年)
  • 41 (1988年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]