柏原純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柏原 純一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県八代市
生年月日 (1952-06-15) 1952年6月15日(65歳)
身長
体重
179 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手二塁手
プロ入り 1970年 ドラフト8位
初出場 1973年8月9日
最終出場 1988年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1989 - 1995)
  • 中日ドラゴンズ (1996 - 1997)
  • 阪神タイガース (1999 - 2001)
  • 北海道日本ハムファイターズ (2014 - 2015)

柏原 純一(かしわばら じゅんいち、1952年6月15日 - )は、熊本県八代市出身の元プロ野球選手内野手、右投右打)・コーチ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

熊本県立八代東高等学校では、1970年春の選抜にエースとして出場。1回戦で日大三高の渡部良克(日大)と投げ合うが0-2で完封負け。同年夏の甲子園県予選では、準々決勝で熊本一工に延長15回の末に敗退。

プロ入り後[編集]

1970年のドラフト南海ホークスから8位指名を受け、外野手として入団。入団した年の秋季キャンプで、袴のようなダブダブのジャージ姿をみて、当時評論家として視察に来ていた青田昇に「あれは本当に野球選手か。早く地元に帰したらどうか」と酷評された。しかし2年後一軍のレギュラーとなり、大洋の監督に就任した青田の前に野村監督が柏原を連れて行った。「プロに二軍があるとは知らなかった」というほど、何も知らずに大阪へ来たという。

3年目の1973年に一軍に上がり、内野手に転向。1974年には藤原満と併用され、三塁手として54試合に先発出場。しかし当時のヘッドコーチであったドン・ブレイザーに失格の烙印を押され、1975年からは一塁手に回る。背番号も9になり1976年にはレギュラーを獲得、規定打席(22位、打率.260)にも達した。同年と1977年に連続して2桁本塁打を打ち、南海のホープとして期待される。南海時代、ボサボサ頭で、合宿所の畳部屋に一升瓶と共に寝転がっていた姿を見た漫画家・水島新司が、その風貌を「あぶさん」のモデルの一人にした[1]

1977年シーズン途中での監督野村克也の解任に際し、球団に反旗を翻す。そして、野村と同じロッテオリオンズへの移籍を直訴したが認められず、1978年小田義人杉田久雄との交換トレードで日本ハムファイターズへの移籍が決定。南海、日本ハムの両球団が対象選手の統一契約書のみの交換でトレードを成立(本人の合意を取り付けないままの書類上による強制トレード:プロ野球史上2例目)させたため、任意引退を覚悟した上で移籍を拒絶したが、野村夫妻に説得されるなどして最終的には承諾、移籍した[1]

日本ハムでは移籍1年目から4番を任され、全試合出場し24本塁打、84打点(ともにリーグ5位)と自身最高の成績を記録、球団の11年ぶりのAクラス入りに貢献した。選手会長を務めた1981年には打率.310、16本塁打、81打点の成績を挙げ、更に敬遠球を本塁打にするなどチームのリーグ優勝に貢献。巨人との日本シリーズでは、19打数8安打2打点2本塁打と活躍する。1980年から1984年にかけて5年連続全試合出場を果たした。

1980年6月、首都高速道路を走行中に衝突事故を目撃。持っていたバットでドアガラスを割り、事故車両に閉じこめられていた負傷者らを救出した[2]

1981年7月19日平和台球場西武ライオンズ永射保から敬遠球を大根斬りし本塁打を放った。この経験はのちに阪神タイガースで指導した新庄剛志にも生かされる(「サヨナラゲーム#敬遠球をサヨナラ安打」を参照)。[3]

しかし、1985年に就任した監督の高田繁の構想から外れ、1986年阪神タイガースに金銭トレードで移籍。同年は主に左翼手として起用されるが、シーズン終盤には掛布雅之の故障離脱に伴い三塁手もこなした。規定打席には届かなかったが打率.313、17本塁打を記録。しかし翌1987年は打撃が低迷、出場機会も減少し1988年限りで現役引退。

現役引退後[編集]

引退後は、阪神で1989年に一軍守備・走塁コーチ、1990年からは二軍打撃コーチを務めていたが1995年に解任[4]。在任中は新庄を育てる。1996年から1997年までは中日ドラゴンズで一軍打撃コーチを務めたが、1997年はチーム打率・得点がリーグ最下位、安打もリーグ5位と低迷。打撃陣の低迷の責任を取らされる形で同年退団。1998年朝日放送サンテレビジョンで野球解説者を経て、1999年から2001年まではかつての恩師である野村に請われ、古巣・阪神の一軍打撃コーチを務めたが、3年連続チーム打率・得点がリーグ最下位に低迷。2001年10月8日に解任された[5]。当時球団社長の野崎勝義によると「打撃担当の柏原純一コーチが外国人選手に対してものを言えない。また特定の選手、例えば人気の新庄剛志外野手しか指導しない。それ以外の選手に熱意を持った指導がない」、当時オーナーの久万俊二郎も「打撃コーチは能力的に無理なのではないか?」と指導力を問題視された[6]2002年2003年は、Tigers-aiサンケイスポーツ(大阪)で野球解説者を務め、2004年北海道日本ハムファイターズチーム強化部プロスカウトに就任し、2006年よりアマ担当「西日本統括スカウト」に就任。2014年から北海道日本ハムファイターズの一軍打撃コーチ就任が発表[7]され、自身29年ぶりにファイターズのユニフォームに袖を通すこととなった。2015年10月13日に退任が決まり、チーム統轄本部プロスカウトに就任する[8]

人物[編集]

日本ハム時代にはブラザーの電子レンジのCMに夫婦で出演したことがある。掛布雅之は著書の中で、「安芸キャンプの宿舎のロビーにいた美人を大野久がナンパしようとしたところ、『いつもお世話になっています。柏原の妻です』と挨拶され、慌てて逃げた」というエピソードを紹介している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 南海 25 70 65 7 18 3 1 1 26 6 2 0 0 0 3 0 2 8 1 .277 .329 .400 .729
1974 82 210 188 24 45 10 1 6 75 21 7 2 0 1 19 3 2 31 2 .239 .314 .399 .713
1975 70 212 186 20 41 3 1 6 64 29 6 6 0 3 20 0 2 14 6 .220 .299 .344 .643
1976 124 487 435 48 113 18 4 16 187 55 26 7 4 2 40 1 6 59 9 .260 .329 .430 .759
1977 129 507 462 65 118 19 3 18 197 54 12 4 2 2 38 0 3 58 12 .255 .315 .426 .741
1978 日本ハム 130 555 500 72 147 18 4 24 245 84 15 10 0 4 49 3 2 64 12 .294 .357 .490 .847
1979 123 546 487 77 139 18 3 22 229 90 18 2 0 3 54 4 1 47 10 .285 .356 .470 .826
1980 130 578 503 82 133 17 3 34 258 96 8 3 0 4 68 6 3 61 10 .264 .353 .513 .866
1981 130 563 468 92 145 22 3 16 221 81 15 3 1 6 84 3 4 39 11 .310 .415 .472 .887
1982 130 529 470 71 134 22 1 22 224 75 3 4 0 5 50 3 3 41 16 .285 .354 .477 .831
1983 130 557 490 68 138 21 0 26 237 89 6 4 2 7 57 2 1 39 21 .282 .353 .484 .837
1984 130 526 454 67 103 15 1 18 174 68 13 4 0 3 68 3 0 57 16 .227 .326 .383 .709
1985 94 223 185 26 40 5 0 5 60 18 3 0 3 1 32 2 2 19 5 .216 .336 .324 .661
1986 阪神 107 345 310 49 97 20 1 17 170 46 3 2 0 2 31 0 2 49 11 .313 .377 .548 .925
1987 57 100 91 4 16 3 0 1 22 5 1 0 0 0 9 0 0 23 3 .176 .250 .242 .492
1988 51 68 59 3 10 5 0 0 15 1 2 0 1 1 7 1 0 9 1 .169 .254 .254 .508
通算:16年 1642 6076 5353 775 1437 219 26 232 2404 818 140 51 13 44 629 31 33 618 146 .268 .346 .449 .796
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 53 (1971年 - 1974年)
  • 9 (1975年 - 1977年)
  • 6 (1978年 - 1985年)
  • 2 (1986年 - 1988年)
  • 85 (1989年 - 1995年)
  • 75 (1996年 - 1997年)
  • 77 (1999年 - 2001年)
  • 71 (2014年 - 2015年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]