工藤幹夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
工藤 幹夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県本荘市(現:由利本荘市
生年月日 (1960-09-30) 1960年9月30日
没年月日 (2016-05-13) 2016年5月13日(55歳没)
身長
体重
181 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手二塁手
プロ入り 1978年 ドラフト2位
初出場 1979年4月12日
最終出場 1984年4月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 由利本荘ベースボールクラブ

工藤 幹夫(くどう みきお、1960年9月30日 - 2016年5月13日)は、秋田県出身のプロ野球選手投手内野手)。

経歴[編集]

本荘南中学校時代には軟式野球で東北大会で優勝。当時のチームメイトには村岡敏英がいる。本荘高校時代には甲子園出場経験はなかったものの巨人も獲得意欲を示していた程の逸材であった[1]。1978年にドラフト2位で日本ハムへ入団。入団当初はアンダースローだったが、サイドスローへとフォームを改造して頭角を現し[2]1981年の日本シリーズで2勝を挙げる[1]

1982年は先発として20勝4敗・防御率2.10の成績を収め、最多勝最高勝率ベストナインに輝く[1]。この年の9月に右手小指を骨折し、前期優勝の西武と対戦するプレーオフは絶望と見られていたが、驚異の回復を見せて10月9日の第1戦に先発[1]。この時は6回0/3を投げて無失点だったものの、打線の援護が無く勝ちはつかなかった。しかし、第1戦から中2日の第3戦に再び先発すると1失点完投勝利、このプレーオフ日本ハム唯一の勝利をもたらした。監督だった大沢啓二によると、医師から「プレーオフには間に合う」と聞き、世間を驚かせようと考えて、ケガの具合は伏せたままひそかに練習をさせたという[3][4]。なおこの年、レギュラーシーズンでは西武相手に6勝1敗と抜群の相性を見せていた[1]。このプレーオフで無理して投げたことで折れた骨はなかなか治らず、12月になってようやくくっついた。これにより大きな後遺症が残ってしまう[5]

きちんと矯正せず、骨が曲がってくっついてしまい、そのうち、肩を痛めてしまう。1983年に8勝を挙げたのが最後の勝ち星となる[5]。1988年に野手に転向したが結果を残せず、28歳の若さで現役を引退した[5]

現役引退後は秋田へ戻り、秋田市手形山中町でスポーツ店(クドウスポーツ)を経営しながら[5]、社会人野球チームの由利本荘ベースボールクラブの監督兼投手を務めていた[6]

2016年5月13日、肝不全のために死去[7]。55歳没。

人物[編集]

1999年ニッポン放送のラジオ番組『ネプチューンのallnightnippon SUPER!』のコーナーに元プロ野球選手として電話で出演した。

タレントの伊集院光は落語家時代に、野手転向後の工藤の練習風景を目にして奮起したといい、2011年に東北へ旅行した際に秋田の工藤の店を訪ね、謝意を伝えた[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 日本ハム 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 34 7.1 11 1 1 0 2 5 0 0 9 6 7.71 1.64
1981 22 11 2 0 0 2 9 0 -- .182 429 100.1 107 13 20 2 9 32 0 0 59 54 4.86 1.27
1982 28 24 12 3 0 20 4 0 -- .833 786 197.0 156 8 48 1 11 96 1 0 54 46 2.10 1.04
1983 24 19 5 1 0 8 8 0 -- .500 479 108.2 107 13 43 1 9 27 2 0 65 62 5.13 1.38
1984 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 0.1 2 1 1 0 1 0 0 0 4 4 108.00 9.00
実働:5年 78 56 19 4 0 30 22 0 -- .577 1734 413.2 383 36 113 4 32 160 3 0 191 172 3.74 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 15 (1979年 - 1986年)
  • 90 (1988年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 週刊ベースボール2014年2月3日号 P88
  2. ^ “元日本ハム投手、工藤幹夫氏死去 最多勝、故障…郷里で社会人野球監督”. 産経新聞. (2016年5月13日). http://www.sankei.com/sports/news/160513/spo1605130038-n1.html 2017年3月2日閲覧。 
  3. ^ 大沢啓二『球道無頼』(集英社、1996年)P183 - 184。
  4. ^ 味方を欺くこと1カ月 - スポニチ
  5. ^ a b c d 週刊ベースボール2014年2月3日号 P89
  6. ^ 工藤幹夫(5)野球通じた人脈支えに - 読売新聞秋田支局記事[リンク切れ]
  7. ^ “元日本ハム投手の工藤幹夫さんが死去”. デイリースポーツ. (2016年5月13日). オリジナル2016年6月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160609211609/http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2016/05/13/0009079645.shtml 2016年5月13日閲覧。 
  8. ^ 伊集院光_深夜の馬鹿力』2011年1月18日放送分の発言より

関連項目[編集]