仁科時成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仁科 時成
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県浅口郡寄島町(現:浅口市
生年月日 (1951-06-02) 1951年6月2日
没年月日 2020年1月??
身長
体重
176 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト3位
初出場 1977年4月7日
最終出場 1988年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1989 - 1995, 2001 - 2002)

仁科 時成(にしな ときなり、1951年6月2日 - 2020年1月、日付不詳)[1]は、岡山県浅口郡寄島町(現:浅口市)出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

経歴[編集]

山陽高校(現・おかやま山陽高校)から大倉工業に入社するが、直前に行ったトレーニングでバーベルを上げた際に腰痛を発症[2]。1年半はユニフォームを着ることが出来ず、2年目にボールを握れるようになったと同時に投球フォームがオーバースローからサイドスロー、腕が次第に下がっていってアンダースローにチェンジ[2]村上義則宮脇敏など好投手がおり、なかなか大舞台は踏めなかったが、1975年都市対抗電電四国の補強選手として出場[3]1976年社会人野球日本選手権は1回戦で住友金属鹿島を相手に完投勝利。しかし2回戦では新日本製鐵光児玉克雅と投げ合い、好投するが延長11回裏0-1でサヨナラ負けを喫した[4]

1976年のドラフトロッテオリオンズから3位指名を受けて入団。1年目の1977年から即戦力となり、2年目の1978年から2年連続9勝を挙げる[2]村田兆治が肘痛でリタイアしていた時期はエースとしても奮投し、1980年には握りを少し変えた落ちる球を習得したことも功を奏して17勝をマーク[2]。この年は開幕から絶好調で、開幕第2戦となった4月6日阪急戦(西宮)に完投してロッテのシーズン初白星を挙げると、自身2試合目の登板で、本拠地開幕戦でもある12日日本ハム戦(川崎)に完封、その勢いのまま6月10日の日本ハム戦(宮城)で早くも10勝に到達した[2]。その後は急失速したものの、前期優勝へ向けてのスタートダッシュに貢献し、9月21日の阪急戦(平和台)では7回表にボビー・マルカーノから左前打を浴びたのみで完封した[2]。投球フォームは左太股を高く掲げるワインドアップから上体を極端に屈め、大きなバックスイングで力を溜めてからリリースに至るまで上体を倒しきった姿勢を維持する独特なもの[5]で、1981年福間納とのトレードで阪神から移籍してきた深沢恵雄と共にアンダースローの二本柱として1980年代のオリオンズを支えたが、超低空からリリースされる浮き上がるような速球を武器にした本格派投手の深沢と異なり[6]、時に球速100km/h以下を記録する変化球を駆使し、打者の状態によりリリースのタイミングを微妙にずらしたり、時にはサイドスローで投球して打者を眩惑するといった投球術を武器とする技巧派投手であった[2]。投手としての活躍だけでなく、ほぼ同時期に正捕手だった袴田英利のリードにも影響を与えた[7]。結果として、深沢が阪神時代の低迷から脱する事にも繋がった[8]1983年には左肩の打撲もあって下半身を強化して復活を遂げ、8月20日近鉄戦(川崎)ではコーナーにスライダー、シンカーを決める完璧な投球を展開。出塁は2失策と敬遠四球のみに抑えていたが、9回表2死までノーヒットに抑えながら、シンカーが落ちず、真ん中へ入った99球目を次打者の仲根政裕に阻止される。1984年5月29日の近鉄戦(日生)でも9回裏2死のあと1人の場面で平野光泰によってノーヒットノーランを阻まれた[9]。同ケースは過去に19例あるが、2回逃したのは仁科と西口文也だけである。1986年に通算100勝を達成し、1988年に引退。

引退後はロッテの二軍投手コーチ(1989年 - 1990年, 1994年 - 1995年, 2002年)・一軍投手コーチ(1991年 - 1993年, 2001年)・合宿所寮長などを務めた。「プロ野球ここだけの話」第17回「潜航御礼!サブマリンここだけの話」に於いて、松沼博久山田久志と共に出演した渡辺俊介は、アンダースローの歴代三傑の一人として、杉浦忠・山田と共に仁科の名を挙げており、プロ初年にコーチとして師事を受けた関係で仁科の「左足を掛ける独特の投球フォーム」を真似ようとしたが、とても真似出来なかったとも述べていた[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 ロッテ 26 8 0 0 0 5 2 1 -- .714 386 91.0 100 11 18 2 6 49 0 0 45 43 4.25 1.30
1978 32 16 5 0 0 9 6 0 -- .600 535 126.2 123 23 33 2 10 67 1 0 70 60 4.26 1.23
1979 30 25 10 1 1 9 11 0 -- .450 763 179.2 170 18 57 2 19 87 0 0 89 80 4.01 1.26
1980 29 27 17 5 1 17 8 0 -- .680 853 208.2 193 35 49 1 18 94 0 0 85 74 3.19 1.16
1981 29 29 8 2 1 13 10 0 -- .565 793 186.1 183 25 47 1 18 80 1 0 90 84 4.06 1.23
1982 27 27 12 1 2 9 14 0 -- .391 765 178.1 194 25 46 3 11 102 0 0 97 87 4.39 1.35
1983 28 23 8 1 0 5 13 0 -- .278 631 144.0 162 25 41 4 13 57 0 0 89 81 5.06 1.41
1984 29 29 13 2 3 13 11 0 -- .542 886 213.2 202 31 61 2 13 113 1 2 98 88 3.71 1.23
1985 30 30 9 1 1 12 13 0 -- .480 852 198.0 218 35 44 3 12 103 0 1 116 95 4.32 1.32
1986 25 24 5 1 0 10 12 0 -- .455 615 142.2 162 20 29 2 13 68 0 0 86 79 4.98 1.34
1987 18 18 4 1 0 7 7 0 -- .500 459 109.2 112 11 23 2 5 52 0 1 43 39 3.20 1.23
1988 31 3 0 0 0 1 1 0 -- .500 157 37.2 40 3 9 4 4 18 0 1 19 17 4.06 1.30
通算:12年 334 259 91 15 9 110 108 1 -- .505 7695 1816.1 1859 262 457 28 142 890 3 5 927 827 4.10 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1983年5月4日、対阪急ブレーブス4回戦(川崎球場)、4回表3死目に達成
  • 1500投球回数:1985年10月1日、対日本ハムファイターズ19回戦(後楽園球場)、6回裏1死目に達成
  • 100勝:1986年9月18日、対近鉄バファローズ23回戦(川崎球場)、先発登板で7回2/3を2失点
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (1977年 - 1988年)
  • 74 (1989年 - 1991年)
  • 82 (1992年 - 1993年)
  • 73 (1994年 - 1995年)
  • 84 (2001年 - 2002年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元ロッテ球団職員のツイート - 2020年11月25日。仁科の遺族からの喪中による年賀欠礼の挨拶より。
  2. ^ a b c d e f g 仁科時成 投球術を駆使した“川崎”のサブマリン/プロ野球1980年代の名選手” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2020年7月31日閲覧。
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年
  5. ^ 「岡山」投手・仁科時成 出身浅口郡 球歴山…:「全国」 夢のベストナイン特集 - 時事ドットコム
  6. ^ 深沢恵雄 川崎球場を沸かせた“超低空サブマリン”/プロ野球1980年代の名選手 - 週刊ベースボールONLINE
  7. ^ 『野球小僧 8月号 2011』白夜書房、p.155
  8. ^ 深沢恵雄 - げんまつWEBタイガース歴史研究室
  9. ^ ああ、またあと1人…仁科時成、2度目も逃す
  10. ^ サブマリン投手 ( 野球 ) - 人生いろいろ - Yahoo!ブログ

関連項目[編集]