小川亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 亨
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 (1945-08-01) 1945年8月1日(72歳)
身長
体重
173 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1967年 ドラフト3位
初出場 1968年4月7日
最終出場 1984年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

小川 亨(おがわ とおる、1945年8月1日 - )は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手外野手内野手)、野球解説者、野球指導者。

愛称の「モーやん」は、同じく「モーやん」の愛称を持つ堀込基明に似ていたことが由来[1][2]

経歴[編集]

宮崎商業高校では四番打者、中堅手として1963年夏の甲子園県予選決勝に進出。清俊彦投手を擁する高鍋高を破り夏の甲子園への出場を決める。しかし大会では2回戦に進出するものの、甲府商の大石勝彦(大洋-東映)、堀内恒夫両投手の継投に敗れた[3]。高校同期に高橋博士捕手、1年下に山本真一三塁手、2年下には控え投手の水谷実雄がいた。

卒業後は立教大学へ進学。東京六大学リーグでは1966年春季リーグで、槌田誠谷木恭平秋山重雄阿天坊俊明らとともに7年ぶりの優勝を飾る。同年秋季リーグでは秋元国武(法大-日本石油)と3厘差の打撃成績2位(打率.372)を記録、3本塁打を放ちベストナイン(外野手)に選出された。リーグ通算61試合出場、196打数57安打、打率.291、7本塁打、33打点。

1967年のドラフト3位で近鉄バファローズに入団。膝を深く、体をくの字に曲げ、バットを極端に短く持ってピッチャーに傾ける独特の構えで、勝負強い打撃を発揮。1年目の1968年から一軍に定着し、95試合で打率.256を記録。翌1969年は11本塁打と長打も増え、同年から5年連続二桁本塁打。特に1971年は自己最多の20本塁打に打率も.315と大台を突破し、レギュラーの地位を固めた。また、入団1年目から7年連続で二桁盗塁。1970年1972年とリーグ最多三塁打を記録。

1975年は打率は3割を切ったものの、最高出塁率のタイトルを獲得したほか、7月10日の対南海戦から9月6日の対太平洋戦まで歴代3位(当時は吉田義男を破るプロ野球新記録)の180打席連続無三振記録を樹立した。1980年には自己最高となる.323を記録してリーグ6位につけた。

近鉄一筋17年のプロ生活で、通算1908試合出場は球団最多記録[4]1984年9月30日の対日本ハム戦(藤井寺球場)を最後に現役を引退。

現役時代には、その朴訥とした風貌から松下電器の暖房器具のCMに農夫役で出演したこともある(実際、家庭菜園を趣味としている)。

引退後は、1985年から1988年まで朝日放送解説者[5]を務めて野球中継に出演したほか、平日朝の情報ワイド番組『おはよう朝日です』のコーナー「小川亨のスポーツ&スポーツ」を担当した。1989年から1992年まで近鉄の一軍打撃コーチを務め、89年のリーグ優勝に貢献。1993年オリックス一軍打撃兼外野守備・走塁コーチ、1994年はオリックス二軍打撃コーチを務めた。その後はプロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズでプレーし、文化放送の野球解説者を務めていた[6][7]。 その傍ら、中学硬式野球チーム「大阪狭山リトルシニア野球協会」の監督も務めており、愛弟子には藤江均横浜-楽天)がいる。

2003年以降は法務省から保護司を委嘱され、保護観察処分を受けた者への説諭等を行う活動を進めている[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 近鉄 95 251 215 31 55 7 2 3 75 11 10 5 9 0 25 2 2 15 4 .256 .339 .349 .688
1969 118 381 311 51 77 13 1 11 125 34 15 7 9 2 54 1 5 29 6 .248 .364 .402 .766
1970 127 508 445 63 120 15 5 14 187 49 24 10 6 3 46 7 8 40 4 .270 .347 .420 .767
1971 127 502 428 66 135 12 2 20 211 40 14 12 6 2 61 3 5 34 4 .315 .403 .493 .896
1972 125 530 446 68 121 23 8 10 190 32 10 4 6 2 65 5 11 29 6 .271 .376 .426 .802
1973 123 488 432 61 125 18 4 19 208 63 16 6 4 3 38 1 11 31 10 .289 .360 .481 .841
1974 119 474 392 59 108 5 2 7 138 32 20 13 5 1 65 0 11 26 6 .276 .392 .352 .744
1975 128 541 453 67 131 13 2 5 163 45 7 8 10 0 68 3 10 18 4 .289 .394 .360 .753
1976 110 343 305 34 71 6 0 4 89 29 3 5 4 1 28 1 5 20 9 .233 .307 .292 .599
1977 99 322 288 34 90 12 2 3 115 22 8 4 5 0 25 0 4 16 2 .313 .375 .399 .775
1978 108 369 327 46 105 17 2 10 156 50 2 5 4 3 33 3 2 25 7 .321 .384 .477 .861
1979 118 430 376 47 104 20 0 12 160 44 2 2 3 3 43 2 5 25 9 .277 .356 .426 .782
1980 114 406 344 69 111 24 0 15 180 55 1 3 9 3 47 0 2 26 5 .323 .404 .523 .927
1981 116 411 359 50 106 20 2 9 157 35 5 1 4 3 41 2 3 12 2 .295 .369 .437 .807
1982 94 281 249 27 75 14 1 6 109 42 3 2 2 7 22 2 0 12 2 .301 .350 .438 .788
1983 104 270 234 25 63 6 1 8 95 27 1 0 1 0 35 4 0 15 8 .269 .364 .406 .770
1984 83 179 158 22 37 2 0 6 57 23 0 0 2 0 17 1 2 10 2 .234 .316 .361 .677
通算:17年 1908 6686 5762 820 1634 227 34 162 2415 633 141 87 89 33 713 37 86 383 90 .284 .369 .419 .788
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1976年5月26日、対ロッテオリオンズ前期5回戦(西京極球場)、6番・指名打者として先発出場 ※史上186人目
  • 1000本安打:1977年8月22日、対クラウンライターライオンズ後期6回戦(日生球場)、3回裏に山下律夫から右前安打 ※史上104人目
  • 100本塁打:1978年8月19日、対クラウンライターライオンズ後期8回戦(平和台球場)、7回表に古賀正明から3ラン ※史上97人目
  • 1500試合出場:1980年9月29日、対西武ライオンズ後期11回戦(西武ライオンズ球場)、2番・一塁手として先発出場 ※史上65人目
  • 1500本安打:1982年8月6日、対西武ライオンズ後期4回戦(西武ライオンズ球場)、4回表に高橋直樹から右前適時打 ※史上46人目
  • 150本塁打:1983年5月10日、対ロッテオリオンズ2回戦(川崎球場)、9回表に西井哲夫からソロ

背番号[編集]

  • 7 (1968年 - 1984年)
  • 73 (1989年 - 1992年)
  • 71 (1993年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本プロ野球 追憶の「球団史」 1936-2004』 ベースボール・マガジン社、2013年、46頁。
  2. ^ ベースボールマガジン』 ベースボール・マガジン社、2015年7月号、93頁。
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 週刊ベースボール2012年5月28日号27ページ
  5. ^ 日本プロ野球史に残る『10.19』のロッテオリオンズ対近鉄バファローズのダブルヘッダー第2試合のテレビ中継の解説を務めた。
  6. ^ 小川が解説を担当するゲームは、現在は体調に配慮して西武ライオンズ関西遠征のみである。以前は同系列のラジオ大阪の解説者も兼務していた時期があるほか、『ホームランナイター』を含む関東地区の試合も担当していた。
  7. ^ 文化放送での解説は2000年代後半以降退いているが、その後も文化放送の番組に電話出演した例がある。
  8. ^ 元近鉄・モーやん、保護司でも粘りの指導 讀賣新聞 2010年1月23日閲覧

関連項目[編集]