ジム・トレーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジム・トレーバー
Jim Traber
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州コロンバス
生年月日 (1961-12-26) 1961年12月26日(55歳)
身長
体重
182 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1982年 MLBドラフト21巡目
初出場 MLB / 1984年9月21日
NPB / 1990年4月8日
最終出場 MLB / 1989年10月1日
NPB / 1991年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェームズ・ジョセフ・トレーバーJames Joseph Traber , 1961年12月26日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

オクラホマ州立大学では野球の他にアメリカンフットボールでもクォーターバック(QB)として活躍。

1982年MLBドラフト21巡目(全体の543番目)でボルチモア・オリオールズに指名され契約。1984年9月21日にメジャーデビュー。オリオールズでのニックネームは「The Whammer」。トレーバーの守備位置は一塁手であり、オリオールズには同位置にはエディ・マレーが不動のレギュラーであったため、トレーバーはレギュラーを獲得できなかった。

1990年近鉄バファローズに入団し、来日。同年は打率.303、24本塁打、92打点と存在感を示した。

1991年オールスターゲームに出場。同年は打率こそ.272と落ちたが29本塁打を放ち、92打点で打点王を獲得し、ベストナインゴールデングラブ賞に選ばれた。しかし、年俸面での契約が合意せず同年限りで退団し、帰国。

1993年メキシカンリーグモンテレイ・サルタンズで1年間プレー[1]

引退後はDJをしていたようで、1995年4月19日に起こったオクラホマ・シティでのオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の際には、現場近くの放送局に居合わせ、日本のスポーツ新聞のインタビューに応え、事件の様子を伝える記事を提供していた。

歌が得意で、オリオールズ時代にはしばし試合前のアメリカ合衆国国歌独唱を担当した[2]

来日中は自分の娘をインターナショナル・スクールではなく日本の小学校に通わせていた。

ビールが大好物で、仲の良かった金村義明は、「トレーバーはビールが主食です。みんなで食事に行っても、トレーバーは瓶ビールだけ頼む。みんなが食べている間、彼だけずっとビールを瓶のまま、ラッパ飲みしてました」とコメントしている。その為か野球選手にしては腹はかなり出ていた方だが、前述のゴールデングラブ賞の受賞や園川との乱闘劇の際盗塁の名手である大石大二郎の追走を振り切ってしまうダッシュ力を見せており、日本での通算盗塁が13個(失敗3個)など動きは機敏だった。

乱闘騒ぎ[編集]

1991年5月19日秋田八橋球場で行われた対ロッテオリオンズ戦で、園川一美からの死球に激昂して園川を追いかけて乱闘騒ぎを起こした。この乱闘の際にロッテの監督金田正一に、顔面をスパイクで2回蹴られた事はプロ野球珍プレー・好プレー大賞で放送されたことによって有名になり、一時期同番組内で繰り返しそのシーンが放送されていた。ただし、退場させられたのはトレーバーだけであって、金田は退場宣告されなかった。

このとき八橋球場でボールボーイを勤めていたのがロッテ浦和工場寮長の息子で当時大学生だった成田務であり、彼の息子の成田翔は24年後のドラフト会議でロッテにドラフト3位指名され入団している。また成田翔の担当スカウトだった井辺康二とチーフスカウトだった永野吉成は、共に当時現役のロッテ投手で当日は球場のブルペンで待機していた。さらに成田翔の秋田商業高校時代の野球部監督である太田直も、小学生時代にこの乱闘をスタンドから観戦していた[3]。この他に当時小学生だったヤクルト石川雅規西武等で活躍した藤田太陽もこの試合を生で観戦していたことを述べている(週刊ベースボール2006年の「少年時代に印象に残ったシーンについて」の設問。秋田県ではプロ野球の試合がセ・パ全体で4試合前後であったこともありプロ野球の試合自体が注目されていた)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 BAL 10 24 21 3 5 0 0 0 5 2 0 0 0 1 2 0 0 4 1 .238 .292 .238 .530
1986 65 240 212 28 54 7 0 13 100 44 0 0 0 5 18 2 5 31 6 .255 .321 .472 .793
1988 103 376 352 25 78 6 0 10 114 45 1 2 1 3 19 3 1 42 8 .222 .261 .324 .585
1989 86 257 234 14 49 8 0 4 69 26 4 3 1 3 19 1 0 41 7 .209 .266 .295 .560
1990 近鉄 123 528 495 64 150 25 1 24 249 92 2 2 0 5 25 5 3 70 18 .303 .337 .503 .840
1991 124 533 486 61 132 15 2 29 238 92 11 1 1 9 33 14 4 51 9 .272 .318 .490 .807
MLB:4年 264 897 819 70 186 21 0 27 288 117 5 5 2 12 58 6 6 118 22 .227 .279 .352 .631
NPB:2年 247 1061 981 125 282 40 3 53 487 184 13 3 1 14 58 19 7 121 27 .287 .327 .496 .824
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 28 (1984年、1986年、1988年 - 1989年)
  • 33 (1990年 - 1991年)

脚注[編集]

  1. ^ OKLAHOMA STATE BASEBALL COWBOY HALL OF FAME (pdf)”. p. 124. 2012年5月20日閲覧。
  2. ^ 福島良一「大リーグ物語」71ページ。(ISBN4-06-149043-5)
  3. ^ 三代にわたる不思議な縁 ドラフト3位成田家とロッテ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]