オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件
Oklahomacitybombing-DF-ST-98-01356.jpg
爆発で破壊されたオクラホマシティ連邦政府ビル
場所 アメリカ合衆国の旗オクラホマ州オクラホマシティ
アルフレッド・P・マラー連邦ビル
座標 北緯35度28分22.4秒 西経97度31分01秒 / 北緯35.472889度 西経97.51694度 / 35.472889; -97.51694座標: 北緯35度28分22.4秒 西経97度31分01秒 / 北緯35.472889度 西経97.51694度 / 35.472889; -97.51694
日付 1995年4月19日
午前9時2分 –
攻撃手段 車爆弾
死亡者 168人
負傷者 約850人以上
犯人 ティモシー・マクベイ
テリー・ニコルズ
マイケル・フォティア

オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件(オクラホマシティれんぽうせいふビルばくはじけん、アメリカ英語: Oklahoma City bombing)とは、1995年4月19日アメリカ合衆国オクラホマ州の州都オクラホマシティで発生した爆破テロ事件。

元陸軍兵士のティモシー・マクベイらが車爆弾でオクラホマシティ連邦地方庁舎を爆破し、子供19人を含む168人が死亡、800人以上が負傷した。2001年9・11テロが発生するまでは、アメリカ国内で最悪のテロ被害をもたらした事件であった。

事件の概要[編集]

事件は、1995年4月19日の現地時間午前9時2分に発生した。9階建のオクラホマシティ連邦地方庁舎「アルフレッド・P・マラー連邦ビル」の正面玄関前に駐車していた、大量の爆発物を積んだトラックが爆発した。爆発の威力は、マグニチュード3.0にも達したとされる。これにより、連邦ビルは全体のおよそ80%が破壊された。

事件発生当初、犯行声明などが無かったため、犯行はネオナチイスラム過激派によるものだと推測されたが、アメリカ国籍の白人であるティモシー・マクベイとその軍隊時代の同僚テリー・ニコルズらが逮捕された[1]犯人がかつてはアメリカ陸軍所属で、湾岸戦争にも参戦した経験のあるアメリカ人であった事は、アメリカ中に衝撃を与えた。

陸軍退役後警備員の販売などをしていた首謀者のマクベイは政府への強い敵意を抱くようになり[1][2]白人至上主義キリスト教原理主義の影響を受けた武装民兵組織「ミシガン民兵」などとも関係があったとされる[3][4]。事件を起こした4月19日は、2年前に武装カルト教団ブランチ・ダビディアンの信者80名以上がFBIとの銃撃戦で死亡した日であり、マクベイはこれを政府の横暴であるとし、連邦ビル爆破はその復讐であるとした[1]

救助[編集]

爆破直後、救急隊レスキュー隊のみならず周辺の住民もこぞって救助活動に参加し、充分な装備もないまま瓦礫の中を歩いたことで多数の負傷者が発生するという二次災害にも見舞われた。

事件後ビルの跡地は整備され慰霊公園が作られ、そこには犠牲者の氏名とともに救助活動に尽力した人々の名前も刻まれた。

裁判とその後[編集]

爆発したトラックからマクベイが降りるのを目撃した人物はいなかったが、検察側はマクベイがトラックをレンタルした際の領収書などの物的証拠のほか、マクベイが爆弾の材料を入手するのを目にした者や、彼の計画を聞いたという友人たちの証言を得ていた[5]弁護側は、身元不詳の男が真犯人であることを示す証拠を提出しようとしたが、検察側はマクベイが爆破犯人であることを立証するのに成功し、1997年に有罪判決が下された[5]アメリカ合衆国国務省は、本裁判において、陪審員の気を引くために、事件で死亡した幼い子供の最期の様子から話し始めた検察官ジョゼフ・ハーツラーの冒頭陳述は最も優れたもののひとつであると評価している[5]

1993年の貿易センタービル駐車場爆破事件(6名死亡)と本事件の発生を受け、ビル・クリントン政権は1996年に、アメリカ市民以外の被疑者の場合は本人・弁護士に知らせない秘密証拠によって国外退去処分にでき、アメリカ市民であっても反米組織を援助した者は10年の刑に問われるとする反テロリズム法を制定した[6]

その後、主犯のマクベイは、2001年6月11日薬物による死刑が執行された。この模様は監視カメラ(CCTV)を通して、被害者遺族に公開されたため論議を呼んだ。この時の裁判裁判長は「これで枕を高くして眠れるでしょう。法がきちんと機能したのですから」と裁判後のインタビューで述べたが、死刑執行の丁度3ヵ月後の9月11日アメリカ同時多発テロ事件が発生した。

余談[編集]

事件発生直後、オクラホマシティ周辺に居たアラブ系アメリカ人を含むアラブ系の人物約数十人が一時警察に身柄を拘束された(大半が数時間以内に釈放)。

爆発物満載の車爆弾連邦政府ビルが爆破される様子や、事件とは無関係なイスラム教徒が不当な捜査の対象にされる様子など、この時の状況は1998年公開の映画マーシャル・ロー』においてインスパイアされている。また1999年映画隣人は静かに笑う』も、本事件をモチーフの一つとしている。

SF作家テリー・ビッスン1999年、本事件の犠牲者遺族が報復用に主犯マクベイのクローンを受け取るという内容の短編「マックたち」(ハヤカワ文庫SF『90年代SF傑作選(下)』所収)を発表、ネビュラ賞ローカス賞を受賞している。

爆破事件後も、市庁舎前に残っていた木(アメリカニレの木で1920年代の写真にもすでに写っており、事件当時樹齢80年と推定される)は「サバイバル・ツリー」として市のメモリアル(記念樹)になっており、映画『エリザベスタウン』にもヒロインの「一番好きな木」として登場する。

マクベイが影響されたと言われる民兵組織「ミシガン民兵」の司令官ノーマン・オルソンは、同年3月に起こった地下鉄サリン事件に米政府が秘密裏に関与しており、それに怒った日本政府が報復として本事件を起こしたとする声明を発表し、のちに組織を追放された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ティモシー・マクベイ『20世紀名言集大犯罪者篇』犯罪心理研究所、情報センター出版局, 2001, p185
  2. ^ ティモシー・マクベイ『知っておきたい 世界の悪人・暴君・独裁者』桐生操、西東社, Dec 20, 2012、p61
  3. ^ 《9・11》以前のアメリカにおける対テロ法制の展開《9・11》以後の「安全」と「自由」に関する予備的考察(1)、岡本篤尚、神戸学院法学第35巻第1号、2005年7月
  4. ^ a b 連邦政府への激しい敵意は民兵組織の主張の特徴 『アメリカの「影」の勢力』古森義久、PHP研究所, Jun 27, 1996
  5. ^ a b c 陪審裁判の構造アメリカ合衆国国務省国際情報プログラム局「eJournal」第14巻第7号、2009年7月
  6. ^ クリントン時代に「秘密証拠」採用『戦争熱症候群: 傷つくアメリカ社会』薄井雅子、新日本出版社, 2008, p66

関連項目[編集]