伊藤敦規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤敦規
阪神タイガース トレーニングコーチ #91
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県知多市
生年月日 (1963-05-29) 1963年5月29日(56歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 1988年4月14日
最終出場 2002年6月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2005 - )
オリンピック
男子 野球
1984 ロサンゼルス 野球

伊藤 敦規(いとう あつのり、 1963年5月29日 - )は、愛知県知多市[1]出身の元プロ野球選手投手)・プロ野球コーチ。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

実家が建設会社(伊藤建設)を営んでいることから、家業を継ぐことも視野に、中京高校から福井工業大学へ進学した。

アンダースローより右腕を若干高く上げた投球フォームが特徴で、大学時代には、硬式野球部のエースとして北陸大学リーグで活躍。3年時の1984年に出場した全日本大学野球選手権大会では、チームを初めて準決勝進出に導いた。準決勝で法政大学に敗れた[1]ものの、大会での好投が評価されたことから、第13回日米大学野球選手権大会ロサンゼルスオリンピックの野球競技日本代表として出場。オリンピックでは2勝を挙げる活躍で、チームの優勝と金メダル獲得に貢献した[1]

大学からの卒業後は、地縁のある熊谷組に入社。1986年1987年都市対抗に出場した。1987年社会人野球日本選手権大会では、チームの準優勝進出に貢献。自身も2勝を挙げたことから、大会の優秀選手に選ばれた。

1987年には日本代表としてソウルオリンピック予選にも出場したが、その年のNPBドラフト会議で、阪急ブレーブス日本ハムファイターズから1巡目で指名。抽選によって阪急が独占交渉権を獲得したことから、後に入団へ至った。背番号は16。阪急は翌1988年のドラフト会議の前に球団の経営権をオリエント・リース(後のオリックス)へ譲渡したため、ドラフト1位で阪急へ入団した最後の選手にも当たる[1]。なお、抽選に漏れた日本ハムは、再指名を経て武田一浩を入団させている。

阪急・オリックス時代[編集]

サイドスローの技巧派投手として、主に先発で活躍。1988年8月28日に、ウエスタン・リーグの対阪神タイガース戦でノーヒットノーランを達成[1]1990年から一軍の先発ローテーションに加わった[1]

1992年には、7月8日の対近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)で新井宏昌に一軍公式戦通算2000本安打(三塁打)を許した。それでも、前半戦は好調で、オールスターゲームパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の監督推薦選手として初出場。シーズン通算でも8勝を挙げた[2]ため、シーズン終了後の契約交渉では、球団の査定に異を唱えた。最初の交渉(12月11日)では、球団からの条件提示(推定年俸3,600万円)を保留。「希望額とかけ離れている。今後交渉がもつれるようなら、代理人を呼ぶことも検討する」とのコメントを残した[3]が、2度目の交渉(同月28日)の末に、推定年俸4,200万円(前年比1,200万円増)という条件で契約を更改した[4]。更改の直後には、「『頑張れば来年(1993年)はドンと(年俸を)上げてもらえる』と(球団幹部から)約束されたので、2桁勝利を達成したい」と意気込んでいた[4]が、実際には9試合の登板で3勝4敗と成績を落とした。1994年にも一軍公式戦9試合の登板で0勝1敗と振るわず、チームが左腕投手の補強を狙っていたこともあって、シーズン終了後には他球団への放出候補に挙げられた[5]

在籍中には、パ・リーグ公式戦で通算30勝をマーク。当時「黄金時代」と呼ばれた西武ライオンズを相手に7勝を挙げたほか、通算5完封勝利のうち4完封を対西武戦(残り1完封は福岡ダイエーホークス戦)で挙げたことから、「西武キラー」という異名が付いた。特に、自己最多の8勝を挙げた1992年には、対西武戦で5勝2敗という好成績を残している[4]

横浜時代[編集]

1994年11月11日に、水尾嘉孝渡部高史堀江賢治との交換トレードによって、飯塚富司とともに横浜ベイスターズへ移籍することが発表された[6]

当時の横浜は先発投手不足で、オリックスには当初、左投手の水尾との1対1トレードによる伊藤の譲渡を申し入れていた。しかし、オリックス側から難色を示されたため、左投手の渡部と内野手の堀江をトレード要員に追加。オリックス側も飯塚をトレード要員に加えた結果、2対3の交換トレードで決着した[6]

横浜でも移籍前と同じ背番号16を着用したが、移籍直後に左膝を故障した[7]。その故障などが災いして[2]、一軍公式戦では、1995年からの2年間でわずか1勝の成績に終わった[2]1996年には投球に支障を来さないほどにまで左膝が回復していた[7]が、シーズン終了後の10月17日に、飯塚と揃って戦力外通告を受けた[8]

ちなみに、戦力外通告を受けた直後には、帰郷して家業を継ぐことも考えたという。しかし、実父から「『まだやれる』と思うなら悔いを残して辞めるのは良くない」と諭されたことをきっかけに、現役生活を続けることを決意[7]。「幼少期から応援していた」という阪神タイガースの秋季練習へ参加したうえで、入団テストを受験した[9]。通常の入団テストよりかなり遅い時期での挑戦だったため、球団関係者からは「99%合格は無理だろう」と厳しい評価を受けていたが、結局合格を勝ち取った[1]

阪神時代[編集]

1996年12月5日に、片瀬清利(前広島東洋カープ)・酒井光次郎(前日本ハムファイターズ)・中村良二畑山俊二(いずれも前近鉄)と共に入団が発表された[9]。背番号については、阪急 - 横浜時代から一転して背番号47を着用した。

移籍後は、「膝が壊れてもいい。他のどの投手にも負けたくない」との決意の下に、中継ぎへ本格的に転向。ショートリリーフにとどまらずロングリリーフや連投もこなした。1997年には、開幕の直後から一軍に定着すると、60試合の登板で8セーブ(いずれも自己最多)および自己最多タイの8勝を挙げた[7]

野村克也が一軍の監督を務めた1999年からは、自身と同じくサイドスローで復活を遂げた左投手の遠山奬志や、アンダースローの軟投派右投手・葛西稔などと共に、多彩で強力な救援陣を構成。阪急時代から公私とも親しかった星野伸之FA権の行使によってオリックスから移籍した2000年には、セントラル・リーグ最多の71試合に登板するとともに、防御率1.86という好成績を残した。この年の伊藤は37歳であったことから、NPBの一軍公式戦で1シーズンに70試合以上登板した投手の最年長記録も樹立。ヒーローインタビューで、鶴の恩返しにちなんで「羽根を抜いては投げている」と語ったこともあった。

38歳で迎えた2001年にも、一軍公式戦52試合の登板で防御率1.79と活躍。NPB史上7人目の5年連続50試合登板も達成した。

しかし、野村に代わって星野仙一が監督に就任した2002年に、かねてから抱えていた腰の痛みが悪化した。シーズン中にも右肘を痛めたほか、吉野誠金沢健人などの若手投手が救援陣で台頭したこと[10]から、一軍公式戦での登板機会が大幅に減少。通算の防御率が5点台に達するなど、投球内容も移籍後では最も悪かった。星野監督による若返り・大幅補強策の一環で、9月26日に遠山奨志弓長起浩成本年秀西川慎一川俣ヒロアキとともに戦力外通告を受けた[10]ことを機に、星野伸之と揃って現役を引退[1]

現役引退後[編集]

「伊藤建設」の営業主任を務めながら、2003年から2004年まで毎日放送野球解説者サンケイスポーツ野球評論家として活動していたほか、プロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズにも参加していた[11]

2005年から、三軍コーチとして阪神に復帰。2006年から2008年までは二軍のトレーニングコーチ(2006年のみ投手コーチと兼任)、2009年から2019年までは一軍のトレーニングコーチを務めた。(三軍担当時代を含めて)トレーニングコーチ歴は15年に及んだが、チーフトレーナーがトレーニングコーチの役割を兼ねる傾向が日本プロ野球の主流になったことを受けて、球団では2020年シーズンからトレーニングコーチ制度を廃止することを検討。2019年10月15日には、その一環として、伊藤のコーチ退任と退団を発表した[12]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 阪急
オリックス
20 5 0 0 0 1 4 1 -- .200 224 49.0 58 8 16 0 5 28 0 0 34 31 5.69 1.51
1989 24 4 1 0 0 5 1 0 -- .833 234 55.0 57 6 20 1 3 30 0 0 22 21 3.44 1.40
1990 31 14 4 0 0 7 7 1 -- .500 521 116.2 127 12 39 1 9 50 2 0 67 61 4.71 1.42
1991 29 18 8 3 1 6 12 1 -- .333 647 158.0 137 15 42 4 7 100 2 1 59 54 3.08 1.13
1992 26 25 10 2 0 8 8 0 -- .500 808 191.2 192 19 52 1 7 93 1 2 84 81 3.80 1.27
1993 9 9 1 0 0 3 4 0 -- .429 242 54.0 63 4 22 0 0 25 0 0 31 31 5.17 1.57
1994 9 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 75 15.1 21 4 9 1 1 10 0 0 13 13 7.63 1.96
1995 横浜 19 6 0 0 0 1 2 0 -- .333 214 45.2 56 3 22 1 6 31 1 2 34 33 6.50 1.71
1996 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 5.2 8 2 5 0 0 4 0 0 4 3 4.76 2.29
1997 阪神 60 0 0 0 0 8 5 8 -- .615 308 77.2 50 5 32 7 3 51 2 2 24 23 2.67 1.06
1998 50 0 0 0 0 2 3 0 -- .400 226 53.1 52 2 18 7 2 40 2 0 18 17 2.87 1.31
1999 59 0 0 0 0 6 1 0 -- .857 268 67.1 66 3 14 2 2 45 0 2 30 24 3.21 1.19
2000 71 0 0 0 0 3 1 0 -- .750 287 67.2 62 1 23 6 7 35 1 0 14 14 1.86 1.26
2001 52 0 0 0 0 6 2 0 -- .750 190 45.1 34 2 19 3 5 24 0 0 12 9 1.79 1.17
2002 20 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 97 22.2 18 5 9 3 2 13 0 0 14 13 5.16 1.19
NPB:15年 483 84 24 5 1 56 51 11 -- .523 4369 1025.0 1001 91 342 37 59 579 11 9 460 428 3.76 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 16 (1988年 - 1996年)
  • 47 (1997年 - 2002年)
  • 74 (2005年 - 2010年)
  • 91 (2011年 - 2019年)

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、52ページ
  2. ^ a b c 読売新聞』1997年5月21日大阪夕刊スポーツ面3頁「解雇通告…阪神の入団テストで生き残る 新天地で伊藤投手ら3人底力!」(読売新聞大阪本社
  3. ^ 毎日新聞』1992年12月11日東京朝刊第一スポーツ面21頁「プロ野球だより/10日 オリックス 伊藤敦規、『契約更改に代理人を』」(毎日新聞東京本社
  4. ^ a b c 毎日新聞』1992年12月28日東京朝刊第一スポーツ面17頁「プロ野球だより/27日 オリックス 伊藤敦規投手が4200万円で契約更改」(毎日新聞東京本社
  5. ^ 『毎日新聞』1994年11月12日東京朝刊第一スポーツ面21頁「[プロ野球だより]11日 オリックスの伊藤敦規投手、トレードで横浜へ」(毎日新聞東京本社)
  6. ^ a b 中日新聞』1994年11月12日朝刊第12版第二運動スポーツ面22頁「オリックスの伊藤敦、横浜へ 複数トレード成立」(中日新聞社
  7. ^ a b c d 朝日新聞』1997年10月4日大阪夕刊HL面2頁「解雇から復活 阪神・伊藤投手(スポーツつれづれ草)」(朝日新聞大阪本社・記者:冨森揚介)
  8. ^ 『読売新聞』1996年10月18日東京朝刊スポーツA面21頁「FA再取得の横浜・駒田が残留希望」(読売新聞大阪本社
  9. ^ a b 『毎日新聞』1996年12月6日東京朝刊第一スポーツ面27頁「[プロ野球だより]5日 阪神 テスト5選手が入団」(毎日新聞東京本社)
  10. ^ a b 『朝日新聞』2002年9月27日大阪朝刊第一スポーツ面27頁「阪神・遠山ら戦力外通告 プロ野球」(朝日新聞大阪本社)
  11. ^ 『朝日新聞』2004年11月17日大阪朝刊兵庫県第二地方面25頁「往年の名選手集い『マスターズリーグ』 明石で大阪-札幌 /兵庫」(朝日新聞大阪本社・神戸総局)
  12. ^ 阪神 浜中、伊藤コーチの退団を発表「もう少し勉強したいということでした」(『スポーツニッポン』2019年10月15日付記事)
  13. ^ 月刊タイガース2000年5月号、45ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]