伊藤敦規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 敦規
阪神タイガース コーチ #91
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県知多市
生年月日 (1963-05-29) 1963年5月29日(54歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 1988年4月14日
最終出場 2002年6月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2005 - )
オリンピック
男子 野球
1984 野球

伊藤 敦規(いとう あつのり、 1963年5月29日 - )は、愛知県知多市[1]出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。現阪神タイガーストレーニングコーチ。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中京高校から福井工大へ進学[2]、エースとして北陸大学リーグで活躍。 3年時(1984年)には全日本大学野球選手権大会で、福井工大として初めて準決勝に進出する(準決勝では法大に敗れた[1])。 これが評価され、第13回日米大学野球選手権大会日本代表に選出。 さらにロサンゼルス五輪の代表選手にも選ばれる。 五輪では2勝を記録し、金メダル獲得に貢献した[1]

卒業後は地縁のある熊谷組に入社。 1986年1987年都市対抗に連続出場。 1987年社会人野球日本選手権大会で2勝をあげ準優勝に貢献、同大会の優秀選手に選ばれる。 同年にはソウル五輪予選にも出場した。

1987年度ドラフト会議にて阪急ブレーブスから1位指名を受けて入団(阪急では最後のドラフト1位指名選手である)[1]。 なお日本ハムファイターズも伊藤を1巡目指名を受けたが抽選に外れ、武田一浩を外れ1位で指名を受けている。

阪急・オリックス時代~横浜時代[編集]

1988年8月28日のウエスタン・リーグの対阪神タイガース戦でノーヒットノーランを達成[1]上田利治監督の期待に応え1990年より一軍の先発ローテーションに加わる[1]。 パ・リーグ在籍時の30勝中7勝を当時黄金時代を築いていた西武ライオンズから記録し西武キラーと呼ばれた。 1992年7月8日藤井寺球場での対近鉄バファローズ戦では、新井宏昌に通算2000本安打となる三塁打を浴びたが、前半戦での活躍が評価されてこの年のオールスターゲームに監督推薦で出場した。 1994年11月に飯塚富司と共に水尾嘉孝渡部高史堀江賢治との2対3の交換トレード横浜ベイスターズへ移籍するも成績は低迷[1]1996年オフに戦力外通告を受けて、「幼い頃からファンだった阪神の入団テストを受けてダメだったら諦めもつく」と入団テストを受けた。フロントから「(今頃受けに来ても)99%無理だ」と言われたが無事合格し、阪神タイガースへ移籍[1]

阪神時代[編集]

それまで主に先発投手を務めていたが、阪神で初めて本格的に中継ぎへ転向。 1997年から2001年まで史上7人目となる5年連続の50試合登板を果たすなど、ショートリリーフだけでなくロングリリーフをしつつ連投もこなす中継ぎ投手として活躍。 同じくサイドハンドの遠山奬志、軟投派サブマリンの葛西稔らとともに強力なリリーフ投手陣を構成し、2000年にはリーグ最多の71試合に登板、防御率1.86という記録を残す。 この年伊藤は37歳で、シーズン70試合以上登板した投手の中では歴代最年長記録となる。ヒーローインタビューでは「羽根を抜いては投げている」と自らを鶴の恩返しに例えた。

2001年も52試合登板で防御率1.79と活躍したが、星野仙一監督が就任した2002年はキャンプ中から腰の痛みが悪化、更にシーズン中には肘痛を発症。防御率5点台という移籍後最低の成績に終わり、同年に阪急時代から私生活でも親しかった星野伸之と共に現役を引退した[1]

引退後[編集]

実家の建設業「伊藤建設」の営業主任を務める傍ら、毎日放送野球解説者として活躍。 2005年に三軍コーチとして阪神に復帰し、翌2006年から2008年まで二軍トレーニングコーチ(2006年のみ投手コーチと兼任)、2009年からは一軍トレーニングコーチを務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 阪急
オリックス
20 5 0 0 0 1 4 1 -- .200 224 49.0 58 8 16 0 5 28 0 0 34 31 5.69 1.51
1989 24 4 1 0 0 5 1 0 -- .833 234 55.0 57 6 20 1 3 30 0 0 22 21 3.44 1.40
1990 31 14 4 0 0 7 7 1 -- .500 521 116.2 127 12 39 1 9 50 2 0 67 61 4.71 1.42
1991 29 18 8 3 1 6 12 1 -- .333 647 158.0 137 15 42 4 7 100 2 1 59 54 3.08 1.13
1992 26 25 10 2 0 8 8 0 -- .500 808 191.2 192 19 52 1 7 93 1 2 84 81 3.80 1.27
1993 9 9 1 0 0 3 4 0 -- .429 242 54.0 63 4 22 0 0 25 0 0 31 31 5.17 1.57
1994 9 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 75 15.1 21 4 9 1 1 10 0 0 13 13 7.63 1.96
1995 横浜 19 6 0 0 0 1 2 0 -- .333 214 45.2 56 3 22 1 6 31 1 2 34 33 6.50 1.71
1996 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 5.2 8 2 5 0 0 4 0 0 4 3 4.76 2.29
1997 阪神 60 0 0 0 0 8 5 8 -- .615 308 77.2 50 5 32 7 3 51 2 2 24 23 2.67 1.06
1998 50 0 0 0 0 2 3 0 -- .400 226 53.1 52 2 18 7 2 40 2 0 18 17 2.87 1.31
1999 59 0 0 0 0 6 1 0 -- .857 268 67.1 66 3 14 2 2 45 0 2 30 24 3.21 1.19
2000 71 0 0 0 0 3 1 0 -- .750 287 67.2 62 1 23 6 7 35 1 0 14 14 1.86 1.26
2001 52 0 0 0 0 6 2 0 -- .750 190 45.1 34 2 19 3 5 24 0 0 12 9 1.79 1.17
2002 20 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 97 22.2 18 5 9 3 2 13 0 0 14 13 5.16 1.19
通算:15年 483 84 24 5 1 56 51 11 -- .523 4369 1025.0 1001 91 342 37 59 579 11 9 460 428 3.76 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 16 (1988年 - 1996年)
  • 47 (1997年 - 2002年)
  • 74 (2005年 - 2010年)
  • 91 (2011年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、52ページ
  2. ^ これは家業の工務店を継ぐことも考えての選択だった。
  3. ^ 月刊タイガース2000年5月号、45ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]