ブランドン・レアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブランドン・レアード
Brandon Laird
千葉ロッテマリーンズ #54
LM-Brandon-Laird20210606.jpg
千葉ロッテマリーンズ時代
(2021年6月6日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サイプレス
生年月日 (1987-09-11) 1987年9月11日(34歳)
身長
体重
185 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 2007年 MLBドラフト27巡目
初出場 MLB / 2011年7月22日
NPB / 2015年3月27日
年俸 3億2000万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2017年

ブランドン・J・レアードBrandon J. Laird, 1987年9月11日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サイプレス英語版出身のプロ野球選手内野手)。千葉ロッテマリーンズ所属。

メキシコ出身の母を持つメキシコ系アメリカ人[2][3]

愛称は「スシボーイ[4]。日本では好物の寿司にちなむ「スシポーズ」のパフォーマンスを披露することでも知られる[5]。元MLB捕手ジェラルド・レアードは実兄にあたる[6]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2005年MLBドラフトクリーブランド・インディアンスから27巡目で指名されるが拒否し、州内のサイプレス大学英語版に進学した。

プロ入りとヤンキース時代[編集]

2007年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから27巡目で指名され入団。ヤンキース傘下のルーキーリーグチームであるガルフ・コーストリーグ・ヤンキースに所属[6]

2008年は傘下A級チャールストン・リバードッグスに所属

2009年はA+級タンパ・ヤンキースに所属し試合に出場した[6]

2010年8月2日にAA(ダブルA)級トレントン・サンダーからAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ昇格[7]。昇格前のAA・2010年シーズンには打率.291、23本塁打[8]、90打点を記録しており[6]、この年のAA・イースタンリーグのMVPと新人賞英語版 を受賞した[8]

2011年には「ルール・ファイブ・ドラフト」からプロテクトする目的でメジャー昇格が決まり[9]、7月18日にラミロ・ペーニャ故障者リスト入りしたのに伴いメジャーに昇格[10]。7月22日に本拠地ヤンキー・スタジアムでメジャーデビューを果たした。デビュー戦はオークランド・アスレチックスとの一戦で、この試合でレアードは相手投手のクレイグ・ブレスロウから初安打・初打点となるセンター前ヒットを記録。その後もジョーイ・デバインから四球を与えられ出塁するとニック・スウィッシャーのシングルヒットで初得点した。

2012年8月27日に40人枠から外れ、放出された[11]

アストロズ時代[編集]

2012年9月1日にヒューストン・アストロズへ移籍[12]

2013年は、当時アストロズ傘下であったAAA級オクラホマシティ・レッドホークスで開幕を迎えた。4月18日にメジャー昇格。12試合で打率.352を記録した[13]。オフの10月2日にはロースターから外れ[14][15]、10月4日にFAとなる[6]

ナショナルズ傘下時代[編集]

2013年11月23日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ[16]

2014年3月15日にトレードでワシントン・ナショナルズへ移籍した[17]。同年はMLBでの試合出場は無かった。

日本ハム時代[編集]

2014年11月18日に北海道日本ハムファイターズと契約合意した[18]。6000万円+出来高の単年契約で背番号は「5[19]

北海道日本ハムファイターズ時代

2015年は、6月頃まで打率が2割を下回り、主に7、8番での起用が続いた。後半戦で調子を上げ22本塁打を記録し、8月には2016年シーズンの契約を結んだ[20]。最終的には、三塁手のレギュラーで、全143試合に出場し、打率こそ.231と低迷するも、リーグ3位タイの34本塁打、97打点、出塁率.301を記録した。

2016年は、前半戦から20本の本塁打で、特に5月には12本塁打を記録し、オールスターゲームにも選出された。6月10日の阪神タイガース戦で藤川球児からサヨナラ本塁打を打った[21]。7月10日の千葉ロッテマリーンズ戦では木村優太から球団の北海道移転から通算500勝目を飾る決勝本塁打を打ち[22]、球団最長となる15連勝の原動力となった[23]。また、シーズン2度のサヨナラ本塁打は球団外国人では史上初となった。このシーズンは2年連続で全143試合に出場し、打率.263、39本塁打、97打点、出塁率.319を記録し、日本プロ野球史上初、打った本塁打が全て打順6番以下での本塁打王を獲得した[24]。10月2日に日本ハムと2年総額6億円を結んだことが発表された[25]日本シリーズでは、第4戦での勝ち越しとなる2点本塁打、第6戦ではジェイ・ジャクソンから史上19人目となる満塁本塁打を打った[26]。シリーズ3本の本塁打を打ち、日本シリーズMVPを受賞した[27]

2017年は、シーズン開幕前の3月に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のメキシコ代表に選出された[3]。メキシコは1次リーグで敗退したが、レアードは「3番・三塁手」と主戦力として出場し、2本塁打を打つ活躍を見せた。

WBC終了後、開幕早々の4月に、これまで4番の座に座っていた中田翔の故障により、初めて4番として出場した。その後も大谷翔平近藤健介の離脱に伴いクリーンナップに座る機会が増えた。5月12日には2打席連続本塁打し、翌日13日には前日の2四球を挟んで「4打数連続本塁打」のプロ野球タイ記録を記録した[28]。9月9日の埼玉西武ライオンズ戦で多和田真三郎からソロ本塁打を打ち、球団外国人ではマット・ウインタースに次いで史上3人目となる「3年連続30本塁打」を達成した[29]。137試合に出場し、打率.229、32本塁打、90打点、出塁率.308を記録した。10月1日に発生したラスベガス・ストリップでの銃乱射事件においていとこが犠牲になったことを受け、4日に緊急帰国した[30]

2018年は、9月18日に左腹斜筋肉離れと診断され登録抹消された[31]。怪我の影響もあり、120試合の出場で打率.233、26本塁打、65打点、出塁率.309と前年からは数字を落とした。契約満了のため、自由契約となったがレアード本人は「生涯ファイターズ」を宣言をしていたこともあり[32]、球団は残留交渉を続けていた[33]

ロッテ時代[編集]

2019年1月15日に千葉ロッテマリーンズが獲得したことを発表[34]。年俸110万ドル(推定)の単年契約で[35]、背番号は「54」。翌16日に自身のインスタグラムで「心の底から、みんな、ありがとう!」と日本ハムファンに向けて感謝の気持ちを綴った[36]

オープン戦では正三塁手の鈴木大地とレギュラー争いを繰り広げた。結果、レギュラーを奪取し、3月29日の、東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦(ZOZOマリンスタジアム)に「6番・三塁手」で出場。第3打席で石橋良太から移籍後第1号となる逆転3点本塁打を打ち、開幕戦の勝利に貢献する[37]と、その後も好調を維持し、1989年のブーマー・ウェルズオリックス・ブレーブス)以来、30年ぶり3人目、球団では史上初となる、開幕から4試合連続本塁打を記録した[38]。6月22日の東京ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)で石川雅規から本塁打を打ち、史上37人目となる全球団本塁打を達成した[39]。7月25日の福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、シーズン3本目の満塁本塁打を打った。シーズン3本の満塁本塁打は、球団では11年ぶり5人目の最多タイ記録となった[40]。ソフトバンク戦では4月16日にも満塁本塁打を打っており、同一カードで満塁本塁打2本は、2000年のフランク・ボーリック以来、球団史上2人目となった[40]。8月7日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)でロベルト・スアレスから30号本塁打を、甲斐野央から31号本塁打を放ち、球団では2005年の李承燁以来14年ぶりとなるシーズン30本塁打に到達した[41]。最終的に、139試合に出場し、打率.248、32本塁打、89打点を記録した[42]。11月2日に推定年俸220万ドル(2億3760万円)の2年契約で残留することが発表された[42]

2020年は、開幕前から腰に違和感があった[43]が、6月19日のソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「4番・三塁手」で出場。開幕10試合で打率.306、5本塁打、8打点と活躍していたが、7月は26試合で打率.209、1本塁打、7打点と、調子を極端に落とした。前述の腰の違和感が悪化し、足が痺れる状態が続いたため、8月5日には出場選手登録を抹消され[43]、8月16日には腰の治療に専念するためにアメリカ合衆国へ一時帰国したと発表された[43]。10月19日にアリゾナ州の病院で腰椎間板ヘルニアの手術を受け[44]、そのまま再来日することなくレギュラーシーズンを終えた。最終成績は、39試合の出場で、打率.233、6本塁打、15打点であった[45]

2021年は、136試合に出場し、打率.262、29本塁打(リーグ2位)、95打点(リーグ2位)を記録[1]。オフに、推定年俸3億2000万円で残留することが発表された[1]

2022年は、3月25日に行われた楽天との開幕戦(楽天生命パーク宮城)に「4番・指名打者」で出場し、開幕スタメン。4月9日にオリックス戦でNPB通算200本塁打を達成した[46]

選手としての特徴[編集]

2016年に39本塁打でパ・リーグ本塁打王に輝いた長打力を持ち味とし[47]三塁の守備でも定評のある選手[48]

人物[編集]

日本ハム入団後は長距離打者ながら6番や7番などの下位打順を打つことが多かった。これはクリーンナップ中田翔大谷翔平がいたことや、やや入れ込み過ぎで空回りする性格に栗山英樹監督が配慮したもの[49]。結果的に前述の通り、2016年に上位打順やクリーンナップでの本塁打のない本塁打王を獲得することになった。

来日してから、日本料理を好むようになった。特に寿司が好物であり、本塁打を打った際には寿司を握る仕草をするというパフォーマンスを行う(詳しくは後述)。

多くの外国人が苦にする納豆を当初は苦手にしていたが、何度か口にすることで好物となり[50]、日本ハム時代は他の外国人選手にも勧めていたエピソードがある[51]

2017年のWBCにメキシコ代表として出場し、3月12日の1次リーグのベネズエラ対メキシコの試合において5回に3点本塁打を打ち、同じくNPBから代表に呼ばれていたルイス・クルーズと共に寿司を握る仕草を披露した[52]

またロサンゼルス近郊で育ったことからNFLロサンゼルス・ラムズのファンでもある(ただし、ラムズは1995年から2015年の間、セントルイスに本拠地を置いていた)。自身のインスタグラムでもラムズを応援する投稿が見られた(現在は閉鎖)。2018年シーズン、ラムズがニューオーリンズ・セインツとのカンファレンスチャンピオンシップゲームでセインツを破りリーグ優勝した時には歓喜のあまり自宅のプールに飛び込んだほどである[53]

2009年の12月に、兄のジェラルドと2人でNBAフェニックス・サンズボストン・セルティックスの試合をUSエアウェイズ・センターで観戦しに行った際、乱闘騒ぎを起こし警察に逮捕されている[54]

2018年12月23日に第一子が生まれたことを自身のインスタグラムで発表した[55]

日本ハムに入団した2015年からロッテに移籍するまで使用されていた応援歌を気に入っていた。他球団の応援歌では、ロッテ時代の今江敏晃の曲が印象に残っていると述べている[56]

2018年に登場曲の一つにGReeeeNの「キセキ」を加えたが、これは当時オリックスの中島宏之や巨人の坂本勇人の打席で流れているのを聴いて気に入ったためである[56]

スシポーズについて[編集]

スシポーズの原点は、不振に苦しんでいた2015年のシーズン途中、白井一幸一軍内野守備走塁コーチ兼作戦担当(当時)に紹介された、寿司店の店主からレアードが依頼されて始めたものであった[57][58]。当初、白井はこの仕草を「リラックスして打て」というサインにしていたが、調子が一気に上向いたことから冗談半分で「ホームランを打て」のサインにしている[59]。本人もこのポーズをいたく気に入り、本塁打を打ちベンチへ戻ったあとにはカメラに向かって"スシポーズ"を見せる。

2019年のロッテ移籍後は、魚を釣り上げ、捌くポーズ、そしてスシポーズに進化した。5月以降は、チームメイトの三木亮がレアードの握った寿司を食べるジェスチャーも追加された[60]。この活躍により、北辰水産とのスポンサー契約を結んだ[61]

2020年以降、三木がベンチないし一軍に不在の際には、別の選手もホームランパフォーマンスに参加するようになっている。例として、和田康士朗[62]アデイニー・エチェバリア[63][64]フランク・ハーマン[65]などが挙げられる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 NYY 11 25 21 3 4 0 0 0 4 1 0 0 1 0 3 0 0 4 1 .190 .292 .190 .482
2012 HOU 17 37 35 2 9 1 0 1 13 4 0 0 0 0 2 0 0 8 1 .257 .297 .371 .668
2013 25 76 71 7 12 3 0 5 30 11 0 0 0 0 3 0 2 26 2 .169 .224 .423 .647
2015 日本ハム 143 554 498 62 115 22 2 34 243 97 1 0 0 4 43 0 9 129 18 .231 .301 .488 .789
2016 143 598 547 71 144 21 0 39 282 97 0 0 0 4 44 1 3 138 16 .263 .319 .516 .835
2017 137 571 503 56 115 18 1 32 231 90 0 0 0 7 54 0 7 125 18 .229 .308 .459 .767
2018 120 505 450 47 105 14 2 26 201 65 0 1 0 4 44 5 7 124 10 .233 .309 .447 .756
2019 ロッテ 139 553 487 59 121 18 0 32 235 89 0 0 0 3 55 2 8 128 18 .248 .333 .483 .815
2020 39 147 133 15 31 3 0 6 52 15 0 0 0 1 13 1 0 28 5 .233 .299 .391 .690
2021 136 545 485 57 127 18 0 29 232 95 0 1 0 7 50 4 3 109 15 .262 .330 .478 .809
MLB:3年 53 138 127 12 25 4 0 6 47 16 0 0 1 0 8 0 2 38 4 .197 .255 .370 .625
NPB:7年 857 3473 3103 367 758 114 5 198 1476 548 1 2 0 30 303 13 37 781 100 .244 .316 .476 .792
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]























2015[66] 28 パ・リーグ - - - - 3位 5位 - -
2016[67] 29 - 9位 - - 1位 4位 - -
2017[68] 30 - - - - 2位 4位 - -
2018[69] 31 - - - - 8位 - - -
2019[70] 32 - - - - 5位 7位 - -
2020[71] 33 - - - - - - - -
2021[72] 34 - - - - 2位 2位 - -
  • -は10位未満(打率は規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁
























2011 NYY 3 16 5 1 3 .955 9 3 7 0 1 1.000
2012 HOU 4 21 0 0 1 1.000 8 2 10 1 0 .923
2013 13 71 2 0 8 1.000 4 1 8 1 1 .900
2015 日本ハム 1 3 0 0 1 1.000 142 86 250 17 18 .952
2016 1 1 0 0 0 1.000 140 91 228 13 19 .961
2017 - 136 76 214 18 18 .942
2018 - 118 73 198 9 16 .968
2019 ロッテ - 113 57 155 6 13 .972
2020 - 20 11 24 2 1 .946
2021 99 776 53 11 56 .987 4 1 1 0 0 1.000
MLB 20 108 7 1 12 1.000 21 6 25 2 2 .939
NPB 101 780 53 11 57 .987 673 395 1070 65 85 .958
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 60(2011年)
  • 13(2012年)
  • 4(2013年)
  • 5(2015年 - 2018年、2017年WBC
  • 54(2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「Walk Thru feat. Problem」Rich Homie Quan(2015年)
  • 「GDFR」Flo Rida(2015年)
  • Dragon NightSEKAI NO OWARI(2015年 - 2016年途中)
  • 「King Kunta」Kendrick Lamar(2015年)
  • 「Juicy」The Notorious B.I.G.(2015年)
  • 「anti-hero」SEKAI NO OWARI(2015年)
  • 「No Flex Zone」Rae Sremmurd(2015年)
  • 「Middle feat. Bipolar Sunshine」DJ Snake(2016年)
  • 「Pop Style」Drake(2016年)
  • 「Public Service Announcement」Jay-Z(2016年 - 2018年、2021年)
  • 「Sahara feat. Skrillex」DJ Snake(2016年 - 2018年)
  • スシ食いねェ!シブがき隊(2016年CS)
  • 「Atlines」Outkast(2016年)
  • 「I Like The View」Lil Wayne(2017年)
  • 「Tomorrow Til Infinity feat. Gunna」Young Thug(2017年)
  • 「All Time Low」Jon Bellion(2017年)
  • 「Move」Big Sean(2017年)
  • 「キセキ」GReeeeN(2018年)
  • 「Nonstop」Drake(2018年)
  • 「Liquor Store Blues feat. Damian Marley」Bruno Mars(2018年)
  • 「Talk Up feat. Jay-Z」Drake(2018年)
  • 「I Like It Loud feat. Marshall Masters & The Ultimate MC」Tiesto & John Christian(2018年)
  • 「Can't Take A Joke」Drake(2018年)
  • 「Yikes」Kanye West(2018年)
  • 「End Of Discussion feat. Lil Wayne」Rich The Kid(2018年)
  • 「Frio」Mike Stud(2018年、2021年)
  • 「So Fresh, So Clean」Outkast(2018年)
  • 「APES**T」The Carters(2018年)
  • 「Square Dance」Eminem(2019年)
  • 「Sin feat. Jaden Smith」Young Thug(2019年)
  • 「Money Tree feat. Jay Rock」Kendrick Lamar(2019年)
  • 「Everythang」Young Jeezy(2019年)
  • 「DEVASTATED」Joey Bada$$(2019年)
  • 「Last Time That I Checc-d feat.Y」Nipsey Hussle(2019年)
  • 「Superstar feat. Matthew Santos」Lupe Fiasco(2019年)
  • 「Stony Haze」Landon McNamara(2019年)
  • 「Suavemente」Elvis Crespo(2019年)
  • 「Sacrifies feat. Smino & Saba」Dreamville & J. Cole(2019年)
  • 「Immortal feat. The Game」Trippie Redd(2019年)
  • 「Saint-Tropez」Post Malone(2019年)
  • 「Hot feat. Gunna」Young Thug(2019年)
  • 「ROCKSTAR feat. Roddy Ricch」DaBaby(2020年)
  • 「Life Is Good」Future(2020年)
  • 「WHATS POPPIN」Jack Harlow(2020年)
  • 「Draft Day」Drake(2020年)
  • 「Demons feat. Fivio Foreign, Sosa Geek」Drake(2020年)
  • 「I Do It feat. Big Sean & Lil Baby」Lil Wayne(2020年)
  • 「DOLLAZ ON MY HEAD feat. Young Thug」Gunna(2020年)
  • 「Peaches feat. Daniel Caesar, Giveon」Justin Bieber(2021年開幕 - 2022年途中)
  • 「What's Next」Drake(2021年)
  • 「Bottom Bitch」Doja Cat(2021年)
  • 「Ocean Views」Nipsey Hussle(2021年)
  • 「Over」Drake(2021年)
  • 「Window Shopper」50 Cent(2021年)
  • 「GREECE feat. Drake」DJ Khaled(2021年)
  • 「Wurli」Dominic Fike(2021年)
  • 「This View」Surfaces(2021年)
  • 「Fantasy」Bazzi(2021年)
  • 「Chad feat. YGTUT」Issiah Rashad(2021年)
  • 「Dissolve」Absofacto(2021年)
  • 「Fair Trade with Travis Scott」Drake(2021年)
  • 「Papi's Home」Drake(2021年)
  • 「Sheesh!」Surfaces(2021年)
  • 「Surf Swag」Lil Wayne(2021年)
  • 「Highway Time」Greta Van Fleet(2022年開幕 - 途中)
  • 「Stardust Chords」Greta Van Fleet(2022年開幕 - 途中)
  • 「Headlines」Drake(2022年途中)
  • 「On To The Next One」Jay-Z(2022年途中)
  • 「Indifferent (Visualizer)」Arden Jones(2022年途中)
  • 「No Stylist feat. Drake」French Montana(2022年途中)
  • 「Jimmy Cooks」Drake(2022年途中)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c レアードがロッテ残留「来年も皆さんと優勝争いできる」”. デイリースポーツ (2021年11月23日). 2022年1月4日閲覧。
  2. ^ “ロッテ・レアード 東京五輪メキシコ代表候補に 侍ジャパンゼロの球団に五輪戦士誕生か”. スポニチアネックス. (2021年6月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/29/kiji/20210629s00001000104000c.html 2021年7月7日閲覧。 
  3. ^ a b 日本ハムのレアードがメキシコ代表でWBC出場か 地元メディアが報じる”. Full-Count (2016年12月7日). 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ ロッテ 4・21マリンフェスタ レアードは「SUSHI BOY」に”. スポーツニッポン (2019年4月15日). 2019年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月25日閲覧。
  5. ^ ロッテ「レアード選手の幕張寿司」が100円引きに”. デイリースポーツ (2019年4月9日). 2019年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e Brandon Laird Register Statistics & History|Baseball-Reference.com”. Baseball Reference. Sports Reference. 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ Nalbone, John (2010年8月20日). “Thunder lose; Franklin ejected; Laird promoted”. Nj.com. http://www.nj.com/mercer/index.ssf/2010/08/thunder_lose_franklin_ejected.html 2011年7月23日閲覧。 
  8. ^ a b “Scranton/Wilkes-Barre Yankees Blog » Laird named Eastern League MVP, ROY”. Blogs.thetimes-tribune.com. (2010年9月2日). オリジナルの2010年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101203133054/http://blogs.thetimes-tribune.com/yankees/?p=7237 2011年7月23日閲覧。 
  9. ^ “Yankees add three to 40-man roster”. The LoHud Yankees Blog. (2010年11月19日). http://yankees.lhblogs.com/2010/11/19/yankees-add-three-to-40-man-roster/ 2011年7月23日閲覧。 
  10. ^ “Hurt corner: Pena to DL thins options at third”. MLB.com (Major League Baseball). (2011年7月18日). http://newyork.yankees.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20110718&content_id=21955204&vkey=news_nyy&c_id=nyy 2011年7月23日閲覧。 
  11. ^ Stephenson, Colin (2012年8月28日). “Yankees' acquisition of Steve Pearce proves timely with injury to Mark Teixeira”. The Star Ledger (NJ.com). http://www.nj.com/yankees/index.ssf/2012/08/yankees_acquisition_of_steve_p.html 2014年12月27日閲覧。 
  12. ^ “Astros claim Laird from Yankees”. MLB.com. (2012年9月1日). http://m.astros.mlb.com/news/article/37723036/ 2014年12月27日閲覧。 
  13. ^ “Astros option infielder Wallace to Triple-A”. Sportsnet (Rogers). (2013年4月18日). http://www.sportsnet.ca/baseball/mlb/astros-option-infielder-wallace-to-triple-a/ 2013年4月18日閲覧。 
  14. ^ McTaggert, Brian (2013年10月2日). “Astros add Singleton to 40-man roster”. MLB.com. http://m.astros.mlb.com/news/article/62352696/ 2014年12月27日閲覧。 
  15. ^ de Jesus Ortiz, Jose (2013年10月2日). “Astros continue staff shakeup by making Tremley bench coach”. Houston Chronicle. http://www.houstonchronicle.com/sports/astros/article/Astros-continue-staff-shakeup-by-making-Tremley-4864759.php 2014年12月27日閲覧。 
  16. ^ Kaegel, Dick (2013年11月23日). “Infielder Laird among five signed to Minor League deals”. Royals News (MLB.com). http://kansascity.royals.mlb.com/news/article/kc/infielder-brandon-laird-among-five-signed-by-royals?ymd=20131123&content_id=64175436&vkey=news_kc 2013年12月15日閲覧。 
  17. ^ Bill Baer (2014年3月15日). “Nationals acquire infielder Brandon Laird from the Royals”. NBC Sports (NBC). http://hardballtalk.nbcsports.com/2014/03/15/nationals-acquire-infielder-brandon-laird-from-the-royals/ 2014年3月17日閲覧。 
  18. ^ ブランドン・レアード選手と契約合意”. 北海道日本ハムファイターズ (2014年11月18日). 2014年11月19日閲覧。
  19. ^ 日本ハムがレアード獲得 3Aで今季3割、内野手”. 日本経済新聞 電子版 (2014年11月18日). 2020年6月3日閲覧。
  20. ^ “日本ハム・レアード来季残留 23発&守備を評価”. 日刊スポーツ. (2015年8月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1528078.html 2016年6月8日閲覧。 
  21. ^ 日本ハム・レアードがサヨナラ弾、阪神は5連敗” (日本語). 日刊スポーツ (2016年6月10日). 2020年6月3日閲覧。
  22. ^ 日本ハム5点差も田中賢同点弾レアードV弾14連勝” (日本語). 日刊スポーツ (2016年7月11日). 2020年6月3日閲覧。
  23. ^ 日本ハム、球団新記録15連勝!”. スポーツニッポン (2016年7月11日). 2020年6月3日閲覧。
  24. ^ 宮入徹 (2016年9月6日). “レアード史上初 6番以下で全本塁打のキングへ”. スポニチアネックス. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/06/kiji/K20160906013302000.html 2016年10月16日閲覧。 
  25. ^ “レアード 大幅昇給2年6億円 使い続けてくれた栗山監督に感謝”. スポニチアネックス. (2016年10月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/03/kiji/K20161003013465210.html 2021年7月27日閲覧。 
  26. ^ a b レアード満塁弾、広島の夢砕く 日本ハム、8回一気” (日本語). 朝日新聞デジタル (2016年10月30日). 2020年6月3日閲覧。
  27. ^ レアード MVP満弾 シリーズ3発目「このチームの一員で幸せ」”. スポーツニッポン (2016年10月30日). 2020年6月3日閲覧。
  28. ^ 日本ハム・レアードが4打数連続弾!今度は個人でプロ野球タイ” (日本語). SANSPO.COM (2017年5月14日). 2020年6月3日閲覧。
  29. ^ 日本ハム・レアード先制ソロ、3年連続30発達成” (日本語). 日刊スポーツ (2017年9月9日). 2020年6月3日閲覧。
  30. ^ “【日本ハム】レアードのいとこがラスベガス銃乱射事件に巻き込まれ死亡 米へ緊急帰国”. スポーツ報知. (2017年10月3日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171003-OHT1T50119.html 2017年10月3日閲覧。 
  31. ^ 日本ハム・レアード左腹斜筋肉離れで抹消、前日欠場” (日本語). 日刊スポーツ (2018年9月19日). 2020年6月3日閲覧。
  32. ^ 生涯日ハム宣言”. スポーツニッポン (2018年10月17日). 2020年6月19日閲覧。
  33. ^ “【日本ハム】レアード、自由契約へ 球団は残留交渉を継続”. スポーツ報知. (2018年11月25日). https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181125-OHT1T50325.html 2018年12月6日閲覧。 
  34. ^ ブランドン・レアード選手 獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ (2019年1月15日). 2019年1月16日閲覧。
  35. ^ “ロッテがレアード獲得 日本ハム4年間で131発 長打不足のチーム救う”. スポーツニッポン. (2019年1月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/16/kiji/20190115s00001173368000c.html 2019年1月16日閲覧。 
  36. ^ ロッテ移籍レアードが日ハムファンに感謝「心の底から、みんな、ありがとう!」” (日本語). Full-Count (2019年1月17日). 2020年6月3日閲覧。
  37. ^ ロッテ・レアードが開幕戦で移籍1号 逆転3ランで「寿司パフォーマンス」披露”. Full-Count (2019年3月29日). 2020年11月14日閲覧。
  38. ^ ロッテ レアードが開幕4戦連発!30年ぶり3人目 ブーマーに次ぐ2位タイ”. スポーツニッポン (2019年4月2日). 2020年6月3日閲覧。
  39. ^ ロッテ・レアード、全球団から本塁打 ヤクルト戦の21号3ランで達成” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年6月22日). 2020年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  40. ^ a b c レアードが同一カードで満塁弾2本 ロッテ2人目”. 日刊スポーツ (2019年7月24日). 2021年3月30日閲覧。
  41. ^ ロッテ・レアード、30号&決勝31号!スンヨプ以来球団14年ぶり30号到達”. サンケイスポーツ (2019年8月8日). 2021年7月28日閲覧。
  42. ^ a b ロッテ、レアード残留合意「マリーンズと幕張スシが大好きです」”. サンケイスポーツ (2019年11月2日). 2019年11月19日閲覧。
  43. ^ a b c ロッテ・レアードが一時帰国 腰の治療で再来日未定”. 日刊スポーツ (2020年8月16日). 2020年11月14日閲覧。
  44. ^ “レアード選手の手術について”. 公式ホームページ (千葉ロッテマリーンズ). (2020年10月21日). https://www.marines.co.jp/news/detail/00005964.html 2020年10月21日閲覧。 
  45. ^ ロッテ、レアードの「腰椎椎間板ヘルニア」手術を発表 今季は39試合の出場に留まる”. Full-Count (2020年10月21日). 2022年1月4日閲覧。
  46. ^ 4/9(土)レアード選手が通算200本塁打達成”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2022年4月9日). 2022年4月13日閲覧。
  47. ^ “ロッテ、前日本ハムのレアード獲得”. デイリースポーツ. (2019年1月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2019/01/16/0011982802.shtml 2019年1月16日閲覧。 
  48. ^ “阪神、日本ハムの長距離砲・レアードを調査”. サンスポ. (2018年10月2日). https://www.sanspo.com/article/20181002-IF5JCFQJ2BMOBOTKCESAEEVYIE/ 2018年10月2日閲覧。 
  49. ^ 2016年パ・リーグ本塁打王 日本ハム・レアード 史上初!すべて六番以下の打順のHRで決めた本塁打王”. 週刊ベースボールONLINE (2016年11月23日). 2019年3月2日閲覧。
  50. ^ 中田愛沙美 (2016年10月15日). “栗山采配ズバリ!日本ハム、近藤先制打&レアード3ランで日本S進出王手”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20161015-HWLM5IK5ORI6DA4WO7DJF7UCR4/ 2021年6月17日閲覧。 
  51. ^ 田中彩友美 (2016年6月11日). “日本ハム・レアード納豆克服で粘りのサヨナラ19号”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/1661368.html 2021年6月17日閲覧。 
  52. ^ レアード3ランで「スシポーズ」を披露!NPB組躍動でメキシコがベネズエラをリード”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) (2017年3月13日). 2021年7月28日閲覧。
  53. ^ “ロッテ加入レアードがプールへ歓喜のダイブ インスタで動画公開、理由は…”. Full-Count. (2019年1月21日). https://full-count.jp/2019/01/21/post284634/ 
  54. ^ “Tigers' Gerald Laird, brother arrested in brawl at Suns-Celtics game”. MLive.com (AP通信). (2009年12月31日). http://www.mlive.com/tigers/index.ssf/2009/12/tigers_gerald_laird_brother_ar.html 2012年8月10日閲覧。 
  55. ^ 日ハム自由契約のレアード、第1子誕生を報告「本当に幸せ」「最高の気分」” (日本語). Full-Count (2018年12月23日). 2020年6月3日閲覧。
  56. ^ a b 強力助っ人のふたりは「鳴り物応援」が好き。期待、聞きたい、応えたい” (日本語). web Sportiva (2018年8月28日). 2020年12月2日閲覧。
  57. ^ ロッテ・レアードの“寿司ポーズ”誕生秘話 大将との出会いは「素晴らしかったね」” (日本語). Full-Count (2020年4月15日). 2021年6月10日閲覧。
  58. ^ 日本ハム・レアード “すしポーズ”誕生のきっかけとなった絶品握り寿司のお店を紹介!”. 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン (2016年4月8日). 2016年6月29日閲覧。
  59. ^ (日本語) 【コーチからのサインは!?】 レアード34号逆転満塁ホームラン, https://www.youtube.com/watch?v=3D384D2OSBo 2021年6月10日閲覧。 
  60. ^ (日本語) 幕張の寿司職人と味にうるさい常連さん, https://www.youtube.com/watch?v=Stmg7rlWWMI 2021年6月10日閲覧。 
  61. ^ ロッテ、レアード効果で「北辰水産」とスポンサー契約”. サンケイスポーツ (2019年5月28日). 2021年7月28日閲覧。
  62. ^ (日本語) 出ましたパ・リーグ第1号‼︎ レアードが幕張寿司開店!, https://www.youtube.com/watch?v=lFAnZIC6mQA 2021年6月10日閲覧。 
  63. ^ (日本語) 【打撃好調】レアード『エチェバリアに寿司の味を叩き込む』【常連客】, https://www.youtube.com/watch?v=ETdPIzfVxgg 2021年6月10日閲覧。 
  64. ^ (日本語) 【幕張寿司大盛況!】レアード 3試合連続弾で『今季10号到達』, https://www.youtube.com/watch?v=zdw1Hs-DmL8 2021年6月10日閲覧。 
  65. ^ (日本語) 【土壇場開店】レアード 9回裏に劇的な同点弾【幕張寿司】, https://www.youtube.com/watch?v=U5fvd9Wj0Uw 2021年6月10日閲覧。 
  66. ^ 2015 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  67. ^ 2016 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  68. ^ 2017 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  69. ^ 2018 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2020年1月9日閲覧。
  70. ^ 2019 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2020年1月9日閲覧。
  71. ^ 2020 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2020年11月14日閲覧。
  72. ^ 2021 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2021年11月8日閲覧。
  73. ^ “【ロッテ】レアード通算200本塁打 ベンチで三木に“すし”その三木から200号の記念ボード”. 日刊スポーツ. (2022年4月9日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204090000658_m.html 2022年4月9日閲覧。 
  74. ^ “ロッテ・レアードがNPB通算200号「今日のネタは極上のウニだよ」山本から豪快弾”. デイリースポーツ. (2022年4月9日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/04/09/0015206070.shtml 2022年4月9日閲覧。 
  75. ^ “日本ハム・レアード先制ソロ、3年連続30発達成”. 日刊スポーツ. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1885253.html 2019年4月3日閲覧。 
  76. ^ “日本ハム レアードがプロ野球タイの4打数連続本塁打”. デイリースポーツ. (2017年5月13日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/05/13/0010183756.shtml 2021年7月27日閲覧。 
  77. ^ “30年ぶり3人目の快挙 ロッテ・レアード開幕4戦連発 敵地でも“すしポーズ””. サンケイスポーツ. (2019年4月2日). https://www.sanspo.com/article/20190402-7PE72CN3VBO4LAVSESVPJJI5ZU/ 2019年4月3日閲覧。 
  78. ^ ロッテ・レアード、全球団から本塁打 ヤクルト戦の21号3ランで達成”. SANSPO.COM(サンスポ) (2019年6月22日). 2020年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  79. ^ “ロッテ・レアード 初回に28号満塁弾 球団タイ記録のシーズン3本目”. スポーツニッポン. (2019年7月24日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/24/kiji/20190724s00001173398000c.html 2020年7月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]