横山貴明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 貴明
東北楽天ゴールデンイーグルス #054
T yokoyama20170305.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県双葉郡浪江町
生年月日 (1991-04-10) 1991年4月10日(26歳)
身長
体重
180 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
初出場 2014年8月30日
年俸 650万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 貴明(よこやま たかあき、1991年4月10日 - )は、福島県双葉郡浪江町出身[2]プロ野球選手投手育成選手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2013年5月19日 早稲田大学在学時 明治神宮野球場にて。

浪江町立大堀小学校2年生の時に野球をスタート。当初のポジションは内野手であったが、相双中央シニアに所属していた中学生時代[3]に投手へ転向した。相双中央シニア時代のチームメイトに、赤間謙(浪江町に隣接する楢葉町出身)がいる[4]

中学卒業後に聖光学院高等学校へ進学[2]。野球部の2学年後輩に、歳内宏明がいる。在学中には、2年の春・夏および、3年夏に甲子園球場の全国大会へ出場[2]。2年春の選抜大会では、東浜巨嶺井博希を擁する沖縄尚学高校との初戦に代打で出場しただけで、チームも敗退した。2年夏の選手権大会では、藤井宏政がいた兵庫県立加古川北高等学校との初戦(2回戦)に救援で登板すると、1回を無失点に抑えてチームを初戦突破に導いた。続く3回戦では登板の機会がなかったが、チームの勝利によって準々決勝へ進出。土屋健二筒香嘉智倉本寿彦擁する横浜高校との準々決勝には登板したものの、2回1/3を投げて4失点を喫した末に、チームは1―15というスコアで大敗した。3年夏の選手権大会では、吉川大幾などがいるPL学園との初戦に先発したが、チームは3―6というスコアで敗れている。

高校卒業後に早稲田大学へ進学。在学中は、故障に悩まされながらも、主に救援投手として活躍した。東京六大学野球のリーグ戦には、通算で26試合に登板。2勝3敗、防御率2.49の成績を残した。なお、野球部の2学年先輩に土生翔平塚田晃平、1学年先輩に杉山翔大、1学年後輩に有原航平中村奨吾高梨雄平、2学年後輩に茂木栄五郎重信慎之介がいる。

2013年のプロ野球ドラフト会議で、地元球団の東北楽天ゴールデンイーグルスから6巡目で指名[5]、契約金2,500万円、年俸720万円(金額は推定)という条件で入団した[6]。入団当初の背番号は54

プロ入り後[編集]

ロッテ浦和球場にて(2014年)
2014年
8月27日に入団後初の出場選手登録[7]を果たすと、30日の対福岡ソフトバンクホークス戦(Koboスタジアム宮城)で、1点ビハインドで迎えた7回表2死2塁の局面から3番手投手として一軍にデビュー。今宮健太に初球を投じたところ、中前への適時打を許したが、二塁を狙った今宮が走塁死を喫した。横山は7回表で交代したが、その裏にチームが8得点で逆転。そのまま試合に勝利したため、横山は1球を投げただけで勝利投手になった。NPBの一軍公式戦に初めて登板した投手の1球勝利は、史上初の記録であった[8]。なお、一軍公式戦には通算4試合に登板。9月10日の対オリックスバファローズ戦(コボスタ宮城)で初めて先発に起用されたほか、1勝2敗、防御率5.40を記録した。
2015年
5試合に登板したオープン戦で防御率2.25を記録するなど好調だったため、先発陣の一員として、公式戦の開幕を一軍で迎えた。北海道日本ハムファイターズとの開幕カード第3戦(3月29日札幌ドーム)で先発投手としてシーズン初登板を果たしたが、2本の本塁打を浴びるなど、初回に2つのアウトを取っただけで4点を失って降板した。4月16日の対埼玉西武ライオンズ戦(埼玉県営大宮公園野球場)で再び先発を任されたが、5回途中4失点という内容で開幕2連敗を喫すると、翌17日に出場選手登録を抹消。9月上旬に一軍へ復帰してからは、先発で1試合、救援で4試合に登板した。しかし、無失点に抑えた試合が1試合にとどまったことから、9月23日に再び登録を抹消。一軍公式戦全体では、0勝2敗、防御率9.77という成績に終わった。
2016年
中継ぎ要員として、前年に続いて開幕一軍入りを果たした。一軍公式戦全体では、オール救援で自己最多の19試合に登板すると、プロ初ホールドを含む2ホールドをマーク。しかし、通算の防御率が6.38に達するなど振るわず、シーズン中には一軍と二軍を4回往復した。8月21日に4度目の登録抹消に至ってからは、一軍に復帰できないまま、シーズン終了後の10月29日に球団から支配下選手契約の解除を通告[9]11月30日には、育成選手としての契約で合意したことや、背番号を054に変更することが球団から発表された[10]

選手としての特徴[編集]

右腕から140キロを超すストレートと、縦横の変化球を投げる[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 楽天 4 3 0 0 0 1 2 0 0 .333 75 18.1 17 6 2 0 2 10 1 0 11 11 5.40 1.04
2015 7 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 81 15.2 27 3 9 1 1 6 1 0 17 17 9.77 2.30
2016 19 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 94 18.1 30 1 10 0 0 9 0 0 17 13 6.38 2.18
通算:3年 30 6 0 0 0 1 4 0 2 .200 250 52.1 74 10 21 1 3 25 2 0 45 41 7.05 1.82
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

その他の記録
  • 初登板で1球勝利:2014年8月30日 ※初登板ではNPB史上初、1球勝利は同36人目、初勝利が1球勝利は同6人目(なお、アウトは安打の走塁死によるものであるため、その時点では「通算勝率10割」かつ「通算被打率10割」だったことになる。)

背番号[編集]

  • 54 (2014年 - 2016年)
  • 054 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c 浪江町出身の早大・横山、楽天が指名検討…24日・ドラフト”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2013年10月23日). 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ 【東京六大学野球】「故郷のため、亡き恩師のため、プロ目指す」浪江町出身の早大・横山投手+(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. 産業経済新聞社 (2013年6月2日). 2013年10月27日閲覧。
  4. ^ 楢葉初プロ野球選手 原発被災地に活躍誓う”. 河北新報 (2015年12月25日). 2016年11月30日閲覧。
  5. ^ こちらは浪江町出身 横山貴明「とても光栄」”. スポニチ Sponichi Annex 野球. スポーツニッポン新聞社 (2013年10月25日). 2013年10月27日閲覧。
  6. ^ 楽天 ドラ6横山の入団決定 契約金2500万円スポーツニッポン2014年11月18日配信
  7. ^ 楽天・横山が初昇格、新人5人が1軍に デイリースポーツ2014年8月28日配信
  8. ^ 楽天 横山 史上初の初登板1球勝利投手 中前打を打たれて「恥ずかしい」 スポーツニッポン2014年8月30日配信
  9. ^ 来季の選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2016年10月29日)
  10. ^ 育成契約合意東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2016年11月30日)
  11. ^ 「週刊ベースボール」 2013年11月11日号【2013ドラフト総決算号】ベースボール・マガジン社 JANコード:4910204421135

関連項目[編集]

外部リンク[編集]