フランク・ボーリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランク・ボーリック
Frank Bolick
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州アシュランド
生年月日 (1966-06-28) 1966年6月28日(52歳)
身長
体重
178 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1987年 MLBドラフト9巡目
初出場 MLB / 1993年4月5日
NPB / 1999年4月14日
最終出場 MLB / 1998年6月3日
NPB / 2002年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フランク・チャールズ・ボーリックFrank Charles Bolick , 1966年6月28日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の元プロ野球選手内野手)。右投両打

極端なオープンスタンスのクラウチング打法と勝負強さで千葉ロッテマリーンズの主力打者として活躍した。

来歴・人物[編集]

マウントカーメル高校、ジョージア工科大学を経て、1985年MLBドラフト23巡目(全体の582番目)でミルウォーキー・ブルワーズから指名を受けるも契約せず、 1987年のMLBドラフト9巡目(全体の227番目)で再びミルウォーキー・ブルワーズから指名を受け契約。

1993年モントリオール・エクスポズメジャー初昇格。1994年からは再びマイナー生活に戻るが、1998年アナハイム・エンゼルスでメジャー再昇格。

1999年、当時打力不足に陥っていた千葉ロッテマリーンズに期待の大砲として入団。しかし、キャンプでは不調で開幕は二軍スタートであった。二軍の試合に出場していた最中に一軍昇格が決定し、急いで駆けつけた4月14日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で、徳元敏からいきなり来日初打席初本塁打を放つ(パ・リーグ史上20人目)という鮮烈のデビューを飾る。すると、翌日には延長10回裏にウィリー・バンクスから逆転サヨナラ2ランを放った。このように、ボーリックが本塁打を打った試合で、チームは22勝2敗1分けという圧倒的な勝率を残し、「ボーリック神話」と呼ばれた。但し、シーズン終盤には、あと1打席でパ・リーグタイ記録となる52打席連続無安打も記録している。来日前には三塁手を中心にしていたが、来日後は一塁手や指名打者としてのスタメン出場が多かったものの、ごくまれに三塁スタメンもあった。

2000年5月2日にはサヨナラ本塁打を放ち1-0で勝利するという珍記録を残す(7年後、ソフトバンク柴原洋がロッテの渡辺俊介から本塁打を放ち1-0で勝利するまでこの記録は無かった)。同年はオールスターゲームに出場。

2001年には指名打者ベストナインを獲得した。同年7月9日に千葉マリンスタジアムで行われた対福岡ダイエーホークス戦で、ボーリックは10回裏3点ビハインドながら無死満塁という場面で打席に立ち、ダイエーの守護神ロドニー・ペドラザから逆転サヨナラ満塁本塁打をバックスクリーン左に叩き込んだ(延長戦で3点ビハインドの状況下ではプロ野球史上初)。この試合は、一部で「ボーリックナイト」と呼ばれている。この試合では注文したバットが届かず、チームメイトのデリック・メイからバットを借りていた。なお、この試合の勝利投手は後にマリーンズのエース的存在となる小林宏之で、彼のプロ初勝利でもあった。

2002年新ストライクゾーンになったこともあってか不調。そして左ひざの故障で二軍落ちし、8月にはボーリックの退団が発表された。ロッテ時代2回退場処分を受けている[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 MON 95 242 213 25 45 13 0 4 70 24 1 0 0 2 23 2 4 37 4 .211 .298 .329 .626
1998 ANA 21 56 45 3 7 2 0 1 12 2 0 0 0 0 11 0 0 8 1 .156 .321 .267 .588
1999 ロッテ 106 410 348 50 87 17 1 26 184 61 1 0 0 1 55 6 6 85 8 .250 .361 .529 .890
2000 125 536 432 77 128 28 3 29 249 102 3 1 0 5 96 4 3 91 9 .296 .424 .576 1.000
2001 132 563 452 84 126 34 0 31 253 101 1 0 0 4 107 3 0 111 22 .279 .414 .560 .973
2002 61 255 211 27 43 11 0 6 72 24 0 1 0 3 39 1 2 54 8 .204 .329 .341 .671
MLB:2年 116 298 258 28 52 15 0 5 82 26 1 0 0 2 34 2 4 45 5 .202 .302 .318 .620
NPB:4年 424 1764 1443 238 384 90 4 92 758 288 5 2 0 13 297 14 11 341 47 .266 .392 .525 918
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 28 (1993年 - 同年途中)
  • 55 (1993年途中 - 同年終了)
  • 32 (1998年)
  • 7 (1999年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ 日本プロ野球事件史―1934ー2013 (B・B MOOK 889 スポーツシリーズ NO. 759)、ベースボール・マガジン社、2013年、P113

関連項目[編集]

外部リンク[編集]