栗山巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗山 巧
埼玉西武ライオンズ #1
SL-Takumi-Kuriyama20110310.jpg
阪神甲子園球場にて(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市西区
生年月日 (1983-09-03) 1983年9月3日(38歳)
身長
体重
177 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 2001年 ドラフト4巡目
初出場 2004年9月24日
年俸 1億7000万円(2021年から3年契約)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

栗山 巧(くりやま たくみ、1983年9月3日 - )は、兵庫県神戸市西区出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神戸市立小寺小学校時代は神戸市少年団リーグの小寺に所属し、武内晋一と同リーグだった。

神戸市立太山寺中学校時代はヤングリーグの「神戸ドラゴンズ」に所属。チームの1年後輩には坂口智隆がいた[2]

育英高等学校に進学し、2年時には3番左翼手として第72回選抜高等学校野球大会第82回全国高等学校野球選手権大会に春夏連続出場。春は開会式直後の1回戦で國學院栃木高校と対戦し初戦敗退。夏は大会第1試合となる1回戦で田村彰啓を擁する秋田商業高校と対戦して勝利し、その後ベスト4まで勝ち進むも、準決勝で中村一生山田憲らを擁する東海大浦安高校に敗れた。自身は5試合で打率.348、9打点を記録。3年夏は兵庫大会5回戦敗退。高校通算47本塁打

2001年ドラフト会議において、西武ライオンズから4巡目指名を受け入団。背番号は「52」。

西武時代[編集]

2002年イースタン・リーグで51試合に出場。

2003年は二軍で打率.274、出塁率.359、7本塁打を記録。フレッシュオールスターゲームに選出されフルイニング出場した。

2004年は二軍で打率3割、11本塁打を記録し優秀選手を受賞。西武にとってレギュラーシーズン最終戦となった9月24日の大阪近鉄バファローズ戦(大阪ドーム)でスタメン9番・レフトで一軍初出場・初安打を記録した。

2005年は3・4月に打率3割を記録して一軍に定着し、セ・パ交流戦でも5本塁打を打つなど、84試合に出場して打率.297、出塁率.357を記録した。

2006年8月1日の対千葉ロッテマリーンズ戦で空振りした際に右手首を痛め、直後に小林雅英から満塁本塁打を打ったが、翌日に有鈎骨骨折と判明し戦線離脱。シーズン終盤に一軍に復帰した。オフにはフェニックス・リーグに参加。

2007年は初めて100試合以上に出場。7月以降スタメンに定着する。チーム2位の45四球を選んで出塁率.380、得点圏打率.324を記録し、チームトップの勝利打点10を挙げた。オフに背番号を1へ変更。

2008年5月4日の対ロッテ戦で一塁手フリオ・ズレータが弾いた栗山の打球を、二塁手ホセ・オーティズグラブを投げて止め、公認野球規則に則り安全進塁権を3つ与えられ三塁打となった。これについて栗山は「ルール知りませんでした」、ヘッドコーチの黒江透修は「40年以上の野球人生で見たことがない」と発言した。同年は2番に固定され自己最多の138試合に出場、初めて規定打席に到達して打率.317、チーム3位の49四球、同2位の出塁率.376、得点圏打率.325、72打点を記録した。初タイトルとなる最多安打を獲得した他、22犠打、17盗塁と小技足技も向上してリーグ優勝と日本一に貢献し、ベストナインにも選出された。

2009年オープン戦で55打数22安打、打率.400だったが、開幕直後は21打席連続無安打を記録した。6月には18試合中9試合でマルチヒットを打ち、交流戦チームトップの打率.333を記録。その後新型インフルエンザに感染した。同年は自己最多を更新する140試合に出場し、打率.267、リーグ9位の106三振を記録、サウスポーに対して打率.350、リーグ4位の6三塁打、同9位の18盗塁を記録し、外野守備ではリーグトップの守備率.997、同3位の8補殺を記録した。

2010年、外野手としては球団史上初の144試合フルイニング出場を、2年ぶりの3割超となる打率.310に、共に自己記録を更新する出塁率.400、74打点を記録。2度目となるベストナイン選出に加え、ゴールデングラブ賞を初受賞した。12月21日、兼ねてから交際していた3歳年上の一般人女性と同月14日に入籍したことが公表された[3]

こまちスタジアムにて(2011年)

2011年は2番打者・5番打者として起用されていたが、片岡易之が故障で離脱した7月以降は1番打者として起用され[4]、好不調の波が激しかったチームにおいて安定した打撃で貢献した。2年連続で全試合フルイニング出場を達成したが、ケガの影響から9月8日の対ロッテ戦より従来の中堅から左翼の守備に回り、その後シーズン終了まで左翼手として起用され、2年連続の打率3割超、得点圏打率は両リーグトップの.380を記録した。5月6日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では田中将大から球団通算8000号本塁打となる決勝2点本塁打を打った[5]。11月には右肘の遊離軟骨除去手術を受けた[4]

2012年は2番、1番で起用されたが、8月21日の対福岡ソフトバンクホークス戦で左前腕に死球を受け、途中交代。連続試合フルイニング出場も、パ・リーグ歴代2位の390試合で途切れた[6]。故障の状態からシーズン中の復帰は絶望となり、翌日に登録抹消されて以降は再昇格することなくシーズンを終えた。すでに規定打席に到達していたが、打率.289に終わり、3年連続の打率3割を逃した。なお、この年より中島裕之に代わり、キャプテン(主将)となった。

2013年は2年ぶりに全試合出場、自身4年ぶり4度目の2桁本塁打で自己最多タイとなる12本塁打を記録したが、打率は前年を下回った。

2014年は前年に続き全試合出場。前年を上回る打率.288、出塁率.394を記録した一方で打点、本塁打数は前年を下回った。オフには球団史上初のゴールデンスピリット賞を受賞[7]

2015年、開幕直後は不調で5月上旬までは打率2割を下回った。その後は本来の調子を取り戻し、打率.268でシーズンを終了。また自身5度目の2桁本塁打を記録した。また8月16日のみ試合に出なかった為、2013年から続いていた連続試合出場が396試合で途切れた。

2016年6月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、史上120人目の通算1500本安打を記録した[8]。7月4日にオールスターゲームの監督推薦選手が発表され、プロ15年目にして初めて選出された[9]。7月15日の第1戦(福岡ヤフオクドーム)の7回の左翼守備で初出場。9回表に2点本塁打を打った[10]。オールスターでの初打席初本塁打は16人目[11]。この活躍で第1戦の敢闘賞に選ばれた[12]。11月10日、FA権を行使した上で西武に残留を表明[13]。同日、NPBより公示される[14]

2017年4月7日の対ソフトバンク戦で、史上187人目の通算1500試合出場を記録したが[15]、翌日の試合で右足を負傷し[16]、4月14日のロッテ戦で途中交代した後は指名打者や代打での起用が多く、10年ぶりに規定打席に到達しなかった。しかし5月21日のソフトバンク戦でプロ初のサヨナラ本塁打[17]。8月17日、楽天戦で代打サヨナラ3点本塁打[18]。9月17日ソフトバンク戦で押し出しとなる四球を選びサヨナラ勝ち[19]などを記録しここ一番で勝負強さを発揮し、貴重な切り札として活躍した。

2018年4月30日の対楽天6回戦の4回に通算309本目となる適時二塁打を打ち、石毛宏典のもつ球団記録(308本)を更新[20]。若手の活躍もあり、この年も控えに回ることが多かったが、左の代打の切り札として活躍。9月に入り外崎修汰が怪我で抜けて以降は5番に定着し、10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

2019年は開幕から先発出場。8月11日の対ロッテ戦にて通算100本塁打を達成[21]。そして8月31日の対ソフトバンク戦、3回裏の安打は通算1807安打目となり、石毛の持つ通算安打球団記録(1806本)を更新[22]。また2年ぶりの規定打席にも到達した。

2020年新型コロナウイルス感染症流行の影響で120試合制となる。開幕から好調を維持し、シーズン終盤は4番に起用された。111試合の出場で打率.272、12本塁打、67打点を記録した。指名打者としては自身初のベストナイン(通算4度目)に選出された[23]。シーズン終了時点で通算安打数を1926とし、西武生え抜き選手(前身球団含む)として史上初の2000本安打達成まであと74と迫った状況を考慮され3年契約を結ばれた[24]

映像外部リンク
【万感胸に迫る】栗山巧『球団生え抜き史上初の2000安打達成』 - YouTube
パーソル パ・リーグTV 2021年9月4日公開

2021年は開幕戦から好調だったが、左下肢の張りにより3月31日に登録を抹消された[25]。4月18日の二軍戦で実戦復帰を果たし[26]これが2006年9月30日以来、約15年ぶりとなるイースタン・リーグ公式戦への出場となった。4月20日に一軍復帰すると、6月12日の対中日ドラゴンズ戦で史上52人目の通算2000試合出場を達成した[27]。6月23日には通算安打数を1970としたことで、西武公式が『ONE ROAD』と題したカウントダウン特設サイトが公開された[28]。ただ6月以降は月間OPSが.600→.583→.584と不調に苦しんだ[29]。通算1998安打で迎えた9月3日の楽天戦では史上初「誕生日での2000本安打達成」に注目が集まったが、4打席に立ち1安打でバースデー到達とはならなかった[30]。翌4日の楽天戦の第4打席、かつてのチームメイト牧田和久から左安打を放ち史上54人目の2000本安打を達成。西武の生え抜き選手では初となる偉業を成し遂げた[31]

選手としての特徴[編集]

打席に立つ栗山(2009年)

打撃[編集]

手元までボールを呼び込みバットを振り切る打撃を持ち味とし[32]選球眼、出塁能力、投手に球数を費やさせる能力に優れる[33]

藤井康雄は栗山について「実に嫌らしいバッターに成長しましたね。粘っこいし、広角に打ち分ける技術を持っている。またボールを呼び込んで打つタイプなので三振が少なく、どんなボールにも対応することができる。」などと評している[34]

守備・走塁[編集]

一軍定着当初は左翼手指名打者として起用され、打撃に比べて守備走塁面が課題とされていたが、2009年途中から「いつかは守りたい」と同年の開幕前に話していた[35]中堅手に定着。同年はレンジファクター刺殺でリーグトップの数値を記録した[36]。しかし、翌2010年はリーグ3位の守備率.994を記録しゴールデングラブ賞を受賞したものの、守備イニング500以上の選手の中ではワースト4位のUZR -5.2と数字を落とした[37]。2011年途中からは故障の影響もあるため再び左翼手で起用され、2012年には守備イニング500以上の左翼手で両リーグ2位のUZR13.9を記録した[38]

2017年以降は、指名打者としての出場が多くなり、守備に就く機会は減少している。

走塁面では一塁到達まで3.90秒で[39]、盗塁に関しても「20個以上走れたら(盗塁できたら)、『アイツは走れる』というイメージがつくと思うので狙っていきたい」と述べている[40]

人物[編集]

愛称は「クリ[41]、「クリボー[42]、「ミスターレオ[43]など。

少年時代からプロ野球選手になるのが夢で、グリーンスタジアム神戸から至近距離に住んでいたこともあり、当時はオリックス・ブルーウェーブのファンであった。ファンクラブにも加入し、当時在籍していたイチローのサインボールを持っている[44]

2011年に自身の名前を冠した「栗山巧杯少年野球大会」を神戸市の少年団野球リーグなどと共に創設し、小学生を対象にした野球教室と並行して主催している[45][46]

握力は80.7kgfを記録する[47]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 西武 1 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
2005 84 316 286 45 85 11 2 10 130 28 1 0 2 1 24 1 3 59 4 .297 .357 .455 .811
2006 63 164 142 18 38 8 1 2 54 22 3 1 4 0 16 0 2 32 2 .268 .350 .380 .730
2007 112 362 302 39 84 18 2 5 121 29 8 3 9 1 45 2 5 53 8 .278 .380 .401 .780
2008 138 612 527 76 167 31 3 11 237 72 17 8 22 8 49 0 6 61 8 .317 .376 .450 .826
2009 140 643 569 78 152 24 6 12 224 57 18 5 8 3 53 0 10 106 9 .267 .339 .394 .732
2010 144 660 554 77 172 35 2 4 223 74 14 5 18 3 80 1 5 69 7 .310 .400 .403 .803
2011 144 653 557 87 171 30 2 3 214 60 6 2 9 6 73 0 8 90 17 .307 .391 .384 .776
2012 103 467 394 57 114 17 1 2 139 33 3 1 12 3 52 0 6 62 4 .289 .378 .353 .731
2013 144 637 527 77 147 29 3 12 218 73 6 3 1 4 99 2 6 96 8 .279 .396 .414 .810
2014 144 642 532 64 153 34 4 3 204 61 3 2 2 9 96 2 3 100 9 .288 .394 .383 .783
2015 142 622 533 66 143 25 0 10 198 42 3 1 8 4 72 0 5 88 15 .268 .358 .371 .730
2016 135 569 477 52 133 30 2 3 176 41 0 0 0 3 83 0 6 87 9 .279 .390 .369 .759
2017 116 374 333 28 84 13 0 9 124 46 0 0 4 7 27 0 3 64 10 .252 .308 .372 .680
2018 114 363 305 32 78 18 1 8 122 52 1 0 0 3 52 2 3 78 5 .256 .366 .400 .766
2019 123 466 409 35 103 21 0 7 145 54 0 0 3 3 48 2 3 100 13 .252 .333 .355 .687
2020 111 428 372 37 101 22 0 12 159 67 0 0 0 2 53 2 1 77 10 .272 .362 .427 .790
NPB:17年 1958 7981 6822 868 1926 366 29 113 2689 811 83 31 102 60 922 14 75 1223 138 .282 .371 .394 .765
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



外野












2004 西武 1 6 0 0 0 1.000
2005 77 130 0 4 0 .970
2006 25 34 1 0 1 1.000
2007 68 119 6 0 0 1.000
2008 127 245 6 5 0 .980
2009 140 291 8 1 1 .997
2010 144 316 5 2 1 .994
2011 144 283 2 1 0 .997
2012 103 206 7 4 0 .982
2013 127 240 4 1 0 .996
2014 129 244 8 0 0 1.000
2015 142 237 5 1 1 .996
2016 121 199 2 0 2 1.000
2017 34 42 0 1 0 .977
2018 68 95 3 0 0 1.000
2019 17 19 2 0 0 1.000
2020 35 53 0 0 0 1.000
通算 1502 2759 59 20 6 .993

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000本安打:2013年4月16日、対オリックス・バファローズ4回戦(西武ドーム)、3回裏に東野峻から左前適時打 ※史上271人目
  • 1000試合出場:2013年7月2日、対オリックス・バファローズ10回戦(京セラドーム大阪)、3番・左翼手として先発出場 ※史上458人目
  • 1500本安打:2016年6月19日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、8回表に秋吉亮から左前安打 ※史上120人目
  • 1500試合出場:2017年4月7日、対福岡ソフトバンクホークス2回戦(メットライフドーム)、5番・指名打者として先発出場 ※史上187人目[15]
  • 300二塁打: 2017年7月2日、対オリックス・バファローズ11回戦(メットライフドーム)、1回裏にブランドン・ディクソンから ※史上69人目
  • 100本塁打:2019年8月11日、対千葉ロッテマリーンズ19回戦(ZOZOマリンスタジアム)、8回表に松永昂大から右中間越2ラン ※史上295人目
  • 350二塁打:2020年7月26日、対千葉ロッテマリーンズ11回戦(メットライフドーム)、2回裏に中村稔弥から ※史上45人目
  • 2000試合出場:2021年6月12日、対中日ドラゴンズ2回戦(メットライフドーム)、3番・指名打者として先発出場 ※史上52人目
  • 2000本安打:2021年9月4日、対東北楽天ゴールデンイーグルス17回戦(楽天生命パーク宮城)、9回表に牧田和久から左前安打 ※史上54人目(球団生え抜き選手としては史上初)
その他の記録
  • オールスターゲーム出場:1回(2016年
  • 埼玉西武ライオンズ 球団通算安打記録更新:2019年8月31日、対福岡ソフトバンクホークス22回戦(メットライフドーム)、3回裏に松田遼馬から右前安打 ※通算1807本目[48]
  • 埼玉西武ライオンズ 球団通算犠飛記録更新:2021年4月30日、対北海道日本ハムファイターズ5回戦(札幌ドーム)、6回表にドリュー・バーヘイゲンから左犠飛 ※通算61本目

背番号[編集]

  • 52(2002年 - 2007年)
  • 1(2008年 - )

登場曲[編集]

  • あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。クレイジーケンバンド(2005年 - 2017年・2020年 - )
    • 2016年から時間短縮のための配慮[49]で常時流すことが無くなり、球団HPでの該当ページでも栗山の名前が記載されなくなった。
    • 2020年は無観客試合となることから、例年とテンポを変える意味合いで登場曲を復活させた[50]。その後も使用を続けている。
    • なおヒーローインタビュー後のレフトスタンドへの挨拶及びフィールドシートのファンとのハイタッチ時は引き続き使用されている。また突発的に応援時にファンがアカペラで歌うこともある。
  • 愛がすべて英語版スタイリスティックス(2006年 - 2007年)

関連情報[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年8月23日閲覧。
  2. ^ 卒部生紹介”. 神戸ドラゴンズ. 2011年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月22日閲覧。
  3. ^ 栗山結婚 3歳上「ムーミンのミイ似」”. 日刊スポーツ (2010年12月21日). 2010年12月21日閲覧。
  4. ^ a b 「2012 NEW TEAMLEADER INTERVIEW 栗山巧」『週刊ベースボール』2012年2月6日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20441-2/6, 8-11頁。
  5. ^ 【西武】栗山がマー君打ち!球団8000号”. 日刊スポーツ (2011年5月6日). 2021年7月22日閲覧。
  6. ^ 栗山骨折、シーズン絶望”. 日刊スポーツ (2012年8月22日). 2021年7月22日閲覧。
  7. ^ 栗山巧選手が球団史上初のゴールデンスピリット賞を受賞!”. 西武球団公式サイト (2014年11月5日). 2021年7月22日閲覧。
  8. ^ 栗山選手 通算1,500安打達成!”. 埼玉西武ライオンズ (2016年6月19日). 2016年11月13日閲覧。
  9. ^ 「マツダオールスターゲーム2016」監督選抜選手について”. 埼玉西武ライオンズ (2016年7月4日). 2016年11月13日閲覧。
  10. ^ 初打席で特大弾!敢闘賞の西武・栗山「神ってますかね!?」/球宴”. サンケイスポーツ (2016年7月16日). 2021年7月22日閲覧。
  11. ^ “15年目西武栗山、16人目の球宴初打席ホームラン”. 日刊スポーツ. (2016年7月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1679146.html 2021年7月22日閲覧。 
  12. ^ 栗山巧選手「マツダオールスターゲーム2016」第1戦で敢闘選手賞を獲得!”. 埼玉西武ライオンズ (2016年7月16日). 2016年11月13日閲覧。
  13. ^ 栗山選手フリーエージェント(FA)権利行使についてお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ (2016年11月10日). 2016年11月13日閲覧。
  14. ^ フリーエージェント宣言選手契約締結合意 日本野球機構公示”. 日本野球機構. 2021年7月22日閲覧。
  15. ^ a b 西武・栗山が1500試合出場「次は2000試合を目指したい」”. サンケイスポーツ (2017年4月8日). 2021年7月22日閲覧。
  16. ^ 明日も試合に出るために西武栗山が示す「プロ意識」”. 日刊スポーツ (2017年5月14日). 2017年11月30日閲覧。
  17. ^ 西武・栗山、プロ16年目で初のサヨナラ本塁打「水をかけたのは誰なんやろう。でもうれしい」” (日本語). SANSPO.COM (2017年5月21日). 2019年2月1日閲覧。
  18. ^ SANKEI DIGITAL INC (2017年8月18日). “西武・栗山、代打で今季2本目のサヨナラ弾!「どう格好つけようかなと」:イザ!” (日本語). イザ!. 2019年2月1日閲覧。
  19. ^ 西武栗山サヨナラ押し出し、ソフトBモイネロ2敗” (日本語). 日刊スポーツ (2017年9月17日). 2019年2月1日閲覧。
  20. ^ 強すぎる西武 開幕本拠地12連勝!栗山“石毛超え”V二塁打 楽天は7連敗”. スポニチアネックス (2018年4月30日). 2021年7月22日閲覧。
  21. ^ 埼玉西武栗山、史上295人目の通算100本塁打達成! 「最高の形になって非常にうれしい」” (jp). パ・リーグ.com (2019年8月11日). 2019年9月3日閲覧。
  22. ^ 栗山巧が球団安打記録を更新! 18年目で到達した金字塔を数字で振り返る” (jp). パ・リーグ.com (2019年8月31日). 2019年9月3日閲覧。
  23. ^ 西武栗山DHで初「うれしさに満ち」/ベストナイン”. 日刊スポーツ (2020年12月16日). 2021年2月21日閲覧。
  24. ^ 西武栗山3年契約!球団生え抜き初の2000安打へ”. 日刊スポーツ (2020年12月13日). 2021年2月21日閲覧。
  25. ^ 30日に左足負傷の西武山川と栗山が抹消”. 日刊スポーツ (2021年3月31日). 2021年4月29日閲覧。
  26. ^ 西武栗山が次戦20日オリックス戦から1軍昇格 下肢張り回復で辻監督明言”. 日刊スポーツ (2021年4月18日). 2021年4月29日閲覧。
  27. ^ 西武栗山、史上52人目の通算2000試合出場”. 西日本スポーツ (2021年6月12日). 2021年6月12日閲覧。
  28. ^ 『ONE ROAD』ライオンズ栗山選手2000本安打達成記念特設サイト”. 埼玉西武ライオンズ. 2021年7月22日閲覧。
  29. ^ 西武・辻監督 通算2000安打間近で不調の栗山を思いやる「栗山も人間だから」”. Sponichi Annex (2021年8月25日). 2021年9月1日閲覧。
  30. ^ 西武栗山が2000安打王手、9回に右前打 代走送られ史上初のバースデー到達はならず”. 西日本スポーツ (2021年9月3日). 2021年9月3日閲覧。
  31. ^ "栗山巧2000安打達成!西武生え抜きで初、NPB54人目の快挙". 日刊スポーツ. 日刊スポーツNEWS. 4 September 2021. 2021年9月4日閲覧
  32. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、72-73頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  33. ^ 西武・栗山選手の一番起用は良い選択?”. SMR Baseball Lab (2011年7月15日). 2021年7月22日閲覧。
  34. ^ 二宮清純レポート 栗山巧(西武ライオンズ外野手)ピッチャーに一番嫌われる男”. 現代ビジネス (2013年1月23日). 2015年4月6日閲覧。
  35. ^ 週刊ベースボールより。
  36. ^ '09年最高の外野手は赤松と栗山だ!その真の実力を“数字”で検証した。”. Number Web (2009年12月8日). 2021年7月22日閲覧。
  37. ^ Baseball Lab守備評価~Center Fielder”. SMR Baseball Lab. 2021年7月22日閲覧。
  38. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』水曜社、2013年、75頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  39. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2010』アスペクトムック、2010年、383頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  40. ^ L Magazineより。
  41. ^ 西武栗山2000安打を称える同期おかわり君のコメントが温かくて泣ける” (日本語). 西日本スポーツ (2021年9月4日). 2021年9月4日閲覧。
  42. ^ 【栗山巧】プロフィール(年齢・身長)” (日本語). エキサイトニュース (2021年3月9日). 2021年9月4日閲覧。
  43. ^ フモフモ編集長 (2019年10月9日). ““ミスターレオ”栗山巧はライオンズのどこが好きなのか? 僕はその答えを探すのを止めた。”. 文春オンライン. 2021年9月4日閲覧。
  44. ^ 栗山巧「野球少年が描いた夢」ヤングレオの雄叫び2007~荒波を乗り越えろ~第8回 sportsnavi.com
  45. ^ 西武栗山 地元神戸で3安打3打点”. 日刊スポーツ (2017年4月8日). 2021年7月22日閲覧。
  46. ^ 西武・栗山ら児童にプロの技伝授 三木で野球教室”. 神戸新聞 (2016年12月5日). 2017年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月22日閲覧。
  47. ^ 久保賢吾 (2013年12月14日). “西武ドラ2山川は怪力握力!おかわり2世”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131214-1231100.html 2019年4月26日閲覧。 
  48. ^ 西武栗山、球団新記録1807安打「憧れの大先輩の記録を…」”. Full-Count (2019年8月31日). 2021年7月22日閲覧。
  49. ^ 2016年8月19日文化放送ライオンズナイター
  50. ^ 栗田成芳 (2020年6月30日). “西武栗山V打、中村と19年目コンビで導いた4連勝”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006300001025.html 2020年7月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]