山田憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 憲
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1983-06-23) 1983年6月23日(36歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2001年 ドラフト7巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山田 憲(やまだ けん、1983年6月23日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴[編集]

東海大浦安高時代、2年時の2000年遊撃手のレギュラーとして夏の甲子園の準優勝を経験。

2001年プロ野球ドラフト会議で、日本ハムファイターズから7巡目指名を受け入団するが、1軍出場の無いまま2004年のシーズン終了後に戦力外通告を受けた。

2005年からアマ復帰し、この年に創設されたばかりのサウザンリーフ市原に移籍。遊撃手のレギュラーの座をつかみ、チームを牽引した。

2007年秋、BCリーグのトライアウトを受け、群馬ダイヤモンドペガサスへ入団。スタメンを固定させず、その時期で調子の良い選手を使うという秦真司監督の選手起用方針の中でも、シーズンを通して1番・遊撃手のポジションをキープし、群馬の上信越地区優勝の原動力となった。

2008年、BCリーグ首位打者(.384)、後期MVP、ベストナイン(遊撃手)を獲得。この年8月に、群馬の選手として初の月間MVPも受賞している[1]

2011年12月7日、任意引退となり群馬を退団した。

群馬退団後は群馬県にある関東西濃運輸軟式野球部に入団した[2]

人物[編集]

日本ハム入団時、当時の監督の大島康徳のイメージを聞かれ「珍プレーを見て、面白い人だなと思ってました」と発言していた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの打撃成績[編集]















































O
P
S
2008 群馬 72 279 51 107 27 1 1 139 32 45 36 4 6 3 11 14 1 68 .384 .498 .461 .959
2009 65 241 40 71 10 2 4 97 34 26 50 0 3 2 15 11 3 63 .295 .402 .416 .818
2010 71 273 56 83 16 1 3 110 36 33 47 1 7 5 22 14 2 67 .304 .403 .408 .811
2011 72 275 46 81 12 3 3 126 35 40 45 6 5 1 14 9 5 72 .295 .458 .404 .862
通算:4年 280 1068 193 342 65 7 11 472 137 144 178 11 21 11 62 48 11 270 .320 .442 .419 .861
  • 各年度の太字はリーグ最高。

背番号[編集]

  • 65 (2002年 - 2004年)
  • 1 (2008年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 8月度のリーグ月間MVP発表 - SPORTS COMMUNICATIONS(2008年9月10日)
  2. ^ 関東西濃運輸が初出場初V 元日本ハム戦士も歓喜 高円宮賜杯 スポニチ Sponichi Annex 野球 2013年10月15日

関連項目[編集]