秦真司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秦 真司
読売ジャイアンツ 三軍バッテリーコーチ #102
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1962-07-29) 1962年7月29日(54歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手捕手
プロ入り 1984年 ドラフト2位
初出場 1985年4月13日
最終出場 2000年10月16日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
オリンピック
男子 野球
1984 野球

秦 真司(はた しんじ、1962年7月29日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手外野手捕手)。2012年から読売ジャイアンツのバッテリーコーチ。

1994年から1998年ごろまでの間、スコアボードでの選手名表記を平仮名の「はた」としていた(登録名はそのまま)。当時の電光掲示板の解像度では「秦」の文字が読み取りづらいための措置である。

野球学校PBAの運営会社である有限会社裸裸裸の取締役も務める。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

プロ入り前

徳島県立鳴門高等学校では、1980年に同期のエース島田茂を擁し春夏の甲子園に出場。春の選抜では、1回戦で滝川石本貴昭投手に抑えられ敗退。夏の甲子園では3回戦に進出するが、優勝した横浜高のエース愛甲猛に1-0で完封される。

島田とともに法政大学に進学し、東京六大学リーグでは4度の優勝を経験、ベストナインに2回選出される。 全日本大学野球選手権大会でも1982年1984年に優勝している。1984年には第13回日米大学野球選手権日本代表に選出され、同年のロサンゼルスオリンピック日本代表として金メダルを獲得した。

プロ入り後

1984年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。1987年法大野球部の大先輩・関根潤三が監督に就任し、翌1988年より、八重樫幸雄を押しのけ正捕手に定着する。

1990年、新たに就任した野村克也監督からリード・配球面を問題視され、開幕後数試合はスタメンで出場したが、新人の古田敦也に正捕手の座を奪われる。野村によると、ある試合のカウント3ボール0ストライクの場面でストライクをとることが最優先の場面に変化球を投手に要求した結果が四球となり、さらに野村が詰問したところ「(打者が)打ってくるような気がしたから」と答えたという。野村は秦の送球術にも難を感じて、後年、秦の捕手としての適性について、「(前任の関根は)このキャッチャーでよくやっておられた」「キャッチャーとしては鈍感の部類」などと振り返っている。捕手としては酷評されたが、強打・地肩の強さ・脚力に着目されて外野手に転向した[1]

一方、バッティングは野村も高く評価しており、「アイツの打撃フォームは教科書や。野球少年たちのいいお手本になる」と絶賛している。

1991年には右翼手の定位置を獲得し、規定打席にも到達(12位、打率.292)。同年のオールスターゲームに出場。

1992年10月25日西武ライオンズとの日本シリーズ第6戦では高校の後輩・潮崎哲也からサヨナラ本塁打を記録。

1994年10月6日、ヤクルトが迎えた対読売ジャイアンツ(巨人)最終戦(明治神宮野球場)は、巨人が勝ち同日に中日ドラゴンズが負ければ、巨人の優勝が決まる試合であった。7回裏に、リリーフ槙原寛己をヤクルトがとらえ、同点に追いつき、なお走者を2人残して秦が打席に立った。秦は右翼席中段に勝ち越し3ラン本塁打を放った。結局この試合に敗れた巨人は、中日と10月8日の最終戦で優勝をかけてぶつかることとなった(10.8決戦)。10月7日付の朝日新聞読売新聞毎日新聞日本経済新聞は、秦がうなだれる槙原を尻目にダイヤモンドを回るシーン、または打ったシーンの写真を掲載した。

1995年、リーグ優勝、日本一に貢献。しかし日本一の祝勝会ではしゃぎ過ぎて転倒。割れたビール瓶で足を10針縫う大怪我をしてしまう(報道でも取り上げられたが、自身は病院で治療してもらった直後に、チームの祝勝会の二次会会場である六本木に合流している)。

1997年プロ野球脱税事件に関わっていたことが発覚した。

稲葉篤紀真中満らの台頭で控えに回った後も、左の代打として計3度の日本一に貢献したが、1998年、打率が2割にも満たず本塁打も0に終わり、戦力外通告を受ける。

1999年には日本ハムファイターズ金銭トレードで移籍し、翌2000年にはテスト入団で千葉ロッテマリーンズへ移籍。同年7月にはベンチ入りしている捕手全員を使い切り、橋本将の防具を借用して途中から捕手として出場したこともある。同年限りで現役を引退。同年10月16日の引退試合では代打で出場し、タイムリー二塁打を放った。その後、代走を出されてベンチに戻った秦は感極まって涙を流したが、スタンドのファンからの大きな声援を受け、ベンチを出てそれに応え、現役生活を締めくくった。

引退後[編集]

引退後、2001年はロッテの二軍打撃コーチを務めた。野球解説者2002年-2004年)を経て、2005年からは中日ドラゴンズの捕手コーチを務め、2006年のリーグ優勝に貢献。同年解任された。解任後会見で「球団からは人間関係じゃないですかと言われた」、「9月ごろに他球団から声を掛けていただいたが、優勝があるので断った」、「(中日からの解任理由について)契約しない理由が明確じゃないんでね。ベンチで声を出しすぎていたんじゃないですか」と語っていた[2]2007年東北放送NHK-BS1メジャーリーグ中継解説者を務めた。

パンクラスに練習生として稽古に行ったことがあり、それ以前からも格闘技に詳しく、サムライTVのSアリーナのMCを務めた(2003年頃)。

ロッテ退団後の2004年、タレントの井手らっきょがテレビ番組『マネーの虎』(日本テレビ、同年2月2日放送分)に出演し、元・プロ野球選手による野球塾開校を希望。堀之内九一郎社長が激しく批判するも、井手と共に交渉にあたった秦がその場で実際に素振りをしたところ社長達がとても感動し、「下手な説明よりプロの素振りを見た方がよほど説得力があるよ」と他の社長を味方に付けたことでマネー成立させた逸話がある。結果、小林敬社長から270万円、高橋がなり社長と岩井良明社長からそれぞれ1000万円の投資を受け、2270万円という番組史上最高額のマネー成立を勝ち取った。塾は神奈川県の海老名市に開校予定だったが、建築基準法の関係で井手の出身地の熊本市になった。中日コーチ就任後の2005年5月28日にPBA(プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー)という名前で開校。同年9月に設立された運営会社・有限会社裸裸裸の取締役として名を連ねる。

2008年BCリーグに新加入した群馬ダイヤモンドペガサスの監督に就任。就任初年度にチームを上信越地区の後期優勝と年間優勝に導いた。2年目も前後期を連覇、地区年間優勝し、石川ミリオンスターズとのリーグチャンピオンシップに勝利して初のリーグ優勝を達成した。

2010年も前後期を連覇、3年連続の地区年間優勝を達成したが、石川とのリーグ年間優勝決定戦を1勝3敗で終えた責任を取り、10月3日に監督辞任を示唆したものの続投となった。

群馬ダイヤモンドペガサスの監督就任中も、監督業の合間を縫って、NHKのMLB中継の解説は継続していた。

2011年は前期優勝したものの後期は3位に終わり、半期優勝の連覇は6でストップした。地区後期優勝の新潟との地区チャンピオンシップに0勝2敗で敗退し、3年連続の地区年間優勝はならなかった。10月31日、群馬ダイヤモンドペガサスの監督を退任した[3]2012年読売ジャイアンツ一軍バッテリーコーチに就任。2014年からは二軍バッテリーコーチを務めていたが、同年8月1日から再び一軍バッテリーコーチを務め[4]、リーグ3連覇に貢献。2015年は12捕逸を記録しリーグワーストタイだった[5]。2016年からは巨人に新設される三軍のバッテリーコーチに就任[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 ヤクルト 41 46 44 5 8 2 0 2 16 7 0 1 0 0 1 0 1 14 1 .182 .217 .364 .581
1986 59 74 63 10 15 3 0 2 24 8 2 1 1 2 8 0 0 21 0 .238 .315 .381 .696
1987 33 70 68 8 14 4 0 3 27 11 1 0 0 0 2 0 0 11 2 .206 .229 .397 .626
1988 122 388 354 33 89 17 3 7 133 29 3 1 5 0 27 8 2 52 8 .251 .308 .376 .684
1989 84 265 245 23 71 12 0 8 107 28 2 3 0 0 19 4 1 40 3 .290 .343 .437 .780
1990 93 279 250 26 73 18 3 11 130 35 1 1 0 2 22 1 5 57 0 .292 .358 .520 .878
1991 117 419 383 51 112 20 4 16 188 47 5 2 5 0 26 1 5 70 4 .292 .345 .491 .836
1992 112 392 342 42 86 19 0 15 150 51 5 0 0 2 40 2 8 63 1 .251 .342 .439 .780
1993 92 269 243 23 58 11 0 7 90 27 2 0 2 1 20 1 3 47 3 .239 .303 .370 .674
1994 92 264 248 25 65 6 4 9 106 31 6 1 1 1 14 1 0 32 10 .262 .300 .427 .728
1995 96 273 252 24 72 13 1 9 114 31 1 2 3 2 15 4 1 43 2 .286 .326 .452 .778
1996 80 164 141 16 34 4 0 6 56 17 1 0 0 0 20 1 3 27 2 .241 .348 .397 .745
1997 71 73 63 9 17 2 1 2 27 11 1 0 1 0 7 1 2 18 0 .270 .361 .429 .790
1998 49 52 48 1 8 3 1 0 13 4 1 0 1 1 2 0 0 10 2 .167 .196 .271 .467
1999 日本ハム 17 19 16 2 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 3 1 0 2 0 .125 .263 .188 .451
2000 ロッテ 24 31 30 3 8 2 0 0 10 4 0 0 0 0 1 0 0 6 1 .267 .290 .333 .624
通算:16年 1182 3078 2790 301 732 137 17 97 1194 341 31 12 19 11 227 25 31 513 39 .262 .324 .428 .752

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1985年 - 1998年)
  • 3 (1999年)
  • 31 (2000年)
  • 77 (2001年)
  • 82 (2005年 - 2006年、2012年 - 2015年)
  • 88 (2008年 - 2011年)
  • 102 (2016年 - )

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松下茂典 『捕手ほど素敵な商売はない 野村克也 VS.森祇晶』 朝日新聞出版2009年ISBN 978-4022506054138頁 - 139頁
  2. ^ 秦捕手コーチも「退団会見」で皮肉たっぷりの発言、2006年10月29日、スポーツニッポン
  3. ^ 秦 真司監督退任のお知らせ - 2011年10月31日
  4. ^ コーチ人事につきまして
  5. ^ 中日 94失策は人工芝のナゴヤドーム移転後最多 - 日刊スポーツ(2015年12月30日)
  6. ^ 来季の三軍コーチングスタッフについて - 読売巨人軍公式サイト(2015年10月29日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]