鈴木義信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 義信
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1943-11-02) 1943年11月2日(74歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 東芝

鈴木 義信(すずき よしのぶ、1943年11月2日 - )は、日本野球選手、野球指導者、実業家

東芝メディカル社長や、ソウルオリンピック野球日本代表監督などを歴任した。2004年からは日本野球連盟の副会長を務めている。

経歴[編集]

長生一高では、2年時の1960年春季関東大会決勝に進出、桐生高を降し優勝を飾る。しかし同年の夏は東関東大会県予選準決勝で、関根知雄のいた銚子商に敗れる。翌1961年夏は県予選3回戦で本塁打を放つも、市原高に敗れ、3年間を通じて甲子園出場はならなかった。1年上のチームメートに外野手宮原秀明がいた。

1962年慶應義塾大学法学部に進学。野球部では1年上の渡辺泰輔佐藤元彦ら好投手を擁し、東京六大学リーグで3度の優勝を経験している。大学同期に一塁手広野功がいた。

1966年東京芝浦電気に入社し[1]同社野球部で選手として1969年までプレーした。1972年より野球部の監督に就任し[2]1978年の都市対抗ではチームを初優勝に導いている。最後は6年間連続で都市対抗出場を果たし、1982年に野球部監督を勇退した。また監督業のかたわら1979年からは日本代表のコーチを務め、1984年ロサンゼルスオリンピックでは金メダル獲得に貢献した。

1985年からは日本代表の監督となり、1988年ソウルオリンピックの銀メダルを最後に監督業を引退した。1991年日本野球連盟の理事に就き、2004年から副会長となっている。また全日本アマチュア野球連盟では2005年から専務理事を務めている。

東芝の社業では1986年に総合営業部長に昇進、東関東支社長などを経て2000年にグループ企業の東芝メディカル社長に就任した。その後、代表権のない取締役を経て2007年に退任している[3]

出演番組[編集]

脚注[編集]