小林敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし たかし
小林 敬
生誕 (1957-11-22) 1957年11月22日(59歳)
日本の旗 日本 北海道函館市
国籍 日本の旗 日本
別名 飲食界のショーン・コネリー(マネーの虎でのキャッチコピー)
出身校 函館有斗高等学校
職業 実業家
団体 株式会社小林事務所
テレビ番組 マネーの虎(レギュラー出演)
肩書き 代表取締役
配偶者 あり
子供 あり

小林 敬(こばやし たかし、1957年11月22日 - )は、日本実業家。かつて飲食フランチャイズ企業だった株式会社小林事務所の代表取締役、株式会社ジャパンフードシステムズの代表取締役を務めていた。

人物・略歴[編集]

函館市出身。函館有斗高等学校卒業、その後大阪府の調理師学校を卒業後、フランス料理店に勤務。1979年、地元函館に戻り料理店「らんぷ亭」を開業。1982年、再び大阪に戻り、フランス料理店に勤務する一方、食肉卸売業者でシステムエンジニアとしてオフィスコンピュータのシステム開発に関わる。1988年、「食べて得する料理家 庵」を開業。1991年、小林事務所を設立。「新和風料理 庵」など数々の飲食店を全国に展開していた。

2005年には長崎オランダ村の跡地を使った「食」のテーマパーク「キャスビレッジ」をプロデュースし、その親会社CASジャパンの取締役に就任。2006年には同地で料理学校も開校する予定だったが、CASジャパンは開業からわずか半年後の2005年10月3日に経営破綻し、キャスビレッジは即日閉鎖。小林も約20億円の負債を背負った事で自己破産[1]、2006年開校予定だった調理師学校の開設も1年延期された。

その後経営悪化に伴い、小林事務所を解散のため特別清算の手続きに入った。小林事務所の業務はシダックス傘下の飲食フランチャイズ企業「ヴァスフードサービス」に移管されるが、2007年4月には「シダックスレストランマネジメント」に経営統合された。

2008年6月27日付でシダックス執行役員[2]に就任した後、2009年2月執行役員を突如退任し、イタリアンレストランのタパス&タパスを運営するジャパンフードシステムズの社長に就任した。

2009年8月、突如トレードマークの髭を剃り上げ、ジャパンフードシステムズの社長を辞任する(後任は山崎宏)。

2009年10月、新たにブログを開設して独立開業を発表した。社名は小林事務所。

2010年2月、京都・四条河原町にて、プロデュースした「QUATTRO CINQUE」を開業。

2010年3月、「QUATTRO CINQUE」高槻店を開業。

2010年6月、京都・四条河原町にて、プロデュースした「QUATTRO CINQUE」を閉店。

2013年7月テンポスバスターズ取締役商品部統括本部長に就任。

2014年7月、同社を退任[3]

2016年12月、ビーパワーソリューションズのアドバイザーに就任。

2017年3月Twitterを開設。

書籍[編集]

  • 「人間味」で勝つ! 外食・FC革命
  • 外食・FC大革命 21世紀は役割分担の時代

脚注[編集]

  1. ^ 講談社フライデー2014年12月12日号より
  2. ^ 5月21日代表取締役及び役員等の異動に関するお知らせ[1]
  3. ^ 解任辞任かは未公表のままである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]