小早川毅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小早川 毅彦
小早川毅彦2008.jpg
広島コーチ時代(2008年4月5日 旧広島市民球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市安芸区
生年月日 (1961-11-15) 1961年11月15日(55歳)
身長
体重
183 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1983年 ドラフト2位
初出場 1984年4月7日
最終出場 1999年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2006 - 2009)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

小早川 毅彦(こばやかわ たけひこ、1961年11月15日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手内野手)、指導者、野球解説者

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

広島市立矢野中学校時代から野球を始め、高校はPL学園に進学、甲子園に2回出場している。2年生の時、六番打者、一塁手として1978年春の選抜に出場するが、準々決勝で箕島高石井毅嶋田宗彦のバッテリーに完封を喫する[1]。同年夏の選手権でチームは初優勝を飾る[2]が、膝の故障で欠場を余儀なくされた。1年上のチームメートに西田真次木戸克彦谷松浩之金石昭人がいた。翌1979年春の選抜から四番打者となるが、準決勝でまたも箕島高に延長10回サヨナラ負け[1]。同年夏は府予選決勝で牛島和彦香川伸行のバッテリーを擁する浪商に敗北し、甲子園出場を逸する。高校同期には山中潔阿部慶二、山崎剛がいる。

卒業後は西田、木戸の後を追って法政大学経済学部経済学科に入学する。東京六大学野球リーグでは4回優勝。1年生の1980年春季リーグから四番打者を務め、史上最年少でベストナイン(一塁手)に選出される。1981年秋季リーグでは三冠王を獲得、同年の明治神宮野球大会では決勝でエース山沖之彦を擁する専大を降し優勝。1982年全日本大学野球選手権大会でも決勝で仁村徹のいた東洋大を破り優勝。1982年、1983年に日米大学野球選手権大会日本代表。4年生の時には外野手に回り活躍した。リーグ戦通算98試合出場、384打数114安打、打率.297、16本塁打、72打点。ベストナイン5回(一塁手3回、外野手2回)選出。大学同期に銚子利夫坂本佳一がいる。

現役時代[編集]

1983年ドラフト2位で広島に入団し(高校の先輩加藤秀司が背負った)背番号6を与えられた。同ポジションの長内孝を押しのけて初年度からクリーンナップに座り、1984年新人王を獲得。「赤ヘルの若大将」として衣笠祥雄山本浩二の後継者として大いに期待された。山本浩二引退後は1987年から阿南準郎監督に4番打者として「パワーがあり、チャンスに強い」と期待されることも多かった。87年9月20日法大の6年先輩である巨人江川卓投手を引退に追い込む逆転サヨナラ2ランホームランを放ったことで知られる。その試合含め同年はリーグ最多の勝利打点16を記録。

足は速くなく、内野安打は少なかった。守備はファーストのほかチーム事情からセカンドやサードを守った経験もある。

1991年頃からチームは監督の山本浩二の下で野村謙二郎前田智徳ら若手が台頭する一方、小早川は先発を外されることが多くなり、またファーストを守る選手の増加に伴い(ルイス・メディーナ御船英之山田和利ルイス・ロペスなど)、スタメン争いが白熱して年齢的にも彼らの中で最年長だったこともあり、三村敏之監督就任1年目1994年以降は完全に控えに回る。1996年オフに戦力外通告を受け、球団から解説者としての再就職や指導者転向打診されたが、現役続行を希望し自由契約となり、ヤクルトに移籍。

1997年4月4日の開幕戦の対巨人戦(東京ドームで)、監督の野村克也から「お前は大学で1年から4番、プロで新人王、だから移籍一年目も必ずやれる」と5番スタメン抜擢。当時3年連続開幕戦完封勝利をあげていた巨人の開幕投手・斎藤雅樹から3打席連続本塁打を放つ[3]など、野村再生工場の下で復活を果たしリーグ優勝に貢献(尚この年シーズン最終戦でも本塁打を放ち開幕と閉幕で本塁打を記録した)、結果的にヤクルトが制した1997年の日本シリーズ第1戦では初めて指名打者で出場(6番)も西武ライオンズ西口文也に2三振と併殺打とゴロ。若松勉監督就任1年目の1999年限りで引退した。

引退後[編集]

2000年から2005年までNHKサンケイスポーツでプロ野球やメジャーリーグの解説を務めた。

2006年より広島打撃コーチに就任。2008年8月21日に、監督代行ジェフ・リブジーマーティ・ブラウン監督が母親の葬儀で帰国のため代行を務めた)が球審の判定に抗議して退場処分となったため、直後の9回表より「監督代行代理」を務めた。ブラウンの監督辞任に合わせるようにチームの打撃不振の責任をとって2009年限りで辞任した。

2010年からは再びNHK野球解説者およびサンケイスポーツ野球評論家を務める。2010年、2011年ともに韓国プロ野球・SKワイバーンズの春季1次キャンプ(高知市)で臨時インストラクターをつとめた。

人物[編集]

両親とも小学校の教師。妹が1人いる。3歳のときに重度のネフローゼを発病し、小学校6年生まで運動を許可されなかった。

新人時代、パルコの広告キャラクターに採用されたことがある。

母親が重篤(母は晩年筋萎縮性側索硬化症を患っていた)でありながらも試合に出場し、本塁打を放った直後に母親の死を知らされたという。(1986年5月31日母は死去。)

斎藤雅から3連発を放った試合で、テレビの解説をしていたのが、江川及びかつて監督―選手の関係だった山本浩二。山本は3発目が出た直後「こんな選手だったかな」と言い驚愕していた。

余談だが、開幕戦で3連続本塁打を打った次の試合では、先発宮本和知投手相手に4打数4三振であった(試合は3-2でスワローズが勝利)

1988年の春季キャンプ前、沖縄県具志川市(現うるま市)内で自主トレ中に高熱と下痢を発症。診察の結果、赤痢の感染が発覚し病院は閉鎖、隔離病棟に収容されるなどの騒動になった(当時の伝染病予防法では赤痢は隔離が必要な法定伝染病だった為)。シーズンに大きな影響はなかったものの、それに絡んだファンからの野次を浴びたという。[4]

2008年6月14日に西武ドームでの西武対広島戦の始球式にて投手を郭泰源、打者を小早川がつとめ、1991年の日本シリーズ以来17年ぶりの対決が再現された。

なお2010年からNHKの解説者に復帰するにあたって、3月13日にNHKのラジオ番組に出演。そこでは、斎藤から放った3連発のタネ明かしを披露。スコアラーの挙げてくるデータを検証した結果、当時のヤクルト打線は1ストライク3ボールといった有利なカウントで投じられた斎藤のカーブに手を出せず、かえって追い込まれる傾向が顕著であったという。そこで、そのカーブを叩けという監督の野村克也の指示を受けて狙ったのが、2本目のホームランだった。

NHKキャスター(報道記者)の大越健介とは、第12回日米大学野球選手権大会でチームメイトだった事がある。2011年11月1日放送のニュースウオッチ9で、当時の写真が取り上げられ、両者共に当時を懐かしんでいた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 広島 112 420 375 50 105 17 1 16 172 59 8 1 4 3 27 1 11 66 8 .280 .344 .459 .803
1985 98 312 269 41 78 16 3 14 142 45 4 3 3 2 34 1 4 66 4 .290 .375 .528 .903
1986 73 190 173 21 45 5 0 12 86 24 1 0 0 2 15 1 0 33 6 .260 .316 .497 .813
1987 124 470 420 57 120 17 1 24 211 93 5 4 0 5 37 5 8 96 11 .286 .351 .502 .853
1988 126 532 453 63 131 24 2 17 210 69 8 3 0 0 72 12 7 74 9 .289 .395 .464 .859
1989 114 458 396 48 119 13 1 12 170 61 1 2 1 3 56 1 2 68 11 .301 .387 .429 .826
1990 105 409 353 49 100 12 1 17 165 61 2 3 0 6 45 1 5 71 7 .283 .367 .467 .834
1991 92 270 239 24 62 14 0 7 97 39 0 1 1 3 25 0 2 38 5 .259 .331 .406 .737
1992 113 392 330 36 92 18 1 11 145 55 0 1 0 4 53 3 5 75 8 .279 .383 .439 .822
1993 106 362 309 36 83 11 1 17 147 45 1 1 1 4 43 4 5 74 6 .269 .363 .476 .839
1994 93 169 150 13 37 4 0 6 59 18 2 0 0 1 18 0 0 29 4 .247 .325 .393 .718
1995 66 135 113 8 27 6 0 2 39 14 2 1 0 2 19 0 1 28 3 .239 .348 .345 .693
1996 8 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .125 .125 .125 .250
1997 ヤクルト 116 359 309 37 77 13 0 12 126 33 0 2 0 1 45 2 4 72 8 .249 .351 .408 .759
1998 62 93 81 6 14 4 0 3 27 8 0 1 0 0 12 0 0 12 6 .173 .280 .333 .613
1999 23 21 19 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 1 0 1 5 0 .105 .190 .263 .453
通算:16年 1431 4600 3997 490 1093 174 11 171 1802 626 34 23 10 36 502 31 55 810 96 .273 .359 .451 .810

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 100本塁打:1990年4月21日、対ヤクルトスワローズ1回戦(広島市民球場)、7回裏に川崎憲次郎からソロ ※史上157人目
  • 1000試合出場:1993年6月26日、対読売ジャイアンツ12回戦(広島市民球場)、7番・一塁手として先発出場 ※史上311人目
  • 150本塁打:1994年5月31日、対阪神タイガース7回戦(西京極野球場)、7回表に高橋英樹の代打で出場、藪恵市から2ラン ※史上97人目
  • 1000本安打:1996年10月1日、対中日ドラゴンズ23回戦(広島市民球場)、7回裏に高橋建の代打で出場、門倉健から遊撃内野安打 ※史上185人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 6 (1984年 - 1996年)
  • 7 (1997年 - 1999年)
  • 88 (2006年 - 2009年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

CM[編集]

シングル[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 開幕戦の3打席連続本塁打は1951年4月8日の森下重好近鉄パールス)、1979年4月7日の田代富雄横浜大洋ホエールズ)についで史上3人目、3打席とも前年の沢村賞受賞者である開幕投手から放った事例は史上唯一
  4. ^ 【私の失敗(2)】 小早川毅彦、全国のスポーツ紙1面飾った「赤痢感染」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]