関根浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関根 浩史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市
生年月日 (1961-09-14) 1961年9月14日(57歳)
身長
体重
181 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト2位
初出場 1983年4月13日
最終出場 1988年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

関根 浩史(せきね ひろふみ、1961年9月14日 - )は、千葉県千葉市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

千葉工業高では、エースとして1978年秋季関東大会に進むが、1回戦で巨摩高にコールド負け、春の選抜出場を逸する。

高校卒業後、社会人野球日産自動車に進む。1982年都市対抗野球では池田親興、森岡真一との投の三本柱で準決勝に進むが、優勝した住友金属石井毅投手に抑えられ敗退。同年の第27回アマチュア野球世界選手権大会の日本代表に選出される。

1982年のプロ野球ドラフト会議横浜大洋ホエールズから2位指名を受け入団。日産自動車側からは指名見送りの要望があったが、大洋が強行指名した。関根本人の希望もありプロ入りするが、以降の日産自動車と大洋の関係は険悪なものとなった。

プロ1年目の1983年からリリーフとして一軍登板を果たし、2年目の1984年から先発投手陣の一角を占め、10月10日のダブルヘッダーでは規定投球回到達のために2試合とも先発し、結果は17位、防御率4.29になった。翌1985年には6勝をあげるが、以降は故障もあって低迷し、1988年限りで現役を引退。

現在は、横浜市の緑東シニアのコーチをしている。

日産自動車と大洋の両社は、その後関係を修復。横浜(旧大洋)球団が東京放送ホールディングスの経営になった後は日産の元野球部長・佐々木邦昭が球団社長に、元監督・村上忠則がスカウトに就き、二軍は湘南シーレックスとなって以降日産野球部と連携していた。2005年頃には日産自動車が球団を買い取ると言われたこともあったがそれが原因でTBSと日産の対立が激化。その後日産の硬式野球部廃部や横浜球団のDeNA売却などもあり、両者はふたたび疎遠となった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 大洋 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 90 19.0 29 5 8 0 0 8 0 0 18 18 8.53 1.95
1984 39 14 2 0 0 3 11 0 -- .214 554 130.0 130 16 43 6 1 63 2 0 67 62 4.29 1.33
1985 38 22 5 1 0 6 13 1 -- .316 694 160.1 170 29 49 3 5 66 0 0 93 78 4.38 1.37
1986 19 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 180 40.0 51 5 11 1 0 24 1 0 26 21 4.73 1.55
1988 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 2 0.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
通算:5年 107 39 7 1 0 9 26 1 -- .257 1520 349.1 381 55 112 10 6 161 3 0 204 179 4.61 1.44

記録[編集]

  • 初登板:1983年4月13日大洋戦(横浜) 9回1イニング1失点 被安打2 奪三振0 四死球2
  • 初勝利:1984年7月5日阪神戦(甲子園) 5回3失点 被安打4 奪三振1 四死球3
  • 初完封:1985年5月13日巨人戦(横浜)

背番号[編集]

  • 12 (1983年 - 1985年)
  • 21 (1986年 - 1987年)
  • 49 (1988年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]