石本貴昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石本 貴昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市須磨区
生年月日 (1962-12-24) 1962年12月24日(54歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト1位
初出場 1981年4月15日
最終出場 1991年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石本 貴昭(いしもと よしあき、1962年12月24日 - )は、兵庫県神戸市須磨区[1]出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

滝川高校のエースとして、1980年に春夏連続で甲子園に出場[1]春の選抜は、1回戦で鳴門高のエース島田茂と投げ合い1-0で完封勝利。しかし2回戦では丸亀商に延長12回敗退。夏の選手権は、県予選決勝で報徳学園矢野和哉金村義明両投手に投げ勝ち出場を決める。熊谷商敦賀高を破り3回戦に進出するが、原伸次がいた広陵高に逆転負け[1]

その年近鉄からドラフト1位指名を受ける[1]。プロ1年目の1981年、西本監督は石本の才能にほれ込み、高卒1年目ながらもオープン戦などで積極的に投げさせた。シーズンでは11試合に登板するもこれといった結果を出すことはできなかった。

その後しばらくは二軍生活が主だったが、5年目の1985年、才能が開花する。この年直球スライダーが面白いように決まり、リリーフでフル回転。70試合登板で、19勝3敗7セーブ、防御率3.56勝率.864という成績を記録[1]。更にリリーフだけでこの年の規定投球回数をクリア。阪急佐藤義則に2勝差で敗れ最多勝は逃したものの、救援のみで19勝をあげ最高勝率タイトルを獲得し近鉄のAクラス(3位)復帰に大きく貢献した[1]1986年は64試合に登板、8勝32セーブでセーブ王になり、チーム2位躍進の原動力となった[1]。 この年、ホームクロスプレーで相手チームのランナーに「お前はアウトだ」と告げてベンチに戻っていくシーンが、珍プレーとして採りあげられた。

1987年は50試合に登板したが、2年間の酷使による登板過多で球威が目に見えて落ちていた。3勝7セーブにとどまるなど、首脳陣の期待に応えきれずチームは最下位に沈んだ。近鉄が9年ぶりのリーグ優勝を決めた1989年には、僅か14試合の登板にとどまり、日本シリーズに於いても1試合のみ登板となる。この頃、抑えには吉井理人が台頭しており、石本は先発にも活路を見出そうとしたがうまくゆかず、活躍の場は狭まっていた。

1991年6月中日ドラゴンズに金銭トレードにて移籍。球威は戻らず、1992年のシーズン限りで現役を引退した[1]。その後古巣の近鉄に戻り打撃投手スコアラーなどをしていたが近鉄球団の解散に伴いオリックスへ移り、フロントで育成担当として勤めていた。オリックスが開催する出張形式の野球教室「バルボン校長先生の野球教室」にコーチとして参加することもあった。2011年12月31日付でオリックスを退団した[2]

現在は、NPO法人ホークスジュニアアカデミーのジュニアコーチとして、主に鹿児島市セイカスポーツクラブにて少年野球の指導に従事している[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 近鉄 11 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 137 28.2 30 7 23 0 0 17 2 0 26 18 5.59 1.85
1983 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 0.1 5 2 1 0 0 1 0 0 5 4 108.00 18.00
1984 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.2 4 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.29
1985 70 0 0 0 0 19 3 7 -- .864 560 131.1 115 14 64 7 2 80 2 0 55 52 3.56 1.36
1986 64 0 0 0 0 8 3 32 -- .727 496 117.0 106 17 58 2 5 89 0 0 49 44 3.38 1.40
1987 50 0 0 0 0 3 6 7 -- .333 341 80.2 59 14 53 4 3 73 1 0 31 29 3.24 1.39
1988 32 3 0 0 0 3 3 2 -- .500 242 54.2 59 6 25 2 1 25 2 0 25 23 3.79 1.54
1989 14 6 0 0 0 1 3 0 -- .250 147 30.2 38 7 21 0 0 12 1 0 25 23 6.75 1.92
1990 20 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 168 38.0 41 5 21 0 0 14 0 0 26 25 5.92 1.63
1991 中日 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 1.2 2 0 3 1 0 2 0 0 1 1 5.40 3.00
通算:10年 267 12 0 0 0 35 19 48 -- .648 2127 487.2 459 72 271 16 11 313 8 0 243 219 4.04 1.50
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 月間MVP:2回(1985年8月、1986年7月)
  • ファイアマン賞:2回 (1985年、1986年)
  • パ・リーグ特別表彰(会長特別賞) (1986年)

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 13 (1981年 - 1991年途中)
  • 12 (1991年途中 - 1992年)
  • 113 (1993年 - 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、46ページ
  2. ^ 【オリックス】年末年始の“大”人事異動
  3. ^ ホークスキッズベースボールスクール

関連項目[編集]