井上祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
井上 祐二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県日南市
生年月日 (1963-03-02) 1963年3月2日(55歳)
身長
体重
183 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト2位
初出場 1981年10月2日
最終出場 1997年9月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

井上 祐二(いのうえ ゆうじ、1963年3月2日 - )は、宮崎県日南市出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。

経歴[編集]

都城高校では1979年、2年生の時にエースとして、1年上の与那城隆(巨人)とバッテリーを組み、夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で足利学園から完投勝利を収める[1]が、3回戦では高知高の中平克弘(大倉工業)に抑えられ敗れる[2]。翌1980年夏は、県予選準々決勝で日向学院に延長16回の接戦の末に敗退、甲子園には届かなかった。

1980年のドラフト会議武藤一邦の外れ2位で指名を受け、南海に入団。

1981年10月2日の対西武戦では、ドラフト制導入後の高卒ルーキーでは4人目となる初登板・初先発での勝利を挙げるなど、入団当初は先発で活躍した。1982年には8月6日の対阪急戦で警告が出た後の3回裏にボビー・マルカーノの頭部に死球を与え、同年パ・リーグに導入された危険球制度の適用による退場の第1号となっている[3]1983年には6勝をあげ、初めて規定投球回(18位、防御率5.81)に達する。

その後はチーム事情により救援投手に回り、1980年代から1990年代前半のホークスを支えた。1989年にはリーグ最多登板を記録、21セーブをあげ最優秀救援投手を受賞、年俸も1500万円増の4600万円(推定)とチームの投手で最高金額になっている[4]。先発に復帰した翌年以後は成績が低迷し、1994年6月27日に広島金銭トレードで移籍。広島では中継ぎとして復活を遂げる。1996年10月に近藤芳久と共に無償トレード千葉ロッテマリーンズに移籍し、翌1997年をもって現役を引退した。

引退後はロッテに残り、1998年に二軍投手コーチ補佐、1999年2000年は一軍投手コーチ、2001年は二軍投手コーチを務めた。2002年から2009年までは再び一軍投手コーチ、2010年からは同ブルペンコーチを務めている。2012年10月15日、球団からコーチ契約の更新をしない旨を通知された[5]

2015年より、社会人野球のJR東日本東北でコーチを務める。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 南海
ダイエー
1 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 27 6.0 5 0 5 0 0 6 0 0 1 1 1.50 1.67
1982 21 20 2 1 0 5 9 0 -- .357 520 119.1 118 11 61 2 3 52 3 0 62 54 4.08 1.50
1983 35 15 5 1 0 6 10 3 -- .375 715 160.2 182 25 65 0 2 61 4 0 102 93 5.21 1.54
1984 3 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 68 15.1 16 2 8 0 1 4 0 0 14 13 7.63 1.57
1985 33 9 2 0 0 2 13 0 -- .133 460 105.0 108 13 42 4 2 51 2 0 78 63 5.40 1.43
1986 40 14 2 0 0 4 8 11 -- .333 540 127.0 118 19 51 3 1 96 5 0 66 62 4.39 1.33
1987 46 0 0 0 0 6 2 14 -- .750 313 72.1 66 9 39 8 1 59 2 0 30 26 3.24 1.45
1988 51 0 0 0 0 8 3 20 -- .727 344 88.0 58 9 29 0 2 78 7 0 25 23 2.35 0.99
1989 57 0 0 0 0 6 2 21 -- .750 418 95.1 79 10 55 8 1 69 2 0 36 35 3.30 1.41
1990 29 18 2 1 0 5 8 0 -- .385 575 130.1 129 21 65 5 3 93 4 0 71 68 4.70 1.49
1991 17 3 0 0 0 1 2 0 -- .333 168 37.1 49 5 11 1 0 19 1 0 28 24 5.79 1.61
1992 13 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 155 32.0 48 7 13 1 0 27 1 0 27 23 6.47 1.91
1993 10 0 0 0 0 1 1 1 -- .500 77 15.0 24 2 10 2 0 9 1 0 9 9 5.40 2.27
1994 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 66 13.1 22 2 5 1 0 10 0 0 16 12 8.10 2.03
広島 17 1 0 0 0 1 2 1 -- .333 137 33.0 27 7 9 1 2 20 0 0 17 17 4.64 1.09
'94計 25 1 0 0 0 1 2 1 -- .333 203 46.1 49 9 14 2 2 30 0 0 33 29 5.63 1.36
1995 52 0 0 0 0 4 3 5 -- .571 315 77.1 68 10 21 2 1 57 1 0 23 23 2.68 1.15
1996 41 0 0 0 0 3 3 0 -- .500 200 45.1 57 9 9 2 0 31 2 0 27 27 5.36 1.46
1997 ロッテ 13 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 57 14.0 15 0 2 0 0 7 1 0 8 8 5.14 1.21
通算:17年 487 86 13 3 0 54 68 77 -- .443 5155 1186.2 1189 161 500 40 19 749 36 0 640 581 4.41 1.42
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52(1981年 - 1982年)
  • 12(1983年 - 1994年途中、1997年)
  • 27(1994年途中 - 1996年)
  • 79(1998年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ asahi.com 第61回全国高校野球選手権大会 都城 対 足利学園
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 読売新聞、1994年5月12日付夕刊、P.3
  4. ^ 読売新聞、1989年12月15日付朝刊、P.19
  5. ^ コーチ契約に関するお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2012年10月15日

関連項目[編集]