1980年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1980年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ6位
年間6位:48勝77敗5分 勝率.384
後期6位:20勝43敗2分 勝率.317
前期5位:28勝34敗3分 勝率.452
本拠地
都市 大阪府大阪市浪速区
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 広瀬叔功
« 1979
1981 »

1980年の南海ホークス(1980ねんのなんかいホークス)では、1980年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

このシーズンの南海ホークスは、広瀬叔功監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

前年アキレス腱断裂で離脱していた門田博光が復帰し、開幕直後は門田とカルロス・メイが牽引役となってチームは好スタートを切り4月を首位で終えるが、4月30日から7連敗を喫し一気に借金生活に突入すると、5月下旬から4連敗・5連敗と負けが込みチームは5位に転落。後期に入ると開幕8試合で1勝7敗と早々と最下位が定位置となり、大混戦の優勝争いを尻目に南海だけが蚊帳の外に置かれ、結局2年ぶりの年間最下位。チーム打率はリーグ3位と健闘したが、チーム防御率は5点台後半と、広瀬監督就任以降悪化する一方で、チームの低迷を食い止められなかった広瀬は責任を取り辞任。日程消化の都合で11月に行われた前期最終戦に勝利し、前期5位だけは確保し、広瀬はチームを去った。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 藤原満
2 久保寺雄二
3 小田義人
4 メイ
5 河埜敬幸
6 門田博光
7 王天上
8 定岡智秋
9 黒田正宏
投手 山内新一
1980年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 南海 -- ロッテ -- ロッテ --
2位 ロッテ 1.0 近鉄 2.0 近鉄 1.5
3位 阪急 1.5 日本ハム 2.0 日本ハム
4位 日本ハム 3.0 阪急 3.5 阪急 6.5
5位 西武 4.5 南海 4.5 南海 7.0
6位 近鉄 5.0 西武 6.0 西武 7.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 近鉄 --
2位 ロッテ 0.5 ロッテ 0.5 日本ハム 0.5
3位 西武 0.5 西武 2.0 ロッテ 2.0
4位 阪急 3.0 近鉄 3.0 西武 2.0
5位 近鉄 4.0 阪急 3.5 阪急 6.5
6位 南海 10.0 南海 15.0 南海 16.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 25 7 .569 --
2位 近鉄バファローズ 33 28 4 .541 1.5
日本ハムファイターズ 33 28 4 .541 1.5
4位 阪急ブレーブス 29 34 2 .460 6.5
5位 南海ホークス 28 34 3 .452 7.0
6位 西武ライオンズ 27 34 4 .443 7.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 --
2位 日本ハムファイターズ 33 25 7 .569 0.5
3位 ロッテオリオンズ 31 26 8 .544 2.0
4位 西武ライオンズ 35 30 0 .538 2.0
5位 阪急ブレーブス 29 33 3 .468 6.5
6位 南海ホークス 20 43 2 .317 16.0
1980年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 68 54 8 .5573
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .5565
3位 日本ハムファイターズ 66 53 11 .555
4位 西武ライオンズ 62 64 4 .492
5位 阪急ブレーブス 58 67 5 .464
6位 南海ホークス 48 77 5 .384

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1980[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ファン投票 監督推薦
選出なし 山内新一
片平晋作
門田博光

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
金城基泰 最優秀救援投手 19SP 2年連続2度目
その他
選手名 タイトル
門田博光 カムバック賞
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山内和宏 投手 リッカー 入団
2位 井上祐二 投手 都城高 入団
3位 刀根剛 外野手 敦賀高 入団
4位 山田勉 外野手 松下電器 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『HAWKS the 70th ホークス栄光の軌跡』ベースボール・マガジン社 編、ベースボール・マガジン社、2008年、104頁。ISBN 9784583101194