1961年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1961年の南海ホークス
成績
日本シリーズ敗退
4勝2敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
85勝49敗6分 勝率.629[2]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osakastudiam1989.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 鶴岡一人
 < 1960 1962 > 

1961年の南海ホークスでは、1961年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、鶴岡一人監督の16年目のシーズンであり、2年ぶり8度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 広瀬叔功
2 カールトン半田
3 杉山光平
4 野村克也
5 ピート
6 穴吹義雄
7 森下整鎮
8 寺田陽介
9 スタンカ
1961年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 東映 -- 南海 --
2位 西鉄 2.0 東映 4.5 東映 4.5 西鉄 4.0 西鉄 5.0 南海 1.0 東映 2.5
3位 東映 2.5 大毎 6.0 西鉄 5.0 東映 4.5 東映 6.0 西鉄 4.0 西鉄 5.5
4位 大毎 4.5 西鉄 7.5 大毎 7.0 大毎 8.0 大毎 11.5 大毎 12.5 大毎 15.0
5位 阪急 8.5 阪急 17.0 阪急 20.5 阪急 25.0 阪急 27.0 阪急 27.5 阪急 33.5
6位 近鉄 9.5 近鉄 19.0 近鉄 26.0 近鉄 33.5 近鉄 43.5 近鉄 47.0 近鉄 51.5
1961年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 85 49 6 .629 -
2位 東映フライヤーズ 83 52 5 .611 2.5
3位 西鉄ライオンズ 81 56 3 .589 5.5
4位 毎日大映オリオンズ 72 66 2 .521 15.0
5位 阪急ブレーブス 53 84 3 .389 33.5
6位 近鉄バファロー 36 103 1 .261 51.5

[2]

日本シリーズ[編集]

1961年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 雨天中止 大阪球場
10月22日(日) 読売ジャイアンツ 0-6 南海ホークス
10月23日(月) 第2戦 雨天中止
10月24日(火) 読売ジャイアンツ 6-4 南海ホークス
10月25日(水) 移動日
10月26日(木) 第3戦 南海ホークス 4-5 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月27日(金) 第4戦 雨天中止
10月28日(土)
10月29日(日) 南海ホークス 3-4 読売ジャイアンツ
10月30日(月) 第5戦 南海ホークス 6-3 読売ジャイアンツ
10月31日(火) 移動日
11月1日(水) 第6戦 読売ジャイアンツ 3-2 南海ホークス 大阪球場
優勝:読売ジャイアンツ(6年ぶり5回目)

[1]

オールスターゲーム1961[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 鶴岡一人
投手 杉浦忠 4
皆川睦男 2
捕手 野村克也 5
内野手 広瀬叔功 4
外野手 杉山光平 3
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
野村克也 最高殊勲選手 初受賞
本塁打王 29本 4年ぶり2度目
広瀬叔功 盗塁王 42個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
野村克也 捕手 6年連続6度目
森下整鎮 二塁手 7年ぶり2度目

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 1961年度日本シリーズ”. 2015年10月31日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1961年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月31日閲覧。