1999年の福岡ダイエーホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1999年の福岡ダイエーホークス
成績
日本一
4勝1敗(対中日
パシフィック・リーグ優勝
78勝54敗3分 勝率.591
本拠地
都市 福岡県福岡市中央区
球場
福岡ドーム
Fukuokadome ground.jpg
球団組織
オーナー 中内功
経営母体 ダイエー
監督 王貞治
« 1998
2000 »

1999年の福岡ダイエーホークス(1999ねんのふくおかダイエーホークス)では、1999年の福岡ダイエーホークスにおける動向をまとめる。

この年の福岡ダイエーホークスは、王貞治監督の5年目のシーズンであり、南海時代の1973年以来、26年ぶり13度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。

開幕前[編集]

1998年のパシフィック・リーグで67勝67敗1分の勝率5割でオリックスと並ぶ3位タイ、21年ぶりのAクラスとなったものの、シーズンオフに主力投手かつ前年度13勝を挙げ最多勝タイの武田一浩FA中日へ移籍、また前年度21セーブを挙げた岡本克道が故障により離脱、1991年から主力投手だった木村恵二が戦力外通告を受け西武へ移籍、前年加入した外国籍選手、ブライアン・ウィリアムズルイス・ロペスライアン・トンプソンがいずれも1年で退団し、ドラフト会議では、即戦力候補で相思相愛だった新垣渚沖縄水産)をオリックスと競合の上逃すなど、投手力に不安が残る中、新たに尾花高夫が投手コーチに就任、また球団専務取締役だった根本陸夫が1月から球団社長に就任した。根本は、社長就任から間もない1月29日、必勝祈願に訪れた福岡市の筥崎宮で、「お前たちは何を構えているんだ。世界の王と言われる監督も昔はラーメン店の息子。お前たちとなんら変わりはないんだぞ」と発言、それまで「世界の王」に気後れしていた選手の呪縛を解いたという[1]

開幕後[編集]

4月3日からの西武ドームでの開幕2連戦を1勝1敗、続く福岡ドーム地元開幕戦千葉ロッテ戦を工藤公康藤井将雄らの力投で勝利した後、翌日の北九州市民球場でのロッテ戦で2-22という記録的大敗を喫する。

4月11日の近鉄戦(大阪ドーム)から4連敗し4勝7敗の借金3となるが、これが同シーズン最多の借金となり、逆に4月16日のオリックス戦(グリーンスタジアム神戸)から4連勝、特に4連勝目となる4月21日の近鉄戦(福岡ドーム)では、延長10回裏、井口資仁のサヨナラヒットで勝利、このシーズン、ホークスは実に12試合ものサヨナラゲームを記録(リーグタイ記録)するが、これがシーズン最初のサヨナラゲームとなる。

4月28日、日本ハム戦(東京ドーム)での勝利で勝率を5割に戻し、以後勝率5割を切ることはなかった。

4月30日、根本球団社長が急性心筋梗塞で急逝、同日から福岡ドームで開催された西武3連戦では、両チーム選手関係者が喪章を着け試合に臨み、同日は2年目の永井智浩がプロ初先発初完投勝利となる好投で10-1で快勝、5月2日には同じく2年目の星野順治がプロ初先発初完投勝利を挙げる。

5月7日からの対西武3連戦(西武D)では、福岡ダイエーホークス初の対西武3連戦3連勝を記録、5月9日時点で日本ハムを抜き単独首位に立つ。また2戦目の5月8日の勝利は、王監督の監督通算600勝目でもあった。

5月12日対千葉ロッテ戦、若田部健一が無四球完投勝利、1997年シーズン以来約1年7か月ぶりの勝利を挙げ復活を果たす。

6月に入り、引分を挟んだ7連勝、6連勝、3連勝をそれぞれ記録、20試合で16勝1分3敗という驚異的ペースで勝ち進み、40勝一番乗りを果たし貯金も16まで増やしたものの、6月25日からの西武3連戦(西武D)における3連敗を皮切りに10試合で7連敗を含む1勝9敗と突如絶不調に陥り、7月7日にはついに59日間立ち続けた首位の座を千葉ロッテに一旦明け渡す。

しかし、7月9日の日本ハム戦(福岡D)での勝利により再び首位に立つと、その試合から引分を挟み6連勝、うち3戦は2位千葉ロッテとの直接対決だったためゲーム差を一気に5.5まで広げた。オールスターゲーム直前のオリックス3連戦では負け越したものの、前半戦終了時で2位となった西武に5.0ゲーム差をつける。また7月22日のオリックス戦(神戸)で、秋山幸二が盗塁を決め、張本勲[2]以来史上2人目となる400本塁打と300盗塁両方を達成した選手となった。

6月、中日との間でトレードが成立、河野亮を放出し、代わりに鳥越裕介を獲得。

オールスター明け、8月3日の千葉ロッテ戦(福岡D)から5連勝、同月12日の西武戦(西武D)から3連敗したものの、直後に4連勝するなど、オールスター明けの7月31日から8月31日まで16勝9敗で、8月31日の千葉ロッテ戦(千葉マリンスタジアム)における勝利により、福岡ダイエーホークス初となる優勝マジック20が点灯する。

しかし9月に入り、最初の10日間で2連敗3回、2勝6敗と足踏み状態になり、マジック消滅と再点灯を繰り返す。9月8日、福岡ドームでの対西武3連戦2戦目では、試合にこそ井口のサヨナラ満塁本塁打で勝利しマジック15を再点灯させたものの、2回裏に西武先発のルーキー松坂大輔が秋山に投じた144km/hの速球がすっぽ抜け秋山の顔面を直撃、秋山はそのまま球場近くの病院に緊急搬送、左頬骨の骨折で全治3週間と診断され、暫し戦線離脱することとなった[3]

その後、一度は2位西武に0.5ゲーム差まで迫られるが、9月11日の対近鉄戦(大阪D)で、工藤が8回裏1死までノーヒットノーランとなる好投(最終的には鈴木貴久のホームランによる1安打1失点完投)により勝利して以降、9月23日のオリックス戦まで8試合で7勝1敗と盛り返し、同試合終了時点で一気にマジックを2にまで減らした。23日の試合では、秋山が死球による骨折以来初の先発復帰を果たした[4]ほか、先発投手の工藤が通算2000奪三振を記録している。

そして9月25日、129試合目となる福岡ドームでの対日本ハム戦に臨むこととなる。

試合開始前、デーゲームで西武がオリックスに敗れたため優勝マジックは1となり、同試合に勝てば優勝決定となる中、初回から秋山の12号先頭打者本塁打で幸先良く先制し、さらに2死1・3塁から城島健司のセーフティースクイズで追加点を挙げ2-0としながらも、先発の若田部が4回表1死満塁からフランクリンを2ストライクと追い込みながら3球目に満塁ホームランを許し2-4と逆転される。しかし5回裏、2死1・3塁から城島の遊撃内野適時打で1点差とし、7回裏、小久保裕紀の左中間への本塁打で同点に追いつく。8回表、若田部に代わり登板した篠原貴行が無死1、2塁のピンチを招くが、併殺打などで無失点に抑え、その裏、井口が右中間へ本塁打、ついに5-4と再逆転する。9回表1死からは、「勝利の方程式」ペドラザが登板、2人を抑えて5-4で勝利、ついに球団創設11年目にして初、前身の南海ホークス時代から通算しても1973年以来26年ぶり、また福岡県に本拠地を置くプロ野球球団としては1963年の西鉄ライオンズ以来36年ぶりとなるパシフィックリーグ優勝を果たした。優勝決定後、監督の王に続き、キャプテンの秋山、エースとしてチームを牽引した工藤の両名も胴上げされた。胴上げの選手の輪には、急逝後福岡ドームのベンチに毎試合飾られていた、在りし日の根本前球団社長の監督時代のユニフォーム姿の写真も持ち込まれた。

日本シリーズでは、セントラルリーグ優勝の中日有利の下馬評が多い中、第1戦先発の工藤が日本シリーズ新記録(当時)となる13奪三振の好投で完封勝利、秋山が第1戦第2戦の本塁打に加え、第3戦の好守備などで、西武時代の1991年に次ぎ2度目となる日本シリーズMVPを受賞(2球団での受賞は史上初)するなど活躍、工藤、城島のバッテリーはともに優秀選手賞に選ばれ、敵地ナゴヤドームで3連勝し4勝1敗で初(南海時代から通算しても1964年以来35年ぶり3度目、福岡の球団としては1958年西鉄以来41年ぶり)の日本一となった。

防御率、奪三振でリーグトップの成績でパシフィックリーグMVPに選ばれたエース工藤をはじめ、若田部、永井、星野の4投手が先発としていずれも2桁勝利を挙げたほか、藤井が26ホールドでリーグ最多、ペドラザがウォーレン(ロッテ、1勝2敗30セーブ)に次ぐリーグ2位の3勝1敗27セーブを記録。また吉田修司が中継ぎとして57試合、篠原がセットアッパーもしくは救援で60試合にそれぞれ登板し、藤井と並び試合中盤を支えた。篠原は規定投球回数にこそ達しないものの、シーズン最終盤まで間柴茂有(日本ハム)以来となる勝率10割に迫る14勝を記録し、一時は最多勝争いで松坂と並ぶ勢いでもあったが、9月30日、消化試合の対近鉄戦で、現役最後の打席となった山本和範に決勝本塁打を許し、勝率10割達成はならなかった。チーム防御率は首位の西武に0.07及ばない3.65の4位、奪三振数、完封勝利数、およびセーブ数では西武に次ぐ2位だった。

一方、打線は、規定打席に達した8選手のうち、チームで唯一全135試合フル出場の城島が.306だった以外3割打者がいないのみならず[5]、規定打席に達したパシフィックリーグ全打者32人中、打率の下位3人をホークスの選手が占める有様(井口.224、浜名千広.226、小久保.234)で、チーム打率も優勝決定時にはリーグ最低、シーズン終了時でも6チーム中最下位の千葉ロッテと僅か.0006差の4位、本塁打数では小久保の24(リーグ最多は近鉄タフィ・ローズの40)、打点では城島と小久保の77(同101)が最多と低調、チーム成績も本塁打数が140の3位、打点は542の4位で、優勝チームにもかかわらず、城島がベストナインとゴールデングラブ賞、秋山がゴールデングラブ賞に選ばれたのみであった。いわば絶対的存在がいない中、リーグ記録タイの12試合ものサヨナラ勝ちが勢いを与え、前年度3割打者になりながら今シーズンは.263に終わった柴原洋や、控えの鳥越、大越基坊西浩嗣大道典嘉林孝哉らが日替わり的にヒーローになる事もあった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 柴原洋
2 浜名千広
3 井口忠仁
4 小久保裕紀
5 秋山幸二
6 城島健司
7 吉永幸一郎
8 大道典良
9 松中信彦
投手 西村龍次
1999年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー --
2位 ダイエー 0.5 日本ハム 0.0 ロッテ 2.5 西武 4.5 西武 4.5 西武 4.0
3位 日本ハム 1.0 ロッテ 1.5 西武 6.5 ロッテ 7.0 オリックス 11.0 オリックス 10.5
4位 ロッテ 1.5 西武 オリックス 6.5 オリックス 6.5 ロッテ 12.0 ロッテ 15.5
5位 西武 3.0 近鉄 2.5 近鉄 8.0 近鉄 8.0 日本ハム 14.5 日本ハム 18.5
6位 オリックス オリックス 3.5 日本ハム 9.5 日本ハム 13.0 近鉄 17.5 近鉄 23.5
1999年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ダイエーホークス 78 54 3 .591 -
2位 西武ライオンズ 75 59 1 .560 4.0
3位 オリックス・ブルーウェーブ 68 65 2 .511 10.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 63 70 2 .474 15.5
5位 日本ハムファイターズ 60 73 2 .451 18.5
6位 大阪近鉄バファローズ 54 77 4 .412 23.5

日本シリーズ[編集]

1999年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月23日(土) 第1戦 中日ドラゴンズ 0-3 福岡ダイエーホークス 福岡ドーム
10月24日(日) 第2戦 中日ドラゴンズ 8-2 福岡ダイエーホークス
10月25日(月) 移動日
10月26日(火) 第3戦 福岡ダイエーホークス 5-0 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月27日(水) 第4戦 福岡ダイエーホークス 3-0 中日ドラゴンズ
10月28日(木) 第5戦 福岡ダイエーホークス 6-4 中日ドラゴンズ
優勝:福岡ダイエーホークス(35年ぶり3回目)

オールスターゲーム1999[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 篠原貴行
工藤公康 7
ペドラザ
捕手 城島健司 3
内野手 松中信彦
外野手 秋山幸二 15
指名打者 吉永幸一郎 6
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(135イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/工藤公康 26 26 7 3 2 11 7 0 754 196.1 143 12 34 1 196 6 1 56 52 2.38 0.90
/若田部健一 26 26 3 1 1 10 6 0 661 158.2 153 18 42 8 114 1 1 66 58 3.29 1.23
/永井智浩 27 23 2 2 0 10 5 0 606 141.0 124 12 70 2 98 6 0 54 48 3.06 1.38
/星野順治 22 21 4 0 0 10 8 0 512 120.0 113 10 50 6 50 1 1 55 53 3.98 1.36
/篠原貴行 60 0 0 0 0 14 1 0 301 79.1 46 5 25 1 80 3 0 11 11 1.25 0.90
/藤井将雄 59 0 0 0 0 3 1 3 292 71.2 64 7 18 2 53 0 0 25 23 2.89 1.14
/ペドラザ 48 0 0 0 0 3 1 27 231 59.0 44 0 10 4 38 0 2 15 13 1.98 0.92
/西村龍次 11 11 0 0 0 4 3 0 252 58.0 58 8 21 1 34 6 0 33 28 4.34 1.36
/山田勉 36 2 0 0 0 3 4 5 252 56.0 61 9 28 0 39 2 0 30 27 4.34 1.59
/佐久本昌広 13 11 0 0 0 3 6 0 250 54.1 73 4 18 1 28 2 2 33 30 4.97 1.68
/吉田修司 58 0 0 0 0 0 1 1 230 53.1 53 0 22 1 51 3 2 17 17 2.87 1.41
/ヒデカズ 21 2 0 0 0 1 1 0 214 46.0 61 6 20 0 33 2 0 35 29 5.67 1.76
/田之上慶三郎 11 5 0 0 0 2 3 0 152 35.0 35 4 19 0 11 1 1 19 19 4.89 1.54
/水田章雄 15 3 0 0 0 1 2 0 151 32.2 38 2 19 0 28 0 0 21 19 5.23 1.75
/吉武真太郎 8 2 0 0 0 1 1 0 84 18.2 30 2 3 0 9 1 0 18 15 7.23 1.77
/倉野信次 8 2 0 0 0 0 1 0 85 14.2 30 4 10 2 6 1 0 28 23 14.11 2.73
/長冨浩志 9 0 0 0 0 2 1 0 41 8.2 13 0 5 1 2 0 0 7 7 7.27 2.08
/斉藤貢 5 0 0 0 0 0 1 0 39 6.0 19 0 4 0 4 0 0 12 12 18.00 3.83
/山崎慎太郎 1 1 0 0 0 0 1 0 20 4.1 6 0 2 0 1 0 0 6 6 12.46 1.85
/土井雅弘 1 0 0 0 0 0 0 0 25 3.1 7 0 9 0 0 0 0 9 9 24.30 4.80
/岡本克道 1 0 0 0 0 0 0 0 10 2.0 1 1 2 0 0 0 0 1 1 4.50 1.50
/カズミ 1 0 0 0 0 0 0 0 6 1.0 1 0 0 1 3 1 1 2 2 18.00 1.00

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(418打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/城島健司 135 539 493 65 151 33 1 17 237 77 6 2 6 1 31 5 8 61 13 .306 .356 .481 .837
/柴原洋 131 539 464 68 122 15 4 5 160 26 22 11 15 0 58 1 2 86 3 .263 .347 .345 .692
/小久保裕紀 130 538 465 60 109 24 2 24 209 77 4 2 3 6 62 1 2 103 8 .234 .323 .449 .773
/松中信彦 126 462 395 57 106 20 4 23 203 71 5 2 5 4 46 3 12 60 11 .268 .359 .514 .873
/井口忠仁 116 424 370 38 83 15 1 14 142 47 14 7 4 3 38 1 9 113 13 .224 .310 .384 .693
/浜名千広 119 422 354 35 80 10 4 2 104 27 5 5 29 1 36 0 2 51 4 .226 .300 .294 .594
/秋山幸二 113 420 386 41 99 16 2 12 155 44 3 2 3 1 26 2 4 83 12 .256 .309 .402 .711
/吉永幸一郎 113 418 346 48 95 12 1 16 157 38 0 1 0 3 69 11 0 88 5 .275 .392 .454 .846
/柳田聖人 121 378 336 31 89 13 1 1 107 29 3 5 20 2 16 0 4 28 4 .265 .304 .318 .623
/ニエベス 84 290 245 37 63 16 1 17 132 43 0 0 0 0 42 0 3 105 4 .257 .372 .539 .911
/村松有人 110 272 234 21 57 7 2 0 68 15 13 6 19 1 17 1 1 37 2 .244 .296 .291 .587
/大道典良 73 155 138 14 40 9 0 4 61 22 0 0 2 1 13 1 1 21 3 .290 .353 .442 .795
/林孝哉 77 139 115 16 26 4 2 3 43 13 0 2 8 0 16 1 0 30 3 .226 .321 .374 .695
/大越基 82 55 45 15 13 2 1 0 17 5 4 2 6 0 4 0 0 13 1 .289 .347 .378 .725
/鳥越裕介 40 51 45 7 15 1 0 2 22 6 0 0 2 1 1 0 2 13 1 .333 .367 .489 .856
/湯上谷竑志 20 29 24 2 3 0 0 0 3 1 0 0 2 0 3 0 0 4 0 .125 .222 .125 .347
/本間満 9 13 12 3 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .167 .167 .167 .333
/内之倉隆志 12 11 10 1 2 2 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .200 .273 .400 .673
/脇坂浩二 6 9 9 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .222 .222 .222 .444
/坊西浩嗣 9 8 7 1 3 0 0 0 3 1 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .429 .429 .429 .857
/出口雄大 14 7 7 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
/森山一人 9 6 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 1 0 .000 .200 .000 .200
/西島貴之 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
/川越透 1 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
/新里紹也 7 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

できごと[編集]

  • 帽子のデザインは「FDH」の部分がオレンジから白に変更し、鍔の色も黒からオレンジに変更した。


選手・スタッフ[編集]

[6]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
工藤公康 最優秀選手 6年ぶり2度目
最優秀防御率 2.38 6年ぶり4度目
篠原貴行 最高勝率 .933 初受賞
藤井将雄 最多ホールド投手 26H 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
城島健司 捕手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
城島健司 捕手 初受賞
秋山幸二 外野手 3年ぶり11度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 田中総司 投手 立命館大学 入団
2位 広田庄司 投手 日本通運 入団
3位 的場直樹 捕手 明治大学 入団
4位 川崎宗則 内野手 鹿児島工業高 入団
5位 田中瑞季 内野手 住友金属 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “【ダイエーホークス創世記(5)】球団オーナーごとき…若き総帥の決断、「再び」「初の」日本一(2/3ページ)”. 産経WEST. (2015年1月5日). http://www.sankei.com/west/news/150105/wst1501050005-n2.html 2017年10月9日閲覧。 
  2. ^ 張本は通算504本塁打319盗塁
  3. ^ 当時のルールでは頭部への危険球でも投手は即退場とはならず、松坂はその回は満塁としながらも無失点に抑え、6回2死まで投げている。
  4. ^ 打席に立つ際は耳あて部分に顔を保護するプロテクターを装着した特別仕様のヘルメットを使用していた。
  5. ^ ただしリーグ全体でも規定打席に達した3割打者は4人のみ。
  6. ^ ソフトバンクホークス 背番号の変遷”. 2015年10月12日閲覧。