古賀英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古賀 英彦
TOKYO METS 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1939-09-03) 1939年9月3日(78歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年9月29日
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

古賀 英彦(こが ひでひこ、1939年9月3日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手外野手投手)・コーチ監督

日本人としてアメリカのプロ野球で監督を務めた唯一の人物である。愛称はアメリカ時代、アメリカ人には「英彦」が発音し辛いことから名付けられたハイディHIDEI)。ハイデー古賀登録名としていたこともある。

来歴・人物[編集]

選手時代[編集]

熊本工業高校から大学野球を目指すも受験に失敗し、卒業後の半年間はホームレス生活やキャバレーボーイとして働くなどして過ごす。半年遅れで近畿大学に入学。1962年読売ジャイアンツに投手として入団。柴田勲宮田征典らが同期だった。入団後、打者(外野手)へ転向。しかし、目立った成績を残すことなく1964年に解雇される。その後はサンフランシスコ・ジャイアンツ極東スカウトのキャピー原田に誘われて渡米し、ジャイアンツやシカゴ・カブス傘下のマイナーリーグ球団などで主に投手としてプレー。3A昇格の内示を得る機会もあったが、直後に交通事故に遭い頸椎を骨折、全治2か月の重傷を負い、3A昇格も逃がす不運に見舞われる。またこの事故による影響で球速も落ちてしまう。1969年にはグローバルリーグに「東京ドラゴンズ」の一員として参加。、アメリカ、ベネズエラプエルトリコを転戦したが、リーグが資金難やその他の事情で崩壊。その後の3年間(1970年 -1972年)はアメリカでレストランを経営する傍ら、冬季に行われるベネズエラリーグのマラカイボで2シーズンプレー。しかし、レストラン経営に失敗して1973年に帰国。プロ野球選手を引退する。

選手引退後[編集]

帰国後は叔母のツテを頼って大洋ホエールズ打撃投手通訳(1973年 - 1974年)を務める。1975年太平洋クラブライオンズで一軍投手コーチ補佐(登録名はハイデー古賀)、その後は南海ホークスなどで通訳、編成担当を歴任。南海の後身である福岡ダイエーホークス職員だった1990年から3年間、日本人として初めてマイナーリーグ1Aのサリナス・スパーズの監督に就任(サリナスとダイエーは懇意の関係にあった)、ダイエー(村松有人など)やヤクルト(河野亮など)からの派遣選手や、後にダイエーにドラフト1位で入団する大越基やメジャーリーガーとなるマック鈴木らを指導している。ハワイ・ウィンターリーグ球団のコーチ・監督を経て、1996年からは旧知の仲である専務の根本陸夫の要請で福岡ダイエーホークスに復帰。ヘッドコーチ、二軍監督を務め、松中信彦吉武真太郎らを育てたほか、外国人選手の通訳、外国人の世話係を兼務した(2000年まで)。2001年にはアメリカ独立リーグウエスタン・ベースボール・リーグに加盟するソノマカウンティ・クラッシャーズでティム・アイルランドが監督の下、ケビン・ミッチェルと共にベンチコーチを務めた。なお、ホークス時代一緒に在籍していた佐々木誠も選手としてプレーしていた。2004年からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、2005年2006年にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。2007年シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、2008年は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった[1]2009年からスコアラーを1年間務めて同年オフ、ボビー・バレンタイン監督の退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している[2]

2012年日本野球連盟に新規加入したTOKYO METSの監督となった[3]

日本人野球関係者としては異例の経歴を持っており、またMLB球団の極東スカウト経験もあるなど、アイク生原パンチョ伊東らと同様、アメリカやその他各国の野球事情や関係者に精通する希有な存在である。2008年には、古賀の人生を描いたドキュメンタリー書籍「二軍監督」(國安輪著、講談社)が出版されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 巨人 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1963 15 11 11 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .182 .182 .182 .364
通算:2年 19 11 11 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .182 .182 .182 .364

背番号[編集]

  • 25 (1962年 - 1964年)
  • 73 (1973年)
  • 77 (1975年、1996年)
  • 88 (1997年 - 1998年)
  • 71 (1999年 - 2000年、2004年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 「二軍監督」、講談社、ISBN 9784062147798
  2. ^ 日刊ゲンダイ2010年3月11日号『ONからバレンタインまで気がつけば13球団50年』
  3. ^ チーム情報 2012年 日本野球連盟

関連項目[編集]

外部リンク[編集]