吉武真太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉武 真太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県東国東郡国見町(現:国東市
生年月日 1975年6月3日(40歳)
身長
体重
179 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 ドラフト4位[1]
初出場 1995年4月6日
最終出場 2008年4月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉武 真太郎(よしたけ しんたろう、1975年6月3日[1] - )は、大分県東国東郡国見町(現:国東市)出身の元プロ野球選手投手)。現在は、読売ジャイアンツスカウト

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

国東高校野球部在籍時代にはプロには興味がなく、教員志望だった。ドラフト当日も自転車で帰宅し、指名を知った監督が追いかけて来た程だった[2]1993年、ドラフト4位で福岡ダイエーホークスに指名され入団[1]

プロ入り後[編集]

ダイエー・ソフトバンク時代[編集]

入団1年目の1994年は1軍登録はなく2軍でも未勝利に終わった。しかし秋の教育リーグで投球のコツをつかんだ。

2年目の1995年春のキャンプでは村田兆治コーチの指導を受けて才能が開花[2]。この年は24試合に登板し、先発としては11試合に登板した。最終的に5勝5敗、防御率4.28の成績を残した。

1996年も先発と中継ぎの両方で起用され、35試合に登板したが、4勝13敗1セーブと不本意な成績で終わったが、防御率は3.44と前年より良化した。

4年目の1997年には3試合連続無四球完投勝利で6月の月間MVPに選ばれるなど、7勝7敗の成績を残す見せた。

将来を嘱望される若手投手であったが、翌年1998年は5勝止まりで終わってしまい、防御率も4点台と再び悪化した。

チームがリーグ優勝を飾った1999年はわずか1勝に終わってしまった。

2000年は1軍登板なしでシーズンを終了した。一方でチームは日本一は逃したものの、リーグ連覇を達成した。

2001年からはチームの先発陣が安定してきたこともありリリーフに転向。同年は18試合に登板するも、防御率5.56と安定感を欠いた。

2002年はわずか6試合の登板に終わった。

2003年は才能が開花し、自身最多の42試合に登板した。防御率4.43と安定感は欠いたものの貴重なリリーバーとしてチーム3年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献した。この頃にカットボールを習得し、投球の幅が広がった。

2004年は前年の疲労があったのか13試合の登板に終わったが、防御率は1点台だった。

2005年オールスターゲームに監督推薦で初出場を果たした。シーズンではリーグ2位の61試合に登板し、6月にリーグ新記録となる8試合連続ホールドを記録し[3]、最終的に32ホールドを記録し、チーム勝率1位に貢献した。

翌年2006年も60試合に登板し、20ホールドをマークするなど、貴重な中継ぎとして活躍した。12月10日FA宣言でホークスへ復帰した小久保裕紀の人的補償選手として読売ジャイアンツへ移籍した。

巨人時代[編集]

移籍1年目の2007年は開幕第3戦の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で移籍後初登板するが1失点すると、これまでの活躍によって肩の勤続疲労に悩まされていたこともあり、登録を抹消された。その後は2軍で再調整を兼ねた登板を続けた。8月1日に1軍昇格。敗戦処理から徐々に信頼を上げ好投を続けた。8月25日の広島東洋カープ戦で5-4の1点ビハインドから金刃憲人をリリーフ、6回裏を3者凡退に抑えると7回表に巨人が逆転。続く7回も無失点に抑え、巨人での初勝利を挙げた。この年は防御率1.89であったが、前半戦は2軍生活だったこともあり、16試合の登板にとどまった。

2008年は前年同様開幕1軍だったものの、開幕第3戦の3月30日の東京ヤクルトスワローズ戦で勝ち越し点を与えるなど不安定で序盤の3試合の登板しただけで4月10日に1軍登録抹消された。その後は1軍登板することなくシーズンを終えた。オフに戦力外通告を受けた。その後現役を引退した。

引退後[編集]

引退後は巨人の打撃投手に転向。2011年からスカウト[4]

既婚者で、妻と子供がいる。巨人時代は東京へ単身赴任していた。

プレースタイル[編集]

カットボールシュートフォークを使ってベースの四隅を突くピッチングが特徴[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 ダイエー
ソフトバンク
24 11 1 0 0 5 5 0 -- .500 352 82.0 78 13 35 1 2 38 5 2 43 39 4.28 1.38
1996 35 16 6 1 0 4 13 1 -- .235 599 141.1 136 14 48 5 7 83 3 0 59 54 3.44 1.30
1997 18 15 7 2 4 7 7 0 -- .500 438 109.1 97 13 22 0 1 76 0 0 44 43 3.54 1.09
1998 15 11 2 1 0 5 4 0 -- .556 332 74.2 89 7 23 1 4 24 2 1 42 38 4.58 1.50
1999 8 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 84 18.2 30 2 3 0 0 9 1 0 18 15 7.23 1.77
2001 18 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 100 22.2 29 6 7 0 0 21 1 0 14 14 5.56 1.59
2002 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 35 7.2 9 2 2 0 1 9 0 0 9 3 3.52 1.43
2003 42 0 0 0 0 1 3 1 -- .250 189 44.2 45 3 13 2 2 34 0 0 22 22 4.43 1.30
2004 13 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 58 14.2 13 2 2 0 1 10 0 1 3 3 1.84 1.02
2005 61 0 0 0 0 2 4 1 32 .333 252 66.1 70 2 19 4 3 49 0 0 24 23 3.12 1.34
2006 60 0 0 0 0 3 2 0 20 .600 288 65.2 70 4 20 0 3 36 0 0 24 22 3.02 1.37
2007 巨人 16 0 0 0 0 2 0 0 0 1.000 71 19.0 12 1 5 1 0 11 0 1 4 4 1.89 0.89
2008 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.1 4 0 2 0 0 2 0 0 3 3 11.57 2.57
通算:13年 319 55 16 4 4 30 41 5 52 .423 2844 669.0 682 69 201 14 24 402 12 5 309 283 3.81 1.32
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (1994年 - 1994年途中)
  • 67 (1994年途中 - 1996年)
  • 34 (1997年 - 2006年)
  • 39 (2007年 - 2008年)
  • 122 (2009年)
  • 008 (2010年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『プロ野球カラー名鑑 2008』 ベースボール・マガジン社2008年、15頁。ISBN 978-4-583-61526-4
  2. ^ a b 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2009年2月9&16日号43-47ページ 「惜別球人 吉武真太郎」
  3. ^ 『応援ありがとう!2005福岡ソフトバンクホークス激闘の軌跡』 ソフトバンククリエイティブ、2005年、82頁。ISBN 4-7973-3331-6
  4. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20
  5. ^ 『福岡ソフトバンクホークス激闘の軌跡2006』 福岡ソフトバンクホークスマーケティング、2006年、85頁。ISBN 4-7973-3840-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]