クリート・ボイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリート・ボイヤー
Clete Boyer
Clete Boyer 1962.png
1962年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州バリー郡
生年月日 (1937-02-09) 1937年2月9日
没年月日 (2007-06-04) 2007年6月4日(満70歳没)
身長
体重
182 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1955年
初出場 MLB / 1955年6月5日
NPB / 1972年4月11日
最終出場 MLB / 1971年5月23日
NPB / 1975年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大洋ホエールズ (1973 - 1974, 1976)
  • オークランド・アスレチックス (1980 - 1985)
  • ニューヨーク・ヤンキース (1988, 1992 - 1995)

クリート・ボイヤーCletis Leroy "Clete" Boyer , 1937年2月9日 - 2007年6月4日)は、アメリカ合衆国ミズーリ州バリー郡出身の元プロ野球選手内野手)・コーチフランス系アメリカ人

来歴・人物[ソースを編集]

父はフランス人で、母はドイツ人。男6人、女7人の13人兄弟の四男として生まれ、電気も下水道もない小さな家で育った。ボイヤー家は野球一家で、クリートの兄のクロイドとケンもメジャーリーガーで、その他の兄弟も6人全員がプロになっている[1]

アルパミズーリ高等学校を卒業後、ジャッキー・ロビンソンミッキー・マントルを見出だした伝説的なスカウトのグリーンウェイドにスカウトされ、1955年5月31日カンザスシティ・アスレチックスと契約。マイナーリーグを経験せずにメジャーデビューを果たすと、18歳で初ヒットを放ち、1957年シーズン途中にニューヨーク・ヤンキースへ移籍。1958年はマイナーで過ごしたが、1959年にメジャー昇格を果たす。1960年から正三塁手に定着し、同年から1964年にかけてヤンキースのアメリカンリーグ5連覇に貢献。1967年にはアトランタ・ブレーブスに移籍し、1969年にはナショナルリーグゴールドグラブ賞(三塁手)を獲得。1971年、指導方針についてチームを批判すると首脳陣からトラブルメーカー扱いされ解雇される[1]。メジャー他球団との契約をブレーブスによって阻害されたため[1]1972年はアメリカ独立リーグのハワイ・アイランダース[2]でプレーしていたが、同年のシーズン途中に大洋ホエールズへ入団。シピン米田慶三郎松原誠と共に12球団屈指の内野陣を構成し、1973年1974年には連続してダイヤモンドグラブ賞を獲得。1973年からはコーチを兼任し、戦力外として解雇されようとしていた高木由一をチームに残したほか、トレード話が持ち上がっていた田代富雄を一軍に抜擢。山下大輔を一流の遊撃手に育て上げた。選手専任に戻った1975年に現役を引退。

引退後も大洋に残り、一軍内野守備コーチ(1976年)を務めた。同年夏には秋山登監督に代わってチームの采配を任される事もあり、その指導力の高さから監督就任の話もあったがコーチの人選などでボイヤーの意見が通らず、大洋初の外国人監督は実現はしなかった。帰国後は古巣・ブレーブスのマイナーリーグコーチ経て、アスレチックス(1980年 - 1985年)・ヤンキース(1988年, 1992年 - 1995年)でコーチを歴任。コーチ時代はビリー・マーチンバック・ショーウォルターとコンビを組み、ヤンキース時代にはデレク・ジーターを育てた。主に三塁ベースコーチを務め、1994年には監督に次ぐNo.2のダッグアウトコーチとなる。退団後の2000年からはクーパーズタウンにレストラン「ボイヤーのハンバーガーの殿堂」を出店。

2007年6月4日脳内出血のためジョージア州アトランタ市内の病院で逝去。満70歳没。

エピソード[ソースを編集]

ボイヤーの教えを受けた者が後にコーチとなって技術を伝承したため、大洋・横浜を通じて鉄壁の内野陣が代々継承されている。周囲の選手からは「ティーチャー」と慕われた[3]

金銭面では高潔な人物で、大洋在籍中は年俸交渉を一切せず「君らの評価通りの金額を書き込んでくれ」と言い残し、契約書には金額欄を白地のまま署名だけして帰国したという逸話がある[4]

ハワイで行われた名球会対メジャーOB連合のエキシビジョンゲームでは稲尾和久からタイムリーヒットを放っている。

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1955 KCA 47 82 79 3 19 1 0 0 20 6 0 0 0 0 3 0 0 17 3 .241 .268 .253 .521
1956 67 143 129 15 28 3 1 1 36 4 1 1 2 0 11 1 1 24 2 .217 .284 .279 .563
1957 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1959 NYY 47 124 114 4 20 2 0 0 22 3 1 0 3 1 6 2 0 23 2 .175 .215 .193 .408
1960 124 431 393 54 95 20 1 14 159 46 2 3 7 5 23 1 3 85 7 .242 .285 .405 .690
1961 148 578 504 61 113 19 5 11 175 55 1 3 1 8 63 4 2 83 13 .224 .308 .347 .656
1962 158 633 566 85 154 24 1 18 234 68 3 2 5 8 51 8 3 106 17 .272 .331 .413 .745
1963 152 596 557 59 140 20 3 12 202 54 4 2 2 2 33 11 2 91 5 .251 .295 .363 .657
1964 147 554 510 43 111 10 5 8 155 52 6 1 3 4 36 11 1 93 12 .218 .269 .304 .573
1965 148 561 514 69 129 23 6 18 218 58 4 1 2 4 39 10 2 79 16 .251 .304 .424 .728
1966 144 558 500 59 120 22 4 14 192 57 6 0 4 6 46 4 2 48 9 .240 .303 .384 .687
1967 ATL 154 619 572 63 140 18 3 26 242 96 6 3 0 6 39 3 2 81 14 .245 .292 .423 .715
1968 71 291 273 19 62 7 2 4 85 17 2 0 0 0 16 3 2 32 8 .227 .275 .311 .586
1969 144 562 496 57 124 16 1 14 184 57 3 7 4 3 55 6 4 87 16 .250 .328 .371 .699
1970 134 525 475 44 117 14 1 16 181 62 2 5 3 5 41 8 1 71 11 .246 .305 .381 .686
1971 30 108 98 10 24 1 0 6 43 19 0 0 1 1 8 2 0 11 1 .245 .299 .439 .738
1972 大洋 99 372 347 38 99 12 0 18 165 51 0 3 1 0 22 1 2 38 10 .285 .332 .476 .807
1973 86 333 306 22 69 13 0 14 124 39 0 2 1 2 24 1 0 43 13 .225 .280 .405 .685
1974 118 458 432 44 122 16 1 19 197 65 0 0 1 2 22 0 1 48 13 .282 .317 .456 .773
1975 116 426 401 38 92 10 1 20 164 63 1 1 2 1 21 0 1 52 16 .229 .269 .409 .678
MLB:16年 1725 6365 5780 645 1396 200 33 162 2148 654 41 28 37 53 470 74 25 931 136 .242 .299 .372 .670
NPB:4年 419 1589 1486 142 382 51 2 71 650 218 1 6 5 5 89 2 4 181 52 .257 .300 .437 .737

表彰[ソースを編集]

MLB
NPB
MLBとNPBの両方でゴールドグラブ(ダイヤモンドグラブ)を受賞した最初の選手(他にはウェス・パーカーデーブ・ジョンソンイチロー)である。

背番号[ソースを編集]

  • 12 (1955年 - 1957年)
  • 34 (1959年 - 1961年途中)
  • 6 (1961年途中 - 1971年、1973年 - 1975年、1988年途中 - 同年終了、1993年 - 1995年)
  • 4 (1972年)
  • 41 (1980年 - 1985年)
  • 40 (1988年 - 同年途中)
  • 47 (1992年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c 恩師と慕われた喧嘩のボイヤー(上)”. デイリースポーツ. 2015年1月13日閲覧。
  2. ^ この時アイランダースにはのちにボイヤーとともに大洋へ入団することとなるジョン・シピンも在籍していた。
  3. ^ ベースボールマガジン、2011年9月号 P71
  4. ^ 恩師と慕われた喧嘩のボイヤー(下)”. デイリースポーツ. 2015年2月10日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]