岡本和真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡本 和真
読売ジャイアンツ #25
Gk ryoDSC 97122.jpg
2018年4月7日 明治神宮野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県五條市
生年月日 (1996-06-30) 1996年6月30日(26歳)
身長
体重
186[1] cm
100[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2014年 ドラフト1位
初出場 2015年8月28日
年俸 2億7000万円(2023年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
WBC 2023年

岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身[3]プロ野球選手内野手外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属[4]

第20代読売巨人軍キャプテン。プロ野球史上最年少となる22歳での「3割・30本塁打・100打点」を達成[5]。5年連続シーズン30本塁打も達成している[6]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

3歳の時から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ[7]、五條市立北宇智小学校1年生で軟式野球チーム「カインド」に入り、投手内野手として野球を始める[3][8][9]野手としては3年生からクリーンナップ、4年生からは4番を打ち、投手としては3年生時に最速100km/hを記録[3]。この頃から、智辯学園高等学校への入学と、天理高等学校に勝利し全国高等学校野球選手権大会へ出場・優勝することを目標に掲げていた[3]

五條東中学校へ進学する[10]と「橿原磯城リトルシニア」で投手兼三塁手を務め、2年生時に主軸として出場した全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップでベスト4に進出[3][8][9]。同チームの1学年上には後に巨人で同僚となる鍬原拓也がいた[11]。3年生時には右肘を剥離骨折している中シニアリーグ日本代表の4番として全米選手権に出場し、打率5割超えの活躍により優勝に貢献[8][12]。中学生時は投手を主とし、3年生時には135km/hほどの球速が出ていたが、骨折の影響で高校進学時は投手ができない状態だった[7]

2012年、強豪校約20校からスカウトされる中、憧れであった智辯学園高等学校に入学[12]、1年生の春からベンチ入りし、秋から4番となる[8]。1年生時の年間本塁打は8本、2年生時は48本[13]。3年生時の第86回選抜高等学校野球大会1回戦三重高校戦では、大会史上19人目かつ大会タイ記録である1試合2本塁打を打った[14]第96回全国高等学校野球選手権では、1回戦で当時エースであった岸潤一郎を擁する明徳義塾と対戦し4-10で初戦敗退を喫した[15]。高校通算73本塁打[3][16]。大会後は第10回18Uアジア野球選手権大会の日本代表に選出され、4番打者として打率.437、5打点を記録し準優勝に貢献した[3][8][14][16]。野球部には2学年先輩に青山大紀が、1学年後輩に廣岡大志が、2学年後輩に村上頌樹がいる。

2014年度プロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから1巡目で単独指名を受けた[3][17][注 1]。指名後は、契約金8000万円、年俸1200万円という条件[18]で入団契約を結んだ[19]。当時の一軍監督だった原辰徳からの提案で、終身名誉監督の長嶋茂雄の「3」と、原が現役選手時代に着けていた「8」を合わせた背番号38」を着用することになった[20]

巨人時代[編集]

2015年

2015年は春季キャンプ二軍で迎える[21]と、キャンプ終了後の3月に腰、公式戦開幕後の5月に下半身の不調で2度にわたって約1か月、戦線を離脱した[22]。2度目の戦線離脱から復帰した後は、6月29日に明治神宮野球場で開催された「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」では、NPB選抜の[23]「7番・三塁手」として先発に起用され、3打数1安打、2三振を記録した[24]。8月27日に入団後初の出場選手登録[25][26]を果たすと、8月28日の対中日ドラゴンズ戦(東京ドーム)7回裏に、高木勇人代打として公式戦にデビュー[27][28][29]。9月5日の対横浜DeNAベイスターズ21回戦(横浜スタジアム)5回表に再び高木の代打に起用され、公式戦通算3打席目で、砂田毅樹からの2点本塁打によって公式戦初安打・初打点・初本塁打を記録した[30][注 2]。レギュラー三塁手の村田修一が故障で出場選手登録を抹消された9月19日には、対東京ヤクルトスワローズ戦(神宮)で、「7番・三塁手」として公式戦で初めて先発に起用され[33][34]、5回表の出塁後に、公式戦初盗塁を記録した[33][34][35]。公式戦には、通算で17試合に出場。打率.214、1本塁打、4打点を記録した。レギュラーシーズンの終了後には、台湾で開催されたウインターリーグに参加。19試合の出場で打率.383、3本塁打、20打点という成績で打点王のタイトルを獲得[36]。12月22日、200万円増となる推定年俸1400万円で契約を更改[37]

2016年も公式戦の開幕を二軍で迎え、イースタン・リーグでは二軍監督斎藤雅樹の方針で4番打者に固定される[38]。この年より就任した二軍打撃コーチの二岡智宏の進言で、打席が終わるごとにメモを取る習慣を身につけ、毎日二岡に提出していた[39]。公式戦(一軍)では、5月27日の対阪神タイガース戦(東京ドーム)に、「6番・三塁手」として先発でシーズン初出場を果たした[40]。7月14日のフレッシュオールスターゲーム倉敷マスカットスタジアム)では、イースタン・リーグ選抜の「4番・一塁手」としてフル出場。4打数2安打、3打点を記録したほか、チーム唯一の本塁打を打って[41]勝利に貢献したことから、MVPに選ばれた[42]。二軍のイースタン・リーグ優勝で迎えた福岡ソフトバンクホークスとのファーム日本選手権(10月1日・KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)でも、4番打者として4打数2安打、1本塁打、3打点を挙げて、MVPに選ばれている[38]。最終的に二軍で18本塁打、74打点を記録し、打点王のタイトルを獲得したが、レギュラーシーズン全体では3試合の出場にとどまった。シーズン終了後には、チームメイトの高木・平良拳太郎と共に、プエルトリコのウインターリーグへ派遣された[43]。帰国後の12月25日に、2歳年上の女性と結婚[44]。12月26日には、200万円減となる推定年俸1200万円で契約を更改した[45]

2017年は内野の守備に課題があることや、球団がケーシー・マギーを獲得したことを背景に、首脳陣が岡本を左翼手の守備に取り組ませた[46][47]。同年シーズンは自身初の開幕一軍登録を果たし、「7番・左翼手」として先発に起用された4月7日の対阪神戦(甲子園)では、1回表二死満塁で迎えた打席で2点適時打を打ち、公式戦559日ぶりの打点を記録し、5回表の第3打席でも安打を打ったことによって、自身初の公式戦マルチ安打(2安打)を達成した[48]。しかし、その後はシーズンのほとんどを二軍で過ごし、一軍成績は15試合出場、打率.194、0本塁打、2打点。11月28日、現状維持となる推定年俸1200万円で契約を更改し、同年で退団した村田の背番号「25」に変更されることになった[49]

2018年は春季キャンプで打撃コーチの二岡の助言によりグリップ位置を下げバットを立てるフォームに矯正[50][51]。オープン戦で結果を残すと[52]、前年まで正一塁手だった阿部慎之助からレギュラーの座を引き継ぎ[53]、3月30日の対阪神戦で「6番・一塁手」として2年連続で開幕スタメンで起用された。3月31日の開幕第2戦では4打数4安打、(1本塁打)5打点でプロ初の猛打賞を記録。翌4月1日の試合でも逆転となる3点本塁打を打った[54]。6月2日のオリックス・バファローズ戦で第89代目の4番打者として出場、第1打席で初の2桁本塁打となる左越ソロ本塁打を放った[55]。しかし6月下旬から、7月5日のDeNA戦で今永昇太から二塁打を放つまでは32打席連続無安打を記録するなど苦しんだ[56][57]が、その後はシーズン終了まで4番として定着した。最終的に全試合に出場し、打率.309、33本塁打、100打点と、当時のプロ野球史上最年少となる22歳3か月での100打点[注 3]、および「3割・30本塁打・100打点」を記録した[58][注 4][注 5][注 6]。オフのベストナイン投票では、一塁手部門で174票のダヤン・ビシエドに次ぐ95票で2位、三塁手部門で250票の宮﨑敏郎に次ぐ23票で2位となり、受賞を逃した[63]。11月に行われた2018日米野球では球団から唯一代表に選出され、14日の第5戦でジュニオル・ゲラからソロ本塁打を放った[64]。12月19日、6800万円増となる推定年俸8000万円で契約を更改した[65]

ヤクルト3回戦 1回裏第5号2点本塁打(2019年4月14日撮影)

2019年、「4番・一塁手」として初めて開幕4番を任される。前半戦は打率が.250前後で推移するなど調子が上がらず、監督の原から「ビッグベイビー」と揶揄され4番を外される試合もあった[66]。8月6日の対中日戦の試合前、アドバイザーとしてチームに帯同していたウォーレン・クロマティの助言により、脚部の使い方と打球方向の意識を再確認[67]、これがきっかけとなり8月は打率.301、9本塁打、26打点を記録するなど復調した。9月20日のDeNA戦では目標としていた30本塁打を記録[68][注 7]。最終的には打率.265、チーム2位の31本塁打、チームトップタイの94打点を記録し、2年連続での全試合出場も達成した。また、この年先発した守備位置は、一塁69試合、三塁56試合、左翼17試合と、4番打者でありながらチーム事情に合わせてユーティリティさも見せ[70]、一塁の守備では無失策と、自身初のリーグ優勝に貢献した。クライマックスシリーズでは前年の成績(18打数1安打、1打点)を大きく上回る15打数8安打、3本塁打、7打点の活躍でCSファイナルシリーズのMVPを受賞。23歳での受賞は、当時24歳で受賞した菅野を抜き、セ・リーグでの最年少記録となった[71]。しかし、ソフトバンクとの日本シリーズでは低調になり、第4戦でロベルト・スアレスから2点本塁打を打つも逆転はできず、チームも4連敗を喫し日本一を逃した。オフのベストナイン投票では、一塁手部門で48票、三塁手部門で101票、外野手部門で1票となり、受賞を逃した[72]。12月3日、6000万円増となる推定年俸1億4000万円で契約を更改した[73]

2020年、開幕直後は好調の滑り出しをするも、8月以降は徐々に調子が下降し始め、9月16日の対阪神戦で腰痛のためスタメンから外れ(代わって丸佳浩巨人軍第90代4番打者として先発出場)、この試合では坂本とともにベンチからも外れて途中出場もなかったため、2017年10月3日の対ヤクルト戦から続いていた連続試合出場が359試合でストップした[74]。シーズン終盤には大山悠輔と本塁打数を争い、一時トップの座を奪われたものの逆転。最終的に打率.275、31本塁打、97打点を記録し[注 8]、自身初の打撃タイトルとなる本塁打王[76]打点王の二冠を獲得[注 9]。この年は腰痛で欠場した2試合を除いて全ての試合で4番を務め、前年まで複数のポジションで起用されていた守備位置もシーズンを通して三塁に固定された。オフにはセ・リーグの三塁手部門で自身初となるベストナインに選出された。12月16日、7000万円増となる推定年俸2億1000万円で契約を更改した[77]

2021年も開幕から4番を務めるが、5月終了時点で打率.249と調子が上がらず、6月16日に発表された東京オリンピック野球日本代表にも選出されなかった。7月・8月は月間打率3割台と復調したものの、9月は再び2割台に低迷。優勝争いが佳境を迎えた10月に至っては打率.207と絶不調に陥り、リーグトップをひた走っていた本塁打も10月は15日の対ヤクルト戦で放った1本のみと当たりが止まり終盤になって村上宗隆に並ばれ、打点も1点差まで詰め寄られた。クライマックスシリーズは開幕直前に左脇腹を痛め、1stステージ・ファイナルステージともに出番はなかった。結果的に打率こそ.265と低調だったものの、いずれも自身最多となる39本塁打、113打点を記録し、2年連続で本塁打と打点の二冠に輝いた。巨人における2年連続での本塁打・打点の二冠は1977年の王貞治以来44年ぶり、右打者では史上初の記録であった[注 10]。この年は公式戦143試合すべてに「4番・三塁手」として先発出場し、自身初となる「全試合4番先発出場」も達成し[78]ゴールデングラブ賞を受賞した[79]。オフに、9000万円増となる推定年俸3億円で契約を更改した[80]

2022年、オープン戦では3月18日の千葉ロッテマリーンズ戦で佐々木朗希から満塁弾を放つ[81]など、12球団トップの7本塁打を記録。開幕後も本塁打と打点を量産し、4月29日の阪神戦では12球団最速の10号本塁打を放った。巨人の選手が12球団最速の10号本塁打を放つのは2004年の阿部慎之助以来18年振り、右打者に限定すると1982年の原辰徳以来40年振りであった[82]。更に5月29日の北海道日本ハムファイターズ戦では通算150号本塁打を記録[83]。25歳10カ月での通算150本塁打は巨人の右打者としては最年少記録であった[84]。夏場からは不調に陥り、8月11日の中日戦からは中田翔に4番を譲り、2019年9月27日以来3年ぶりに4番以外の打順に座ることとなった[85]が、9月24日の同カードでは、球団史上3人目で右打者では球団史上初の5年連続30本塁打を記録した[86]。しかし夏場以降の不振が長引き打率、本塁打数、打点、OPSいずれもレギュラー定着後のシーズンでは最低の数値を記録しチームも自身のレギュラー定着以後ではCS出場を初めて逃すこととなった。また、連続本塁打王も村上が56本塁打を放ち実に26本差をつけられて逃すこととなった。11月14日、2年連続となるゴールデングラブ賞を受賞した[87]。11月23日に行われたファンフェスタの中で、原監督より来季から坂本勇人に代わり主将を務めることが発表された[88]。しかし、契約更改の方は3000万円ダウンの2億7000万円で契約を更改した[89]

2023年1月26日、2023 ワールド・ベースボール・クラシックに出場する野球日本代表(侍ジャパン)のメンバーに選出された[90][91]

選手としての特徴[編集]

全方向へ本塁打を打つ事ができる卓越した技術を持ち、2年連続で本塁打王&打点王の二冠を達成。 [92]。50メートル走6秒5[93]。遠投100メートル[94]

三塁守備について、野球解説者の宮本慎也から、俊敏性には少々欠けるものの、強い打球に対して球との距離の取り方がうまい、イージーミスが少ないと評される。また、スローイングについては抜くような投げ方ではあるものの、悪送球はあまりなく、安定感のある肩と評される[95]

人物[編集]

かつては前述のように、原辰徳から「ビッグベイビー」と呼ばれていたが、2020年からは、原の愛称であった「若大将」を原から継承された[96]

バットSSK(2020年からアドバイザリースタッフ)[97]グラブローリングス製品(2020年からアドバイザリースタッフ)[98]を使用している。ローリングスのグラブはメジャーではゴールドグラブ賞を受賞した選手のみがゴールドラベルを着けることができ、2021年に岡本がゴールデングラブ賞を受賞したことから、ローリングスと契約している日本のプロ野球選手初のゴールドラベル入りグローブがローリングスから贈呈された[99]

結婚前から妻がサザンオールスターズのファンだという影響もあり、岡本自身もサザンオールスターズのファンであるという[100]。そのため、登場曲にもサザンオールスターズや桑田佳祐の楽曲を使用しており、時には妻の選曲アドバイスを受けたり、打席登場時の尺を考えてなくなく諦めた楽曲もあるという。

また、K-POPも好んでおり、登場曲にも何度かTWICEを使用していた。TWICEではジョンヨンを推している[101]

韓流ドラマも好きで、キャンプに取材しにきた記者に「韓国ドラマを見るコツを教えましょうか?」と独演会を披露してしまうほど熱く語ったこともある[102]

メロンが好物で、2019年の契約更改では球団に「(東京ドームの選手)食堂のメロンが硬いので、熟したものを」と要望。翌2020年2月に、その要望を知った浜松市のメロン農家から高級メロン24玉が球団に差し入れられた[103]

プロ入り前までは阪神タイガースファンであった[104]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 巨人 17 31 28 2 6 0 0 1 9 4 2 0 0 0 2 0 1 4 3 .214 .290 .321 .612
2016 3 10 10 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 .100 .100 .200 .300
2017 15 35 31 2 6 1 0 0 7 2 0 0 0 0 4 0 0 10 0 .194 .286 .226 .512
2018 143 616 540 82 167 26 0 33 292 100 2 1 0 0 72 1 4 120 11 .309 .394 .541 .935
2019 143 628 555 84 147 29 0 31 269 94 3 0 2 3 62 3 6 132 15 .265 .343 .485 .828
2020 118 500 440 79 121 26 0 31 240 97 2 0 0 0 55 2 5 85 10 .275 .362 .545 .907
2021 143 592 521 71 138 19 1 39 276 113 1 1 0 7 57 4 7 108 16 .265 .341 .530 .871
2022 140 589 520 63 131 21 1 30 244 82 1 1 0 2 58 7 9 94 11 .252 .336 .469 .805
通算:8年 722 3001 2645 383 717 123 2 165 1339 492 11 3 2 12 310 17 32 555 68 .271 .353 .506 .859
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]

























2015 19 セ・リーグ - - - - - - - - -
2016 20 - - - - - - - - -
2017 21 - - - - - - - - -
2018 22 - 3位 - - 6位 2位 - 10位 -
2019 23 - 8位 7位 - 6位 4位 - - 7位
2020 24 - 9位 7位 - 1位 1位 - - 7位
2021 25 - 9位 - - 1位 1位 - - 9位
2022 26 - - - - 2位 5位 - - 5位
  • 太字年度は規定打席到達年度
  • -は10位未満(打率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁 外野




































2015 巨人 - 12 8 15 0 1 1.000 -
2016 3 23 0 0 4 1.000 - -
2017 1 14 0 0 2 1.000 - 9 6 0 0 0 1.000
2018 126 1011 52 6 88 .994 19 9 21 0 1 1.000 23 23 3 1 1 .963
2019 116 689 31 0 64 1.000 65 22 79 4 5 .962 21 24 0 0 0 1.000
2020 - 118 77 192 8 12 .971 -
2021 - 143 87 236 4 26 .988 -
2022 - 140 80 238 8 20 .975 -
通算 246 1737 83 6 158 .997 497 283 781 24 65 .978 53 53 3 1 1 .982
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 太字年はゴールデングラブ賞受賞

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:2021年4月27日、対東京ヤクルトスワローズ4回戦(明治神宮野球場)、9回表に梅野雄吾から右中越2ラン ※史上300人目、24歳9か月での到達は球団歴代3位の年少記録[105][106]
  • 150本塁打:2022年5月29日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(札幌ドーム)、2回表に根本悠楓から右越ソロ ※史上178人目、25歳10か月での到達は歴代10位、球団歴代3位の年少記録[107]
その他の記録

背番号[編集]

  • 38(2015年 - 2017年)
  • 25(2018年 - 、侍ジャパン(2019))

登場曲[編集]

代表歴[編集]

国際試合
国内試合

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 巨人による高校生野手の1巡目指名は2008年大田泰示以来6年ぶり[17]
  2. ^ 巨人の高卒新人野手が公式戦で本塁打を記録した事例は、1993年松井秀喜以来22年ぶりで、代打による本塁打としては球団史上最年少(18歳)の記録である[31][32]
  3. ^ 現在は2021年に村上宗隆が記録した21歳7か月が最年少。
  4. ^ シーズン30本塁打を超えたのは、巨人では2013年の阿部以来5年ぶり19人目、また巨人の右打者としては2010年のアレックス・ラミレス坂本勇人以来8年ぶりとなった[59]。巨人の選手として25歳以下でシーズン30本塁打を打った選手は岡本で15人目だが、坂本の21歳に次ぎ2番目に若い記録達成者となった[60]
  5. ^ 満22歳シーズンでの100打点も満23歳で達成した松井秀喜を抜き、最年少記録だった[61]
  6. ^ 前年の打点が1桁(2打点)の選手が翌年に100打点以上を記録するのは日本人選手で初であった[62]
  7. ^ 巨人の生え抜き右打者で、2年連続30本塁打は原辰徳以来33年ぶりだった[69]
  8. ^ 巨人の生え抜き選手による3年連続30本塁打は王貞治原辰徳松井秀喜以来4人目となった[75]
  9. ^ 巨人の日本人選手による本塁打王は2002年の松井秀喜以来18年ぶり、日本人右打者に限ると1961年の長嶋茂雄以来59年ぶりとなる記録だった。また打点王に関しても巨人の日本人選手では2012年の阿部慎之助以来8年ぶり、日本人右打者としては1983年の原辰徳以来37年ぶりの獲得となった。
  10. ^ 右打者の打撃二冠自体は1963年の長嶋茂雄(首位打者・打点王)以来58年ぶり。

出典[編集]

  1. ^ a b 岡本 和真(読売ジャイアンツ) | 個人年度別成績”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年2月26日閲覧。
  2. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 花住宏一 (2014年10月25日). “【4番サードを継ぐ男・岡本和真】(上)小1で160センチ 小3で最速100キロ 小4で4番”. スポーツ報知. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  4. ^ a b c d 岡本 和真のプロフィール”. 読売巨人軍. 2015年9月27日閲覧。
  5. ^ “巨人・岡本、史上初22歳シーズンでの3割&30発&100打点”. サンケイスポーツ. (2018年10月9日). https://www.sanspo.com/article/20181009-UWVECALY4NIZBCP65PRGJXG5ZE/ 2018年10月9日閲覧。 
  6. ^ 【巨人】岡本和真が5年連続30本塁打 王貞治、松井秀喜に次ぐ球団3人目、右打者では初の達成” (2022年9月24日). 2022年9月24日閲覧。
  7. ^ a b 智辯学園高等学校 岡本 和真選手 - 2014年インタビュー”. 高校野球ドットコム (2014年3月20日). 2015年9月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e 2014年プロ野球ドラフト ◇巨人1位指名 岡本和真”. スポニチアネックス. 2014年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  9. ^ a b 智弁学園・岡本「どこでも何位でも」”. 日刊スポーツ (2014年10月23日). 2015年9月27日閲覧。
  10. ^ 夏の夢、市民も熱闘甲子園 - 智弁出場に沸く地元・五條”. 奈良新聞社 (2014年7月30日). 2015年9月27日閲覧。
  11. ^ 橿原磯城リトルシニア 卒団生の進路”. 橿原磯城リトルシニア. 2021年5月18日閲覧。
  12. ^ a b 【4番サードを継ぐ男・岡本和真】(中)中学で毎日500スイング 和室の畳は擦り切れボロボロ”. スポーツ報知 (2014年10月26日). 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  13. ^ 【4番サードを継ぐ男・岡本和真】(下)敬遠攻めにも「堂々と」ゴジラ映像で覚醒”. スポーツ報知 (2014年10月27日). 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  14. ^ a b 甲子園デビュー2発/岡本アラカルト”. 日刊スポーツ (2014年10月2日). 2015年9月27日閲覧。
  15. ^ “奈良の怪童”智弁学園・岡本、初戦で散る!2安打1打点も不発「悔いしかない」”. スポーツ報知 (2014年8月16日). 2014年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  16. ^ a b 【巨人1位】岡本和真 高校生ナンバーワン長距離砲 木製バットもOK”. スポニチアネックス (2014年10月23日). 2015年9月27日閲覧。
  17. ^ a b ドラ1智弁学園・岡本に原監督「大型三塁手として育てる」”. スポーツ報知 (2014年10月24日). 2014年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  18. ^ 巨人 ドラ1岡本が仮契約「長打力をもっと伸ばしたい」”. スポニチアネックス (2014年11月19日). 2015年9月27日閲覧。
  19. ^ 「球界を代表する打者に」岡本ら新人8選手が入団発表で決意表明”. 読売巨人軍 (2014年11月23日). 2015年9月27日閲覧。
  20. ^ 岡本、背番38!長嶋背番+原背番、指揮官異例のリクエスト”. スポーツ報知 (2014年10月29日). 2014年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  21. ^ 長野、ドラ1岡本は2軍スタート…宮崎キャンプ振り分け決定”. スポーツ報知 (2015年1月20日). 2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  22. ^ 岡本、1軍練習参加!原監督1軍デビューへ猛ハッパ「1日でも早く!」”. スポーツ報知 (2015年7月7日). 2015年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  23. ^ a b 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表”. 日本野球機構 (2015年4月28日). 2015年9月27日閲覧。
  24. ^ a b 試合速報 ユニバーシアード日本代表壮行試合「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」”. 野球日本代表侍ジャパン (2015年6月29日). 2015年9月27日閲覧。
  25. ^ 岡本、27日初1軍昇格!貧打原巨人の起爆剤!降格井端に代わり即スタメンも”. スポーツ報知 (2015年8月27日). 2015年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  26. ^ 巨人ドラ1岡本が初1軍「緊張してないですよ」”. 日刊スポーツ (2015年8月27日). 2015年9月27日閲覧。
  27. ^ 岡本、1軍デビュー初打席は二塁内野フライ!”. スポーツ報知 (2015年8月28日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  28. ^ 8月28日 対中日21回戦・東京ドーム ダイジェスト”. 読売巨人軍 (2015年8月28日). 2021年5月18日閲覧。
  29. ^ “ドラ1”岡本「ファンの声がうれしかった」初打席で二塁フライ&三塁守備も”. スポニチアネックス (2015年8月28日). 2015年9月27日閲覧。
  30. ^ a b 巨人ドラ1ルーキー岡本がプロ1号! 初安打が初本塁打に”. Full-Count (2015年9月5日). 2015年9月27日閲覧。
  31. ^ a b 巨人高卒ドラ1岡本が初安打初本塁打!”. デイリースポーツ (2015年9月5日). 2015年9月20日閲覧。
  32. ^ 【巨人】岡本1号!阿部バットで松井より速い3打席目「忘れられない感触」”. スポーツ報知 (2015年9月5日). 2015年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  33. ^ a b 【巨人】岡本、初スタメン!初盗塁!貴重なタイムリー”. スポーツ報知 (2015年9月19日). 2015年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  34. ^ a b 【巨人】初スタメン岡本は爆発だ!芸術的適時打に二盗も決めた”. スポーツ報知 (2015年9月20日). 2015年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  35. ^ 9月19日 対ヤクルト22回戦・神宮 スコアブック”. 読売巨人軍 (2015年9月19日). 2015年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  36. ^ 巨人岡本「実戦でいろいろ試せた」台湾ウインターリーグから帰国”. 日刊スポーツ (2015年12月21日). 2017年3月8日閲覧。
  37. ^ 巨人・岡本は200万円増「守備をレベルアップしたい」”. 東京スポーツ (2015年12月22日). 2021年3月21日閲覧。
  38. ^ a b 巨人二軍が21年ぶり日本一 岡本豪快弾でMVP”. 日刊スポーツ (2016年10月2日). 2017年3月8日閲覧。
  39. ^ 【巨人】岡本の4番としての覚醒に迫るスペシャルコンテンツ 四番覚醒~22歳の3割30本100打点~岡本和真”. スポーツ報知. 2018年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月18日閲覧。
  40. ^ 巨人岡本は無安打…起爆剤としてスタメンもブレーキ”. 日刊スポーツ (2016年5月28日). 2017年3月8日閲覧。
  41. ^ 2016年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. 日本野球機構 (2016年7月14日). 2017年3月8日閲覧。
  42. ^ 2016年度フレッシュオールスター・ゲーム 表彰選手”. 日本野球機構 (2016年7月14日). 2017年3月8日閲覧。
  43. ^ 巨人岡本、高木らプエルトリコ派遣 12月帰国予定”. 日刊スポーツ (2016年10月26日). 2017年3月8日閲覧。
  44. ^ 巨人岡本が結婚 2歳年上一般女性「より野球集中」”. 日刊スポーツ (2017年1月1日). 2018年6月5日閲覧。
  45. ^ 巨人岡本200万円減、来季は「真田幸村の心で」”. 日刊スポーツ (2016年12月26日). 2017年3月8日閲覧。
  46. ^ 高橋由伸監督「やらせる」岡本のレフト挑戦本格化”. 日刊スポーツ (2016年12月8日). 2017年3月8日閲覧。
  47. ^ 巨人岡本の決意、左翼転向案よりも「打席立ちたい」”. 日刊スポーツ (2016年12月11日). 2017年3月8日閲覧。
  48. ^ 【巨人】岡本「1本出て良かった」打点挙げた第1打席振り返る”. スポーツ報知 (2017年4月9日). 2017年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月7日閲覧。
  49. ^ 巨人岡本は現状維持1200万「全試合先発出場を」”. 日刊スポーツ (2017年11月28日). 2021年3月21日閲覧。
  50. ^ 【巨人】岡本、二岡打法で3安打猛打賞 前日の実演つき指導実った”. スポーツ報知 (2017年11月12日). 2017年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月10日閲覧。
  51. ^ 「ぼくのシルエットは打ちそうな雰囲気をしてますか?」開花した巨人・岡本を支えているもの”. スポーツ報知 (2018年5月2日). 2018年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月10日閲覧。
  52. ^ 阿部から奪った!巨人・岡本、オープン戦打点王で開幕一塁ほぼ『確』”. サンケイスポーツ (2018年3月26日). 2018年10月10日閲覧。
  53. ^ プロ野球:開幕スタメン 阿部外し岡本 巨人が発表”. 毎日新聞 (2018年3月27日). 2018年4月2日閲覧。
  54. ^ G岡本、2試合連発の逆転3ラン…阪神に連勝”. YOMIURI ONLINE (2018年4月1日). 2018年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月2日閲覧。
  55. ^ 巨人、第89代「4番」に座り一発の岡本 大打者の仲間入りなるか?”. Full-Count (2018年6月4日). 2018年6月5日閲覧。
  56. ^ 【野球】不振に苦しむ阪神・佐藤輝 3年前に32打席無安打の巨人・岡本和はどう乗り越えたのか”. デイリースポーツ (2021年8月30日). 2022年1月15日閲覧。
  57. ^ 巨人岡本、ゴジラと同じ33打席ぶりトンネル脱出打”. 日刊スポーツ (2018年7月5日). 2022年1月15日閲覧。
  58. ^ 巨人・岡本、史上初22歳シーズンでの3割&30発&100打点”. サンケイスポーツ (2018年10月9日). 2018年10月9日閲覧。
  59. ^ 巨人・岡本が球団史上2位の若さで30本塁打記録 通算1本から覚醒した和製大砲(1/2)”. Full-Count (2018年9月9日). 2018年10月10日閲覧。
  60. ^ 巨人・岡本が球団史上2位の若さで30本塁打記録 通算1本から覚醒した和製大砲(2/2)”. Full-Count (2018年9月9日). 2018年10月10日閲覧。
  61. ^ 巨人岡本、史上最年少で3割30本塁打100打点”. 日刊スポーツ (2018年10月9日). 2018年10月9日閲覧。
  62. ^ 巨人岡本、史上最大の成長 前年1桁から100打点”. 日刊スポーツ (2018年10月10日). 2018年10月10日閲覧。
  63. ^ 岡本、ベストナイン受賞ならず 最年少3割30発100打点も…筒香、バレンティンも届かず”. スポーツ報知 (2018年11月26日). 2021年3月21日閲覧。
  64. ^ 【日米野球】侍J岡本、日米13打席目にバックスクリーン弾「力負けせず打ち返せて良かった」”. Full-Count (2018年11月14日). 2022年8月8日閲覧。
  65. ^ 巨人岡本567%増は6番目 2位イチロー1位は…”. 日刊スポーツ (2018年12月19日). 2021年3月21日閲覧。
  66. ^ 4番復帰の巨人・岡本、復調のカギは“こっそり初球打ち”だった 「もう書いていいですよ」”. zakzak (2019年6月8日). 2019年6月8日閲覧。
  67. ^ 巨人4番「岡本和真」、クロマティのおかげで“復活” 巨人OB篠塚和典が指摘”. デイリー新潮 (2019年10月19日). 2021年3月21日閲覧。
  68. ^ “巨人岡本「目標」2年連続30号で自身初V前祝い”. 日刊スポーツ. (2019年9月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909200001139.html 2019年10月12日閲覧。 
  69. ^ 原監督以来の2年連続30本塁打達成の岡本和真!”. ラブすぽ (2019年9月23日). 2019年11月8日閲覧。
  70. ^ 巨人・岡本は無冠か53年ぶり“快挙”か… 記者を悩ませるベストナイン投票”. zakzak (2019年9月30日). 2019年11月7日閲覧。
  71. ^ 巨人岡本セCS最年少の23歳MVP 菅野抜いた”. 日刊スポーツ (2019年10月14日). 2019年11月7日閲覧。
  72. ^ 巨人・岡本、万能性ゆえのベストナイン落選…三塁、一塁、外野で票が分散”. スポーツ報知 (2019年11月25日). 2021年3月21日閲覧。
  73. ^ 巨人岡本1・4億円 松井、坂本に次ぐ24歳大台”. 日刊スポーツ (2019年12月3日). 2021年3月21日閲覧。
  74. ^ 原監督「おちおち休めない」岡本、坂本17日復帰か”. 日刊スポーツ (2020年9月16日). 2020年11月20日閲覧。
  75. ^ 巨人・岡本が3年連続30本塁打到達!球団の生え抜きでは王、原、松井に続く快挙”. サンケイスポーツ (2020年11月8日). 2021年5月18日閲覧。
  76. ^ 投手2冠のエース・菅野智之、打撃2冠の4番・岡本和真…2020年シーズンのセ・リーグMVPは?”. ベースボールチャンネル (2020年12月1日). 2021年8月29日閲覧。
  77. ^ 巨人岡本2・1億円「感謝の気持ちでいっぱいです」”. 日刊スポーツ (2020年12月16日). 2021年3月21日閲覧。
  78. ^ 巨人の岡本和、新バット試す2年連続2冠でも向上心”. デイリースポーツ (2022年1月19日). 2022年1月19日閲覧。
  79. ^ 巨人岡本和真“攻守3冠” 松井秀喜以来19年ぶり2冠王がGG賞を獲得”. 日刊スポーツ (2021年12月3日). 2022年2月6日閲覧。
  80. ^ 2冠王巨人岡本和真が3億円で1発サイン 巨人野手は松井秀喜以来”. 日刊スポーツ (2021年12月20日). 2022年2月6日閲覧。
  81. ^ 巨人岡本和真“令和の怪物”佐々木朗希から5号満塁弾「見応えある本当にプロらしい勝負」原監督”. 日刊スポーツ (2022年3月18日). 2022年4月30日閲覧。
  82. ^ 【データ】岡本和真、初の両リーグ最速10号 巨人右打者では82年の原監督以来40年ぶり”. 日刊スポーツ (2022年4月29日). 2022年4月30日閲覧。
  83. ^ 岡本和真選手の通算150号で一時同点も 投手陣が崩れ敗戦”. 読売巨人軍 (2022年5月29日). 2022年5月30日閲覧。
  84. ^ 主砲の自覚促した巨人・岡本和への“放任主義””. デイリースポーツ (2022年5月30日). 2022年6月29日閲覧。
  85. ^ 【巨人】打線組み替えで中田翔が第91代4番…岡本和真は6番で1050日ぶりの4番以外での先発”. スポーツ報知 (2022年8月11日). 2022年8月11日閲覧。
  86. ^ 【巨人】岡本和真が5年連続30本塁打 王貞治、松井秀喜に次ぐ球団3人目、右打者では初の達成”. スポーツ報知 (2022年9月24日). 2022年9月24日閲覧。
  87. ^ 第51回三井ゴールデン・グラブ賞”. 三井広報委員会 (2022年11月14日). 2022年11月14日閲覧。
  88. ^ 【巨人】岡本和真が第20代主将、吉川尚輝が副主将に就任 新たな時代へ”. スポーツ報知 (2022年11月23日). 2022年11月23日閲覧。
  89. ^ 巨人の岡本和真、3千万減で更改”. デイリースポーツ (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  90. ^ 侍ジャパンに戸郷、大勢、大城、岡本の4選手”. 読売ジャイアンツ (2023年1月26日). 2023年1月26日閲覧。
  91. ^ 【侍ジャパン】WBCメンバー30人を正式発表 岡本和真、大勢、山田哲人、ヌートバーら18人追加”. スポーツ報知 (2023年1月26日). 2023年1月26日閲覧。
  92. ^ 広島誠也vs巨人岡本 両4番の三冠王争いに名伯楽が太鼓判”. 日刊ゲンダイ (2020年6月25日). 2021年3月21日閲覧。
  93. ^ 巨人・岡本 走り込み成果出た!好走塁&プロ5年で“初”三塁打 体重5キロ減で体キレキレ”. スポニチアネックス (2020年2月9日). 2021年3月21日閲覧。
  94. ^ 智弁学園・岡本「どこでも何位でも」”. 日刊スポーツ (2014年10月23日). 2021年3月21日閲覧。
  95. ^ 宮本慎也が選ぶ現役最強サード。気になるのは「村上宗隆の起用法」”. 集英社 Web Sportiva (2021年3月23日). 2022年9月14日閲覧。
  96. ^ 巨人・原監督、自らの愛称を岡本へ!若大将の心得「『将』という言葉をしっかり守って」”. サンケイスポーツ (2020年2月22日). 2021年6月29日閲覧。
  97. ^ <エスエスケイ>2020シーズン、新たに読売ジャイアンツの2選手とアドバイザリー契約を締結”. PR TIMES (2020年3月23日). 2022年1月22日閲覧。
  98. ^ 岡本 和真 ADVISORY STAFF”. ローリングスジャパン. 2022年1月22日閲覧。
  99. ^ 巨人岡本和真「ゴールドラベル」グラブに感激 新相棒と守備でも引っ張る”. 日刊スポーツ (2021年12月22日). 2022年1月22日閲覧。
  100. ^ 巨人・岡本和真が語ったサザン愛。「ベストの1曲は選べない」”. Number Web (2020年2月13日). 2021年5月18日閲覧。
  101. ^ 身辺警護のTWICE 岡本和真らも愛聴”. BBNews (2019年12月20日). 2021年6月27日閲覧。
  102. ^ 巨人・岡本和が〝大脱線〟独演会「韓国ドラマを見るコツを教えましょうか?」”. 東スポWeb (2021年2月9日). 2021年6月27日閲覧。
  103. ^ 巨人・岡本和真がうっとり舌鼓…「食堂のメロンを熟したものに」と契約更改で珍要求し、浜松市の生産者が差し入れ”. 東京中日スポーツ (2020年2月29日). 2021年6月30日閲覧。
  104. ^ 巨人・岡本、阪神戦「一番」燃える!「もともと阪神ファンなので」会場大爆笑”. デイリースポーツ (2022年1月9日). 2022年2月6日閲覧。
  105. ^ “【巨人】岡本和真が史上300人目の通算100本塁打を達成 岡本らしく右中間へ豪快弾”. スポニチアネックス. (2021年4月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/27/kiji/20210422s00001173364000c.html 2021年4月27日閲覧。 
  106. ^ “巨人・岡本和 出た通算100号!24歳9カ月での到達はチーム歴代3位の年少記録”. スポーツ報知. (2021年4月27日). https://hochi.news/articles/20210427-OHT1T51144.html?page=1 2021年4月27日閲覧。 
  107. ^ 【データ】巨人岡本和真178人目150号 25歳10カ月は10位の年少記録、634試合は日本人選手7位”. 日刊スポーツ (2022年5月29日). 2022年5月30日閲覧。
  108. ^ “【球宴】巨人岡本和真、坂本勇人ら6人が出場辞退 戸郷翔征と小林誠司は出場予定”. 日刊スポーツ. (2022年7月22日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202207220001050_m.html 2022年7月25日閲覧。 
  109. ^ ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019「日本 vs メキシコ」に出場するメンバー28名が決定”. 野球日本代表侍ジャパン (2019年2月18日). 2022年11月5日閲覧。
  110. ^ 侍ジャパン強化試合2022 出場選手”. 野球日本代表侍ジャパン (2022年10月19日). 2022年11月5日閲覧。
  111. ^ 侍ジャパンシリーズ2022「日本 vs オーストラリア」出場選手”. 野球日本代表侍ジャパン (2022年10月19日). 2022年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]