リタ・オラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リタ・オラ
Rita Ora 2012.jpg
2012年
基本情報
出生名 Rita Sahatçiu Ora
生誕 (1990-11-26) 1990年11月26日(26歳)
出身地 ユーゴスラビアプリシュティナ
イギリスの旗 イギリスロンドン
ジャンル R&B, pop, soul, dance pop
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 2004-
レーベル Roc Nation
公式サイト ritaora.com

リタ・オラRita Sahatçiu Ora1990年11月26日 - )は、イギリス歌手[1][2]女優である。2012年2月DJフレッシュ英語版のシングル「ホット・ライト・ナウ英語版」に客演し、イギリスで首位獲得。彼女のデビュースタジオ・アルバム「オラ英語版」はイギリスで初登場1位を獲得。このアルバムからのシングル「R.I.P.英語版」と「ハウ・ウィー・ドゥ (パーティ)英語版」はイギリスで1位を獲得した。これによりオラは、2012年に3曲連続全英チャート1位を獲得した唯一のアーティストになった。

2014年、シングル「アイ・ウィル・ネヴァー・レット・ユー・ダウン英語版」がイギリスで首位を獲得。そして、客演したイギー・アゼリアのシングル「ブラック・ウィドウ英語版」はイギリスとアメリカでトップ5に入った[3]。2015年、「The Voice UK」第4シーズンのコーチに就任。その年に終わりに、「Xファクター」第12シーズンの審査員に就任した。

略歴[ソースを編集]

ユーゴスラビアプリシュティナ(現在のコソボ)でアルバニア系コソボ人の両親のもとに生まれ、その年にイギリス・ロンドンに移住。蚤の市で有名なポートベロ・ストリート周辺で育った。演劇学校と短大で学ぶ一方、2004年と2009年には人気オーデション番組「ユーロヴィジョン」に出場。クレイグ・デイヴィッドら何人かのミュージックビデオに参加するほか、ロンドン市内のバーで歌っていた。あるスカウトマンの紹介でジェイ・Zに会い、Roc Nationレーベルに所属することとなった。2011年に自らネット上に宣伝ビデオをアップロードしはじめて話題になり、"Hot Right Now"がUKシングルチャートの1位になった。

私生活[ソースを編集]

オラはアルバニア語を話す。彼女の母親はカトリック教徒、父親は文化的ムスリムである[4]。彼女は宗教について尋ねられた時、オラは自分自身を宗教的だとは思っておらず、「もっと精神的な人物」と考えていると語っている[5]。オラは自分自身をフェミニストだと考えている[6][7]

彼女は母方の祖父オスマン・バグラクタリは外交官だった。彼は1980年代ロシア(その後ソ連の一部)のアルバニア領事だった[8][9]。彼女の父方の祖父ベシム・サハチュー英語版映画監督演出家であった[10]

2015年7月10日、オラはロンドンのコソボ大使館でコソボ共和国大統領アティフェテ・ヤヒヤガによって名誉大使に任命された[11][12]。式典に参加したオラは元イギリス首相トニー・ブレアとその妻シェリー・ブレアと会談し、コソボの青年を助けることを約束し、役割を「誇りに思う」と述べた[11]

2013年4月から2014年6月までカルヴィン・ハリスと交際[13]トミー・ヒルフィガーの息子リチャード・ヒルフィガーと1年間交際した後、2015年7月に破局[14]

ディスコグラフィー[ソースを編集]

アルバム[ソースを編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[15]
AUS
[16]
AUT
[17]
GER
[18]
IRE
[19]
NZ
[20]
SCO
[21]
SWI
[22]
2012 Ora 1 24 51 63 2 24 1 15

シングル[ソースを編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
UK
[15]
AUS
[16]
BEL
[25]
CAN
[26]
DEN
[27]
GER
[28]
IRE
[19]
NZ
[20]
SWI
[22]
US
[29]
2012 How We Do (Party) 1 9 18 68 40 40 1 5 41 62 Ora
R.I.P.
(featuring Tinie Tempah)
1 10 44 26 36 11 28 46
  • UK: ゴールド[24]
  • AUS: プラチナ[30]
  • DEN: ゴールド[32]
Shine Ya Light 10 25
2013 Radioactive 18 23 20 30
  • AUS: ゴールド[33]
2014 I Will Never Let You Down 1 5 12 62 23 9 9 12 77 なし
2015 Poison 3 30 45 18
  • UK: シルバー[24]
  • AUS: ゴールド[38]
Body on Me
(featuring Chris Brown)
22 66 91 54
  • UK: シルバー[24]
Coming Home
(with Sigma)
15 97 13 54 Life
2017 Your Song 7 12 22 68 27 17 14 18 18
  • UK: シルバー[24]
未定
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

主な出演作品[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ Rita Ora Visits Radio With Jay-Z, Scores Hit With 'How We Do (Party)' Billboard. Retrieved 11 April 2012
  2. ^ British singer Rita Ora poses for photographers before the Vivienne Westwood 2012 Autumn/Winter collection show Yahoo. Retrieved 11 April 2012
  3. ^ Rita Ora scores fourth UK Number 1 single with I Will Never Let You Down”. officialcharts.com (2014年5月18日). 2015年1月31日閲覧。
  4. ^ Taro Greenfeld, Karl. “Rita Ora Interview - July 2015 Cover Story”. Marie Claire (Hearst Corporation) (July 2015 issue). ""And that was enough, apparently, to lure their Muslim father, Besnik (Vera is Catholic). The two fled conflict–torn Kosovo in 1991, when Ora was a year old, and settled in London. Her father, who had studied economics, opened his pub–he's not a devout Muslim–and her mother became a psychiatrist."" 
  5. ^ Sinclair, Kenya (2016年9月1日). “'I'm more of a spiritual person': Pop Star, Rita Ora set to sing for Pope Francis during Mother Teresa's canonization celebration”. catholic.org. 2016年9月5日閲覧。
  6. ^ Edwardes, Charlotte (2014年10月26日). “Rita Ora says she's a feminist "in Beyoncé mould"”. Daily Life. 2015年5月31日閲覧。
  7. ^ Plucinska, Joanna (2015年6月8日). “Pop-Star Sisterhood Approves Ariana Grande’s Feminist Stand”. Time. 2015年6月9日閲覧。
  8. ^ Nëna e Rita Orës "pushton" ballinat botërore” (Albanian). indeksonline.net (2015年4月16日). 2015年12月30日閲覧。
  9. ^ Gjergji, Seremb (2013年9月5日). “Tri femrat që na shndrisin” (Albanian). seremb.com. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  10. ^ Rita Ora: 'You have to make yourself... unforgettable'”. London Evening Standard (2013年2月1日). 2013年7月20日閲覧。
  11. ^ a b X Factor judge Rita Ora named honorary ambassador of the Republic of Kosovo”. London Evening Standard (2015年7月10日). 2015年7月15日閲覧。
  12. ^ Ora named ambassador for Kosovo”. Irish Independent (2015年7月10日). 2015年7月15日閲覧。
  13. ^ Calvin Harris And Rita Ora Split Up, DJ Confirms on Twitter”. contactmusic.com (2014年6月7日). 2014年7月11日閲覧。
  14. ^ Rita Ora puts on brave face following split from Ricky Hil”. hello magazine (2015年7月17日). 2015年9月24日閲覧。
  15. ^ a b Rita Ora”. Official Charts Company. 2012年10月4日閲覧。
  16. ^ a b Discography Rita Ora”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2012年10月4日閲覧。
  17. ^ Discographie Rita Ora” (German). 'austriancharts.at'. Hung Medien. 2012年10月4日閲覧。
  18. ^ Chartverfolgung / Rita Ora / Longplay” (German). 'musicline.de'. Media Control Charts. 2012年11月6日閲覧。
  19. ^ a b Discography Rita Ora”. 'irish-charts.com'. Hung Medien. 2012年10月4日閲覧。
  20. ^ a b Discography Rita Ora”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2012年10月4日閲覧。
  21. ^ 2012-09-08 Top 40 Scottish Albums Archive”. Official Charts Company. 2014年7月2日閲覧。
  22. ^ a b Discografie Rita Ora” (German). 'hitparade.ch'. Hung Medien. 2012年10月4日閲覧。
  23. ^ Hart, Tina. “BPI sales certification to be automated”. NewBay Media. 2013年7月19日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g Certified Awards (Enter the keywords "Rita Ora", select search by Artist and click search)”. British Phonographic Industry. 2013年9月5日閲覧。
  25. ^ Discografie Rita Ora” (Dutch). 'ultratop.be'. Hung Medien. 2012年10月4日閲覧。
  26. ^ Rita Ora – Chart history: Billboard Canadian Hot 100”. Billboard. 2014年8月8日閲覧。
  27. ^ Discography Rita Ora”. danishcharts.com. Hung Medien. 2014年11月22日閲覧。
  28. ^ Rita Ora (Single)” (German). 'charts.de'. Media Control Charts. 2013年7月15日閲覧。
  29. ^ Rita Ora – Chart History: Hot 100”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年10月4日閲覧。
  30. ^ a b ARIA Charts – Accreditations – 2012 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2012年10月4日閲覧。
  31. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 18 June 2012”. Recording Industry Association of New Zealand. 2012年10月4日閲覧。
  32. ^ Rita Ora Feat. Tinie Tempah "R.I.P." (SME)” (Danish). IFPI Denmark. 2014年7月14日閲覧。
  33. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2013 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2013年7月15日閲覧。
  34. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2014 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2014年5月8日閲覧。
  35. ^ Rita Ora "I Will Never Let You Down" (SME)” (Danish). IFPI Denmark. 2014年10月1日閲覧。
  36. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (Rita Ora; 'I Will Never Let You Down')"” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2015年6月26日閲覧。
  37. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 23 June 2014”. Recorded Music NZ. 2014年6月24日閲覧。
  38. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2015 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2015年10月4日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]