川相拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川相 拓也
エイジェック女子硬式野球部 副部長兼コーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1990-11-25) 1990年11月25日(31歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手外野手
プロ入り 2014年 育成選手ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

川相 拓也(かわい たくや、1990年11月25日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。プロでは育成選手であった。愛称は「タク」

父は元プロ野球選手で読売ジャイアンツ(巨人)で二軍監督などを務めた川相昌弘。拓也の巨人所属期間中も一軍ヘッドコーチや三軍監督を務めていた。

経歴[編集]

小学1年生から野球を始め、地元の軟式野球クラブチーム・若葉フレッシュリーブスで外野手や投手を務めた。

桐蔭学園高等学校進学後2年時に左打ち転向。高校時代は県大会4強が最高成績で甲子園出場実績は無し。

桜美林大学では硬式野球移行後の1期生として入団し、50m6秒0の俊足を生かし1年生からスタメンに定着[1]。卒業時までに首都大学野球連盟2部リーグで3度のベストナインに輝くもプロからの指名はなく、卒業後は学生コーチとして大学に残るが[1]、春のリーグ戦をもって学生コーチを辞め、渡米してテキサス州で行われたサマー・リーグに参戦し、実戦感覚を取り戻す[2]。米独立球団のエディンバーグ・ロードランナーズからオファーが届く活躍を見せた[3]。なお、結局契約はせず、現地のアマチュアリーグでプレイした。

帰国後の2014年9月に巨人の入団テストを受験し、合格。同年の育成ドラフトで指名された。入団当時は右投両打の登録だった。また、ほかには広島の入団テストも受験していた[4]

プロ入り後[編集]

2015年は、二軍で40試合に出場したが31打席しか立たず、打率.111、0本塁打、0打点で長打を1本も打てなかった。

2016年は、登録を両打から右打に変更。二軍のイースタン・リーグ公式戦には出場せず、この年から正式に始動した三軍での試合にのみ出場し、38試合出場、打率.181、0本塁打、2打点とこの年も打撃に苦しんだ。一方で、犠打は12個決めている。

2017年も、三軍に帯同しているが、2年ぶりに二軍公式戦にも出場した。二軍では24試合出場、打率.276、0本塁打、2打点で、三軍では70試合出場、打率.288、1本塁打、24打点、12犠打、出塁率.371と、ある程度の打撃力の成長を見せた。しかし10月28日、球団から来シーズンの契約を結ばないことを通知された。戦力外通告は父・昌弘から直々に伝えられたという[4]。10月31日、自由契約公示された[5]

プロ退団後[編集]

2018年2月20日にこの年から社会人野球に参入するエイジェック硬式野球部に、将来的な指導者の道も視野に入れ[4]、選手兼任コーチとして入団することが発表された[6]。エイジェックグループの栃木県民球団がBCリーグ栃木ゴールデンブレーブスを運営していることもあり、5月13日の栃木対巨人三軍交流戦のラジオ中継・栃木放送『栃木ゴールデンブレーブス応援中継』では解説を務めた[7]。また、同試合の終了後には、川相と同じく前年に巨人を退団した村田修一とのトークショーも行った[8]2019年には同部の主将を務めていたが[4]2020年からは総合コーチ専任となった。同年12月11日、退団が発表された[9]

12月26日、エイジェック女子硬式野球部の副部長兼コーチに就任することが発表された[10][11]

また4月に同社が開校したTPAトレーニングプロフェッショナルアカデミーの特別講師として主に守備、走塁 を指導している。

選手としての特徴[編集]

50mは6.0秒[12]。内外野どこでも守れる守備とバントには定評がある[13]。入団当初はスイッチヒッターの登録だったが、打撃面では1年目から苦しみ、右打ち1本にしている[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 004 (2015年 - 2017年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 桜美林大学川相拓也さん 初のプロ野球選手誕生 ドラフト会議で巨人から指名”. タウンニュース町田版 (2014年10月30日). 2021年4月10日閲覧。
  2. ^ “巨人育成2位 川相拓也 父親譲りの堅実な内野守備で勝負”. 週刊ベースボールONLINE. (2014年12月20日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=055-20141229-01 2020年11月14日閲覧。 
  3. ^ 契約実績|プロリーグに挑戦! アリゾナウインターリーグトライアウト2018”. BBC(ベースボールコミュニケーション). 2020年11月14日閲覧。
  4. ^ a b c d “元巨人・川相拓也 2世選手の葛藤と父との戦いだったプロ3年間”. 東スポWeb. (2019年7月9日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1462524/ 2020年2月2日閲覧。 
  5. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  6. ^ “元巨人の川相Jr.が社会人入り 栃木でコーチ兼任”. スポーツ報知. (2018年2月21日). http://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20180220-OHT1T50239.html 2018年2月23日閲覧。 
  7. ^ 【メディア情報】5/13巨人3軍交流戦最終戦をラジオ実況生中継します!”. 栃木ゴールデンブレーブス (2018年5月9日). 2018年5月29日閲覧。
  8. ^ 【5/13ホームゲーム情報】男・村田祭り!トーホー加工株式会社プレゼンツ小山工場開設30周年記念試合のお知らせ”. 栃木ゴールデンブレーブス (2018年5月10日). 2018年5月29日閲覧。
  9. ^ 退部選手のお知らせ|エイジェックSPORTS”. agekke-sp.co.jp. 2020年12月26日閲覧。
  10. ^ 【副部長就任のお知らせ】 | エイジェックSPORTSマネジメント”. agekke-sp.co.jp. 2020年12月26日閲覧。
  11. ^ 元巨人・川相拓也氏「全力で」エイジェック女子硬式野球部が副部長就任を正式発表…コーチも兼任” (日本語). スポーツ報知 (2020年12月26日). 2020年12月26日閲覧。
  12. ^ “区内在住川相拓也さん 巨人から育成指名 父に続きプロ野球選手へ”. タウンニュース 麻生区版. (2014年11月7日). https://www.townnews.co.jp/0205/2014/11/07/258741.html 2020年2月2日閲覧。 
  13. ^ 川相Jr.の評価が急上昇 巨人育成・川相拓也の魅力とは”. Full-Count (2015年2月6日). 2021年4月10日閲覧。
  14. ^ 【巨人】川相、20万円増 父が3軍監督就任「意識しない。支配下が目標」”. スポーツ報知 (2015年11月22日). 2015年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]