青山大紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 大紀
オリックス・バファローズ #27
青山大紀.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府藤井寺市
生年月日 (1994-11-28) 1994年11月28日(22歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2016年9月20日
年俸 900万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青山 大紀(あおやま だいき、1994年11月28日 - )は、オリックス・バファローズに所属する大阪府藤井寺市出身[2]プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪市立巽東小学校3年生から若江ジャイアンツで野球を始め、4年生からは八尾フレンズに所属。藤井寺市立藤井寺中学校では葛城JFKボーイズに所属し、3年時には全国制覇も経験した[2]

智辯学園高校に入学後は1年夏から背番号9でベンチ入り[2]。奈良県大会準決勝の奈良大附属高校戦では1点ビハインドの6回から登板し、8イニングを0に抑えて、逆転勝ちに貢献した。決勝は中村奨吾擁する天理高校と対戦し、1-14の大敗で甲子園には届かなかった[3]。1年秋から投打で主軸になると、2年の夏は奈良県大会決勝で3試合連続となる逆転本塁打を放ち、投げては9回2安打9奪三振の好投で甲子園出場を果たした[4]第93回全国高等学校野球選手権大会では初戦の鶴岡東高校戦では先制タイムリーを放ち、投げても9回を1失点に抑え、甲子園初勝利[5]。3回戦では乙坂智近藤健介擁する横浜高校戦では4点を取られるも、9回に8点を取り逆転勝利[6]。準々決勝の作新学院高校戦では1点ビハインドの4回から投げ、チームは勝ち越すも、青山が9回に打たれ逆転負けを喫した[7]第84回選抜高等学校野球大会では初戦の早鞆高校戦で逆転タイムリーを打ち、9回2失点完投勝利を上げるが、2回戦の関東一高校戦で中村祐太と投げ合い1-2で競り負けた。3年の夏は奈良県大会準決勝で畝傍高校に敗れた。甲子園通算5試合、42回30奪三振、防御率2.36。打率.300、20打数6安打、6打点。プロ志望届を提出したが、指名漏れとなった。野球部には2学年後輩に岡本和真がいる。

トヨタ自動車への入社後は、佐竹功年や上杉芳貴などの好投手がチームメイトだったことなどから、全国大会での登板機会はなかった。それでも、2015年のプロ野球ドラフト会議で、オリックス・バファローズに4巡目で指名。契約金4,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は27

プロ入り後[編集]

2016年

ウエスタン・リーグ公式戦で、9月中旬まで18試合に登板。先発を中心に起用された関係で、3勝8敗、防御率5.34という成績ながら、チームの投手で最も早く同リーグのシーズン最終規定投球回へ到達した。同月20日の対埼玉西武ライオンズ戦(京セラドーム大阪)に先発投手として一軍デビューを果たしたが、4回4失点という内容で敗戦投手になった[8]。結局、一軍公式戦ではこの試合に登板しただけでシーズンを終えた。
オフの10月12日第1回WBSC U-23ワールドカップ日本代表に選出された[9]。同大会で優勝を果たした[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 オリックス 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 18 4.0 4 1 2 0 0 5 1 0 4 3 6.75 1.50
通算:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 18 4.0 4 1 2 0 0 5 1 0 4 3 6.75 1.50
  • 2016年度シーズン終了時点

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 27 (2016年 - )
  • 11 (2016 WBSC U-23ワールドカップ日本代表)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]