ローリングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローリングス (Rawlings) は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイススポーツ用品メーカー

概要[編集]

1887年、ジョージとアルフレッドのローリングス兄弟によって設立された。野球用品メーカーとしてもっとも歴史が古く、グラブの進化と共に成長してきた会社でもあり、デレク・ジーターを筆頭に現在も多数のメジャーリーガーに愛用されている。 日本では、アシックスがローリングスと2012年までライセンス契約を結び、製造・販売を行っていた。ミズノゼットSSKなどと並ぶ、野球用品メーカーとして日本でもお馴染みである。

歴史[編集]

ローリングス設立以前、1877年に製作し販売したグラブは、手のひらを革で覆うだけだったが、1886年には指先まで隠れるパッド入りグラブを製作し、それによりワンハンドキャッチが可能となり、当時、野球界の話題となった。1887年、セントルイスにローリングス社を設立。すでにグラブ製品に関しては網羅していた。

1920年ビル・ダーク選手のアドバイスでウェブ(親指と人差し指の間にある網)付きグラブが誕生した。そのおかげで捕球技術は格段に進歩した。1947年にローリングスの製作したグラブ職人の名前を冠したモデルが製作され、現在のグラブにより近づいた。

1957年には、守備プレイを評価するための賞「ゴールドグラブ賞」を設立。それ以後、さまざまなグラブが製作され、日本球界やアメリカのメジャーなどの選手たちに愛用され現在に至る。

1976年にアシックスと業務提携を結び、1978年には横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)のオフィシャルスパイクサプライヤーとなる。翌1979年には本格的にローリングスの野球用品が日本で発売されるようになる。

2012年6月、アシックスは同年末限りでローリングス社と36年間続いていたライセンス契約を終了し、2013年度以降「アシックス」ブランドに統一すると発表した[1]。一方、ローリングスは日本法人を設立し、2013年より「ローリングスジャパン」として日本での事業を開始。

出典・脚注[編集]

  1. ^ シューズ、グラブ、バット、ウエアなどベースボール用品をすべて「アシックス」ブランドで展開 2013年シーズンに向けた新商品から アシックスプレスリリース 2012年6月18日

外部リンク[編集]