鍬原拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍬原 拓也
読売ジャイアンツ #29
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県橿原市
生年月日 (1996-03-26) 1996年3月26日(23歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト1位
初出場 2018年5月31日
年俸 1,650万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鍬原 拓也(くわはら たくや、1996年3月26日 - )は、奈良県橿原市出身(出生は岡山県玉野市)のプロ野球選手投手)。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岡山県玉野市生まれ。母がSMAP木村拓哉の大ファンで、「自ら道を切り拓いてほしい」との願いも込めて「拓也」と命名された。3歳の時に両親が離婚し、母・妹と共に母の実家がある奈良県橿原市に転居。築50年、家賃4000円ほどの市営住宅で育った[2]

小学校3年生から野球を始める[3]。中学時代は「橿原磯城リトルシニア」に所属し、2010年には後にチームメイトとなる1学年下の岡本和真と共に全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップに出場してベスト4に進出した[4]

母子家庭で経済的に厳しく、シニア関係者の勧めもあり特待生で野球ができる福井県北陸高等学校に進学し寮で生活。1年夏からベンチ入りし、同年の秋季福井県大会で準優勝した。3年夏の初戦で15三振を奪うなど注目を集め、打者としても通算22本塁打を放ったが甲子園出場はなかった[5]

大学進学は諦めていたが、中央大OBだった北陸高の谷津田伸二監督が母校への進学を橋渡しし中央大学に進学[6]。1年春からリーグ戦に出場し、通算165イニングで157三振を奪い「東都のドクターK」と称された。リーグ通算44試合登板、11勝13敗、防御率3.38。

2017年10月26日に行われたドラフト会議1巡目で、清宮幸太郎村上宗隆を抽選で外した読売ジャイアンツが再々指名で鍬原の交渉権を獲得。11月15日に契約金1億円(プラス出来高5000万円)、年俸1,500万円で仮契約を結んだ[7]。女手一つで育ててくれた母への恩返しとして、マンションをプレゼントするという夢を語った[8]

プロ入り後[編集]

2018年5月31日の北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)で先発として公式戦初登板。捕手を務めたのはドラフト同期の大城卓三で、巨人のルーキーバッテリーは1998年10月2日の広島戦(投手・平松一宏、捕手・小田幸平)以来となった[9]。母がスタンドで観戦する中、2回に3者連続空振り三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せたが、5回を投げ6四死球・3失点で敗戦投手となった。3度目の登板となった6月14日の福岡ソフトバンクホークス戦(ヤフオクドーム)で、5回2/3を投げ4失点ながら岡本和真の2ランなど打線の援護を受け初勝利を挙げた[10]。その後は不調で7月12日に登録抹消され、ルーキーイヤーは1勝に終わった。

選手としての特徴[編集]

ストレートの最速は152km/h。変化球はスライダーカーブシンカーフォークを投げ分ける。最大の武器はシンカーで、中学3年の春までサイドスローだったこともあり投げていた球種だったが、スリークォーターになってから縦に鋭く落ちるようになった。中指と薬指を大きく開いてボールを挟み、「抜きながらひねる」感覚で投げている[11]

人物[編集]

  • 「鍬原」は全国に約60人しかいない珍しい苗字である。なお、生まれたときは別の姓で、両親の離婚で鍬原姓となった[12]
  • 後輩の岡本和真が智弁学園高2014年春の選抜に出場した際、初戦を前に電話で「打てよ」と伝えると岡本は「第1打席でバックスクリーンに放り込みますから」と答え、実際にその宣言通りの本塁打を打ち、「本当に打ちよった……」と絶句したという[13]
  • 大学時代は母の好きな色である紫色のグラブを使い、「親孝行」と刺繍を入れていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 巨人 6 5 0 0 0 1 2 0 0 0.333 123 27.2 23 6 17 0 3 35 2 0 22 21 6.83 1.45
NPB:1年 6 5 0 0 0 1 2 0 0 0.333 123 27.2 23 6 17 0 3 35 2 0 22 21 6.83 1.45
  • 2018年度シーズン終了時

投手記録[編集]

打撃記録[編集]

  • 初打席:2018年5月31日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(東京ドーム)、3回裏に村田透から空振り三振

背番号[編集]

  • 29(2018年 - )

登場曲[編集]

  • 『ヒマワリ』E-girls(2018年 - )
  • 『BANG BANG BANG』BIGBANG(2018年 - )
  • 『Hula Hoop』OMI(2019年-)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]