戸根千明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸根 千明
読売ジャイアンツ #50
Giants tone50.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府綴喜郡田辺町(現・京田辺市
生年月日 (1992-10-17) 1992年10月17日(26歳)
身長
体重
174 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年3月28日
年俸 1,500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸根 千明(とね ちあき、1992年10月17日 - )は、京都府綴喜郡田辺町(現・京田辺市)出身のプロ野球選手投手)。読売ジャイアンツ所属。既婚。

経歴[編集]

フィリピン系日本人(母親がフィリピン人)である[3]

田辺中学時代は南京都NSボーイズでプレーしていた。

高校は島根県の江の川高等学校に入学し、1年夏からベンチ入り。石見智翠館高校と校名が変更になった2年からはエースとなったが甲子園出場はなかった[3]

高校卒業後は日本大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場した。大学4年間の通算成績は12勝14敗、防御率1.71。

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから2位指名を受け、11月17日に仮契約を結んだ[4]。背番号は「50」。

2015年は新人ながらオープン戦で結果を残し、開幕から1軍に帯同、3月28日の対横浜DeNAベイスターズ戦にプロ初登板した。その後も山口鉄也スコット・マシソンにつなぐ中継ぎ陣の一角として活躍し、46試合に登板した。9月12日の対DeNA戦でプロ初勝利をあげた。

2016年開幕前の2月21日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表に追加登録されたことが発表された[5]。シーズンでは前年同様リリーフで42試合に登板した。

2017年は不調でほとんど二軍暮らしが続いた。二軍では42試合に登板し18セーブを記録しセーブ王を獲得するなど格の違いを見せたものの、一軍では最終戦でシーズン初白星をマークしたのがやっとでわずか6試合の登板に終わった。

2018年は左肘の不調もありプロ入り後初となる一軍登板なしに終わった。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから放たれる直球の最速は150km/h。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを併せ持つ[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 巨人 46 0 0 0 0 1 1 1 5 .500 168 40.2 26 3 18 0 0 39 0 0 13 13 2.88 1.08
2016 42 0 0 0 0 1 0 1 5 1.000 161 36.0 37 5 17 0 3 25 0 0 19 18 4.50 1.50
2017 6 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 45 8.0 13 1 4 0 2 11 0 0 8 6 6.75 2.13
NPB:3年 94 0 0 0 0 3 1 2 10 .750 374 84.2 76 9 39 0 5 75 0 0 40 37 3.93 1.36
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

登場曲[編集]

背番号[編集]

  • 50 (2015年 - )

代表歴[編集]

野球日本代表 2016-

脚注[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月21日閲覧。
  2. ^ 2009年4月に校名変更
  3. ^ a b c 母フィリピン人の日大・戸根147キロ左腕ニッカンスポーツ2014年10月10日記事。
  4. ^ 巨人 ドラ2戸根と契約 背番号50にスポーツニッポン 2014年11月17日配信
  5. ^ 侍ジャパン強化試合 出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月21日) 2016年2月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]