町田行彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
町田 行彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県長野市
生年月日 1934年3月8日(80歳)
身長
体重
177 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

町田 行彦(まちだ ゆきひこ、1934年3月8日 - )は、長野県長野市出身の元プロ野球選手監督

来歴・人物[編集]

長野北高校(現:長野高校)から1952年国鉄スワローズに入団。入団後まもなく強肩を見込まれて、本来の守備位置の三塁手から外野手コンバートされた。

1955年に31本塁打を放ち本塁打王を獲得するなど主力打者として活躍。「西のホームランキング中西太東のホームランキング町田行彦」と呼ばれた。また、長嶋茂雄金田正一にプロデビュー戦で4打席連続三振を喫した事で著名な1958年4月5日の対巨人戦では決勝点となる本塁打を放っている。強肩も売りだった[1]。しかし、腰を痛めてからは低迷が続き、1964年に国鉄を自由契約となる。

1965年に巨人にテスト生として入団したが、27試合に出場したのみで同年に現役引退。その後、巨人の二軍打撃コーチ・監督(1990年 - 1991年)、国鉄の後身ヤクルトの打撃コーチなどを歴任した。

元セ・リーグ審判員の松橋慶季とは、高校時代の同級生であり、国鉄でも一緒にプレーしていたことがある。長野高校の創立100周年記念行事の一環として、二人が並んで対談を行った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1952 国鉄 42 69 63 5 11 3 0 1 17 4 2 1 1 -- 5 -- 0 6 3 .175 .235 .270 .505
1953 108 304 276 33 62 6 5 5 93 25 7 8 5 -- 22 -- 1 36 11 .225 .284 .337 .621
1954 124 458 412 52 103 10 1 20 175 66 17 11 5 7 32 -- 2 65 9 .250 .302 .425 .727
1955 125 518 468 69 131 26 0 31 250 71 12 4 0 3 42 2 5 98 14 .280 .344 .534 .878
1956 57 184 157 17 27 4 1 6 51 16 2 2 0 0 25 2 2 42 1 .172 .293 .325 .618
1957 125 438 383 55 87 16 3 21 172 52 12 2 4 4 45 0 2 99 8 .227 .309 .449 .758
1958 117 442 388 40 80 15 4 8 127 33 28 2 0 2 51 2 1 76 4 .206 .299 .327 .626
1959 111 400 357 51 92 27 7 10 163 50 14 3 0 4 35 0 4 93 8 .258 .328 .457 .784
1960 125 445 382 40 91 14 2 10 139 40 9 4 3 2 55 0 2 93 6 .238 .336 .364 .699
1961 125 452 400 39 96 12 5 6 136 39 10 3 6 2 41 3 3 97 10 .240 .314 .340 .654
1962 124 276 248 20 48 7 3 3 70 25 2 2 6 1 19 1 2 57 4 .194 .256 .282 .538
1963 124 261 239 24 55 11 2 5 85 31 10 5 8 0 13 0 1 44 6 .230 .273 .356 .628
1964 81 150 128 13 28 4 0 3 41 7 8 0 2 0 19 0 1 35 6 .219 .324 .320 .645
1965 巨人 27 25 21 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 3 0 1 7 0 .095 .240 .095 .335
通算:14年 1415 4422 3922 459 913 155 33 129 1521 459 133 47 40 25 407 10 27 848 90 .233 .307 .388 .695
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27 (1952年 - 1956年)
  • 7 (1957年 - 1962年)
  • 5 (1963年 - 1964年)
  • 41 (1965年)
  • 74 (1967年 - 1979年)
  • 73 (1980年 - 1983年)
  • 70 (1984年 - 1991年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P23

関連項目[編集]