筒香嘉智

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

筒香 嘉智
Yoshi Tsutsugo
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
Yoshi Tsutsugo (52057645818) (cropped).jpg
AAA級オクラホマシティ・ドジャース時代
(2021年6月26日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県橋本市
生年月日 (1991-11-26) 1991年11月26日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 左翼手三塁手一塁手右翼手指名打者
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 NPB / 2010年10月5日
MLB / 2020年7月24日
年俸 $4,000,000 (2022年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
WBC 2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球
WBSCプレミア12
2015 野球

筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

経歴

プロ入り前

実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた[1]。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた[2]

中学では堺ビッグボーイズに所属、4番として30本塁打を記録。中学3年で全国大会ベスト8。ボーイズ関西選抜の4番として世界大会に出場。中学時代は野球漬けで学校が終わって友達と遊んだことは1度もなかったといい、授業が終わると自宅裏に父が設営した「手づくりドーム」に直行したという。打撃マシンの球詰めは兄・筒香裕史が買って出て、兄は大学を中退してまで自分の練習に付き合ってくれたという[1]

関西の強豪校からの誘いもあったが、小学校1年生の時に初めて観戦した夏の甲子園大会で横浜高等学校の試合(1998年8月20日のPL学園対横浜延長17回)を観て感激し[3]、自ら横浜高校に連絡して入学と野球部入部を志願する。セレクションにて柵越えを連発して合格、進学し、1年春から4番に抜擢ばってきされる。1年生での4番は紀田彰一以来[3]。夏は神奈川大会準決勝・東海大相模戦で、同校の菅野智之の「振り逃げ3ラン」が重くのしかかり敗退。この試合では三塁手を務めており、横浜高校の捕手は「振り逃げ3ラン」の時、筒香にボールを渡していた[4]

2年夏に第90回全国高等学校野球選手権記念大会に出場。初戦の浦和学院高等学校戦では先制本塁打。準々決勝の聖光学院高等学校戦では満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、1試合個人最多タイとなる8打点を挙げる。準決勝で大阪桐蔭高等学校に敗れた。この大会では打率.526・3本塁打・14打点の活躍で4強入りに貢献。その後、腰痛の悪化により椎間板ヘルニアと診断され2か月弱のリハビリをする。一時期スイッチヒッターへ転向するも左打ちに専念。

3年春の花巻東高等学校との練習試合では、4回の攻撃時に菊池雄星から特大ソロ(高校通算55本目)を放っている。しかも数日前から体調を崩し、当日の朝であっても39度の高熱が下がらないにもかかわらず、監督に出場を志願していた[5]

この夏の神奈川大会における7月26日の準々決勝では、9回表にチームが同点に追いつき、なおも二・三塁の好機に打順が巡ってきたものの、一塁ゴロで同点止まり。すると延長10回裏に二死から自身の失策がきっかけとなり、横浜隼人高等学校に9-10でサヨナラ負けを喫した。第8回AAAアジア野球選手権大会の日本代表に選ばれた(高校通算69本塁打。うち2本は右打席[3])。

2009年10月29日に行われたプロ野球ドラフト会議で、地元球団である横浜ベイスターズから単独1巡目指名を受け、11月30日に契約金9000万円、年俸800万円(いずれも推定金額)で契約した[6]背番号は「55」で、ベイスターズから1位指名を受けて入団した横浜高校出身者は当時、紀田彰一1994年度のドラフト1位指名)以来だった[7]。当初は右投両打で登録されていたが、後に左打ちに変更された。

横浜・DeNA時代

2010年は春季キャンプ途中で一軍に合流した。初の実戦形式の紅白戦では4番三塁で先発出場したが3打数無安打に終わった。高卒新人ながら二軍イースタン・リーグ)では4番で起用された。8月22日に高卒新人としては大田泰示の本塁打記録を塗り替え、9月12日には新人として竹原直隆の記録を5年ぶりに更新する24号本塁打を放った。最終的に26本塁打、88打点を記録し2冠を達成した。この活躍が認められ、首脳陣から9月20日以降に翌年以降の新人王の資格を残した範囲での一軍出場を示唆され、10月5日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で「5番・一塁手」で一軍デビューを果たしたが結果は3打席無安打に終わった。10月7日の対阪神タイガース戦で3打席目に久保田智之から一軍初安打となるソロ本塁打を放った。

2011年から背番号を「8」に変更。5月に右手首の靱帯を痛め、この影響から3か月近く実戦から遠ざかったが、最終的に2年連続で二軍(イ・リーグ)の本塁打王に輝いた。8月に一軍昇格すると、主にクリーンナップとしてコンスタントに試合に出場するようになった。長打力を発揮する一方で三振も多く、10月18日の対中日ドラゴンズ[8]横浜スタジアム)ではプロ野球タイ記録である1試合5三振を喫した。同記録は、セ・リーグ8人目、史上14人目の記録である[9]。それでもシーズンを通じて40試合出場ながら、背番号と同じ8本塁打を記録した。オフの12月9日、背番号を村田修一(同年オフ、FA権を行使して巨人に移籍)が着用していた「25」へ変更した[10]

球団名が「横浜DeNAベイスターズ」となった2012年は、春季キャンプ中にチームメイトの佐藤祥万から死球を受けたことで左足首に骨挫傷を負い、開幕は二軍スタートとなった。5月に一軍昇格すると、その日の東京ヤクルトスワローズ戦(横浜)で「3番・三塁」で即スタメン出場した。5月6日の中日戦(横浜)では先発の山本昌から自身初となる、2打席連続本塁打をライトスタンドへ放ち、プロ野球史上最大年齢差本塁打を26歳差で記録した。また、ランディ・ルイーズ入団後はチーム事情で一時期外野手にも挑戦した。最終的に自身初の2桁本塁打を記録したものの、打率は .218で規定打席到達者では最下位と伸び悩み、課題の残るシーズンとなった。オフには侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」の日本代表に選出された[11][12]

2013年7月30日 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて

2013年はオープン戦で走塁中に左足首をひねり負傷し、一時は開幕戦絶望と思われていたが間に合わせ、「6番・三塁」で自身初の開幕スタメンに選ばれた。しかし開幕三連戦で9打数無安打を喫し、中村紀洋に三塁のポジションを奪われ、4月1日に登録抹消された。6月25日の明治神宮野球場でのヤクルト戦から一軍復帰し、「5番・三塁」でスタメン出場し、3安打猛打賞を記録した。しかし一塁手にトニ・ブランコ、三塁手に中村が定着していたため出場機会が限られ、守備固めとしての起用や代打起用、また不慣れな左翼でのスタメン起用が多かった。8月に二軍に降格すると、その後はシーズン終了まで昇格することはなく、打率.216、本塁打は1本のみ、打点はわずか3という成績に終わった。

2014年9月6日

2014年は前年オフに正三塁手としてオリックス・バファローズを自由契約になったアーロム・バルディリスを獲得したことから、中畑清監督の意向により左翼にコンバートされた。オープン戦では打率.360と好調をアピールし、「5番・左翼」で2年連続の開幕スタメンを勝ち取った。開幕直後は8試合で打率.161、0本塁打と苦しんだが、結果的に3、4月の月間打率が3割ちょうどを記録するほどの盛り返しを見せた。6月17日には右太もも裏を痛めて一時的に二軍降格するが最短日数の10日で一軍へ復帰。その後は、ブランコや中村紀洋の戦線離脱による穴を埋めるように4番打者として起用された。ブランコが故障から復帰すると再び5番に回った。7月12日のヤクルト戦では自己最多となる11号本塁打を放った。しかし、8月13日の中日戦(ナゴヤドーム)の1回裏、中日の大島洋平の左中間に放った打球を追って中堅手の梶谷隆幸と交錯、グラブが顔面に当たった上、地面に頭から落下。筒香は自力で起き上がれず、グラウンド内に入った救急車に救急搬送(ナゴヤドームでは初めて)された[13]。9月6日の広島戦で復帰。復帰後はブランコを5番に押しやり、4番を任されることが多くなり、その後ブランコが再び故障離脱するとシーズン終盤まで4番を務め続けた。最終的に故障離脱がありながらも規定打席に到達、自身初となる打率3割を記録し、22本塁打、77打点と好成績を残した。また左投手からも.304、得点圏打率は両リーグトップの.416と勝負強さを見せた。オフの11月9日に、日米野球2014に怪我のため出場辞退した中村晃に代わり招集された[14]

2015年9月22日横浜スタジアムにて

2015年石川雄洋の後を受け、チームの新キャプテンに就任。シーズン開幕前の2月16日に、GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表の日本代表に選出された[15]。3月10日の第1戦、3月11日の第2戦に「5番・指名打者」で先発出場した[16][17]。シーズンではチームの4番として定着。打率.317でリーグ3位、24本塁打で同リーグ4位、93打点でリーグ3位、157安打でリーグ3位、と自己最高の成績を残し、出塁率、長打率、OPS、塁打数では山田哲人に次いでリーグ2位を記録した。得点圏打率でも.344でリーグ3位と前年に続いて勝負強さを見せた。10月9日には第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された[18]。同大会では8試合35打席に出場し、26打数で10安打、打率.385、5打点の成績を残した。プレミア12終了後のオフには志願してドミニカ共和国ウィンターリーグであるリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナに参加し、レオネス・デル・エスコヒードでプレーした[19]

2016年、2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出された[20]。レギュラーシーズンでは7月19日のヤクルト戦(明治神宮野球場)から同月22日の対巨人戦(横浜スタジアム)までに、日本プロ野球初となる3試合連続マルチ本塁打を達成する[21]。7月29日の対広島東洋カープ戦で、野村祐輔からマツダスタジアムのセンター方向に本塁打を放つ。これが日本プロ野球初記録の月間6度目のマルチ本塁打となった。また、この本塁打は7月度月間で15本目となり、2013年3月・4月にトニ・ブランコが記録した月間14本塁打の球団記録を塗り替えた[22]。8月11日の巨人戦(東京ドーム)では、今村信貴から左中間方向に本塁打を放ち、藤井勇が持っていた球団左打者歴代最多の34本塁打記録を66年ぶりに更新した[23]。9月13日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では村中恭兵から第40号本塁打を放ち、球団では2013年にトニ・ブランコが記録した41本塁打以来となる自身初の40号本塁打の大台に載せた。日本人に限ると2011年に中村剛也が記録した48本塁打以来5年ぶり、平成生まれでは史上初の快挙となった。最終的には44本塁打まで本数を伸ばし、自身初の打撃タイトルとなる本塁打王を獲得。競っていた打点でも争いを制し、110打点での打点王と合わせて打撃二冠に輝いた。また、リーグ3位の打率.322を残し、得点圏打率はリーグトップとなる.393を記録した。10月8日のクライマックスシリーズ初戦ではマイルズ・マイコラスからクライマックス1号となる逆転本塁打を放ちチームの勝利に貢献した。

オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[24]。また、シーズンオフの12月1日、不動の4番及び主将として球団初のクライマックスシリーズの進出へ貢献したへの評価から、2億円アップの年俸3億円で契約更改した[25]。この年は、シーズン中にアレックス・ラミレス監督から「間違いなく、日本一の4番。監督1年目に彼を4番で起用できることに喜びを感じている。あと15年、プレーしてもらうために、近い将来、一塁手へのコンバートを考えている」という趣旨の発言がなされている[26]

2017年、1月24日に第4回WBC日本代表選手27人が発表され代表入りを果たし[27]、代表の4番を務めることになる。1次ラウンドでは、3試合で打率.364、2本塁打、5打点を記録し1次リーグB組MVPを獲得した[28]。開幕後、当初は4番を打っていたが、6月30日からはラミレス監督の方針もあり、3番打者に配置転換された[29][30]

2018年、6月のセ・パ交流戦中に背中の張りが出たため一時的にスタメンを外れたが6月22日に復帰(その間は代打で出場)[31]。7月4日の対巨人戦では2打席連続で本塁打のリプレー検証が行われるという珍事が発生したが、3回の打席の打球はレフトポール際へのファウル、5回の打席の打球はフェンス上部のネットに跳ね返っての二塁打と判定された[32]。シーズンでは打率.295、38本塁打を記録したが、得点圏打率が.237にとどまった。ベストナイン投票では5位となり、4年ぶりに選出されなかった。

2019年、1月8日に橋本市のスポーツ推進アドバイザーに、2019年1月20日から2021年3月末までの任期で委嘱されることが発表された[33]。シーズンでは、オールスター後ラミレス監督の方針で一時プロ初となる2番打者を務め、8月には骨折した宮﨑敏郎の代役として5年ぶりに三塁を守った。シーズンでは打率.272、29本塁打、79打点だった。阪神とのクライマックスシリーズ終了後、ポスティングシステムを利用してのMLB移籍が明らかになった。

レイズ時代

2019年12月16日にタンパベイ・レイズと2年総額1200万ドルで契約を結んだことが発表された[34]。ポスティング費用としてDeNAにはレイズから240万ドル支払われる。背番号はベイスターズ時代と同じ「25[35]。登録名は「Yoshi Tsutsugo」となった[36]

2020年の開幕戦となった7月24日のトロント・ブルージェイズ戦に「3番・三塁手」で先発出場。5回裏に柳賢振からメジャー初安打となる左越2点本塁打を放った[37]。このシーズンは試合数の減少もあった中で全60試合中51試合に出場するも打率.197、8本塁打、24打点、出塁率.314に留まった。守備面では三塁手として14試合に出場してUZR-0.4、DRS-2を記録し[38]、左翼手としては16試合に出場してUZR+2.0、DRS+1を記録した[39]

2021年は開幕から不振で、5月11日にDFAとなった[40]。レイズでは26試合に出場して打率.167、5打点、出塁率.244を記録した。守備面では一塁手にコンバートされ、15試合の出場でUZR+0.2、DRS±0を記録した[41]

ドジャース時代

2021年5月15日に後日発表選手または金銭とのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[42]。給与の内、レイズ側が549万ドルを負担し、ドジャース側がメジャー最低年俸である43万ドルを支払うことで合意した[43][44]。背番号は「28」。ドジャース監督のデーブ・ロバーツは「私は筒香の加入にとても興奮しているよ。彼は日本で素晴らしい成績を残しており、ドジャースの一員として戦うことが楽しみだよ」とコメントした[45]。移籍当初はドジャースに故障者が続出していたこともあり積極的に起用されたが、打率1割台と苦しんだ。その後6月9日に右ふくらはぎを痛めて負傷者リストに入った[46]。17日に傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースで実戦復帰した[47]が、3本塁打を放ったものの打率.138と不振で、7月7日に40人枠を外れマイナー契約となった[48]。その後、8月14日にFAとなった[49]

パイレーツ時代

2021年8月16日にピッツバーグ・パイレーツとメジャー契約を結んだ[50]。背番号は「32[51]。同日のドジャース戦の9回に代打で移籍後初出場し、ケンリー・ジャンセンから二塁打を放った[52]。また、同年の8月26日には日本人初となる代打でのシーズン3本目の本塁打を放った[53]。パイレーツ移籍以降は43試合に出場し、打率.268、8本塁打、25打点を記録した[54]。オフの11月3日にFAとなった[55][56]が、29日にパイレーツと1年400万ドルで再契約した[57][58]。12月4日に背番号を再び「25」に戻すことを発表した。[59]

2022年5月26日に10日間の負傷者リストに入った。負傷者リストに入るまで、4月から5月までの間にかけて35試合に出場し、打率.177(113打数20安打)、2本塁打、15打点という成績であった[60][注釈 1]。その後も低迷は続き、現地メディアからは酷評された[61][62][63][64]。8月3日にDFAとなり[65]、5日に自由契約となった[66]。現地メディアは、筒香がDFAになったことを朗報と辛辣に報道している[67]

ブルージェイズ傘下時代

2022年8月17日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級バッファロー・バイソンズへ送られた[68]

選手としての特徴

2021年6月26日

2012年から2015年までの4年間、監督と選手の間柄だった中畑清も「1年目に練習を見たが凄い選手が入ってきた」「俺は巨人のコーチ時代松井秀喜を指導していたが似たものを持っている」と期待を寄せており、2014年以降は4番打者として起用し続けた[69]

里崎智也は「しっかりと自分のポイントまでボールを引きつけて打っているので、変化球が来ても崩されることも少なく、崩されたとしても、まだ打てるポイントに体が残っていますね」と高く評価している[70]。また同年は、逆方向(左方向)への本塁打が11本(44本塁打中)と、前年(2015年)の0本から大きく向上させた[71]

人物

愛称は「ゴウ[72]、「ヨシ[73]。MLBの表記は「Yoshi Tsutsugo(ヨシ・ツツゴー)」。

双子の姉がいる[74]。横浜高等学校野球部の恩師である渡辺元智が語るところによれば「筒香は姉と同じ高等学校へ進学してもおかしくなかったが、PL学園対横浜高校の延長17回の試合を見て、ウチへの入学を希望してきた」という[75]。また年の離れた兄・裕史がいる。兄は高校時代は尽誠学園高等学校の野球部に所属しており、幼少期から兄に野球を教わっていた[76]

松井秀喜に対しては「僕にとって目標というより、憧れの存在なんです。凄いなあってずっと思っていました」と話している[77]。高校時代より、超高校級内野手として「ハマのゴジラ」として注目を集めた[78]。横浜高校の小倉部長からも「私が見て来た20年間でトップ」と評される[79]。「ハマのゴジラ」として球団から背番号55を与えられるも、2010年のオフに背番号8へと変更した[80]

プロ入り後、入寮の際には野球道具以外は尊敬するイチローの本を持参した程度で、野球漬けの生活を宣言[81]。2009年の第2回WBC決勝をテレビ観戦した際には、イチローの決勝打に「国を背負って戦うことは特別。僕もそういう存在になりたい」と思ったという[82]。そのイチローとは食事をともにしたことがある[83]

入団当初球団のキャンプにたびたび訪問した張本勲に目をかけられ打撃指導を受けたことがあった[84]

高校3年時の第8回AAAアジア野球選手権大会でのインタビューで筒香は「将来的に日の丸を背負うことは、夢というより目標です」とコメントした[85]

ドラフト指名数日前に受けた取材でメディアに「将来的には松坂さんのようにメジャーで活躍する選手というのが自分の最大の目標なので、やっぱり向こうで勝負したいという気持ちはあります」と述べたことがある[86]

プロ入り以降、日本の少年野球に対しての提言を繰り返し行っている。特に、少年野球における子どもたちの酷使について「甲子園に本当に行きたいのは誰なのかというと、結局、監督や部長ではないか(中略)いちばん勝ちたいと思うのは、選手ではなく監督やコーチだから」[87]「将来がある子ども達を守るには、一発勝負のトーナメント制をやめてリーグ制を導入したり、ルールで球数制限や練習時間を決めたりする必要があると思います」[88]と語ったほか、日本外国人特派員協会で記者会見を行った[89]

横浜・DeNA時代の応援歌は前奏部分にかつて田代富雄に使用された曲をそのまま流用しており[90]、筒香自身も気に入っていた。また、他の応援歌では横浜時代の村田修一の曲が好きであったと語っている[91]。なお、筒香の応援歌はMLB関係者からも好評であり、特に筒香の獲得を目指したブルージェイズGMロス・アトキンスは「彼の応援歌が大好き」と語るほどであった[90]。さらに、レイズ移籍直後はMLBでは異例となるスピーカー音源で横浜・DeNA時代の応援歌が流れた[92]。しかし、筒香自身が「本当にありがたかったです。でも、今はレイズの選手でベイスターズではない。レイズのために力を出し切ることに集中したい」との理由で使用停止を希望。ほどなくして取り止めとなった[93]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 横浜
DeNA
3 10 7 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 2 0 1 1 0 .143 .400 .571 .971
2011 40 160 145 16 35 10 0 8 69 22 1 0 0 1 13 0 1 51 4 .241 .306 .476 .782
2012 108 446 386 31 84 16 3 10 136 45 1 2 2 5 51 1 2 102 4 .218 .309 .352 .661
2013 23 56 51 5 11 1 0 1 15 3 0 0 0 0 3 0 2 13 2 .216 .286 .294 .580
2014 114 461 410 58 123 24 2 22 217 77 2 1 0 2 47 6 2 100 7 .300 .373 .529 .902
2015 138 568 496 79 157 28 1 24 259 93 0 0 0 2 68 0 2 98 5 .317 .400 .522 .922
2016 133 561 469 89 151 28 4 44 319 110 0 1 0 2 87 1 3 105 6 .322 .430 .680 1.110
2017 139 601 503 85 143 31 0 28 258 94 1 0 0 3 93 3 2 115 7 .284 .396 .513 .909
2018 139 580 495 77 146 33 1 38 295 89 0 0 0 3 80 7 2 107 10 .295 .393 .596 .989
2019 131 557 464 74 126 24 0 29 237 79 0 0 0 3 88 5 2 141 5 .272 .388 .511 .899
2020 TB 51 185 157 27 31 5 1 8 62 24 0 0 0 1 26 1 1 50 5 .197 .314 .395 .708
2021 26 87 78 5 13 4 0 0 17 5 0 0 1 0 8 0 0 27 1 .167 .244 .218 .462
LAD 12 31 25 2 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 6 0 0 12 0 .120 .290 .120 .410
PIT 43 144 127 20 34 8 1 8 68 25 0 1 0 1 15 0 1 33 2 .268 .347 .535 .883
'21計 81 262 230 27 50 12 1 8 88 32 0 1 1 1 29 0 1 72 3 .217 .307 .383 .689
NPB:10年 968 4000 3426 515 977 195 11 205 1809 613 5 4 2 21 532 23 19 833 50 .285 .382 .528 .910
MLB:2年 132 447 387 54 81 17 2 16 150 56 0 1 1 2 55 1 2 122 8 .209 .309 .388 .697
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

WBSCプレミア12での打撃成績

















































2015 日本 8 35 26 6 10 1 0 0 11 5 0 0 0 0 9 2 0 2 0 .385 .543 .423

WBCでの打撃成績

















































2017 日本 7 30 25 5 8 0 0 3 17 8 0 0 0 0 5 1 0 6 0 .320 .433 .680

MLBポストシーズン打撃成績




















































O
P
S
2020 TB ALWC 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
ALDS 2 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
ALCS 2 5 5 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .400 .400 .400 .800
WS 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
出場:1回 8 16 16 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .125 .125 .125 .250
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績



一塁 三塁 外野 左翼(LF) 右翼(RF)




























































2010 横浜
DeNA
3 21 4 0 3 1.000 - - - -
2011 40 336 12 4 28 .989 - - - -
2012 19 94 7 0 9 1.000 92 45 148 6 8 .970 12 15 0 1 0 .938 - -
2013 4 6 0 1 1 .857 9 4 11 0 2 1.000 7 7 0 0 0 1.000 - -
2014 11 80 4 1 8 .988 7 1 7 0 0 1.000 101 162 3 6 0 .965 - -
2015 - - 128 185 10 0 2 1.000 - -
2016 - - 128 198 3 2 0 .990 - -
2017 - - 136 199 6 1 2 .995 - -
2018 - - 132 187 5 3 0 .985 - -
2019 - 27 14 37 1 2 .981 101 145 4 1 0 .993 - -
2020 TB - 14 6 16 4 3 .846 - 16 15 0 0 0 1.000 -
2021 15 80 4 0 9 1.000 - - - -
LAD 1 2 0 0 0 1.000 - - 8 15 0 0 0 1.000 -
PIT 15 79 7 0 8 1.000 - - 2 5 0 0 0 1.000 20 26 1 1 0 .964
'21計 31 161 11 0 17 1.000 - - 10 20 0 0 0 1.000 20 26 1 1 0 .964
NPB 77 537 27 6 49 .989 135 64 203 7 12 .974 745 1098 31 14 4 .988 - -
MLB 31 161 11 0 17 1.000 14 6 16 4 3 .846 - 26 35 0 0 0 1.000 20 26 1 1 0 .964
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル

NPB

表彰

NPB
日本代表

記録

NPB

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:2016年8月5日、対中日ドラゴンズ18回戦(横浜スタジアム)、9回裏に田島慎二から左越ソロ ※史上278人目、DeNA球団史上最年少となる24歳8か月での記録達成
  • 200本塁打:2019年8月17日、対広島東洋カープ20回戦(横浜スタジアム)、2回裏にエマイリン・モンティージャから右越ソロ ※史上105人目、DeNA球団史上最年少となる27歳8か月での記録達成
その他の記録
  • 3試合連続マルチ本塁打:2016年7月19日 - 22日 ※史上初
  • 月間マルチ本塁打:6度(2016年7月) ※史上初
  • オールスターゲーム出場:5回(2015年 - 2019年)

MLB

初記録

背番号

  • 55(2010年)
  • 8(2011年)
  • 25(2012年 - 2021年5月14日、2022年 - )
  • 28(2021年5月18日 - 同年6月6日)
  • 32(2021年8月16日 - 同年終了)

登場曲

代表歴

TSUTSUGO SPORTS ACADEMY

2021年1月17日、筒香の自費負担により故郷である和歌山県橋本市に大型野球施設「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY(筒香スポーツアカデミー)」を建設中であることが報じられた[94]。総工費2億円。

建設予定施設

  • 本球場(両翼100m、内外野天然芝)
  • サブグラウンド(内野のみ)
  • 室内練習場

脚注

注釈

  1. ^ 本ページ下部の外部リンクに挙げられている「選手の通算成績と情報 MLB」においても、負傷者リスト入りした事実と4月から5月にかけての成績を参照可能である。

出典

  1. ^ a b “DeNA筒香が逆転弾 実家手作りドームで土台築く”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1721813.html 2016年10月26日閲覧。 
  2. ^ 和歌山ニューメッツ. “和歌山ニューメッツのホームページ”. 2016年10月26日閲覧。
  3. ^ a b c 村瀬秀信 (2018年8月14日). “筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。松坂世代を追い、渡辺監督に学び。”. Number Web (株式会社文藝春秋). https://number.bunshun.jp/articles/-/831607?page=2 2021年5月31日閲覧。 
  4. ^ “高校球史に残るミス「振り逃げ3ラン」の"戦犯"○○捕手が真相告白”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2017年12月17日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/860461/ 2018年2月23日閲覧。 
  5. ^ 藤江直人 (2009年12月2日). “横浜ベイスターズD1位/筒香嘉智が思い描く10年後の自分”. SPORTS TIMES×論スポ「本日の論!」. スポーツタイムズ通信社. 2010年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月26日閲覧。
  6. ^ 1位筒香と契約、12月1日に会見/ベイスターズドラフト交渉」『カナロコ』神奈川新聞社、2009年11月30日。2021年6月2日閲覧。オリジナルの2021年6月2日時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 筒香、背番号は55」『カナロコ』神奈川新聞社、2009年11月3日。2021年6月2日閲覧。オリジナルの2021年6月2日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ この試合は、同時に中日の2011年セ・リーグ優勝が決定した試合でもあり、筒香は最後の打者であった。
  9. ^ “筒香 1試合5三振のプロ野球タイ記録”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/18/kiji/K20111018001848790.html 2011年10月19日閲覧。 
  10. ^ 背番号変更のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ (2011年12月9日). 2016年11月11日閲覧。
  11. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー”. 日本野球機構 (2012年11月6日). 2015年4月14日閲覧。
  12. ^ 侍ジャパンマッチ2012 「日本代表 VS キューバ代表」日本代表メンバー”. 日本野球機構 (2012年11月6日). 2015年4月14日閲覧。
  13. ^ “筒香、守備で交錯し後頭部強打…グラウンドに救急車、病院に搬送”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年8月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/13/kiji/K20140813008738570.html 2014年8月13日閲覧。 
  14. ^ 侍ジャパントップチーム 追加招集選手のお知らせ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2014年11月9日). 2014年11月9日閲覧。
  15. ^ 欧州代表戦、侍ジャパン出場選手発表!6選手が小久保体制下で初招集”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年2月16日). 2015年3月22日閲覧。
  16. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第1戦 (火) 東京ドーム 打席結果・投打成績”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  17. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 試合結果トップ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年3月11日). 2016年3月10日閲覧。
  18. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  19. ^ “DeNA筒香 異例ドミニカウインターL参加へ 主軸が自ら志願”. Sponichi Annex (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/10/kiji/K20151110011479670.html 2016年10月26日閲覧。 
  20. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。
  21. ^ “【DeNA】筒香、史上初の3戦連続2発!「ポケモンGO」よりすごいモンスター「筒GO」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月23日). オリジナルの2016年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160725153148/https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160723-OHT1T50054.html 2016年7月28日閲覧。 
  22. ^ “筒香 プロ野球史上初、月間6度目の1試合2発 月間15本塁打は球団新”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/29/kiji/K20160729013058380.html 2016年7月28日閲覧。 
  23. ^ “筒香 左打者で球団史上最多の35号、伝説の人物66年ぶり抜いた”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/08/11/kiji/K20160811013145030.html 2016年8月11日閲覧。 
  24. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年10月18日). 2016年10月18日閲覧。
  25. ^ DeNA筒香「3億。ありえないくらいの額に感謝」”. 日刊スポーツ (2016年12月1日). 2017年2月9日閲覧。
  26. ^ 筒香連日2発!ラミ監督15年4番へ一塁配置転換も”. 日刊スポーツ (2016年7月21日). 2017年2月9日閲覧。
  27. ^ 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」侍ジャパン 出場選手について”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年1月24日). 2017年3月5日閲覧。
  28. ^ WBC1次リーグB組MVPは筒香!不動の4番としてチーム引っ張る”. SANSPO.COM (2017年3月11日). 2017年3月20日閲覧。
  29. ^ 2番梶谷、9番倉本、そして3番筒香。ラミレス監督の奇策が成功する理由。”. Number web (2017年7月4日). 2021年9月5日閲覧。
  30. ^ 2番梶谷、9番倉本、そして3番筒香。ラミレス監督の奇策が成功する理由。”. ORICON NEWS (2017年7月4日). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月5日閲覧。
  31. ^ DeNA・筒香、22日中日戦でスタメン復帰へ ラミ監督「問題ない」”. サンケイスポーツ (2018年6月22日). 2018年7月5日閲覧。
  32. ^ 筒香 珍事…2打席連続リプレー検証“連敗” 幻2発も3安打”. スポニチ (2018年7月4日). 2018年7月5日閲覧。
  33. ^ 橋本市スポーツ推進アドバイザー 筒香選手に委嘱 20日に就任式 /和歌山”. 毎日新聞 (2019年1月9日). 2019年1月9日閲覧。
  34. ^ Juan Toribio (2019年12月16日). “Yoshitomo Tsutsugo signs with Rays” (英語). MLB.com. 2019年12月16日閲覧。
  35. ^ Juan Toribio (2019年12月17日). “'We need you': Tsutsugo swayed by Rays” (英語). MLB.com. 2019年12月25日閲覧。
  36. ^ Yoshi Tsutsugo Stats, Fantasy & News” (英語). MLB.com. 2021年9月16日閲覧。
  37. ^ レイズ筒香、メジャー初安打が初本塁打 左腕・柳賢振から左中間へ2ラン”. スポーツニッポン (2020年7月25日). 2020年7月25日閲覧。
  38. ^ American League Leaderboards » 2020 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年5月19日閲覧。
  39. ^ American League Leaderboards » 2020 » Left Fielders » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年5月19日閲覧。
  40. ^ Rays Designate Yoshi Tsutsugo For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年5月11日閲覧。
  41. ^ American League Leaderboards » 2021 » First Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年5月19日閲覧。
  42. ^ Dodgers pick up IF/OF Tsutsugo from Rays” (英語). MLB.com. 2021年5月19日閲覧。
  43. ^ ago, Adam Weinrib 2 days (2021年5月15日). “Dodgers acquire IF/DH Yoshi Tsutsugo from Rays in another weird trade” (英語). Dodgers Way. 2021年5月19日閲覧。
  44. ^ Dodgers Acquire Yoshi Tsutsugo From Rays” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年5月19日閲覧。
  45. ^ Company, Tampa Publishing. “Dodgers excited to get Yoshi Tsutsugo from Rays” (英語). Tampa Bay Times. 2021年5月19日閲覧。
  46. ^ Dodgers Activate Tony Gonsolin From 60-Day Injured List” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年7月7日閲覧。
  47. ^ 筒香嘉智が3A戦初出場 4打数無安打1四球” (日本語). 日刊スポーツ (2021年6月18日). 2021年7月7日閲覧。
  48. ^ Dodgers Outright Yoshi Tsutsugo” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年7月7日閲覧。
  49. ^ 筒香嘉智が自由契約、ドジャース傘下3Aオクラホマシティーでプレー” (日本語). 日刊スポーツ (2021年8月15日). 2021年8月15日閲覧。
  50. ^ Pirates Designate John Nogowski For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年8月17日閲覧。
  51. ^ 筒香嘉智「自分に期待しています」 パイレーツ入団会見で武者震い、背番号「32」”. Full-Count (2021年8月17日). 2021年11月5日閲覧。
  52. ^ パイレーツ筒香 いきなり代打出場で二塁打 古巣ドジャース戦” (日本語). 日刊スポーツ (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  53. ^ 筒香嘉智、日本人初3発目の代打弾 パイレーツは6点差ひっくり返す大逆転勝ち” (日本語). Full-Count (2021年8月27日). 2021年8月27日閲覧。
  54. ^ パイレーツが筒香嘉智との残留交渉をスタート 米記者伝える「再契約に興味」”. Full-Count (2021年10月29日). 2021年11月5日閲覧。
  55. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  56. ^ 筒香嘉智は「パイレーツに連れ戻される可能性」 21年オフFAリストでMLB公式が見解” (日本語). Full-Count (2021年11月4日). 2021年11月4日閲覧。
  57. ^ Pirates To Re-Sign Yoshi Tsutsugo” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年11月29日閲覧。
  58. ^ Pirates Designate Colin Moran For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年11月29日閲覧。
  59. ^ 筒香嘉智、来季は慣れ親しんだ背番号「25」に変更 今季パイレーツでは「32」”. Full-Count (2021年12月4日). 2021年12月4日閲覧。
  60. ^ パイレーツ・筒香嘉智が故障者リスト入り 現地25日に遡って適用”. mlb.jp (2022年5月27日). 2022年5月27日閲覧。
  61. ^ https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06140601/?all=1
  62. ^ https://thedigestweb.com/baseball/detail/id=56237
  63. ^ https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/mlb/2022/07/08/dfa/index.php
  64. ^ https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/mlb/2022/05/24/post_11/?cx_testId=46&cx_testVariant=cx_2&cx_artPos=1&cx_type=contextual#cxrecs_s
  65. ^ “戦力外”筒香嘉智は「最悪のシーズン」 貢献度はマイナス…地元メディアが落胆” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年8月4日). 2022年8月4日閲覧。
  66. ^ Transactions” (英語). MLB.com. 2022年8月6日閲覧。
  67. ^ https://dot.asahi.com/dot/2022081000083.html?page=1
  68. ^ Blue Jays' Yoshi Tsutsugo: Signs MiLB deal with Toronto” (英語). CBSSports.com. 2022年8月18日閲覧。
  69. ^ “期待はゴジラ級!中畑監督 筒香は「一番のターゲット」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年12月10日). オリジナルの2012年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107225036/https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/12/10/kiji/K20111210002209270.html 2014年8月26日閲覧。 
  70. ^ 横浜DeNA筒香の何がどうすごい?!”. THE PAGE (2016年7月24日). 2017年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月8日閲覧。
  71. ^ 筒香嘉智に見る、三冠王への“序章”...”. BASEBALL KING (2016年12月13日). 2017年2月8日閲覧。
  72. ^ 渡辺誉トレーナー祝福手記「ゴウ、おめでとう」DeNA時代から公私にわたり筒香支える” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年7月26日). 2021年2月20日閲覧。
  73. ^ 「ヨシの爆弾が水槽へ!」 筒香嘉智、飛距離133mの特大弾に米歓喜「本当にすごい」” (日本語). THE ANSWER (2020年9月12日). 2021年3月9日閲覧。
  74. ^ 伊藤雅哉 (2008年8月15日). “死球の痛みに耐えて快音 横浜の4番・筒香選手”. 第90回高校野球選手権大会記念大会 南神奈川大会. 朝日新聞社. 2015年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月15日閲覧。
  75. ^ 「感動インタビュー 渡辺元智・横浜高校野球部前監督「さらば甲子園 ありがとう、僕の教え子たち」」『週刊現代』、講談社、2015年8月29日、 167 - 171頁。
  76. ^ 佐藤春佳 (2019年1月21日). “DeNA・筒香、古い指導法ひっくり返す逆転“談”「頭の中がアップデートされていない」”. SANSPO.COM: p. 1. https://www.sanspo.com/article/20190121-TN4CNAQDYJJNVPCSWSUDODMSKE/ 2020年5月14日閲覧。 
  77. ^ “筒香独占手記】本塁打への目覚め 小4で見た松井氏の球宴3連発”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/17/kiji/K20160717012979200.html 2017年3月9日閲覧。 
  78. ^ “「ハマのゴジラ」筒香進化の18号”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年8月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140810-1348581.html 2014年8月26日閲覧。 
  79. ^ 佐々木浩哉. “横浜ベイスターズの希望の星。筒香嘉智が未来を切り開く(1/2)”. OCNスポーツ (NTTコミュニケーションズ). オリジナルの2011年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111001080748/http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/baseball110921_1_1.html 2014年8月26日閲覧。 
  80. ^ “横浜ベイスターズ 筒香嘉智選手”. 高校野球ドットコム. (2011年8月5日). https://www.hb-nippon.com/interview/605-intvw2011/6435-20110805no75?pref=yamanashi 2017年3月8日閲覧。 
  81. ^ “横浜筒香が入寮「雄星には興味ない」”. 日刊スポーツ. (2010年1月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100108-583653.html 2017年3月8日閲覧。 
  82. ^ “DeNA筒香 WBC使命は「奪還」 今も目に焼き付くイチローの決勝打”. スポーツニッポン. (2017年2月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/23/kiji/20170222s00001004538000c.html 2017年3月8日閲覧。 
  83. ^ “筒香が独白、イチローから受け継ぐ侍の系譜”. 日刊スポーツ. (2017年2月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1782767.html 2017年3月8日閲覧。 
  84. ^ “筒香あっぱれ!!張本氏「50本打てる」”. 日刊スポーツ. (2010年2月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100217-596905.html 2018年7月30日閲覧。 
  85. ^ “筒香がプロ正式表明/アジアAAA”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2009年8月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20090828-536337.html 2016年10月26日閲覧。 
  86. ^ “筒香 メジャー封印「ベイスターズに入って全員が優勝したいと思っている」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/16/kiji/K20120516003260830.html 2014年8月26日閲覧。 
  87. ^ DeNA筒香「子供を犠牲にする野球」にモノ申す | 日本野球の今そこにある危機” (日本語). 東洋経済オンライン (2019年1月15日). 2019年9月28日閲覧。
  88. ^ 変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「一発勝負のトーナメント制をやめてリーグ制導入を」” (日本語). THE ANSWER (2019年8月9日). 2019年9月28日閲覧。
  89. ^ (日本語) 筒香嘉智 「日本の少年野球の問題点を語る」ノーカット版, https://www.youtube.com/watch?v=dmXAWH-_Jcc 2019年9月28日閲覧。 
  90. ^ a b 筒香獲りブルージェイズ本気 GM「応援歌大好き」”. 日刊スポーツ (2019年11月13日). 2021年5月9日閲覧。
  91. ^ セ・リーグの強打者もノリノリで感謝。プロ野球を魅力的にする応援”. web Sportiva (2018年8月13日). 2021年5月9日閲覧。
  92. ^ 日本人最速4番起用となった筒香嘉智、「さぁ打て筒香~横浜に輝く大砲~」と“応援歌”が流れるも4打数無安打に終わる”. THE DIGEST (2020年7月26日). 2021年5月9日閲覧。
  93. ^ 「レイズのために力を出し切る」筒香嘉智がDeNA時代の応援歌を辞退したワケ” (日本語). Full-Count (2020年7月29日). 2021年5月9日閲覧。
  94. ^ パイレーツ筒香嘉智、故郷和歌山に2億円夢球場「野球楽しめるスタートに」 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年1月18日閲覧。

関連項目

外部リンク