筒香嘉智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
筒香 嘉智
横浜DeNAベイスターズ #25
Tsutsugoh 20150922.jpg
2015年9月22日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県の旗和歌山県橋本市
生年月日 (1991-11-26) 1991年11月26日(25歳)
身長
体重
185 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 左翼手三塁手一塁手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年10月5日
年俸 3億円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
WBC 2017年
プレミア12 2015年

筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

実家は市内でガソリンスタンドを営んでいた[2]。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた[3]

中学では堺ビッグボーイズに所属し4番として30本塁打を記録。中学3年で全国大会ベスト8。ボーイズ関西選抜の4番として世界大会に出場。中学時代は野球詰めで学校が終わって友達と遊んだことは1度もなかったといい、授業が終わると自宅裏に父が設営した「手づくりドーム」に直行したという。打撃マシンの球詰めは兄が買って出て、兄は大学を中退してまで自分の練習に付き合ってくれたという[2]

関西の強豪校からの誘いもあったが、横浜高等学校へ進学。横浜高校でも長打力を買われ1年春から4番に抜擢ばってきされる。1年生での4番は紀田彰一(元横浜)以来。2年夏に第90回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の浦和学院高等学校戦では先制本塁打。準々決勝の聖光学院高等学校戦では満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、1試合個人最多タイとなる8打点を挙げる。準決勝で大阪桐蔭高等学校に敗れた。この大会では打率.526・3本塁打・14打点の活躍で4強入りに貢献。その後、腰痛の悪化により椎間板ヘルニアと診断され2か月弱のリハビリをする。一時期スイッチヒッターへ転向するも左打ちに専念。

3年春の花巻東高等学校との練習試合では、4回の攻撃時に菊池雄星から特大ソロ(高校通算55本目)を放っている。しかも数日前から体調を崩し、当日の朝であっても39度の高熱が下がらないにもかかわらず、監督に出場を志願していた[4]

この夏の神奈川大会における7月26日の準々決勝では、9回表にチームが同点に追いつき、なおも二、三塁の好機に打順が巡ってきたものの、一塁ゴロで同点止まり。すると延長10回裏に2死から自身の失策がきっかけとなり、横浜隼人高等学校に9-10でサヨナラ負けを喫した。第8回AAAアジア野球選手権大会の日本代表に選ばれた(高校通算69本塁打)。

横浜時代[編集]

2009年10月29日に行われたプロ野球ドラフト会議で、横浜ベイスターズから単独1巡目指名を受け、11月30日契約金9000万円、年俸800万円(金額は推定)で契約した。背番号は「55」。当初は右投両打で登録されていたが、後に左打ちに変更された。

2010年は春季キャンプ途中で一軍に合流した。初の実戦形式の紅白戦では4番三塁で先発出場したが3打数無安打に終わった。高卒新人ながら二軍では4番で起用された。8月22日に高卒新人としては大田泰示の本塁打記録を塗り替え、9月12日には新人として竹原直隆の記録を5年ぶりに更新する24号本塁打を放った。最終的に26本塁打、88打点を記録し2冠を達成した。この活躍が認められ、首脳陣から9月20日以降に翌年以降の新人王の資格を残した範囲での一軍出場を示唆され、10月5日の対巨人戦で5番一塁で一軍デビューを果たした(結果は3打席無安打)。10月7日の対阪神戦で3打席目に久保田智之から一軍初安打となるソロ本塁打を放った。

2011年から背番号を「8」に変更。5月に右手首の靱帯を痛め、この影響から3か月近く実戦から遠ざかったものの、最終的に2年連続で二軍の本塁打王に輝いた。8月に一軍昇格すると、主にクリーンナップとしてコンスタントに試合に出場するようになった。長打力を発揮する一方で三振も多く、10月18日の対中日戦(横浜)ではプロ野球タイ記録である1試合5三振を喫した。同記録は、セ・リーグ8人目、史上14人目の記録である[5]。それでもシーズンを通じて40試合出場ながら、背番号と同じ8本塁打を記録した。オフの12月9日に背番号を村田修一が付けていた「25」へ変更した[6]

2012年は春季キャンプ中にチームメイトの佐藤祥万から死球を受けたことで左足首に骨挫傷を負い、開幕は二軍スタートとなった。5月に一軍昇格すると、その日の東京ヤクルトスワローズ戦(横浜)で「3番・三塁」で即スタメン出場した。5月6日の中日戦(横浜)では先発の山本昌から自身初となる、2打席連続本塁打をライトスタンドへ放ち、プロ野球史上最大年齢差本塁打(26歳差)を記録した。また、ランディ・ルイーズ入団後はチーム事情で一時期外野手にも挑戦した。最終的に自身初の二桁本塁打を記録したものの、打率が.218(規定打席到達者では最下位)と伸び悩み、課題の残るシーズンとなった。オフには侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」の日本代表に選出された[7][8]

2013年はオープン戦で走塁中に左足首をひねり負傷し、一時は開幕戦絶望と思われていたが間に合わせ、「6番・三塁」で自身初の開幕スタメンに選ばれた。しかし開幕三連戦で9打数無安打を喫し、中村紀洋に三塁のポジションを奪われ、4月1日に登録抹消された。6月25日の明治神宮野球場でのヤクルト戦から一軍復帰し、「5番・三塁」でスタメン出場し、3安打猛打賞を記録した。しかし一塁手にトニ・ブランコ、三塁手に中村が定着していたため出場機会が限られ、守備固めとしての起用や代打起用、また不慣れな左翼でのスタメン起用が多かった。8月に二軍に降格すると、その後はシーズン終了まで昇格することはなく、打率.216、本塁打は1本のみ、打点はわずか3という成績に終わった。

2014年3月9日 横浜スタジアムにて

2014年は前年オフに正三塁手としてオリックス・バファローズを自由契約になったアーロム・バルディリスを獲得したことから、中畑清監督の意向により左翼にコンバートされた。オープン戦では打率.360と好調をアピールし、「5番・左翼」で2年連続の開幕スタメンを勝ち取った。開幕直後は8試合で打率.161、0本塁打と苦しんだが、結果的に3、4月の月間打率が3割ちょうどを記録するほどの盛り返しを見せた。6月17日には右太もも裏を痛めて一時的に二軍降格するが最短日数の10日で一軍へ復帰。その後は、4月中からリーグトップの得点圏打率をマークし続けていたことが評価され、ブランコや中村紀洋の戦線離脱による穴を埋めるように4番打者として起用された。ブランコが故障から復帰すると再び5番に回った。7月12日のヤクルト戦では自己最多となる11号本塁打を放った。しかし、8月13日の中日戦(ナゴヤD)の1回裏、中日の大島洋平の左中間に放った打球を追って中堅手の梶谷隆幸と交錯、グラブが顔面に当たった上、地面に頭から落下。筒香は自力で起き上がれず、グラウンド内に入った救急車に救急搬送(ナゴヤドームでは初めて)された[9]。9月6日の広島戦で復帰。復帰後はブランコを5番に押しやり、4番を任されることが多くなり、その後ブランコが再び故障離脱するとシーズン終盤まで4番を務め続けた。最終的に故障離脱がありながらも規定打席に到達、自身初となる打率3割を記録し、22本塁打、77打点と好成績を残した。また左投手からも.304、得点圏打率は両リーグトップの.416と勝負強さを見せた。オフの11月9日に、日米野球2014に怪我のため出場辞退した中村晃に代わり招集された[10]

2015年石川雄洋の後を受け、チームの新キャプテンに就任。シーズン開幕前の2月16日に、GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表の日本代表に選出された[11]。3月10日の第1戦、3月11日の第2戦に「5番 指名打者」で先発出場した[12][13]。シーズンではチームの4番として定着。打率.317(リーグ3位)、24本塁打(同4位)、93打点(同3位)、157安打(同3位)と自己最高の成績を残し、出塁率、長打率、OPS、塁打数では山田哲人に次いでリーグ2位を記録した。得点圏打率でも.344(同3位)と前年に続いて勝負強さを見せた。10月9日には第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された[14]。同大会では8試合35打席に出場し、26打数10安打(打率.385)5打点の成績を残した。プレミア12終了後のオフには志願してドミニカ共和国ウィンターリーグであるリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナに参加し、レオネス・デル・エスコヒードでプレーした[15]

2016年2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出された[16]。レギュラーシーズンでは7月19日東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)から同月22日の読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)までに、日本プロ野球初となる3試合連続マルチ本塁打を達成する[17]。7月29日の対広島東洋カープ戦で、野村祐輔からマツダスタジアムのセンター方向に本塁打を放つ。これが日本プロ野球初記録の月間6度目のマルチ本塁打となった。また、この本塁打は7月度月間で15本目となり、2013年3月・4月にトニ・ブランコが記録した月間14本塁打の球団記録を塗り替えた[18]。8月11日の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)では、今村信貴から左中間方向に本塁打を放ち、藤井勇が持っていた球団左打者歴代最多の34本塁打記録を66年ぶりに更新した[19]。9月13日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では村中恭兵から第40号本塁打を放ち、球団では2013年にトニ・ブランコが記録した41本塁打以来となる自身初の40号本塁打の大台に載せた。日本人に限ると2011年に中村剛也が記録した48本塁打以来5年ぶりの快挙となった。最終的には44本塁打まで本数を伸ばし、自身初の打撃タイトルとなる本塁打王を獲得。競っていた打点でも争いを制し、打点王 (110打点) と合わせて打撃二冠に輝いた。また、リーグ3位の打率.322を残し、得点圏打率はリーグトップとなる.393を記録した。10月8日のクライマックスシリーズ初戦ではマイルズ・マイコラスからクライマックス1号となる逆転本塁打を放ちチームの勝利に貢献した。

オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[20]。また、シーズンオフの12月1日、不動の4番として(及び主将として)球団初のクライマックスシリーズの進出へ貢献したへの評価から、2億円アップの年俸3億円で契約更改した[21]。なお、この年は、シーズン中にアレックス・ラミレス監督から、「間違いなく、日本一の4番。監督1年目に彼を4番で起用できることに喜びを感じている。あと15年、プレーしてもらうために、近い将来、一塁手へのコンバートを考えている」という趣旨の発言がなされている[22]

2017年1月24日に、第4回WBC日本代表選手27人が発表され代表入りを果たし[23]、代表の4番を務めることになる。1次ラウンドでは、3試合で打率.364、2本塁打、5打点を記録し1次リーグB組MVPを獲得した[24]

選手としての特徴[編集]

小さい頃、球宴は必ずテレビで見ており、「特に印象に残っているのが松井秀喜さん。僕にとって目標というより、憧れの存在なんです。凄いなあってずっと思っていました」と話している[25]。高校時代より、超高校級内野手として「ハマのゴジラ」として注目を浴びた[26]。横浜高校の小倉部長からも「私が見て来た20年間でトップ」と評される[27]。「ハマのゴジラ」として球団から背番号55を与えられるも、2010年のオフに背番号8へと変更した[28]

プロ入り後、入寮の際には野球道具以外は尊敬するイチローの本を持参した程度で、野球漬けの生活を宣言[29]。2009年の第2回WBC決勝をテレビ観戦した際には、イチローの決勝打に「国を背負って戦うことは特別。僕もそういう存在になりたい」と思ったという[30]。そのイチローとは食事をともにしたことがある[31]

2012年から4年間監督と選手の間柄だった中畑清も「1年目に練習を見たが凄い選手が入ってきた」、「俺は巨人のコーチ時代松井秀喜を指導していたが似たものを持っている。」と期待を寄せており、2014年以後は4番打者として起用し続けた[32]

2016年シーズンに、本塁打王、打点王の2冠に輝くなど、打撃成績を向上させたが、里崎智也は「しっかりと自分のポイントまでボールを引きつけて打っているので、変化球が来ても崩されることも少なく、崩されてとしても、まだ打てるポイントに体が残っていますね」と高く評価している[33]。また、同年は、逆方向(左方向)への本塁打が11本(44本塁打中)と、前年(2015年)の0本から大きく向上させた[34]

人物[編集]

双子の姉がいる[35]。横浜高等学校野球部の恩師である渡辺元智が語るところによれば「筒香は姉と同じ高等学校へ進学してもおかしくなかったが、PL学園対横浜高校の延長17回の試合を見て、ウチへの入学を希望してきた」という[36]

高校3年時の第8回AAAアジア野球選手権大会でのインタビューで筒香は「将来的に日の丸を背負うことは、夢というより目標です」とコメントした[37]

ドラフト指名数日前に受けた取材でメディアに「将来的には松坂さんのようにメジャーで活躍する選手というのが自分の最大の目標なので、やっぱり向こうで勝負したいという気持ちはあります」と述べたことがある[38]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 横浜
DeNA
3 10 7 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 2 0 1 1 0 .143 .400 .571 .971
2011 40 160 145 16 35 10 0 8 69 22 1 0 0 1 13 0 1 51 4 .241 .306 .476 .782
2012 108 446 386 31 84 16 3 10 136 45 1 2 2 5 51 1 2 102 4 .218 .309 .352 .661
2013 23 56 51 5 11 1 0 1 15 3 0 0 0 0 3 0 2 13 2 .216 .286 .294 .580
2014 111 461 410 58 123 24 2 22 217 77 2 1 0 2 47 6 2 100 7 .300 .373 .529 .902
2015 138 568 496 79 157 28 1 24 259 93 0 0 0 2 68 0 2 98 5 .317 .400 .522 .922
2016 133 561 469 89 151 28 4 44 319 110 0 0 0 2 87 1 3 105 6 .322 .430 .680 1.110
NPB:7年 559 2262 1964 279 562 107 10 110 1019 351 4 3 2 12 271 8 13 470 28 .286 .374 .519 .893
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

WBCでの打撃成績[編集]

















































2017 日本 7 30 25 5 8 0 0 3 17 8 0 0 0 0 5 1 0 6 0 .320 .433 .680

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁 外野




































2010 横浜
DeNA
3 21 4 0 3 1.000 - -
2011 40 336 12 4 28 .989 - -
2012 19 94 7 0 9 1.000 92 45 148 6 8 .970 12 15 0 1 0 .938
2013 4 6 0 1 1 .857 9 4 11 0 2 1.000 7 7 0 0 0 1.000
2014 11 80 4 1 8 .988 7 1 7 0 0 1.000 101 162 3 6 0 .965
2015 - - 128 185 10 0 2 1.000
2016 - - 128 198 3 2 0 .990
NPB:7年 77 537 27 6 49 .989 108 50 166 6 10 .973 376 567 16 9 2 .985
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

NPB
日本代表

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:2016年8月5日、対中日ドラゴンズ18回戦(横浜スタジアム)、9回裏に田島慎二から左越ソロ ※史上278人目、DeNA球団史上最年少となる24歳8か月での記録達成
その他の記録
  • 1試合5三振:2011年10月18日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム) ※史上14人目(セ・リーグ8人目)
  • 3試合連続マルチ本塁打:2016年7月19日 - 22日 ※史上初
  • 月間マルチ本塁打:6度(2016年7月) ※史上初
  • オールスターゲーム出場:2回 (2015年、2016年)

背番号[編集]

  • 55 (2010年)
  • 8 (2011年)
  • 25 (2012年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DeNA筒香「3億。ありえないくらいの額に顔謝」”. 日刊スポーツ. 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ a b “DeNA筒香が逆転弾 実家手作りドームで土台築く”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1721813.html 2016年10月26日閲覧。 
  3. ^ 和歌山ニューメッツ. “和歌山ニューメッツのホームページ”. 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ 藤江直人 (2009年12月2日). “横浜ベイスターズD1位/筒香嘉智が思い描く10年後の自分”. SPORTS TIMES×論スポ「本日の論!」. スポーツタイムズ通信社. 2010年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月26日閲覧。
  5. ^ “筒香 1試合5三振のプロ野球タイ記録”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/18/kiji/K20111018001848790.html 2011年10月19日閲覧。 
  6. ^ 背番号変更のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ (2011年12月9日). 2016年11月11日閲覧。
  7. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー”. 日本野球機構 (2012年11月6日). 2015年4月14日閲覧。
  8. ^ 侍ジャパンマッチ2012 「日本代表 VS キューバ代表」日本代表メンバー”. 日本野球機構 (2012年11月6日). 2015年4月14日閲覧。
  9. ^ “筒香、守備で交錯し後頭部強打…グラウンドに救急車、病院に搬送”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年8月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/13/kiji/K20140813008738570.html 2014年8月13日閲覧。 
  10. ^ 侍ジャパントップチーム 追加招集選手のお知らせ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2014年11月9日). 2014年11月9日閲覧。
  11. ^ 欧州代表戦、侍ジャパン出場選手発表!6選手が小久保体制下で初招集”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年2月16日). 2015年3月22日閲覧。
  12. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第1戦 (火) 東京ドーム 打席結果・投打成績”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  13. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 試合結果トップ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年3月11日). 2016年3月10日閲覧。
  14. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  15. ^ “DeNA筒香 異例ドミニカウインターL参加へ 主軸が自ら志願”. Sponichi Annex (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/10/kiji/K20151110011479670.html 2016年10月26日閲覧。 
  16. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。
  17. ^ “【DeNA】筒香、史上初の3戦連続2発!「ポケモンGO」よりすごいモンスター「筒GO」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月23日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160723-OHT1T50054.html 2016年7月28日閲覧。 
  18. ^ “筒香 プロ野球史上初、月間6度目の1試合2発 月間15本塁打は球団新”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/29/kiji/K20160729013058380.html 2016年7月28日閲覧。 
  19. ^ “筒香 左打者で球団史上最多の35号、伝説の人物66年ぶり抜いた”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年8月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/08/11/kiji/K20160811013145030.html 2016年8月11日閲覧。 
  20. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年10月18日). 2016年10月18日閲覧。
  21. ^ DeNA筒香「3億。ありえないくらいの額に感謝」”. 日刊スポーツ. 2017年2月9日閲覧。
  22. ^ 筒香連日2発!ラミ監督15年4番へ一塁配置転換も”. 日刊スポーツ. 2017年2月9日閲覧。
  23. ^ 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」侍ジャパン 出場選手について 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年1月24日) 2017年3月5日閲覧
  24. ^ WBC1次リーグB組MVPは筒香!不動の4番としてチーム引っ張る”. SANSPO.COM. 2017年3月20日閲覧。
  25. ^ “筒香独占手記】本塁打への目覚め 小4で見た松井氏の球宴3連発”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/17/kiji/K20160717012979200.html 2017年3月9日閲覧。 
  26. ^ “「ハマのゴジラ」筒香進化の18号”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年8月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140810-1348581.html 2014年8月26日閲覧。 
  27. ^ 佐々木浩哉. “横浜ベイスターズの希望の星。筒香嘉智が未来を切り開く(1/2)”. OCNスポーツ (NTTコミュニケーションズ). オリジナル2011年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111001080748/http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/baseball110921_1_1.html 2014年8月26日閲覧。 
  28. ^ “横浜ベイスターズ 筒香嘉智選手”. 高校野球ドットコム. (2011年8月5日). http://www.hb-nippon.com/interview/605-intvw2011/6435-20110805no75?pref=yamanashi 2017年3月8日閲覧。 
  29. ^ “横浜筒香が入寮「雄星には興味ない」”. 日刊スポーツ. (2010年1月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100108-583653.html 2017年3月8日閲覧。 
  30. ^ “DeNA筒香 WBC使命は「奪還」 今も目に焼き付くイチローの決勝打”. スポーツニッポン. (2017年2月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/23/kiji/20170222s00001004538000c.html 2017年3月8日閲覧。 
  31. ^ “筒香が独白、イチローから受け継ぐ侍の系譜”. 日刊スポーツ. (2017年2月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1782767.html 2017年3月8日閲覧。 
  32. ^ “期待はゴジラ級!中畑監督 筒香は「一番のターゲット」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年12月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/12/10/kiji/K20111210002209270.html 2014年8月26日閲覧。 
  33. ^ 横浜DeNA筒香の何がどうすごい?!”. THE PAGE. 2017年2月8日閲覧。
  34. ^ 筒香嘉智に見る、三冠王への“序章”...”. ベースボールキング. 2017年2月8日閲覧。
  35. ^ 伊藤雅哉 (2008年8月15日). “死球の痛みに耐えて快音 横浜の4番・筒香選手”. 第90回高校野球選手権大会記念大会 南神奈川大会. 朝日新聞社. 2008年8月15日閲覧。
  36. ^ 「感動インタビュー 渡辺元智・横浜高校野球部前監督「さらば甲子園 ありがとう、僕の教え子たち」」、『週刊現代』、講談社2015年8月29日、 167 - 171頁。
  37. ^ “筒香がプロ正式表明/アジアAAA”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年8月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20090828-536337.html 2016年10月26日閲覧。 
  38. ^ “筒香 メジャー封印「ベイスターズに入って全員が優勝したいと思っている」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/16/kiji/K20120516003260830.html 2014年8月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]