高木康成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高木 康成
110429 Yasunari Takagi, pitcher of the Yomiuri Giants, at Yokohama Stadium.jpg
2011年4月29日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県榛原郡吉田町
生年月日 (1982-03-30) 1982年3月30日(34歳)
身長
体重
182 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト2位
初出場 2001年6月12日
最終出場 2013年4月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高木 康成(たかぎ やすなり、1982年3月30日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手投手)。大阪近鉄バファローズの歴史において、最後の勝利投手として知られている。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

榛原郡吉田町出身。小学3年生で野球を始め、中学時代にはエースとして全国中学校軟式野球大会で初出場初優勝[1]静岡高校3年時には第81回全国高等学校野球選手権大会に出場し、初戦の倉吉北戦で17奪三振記録。3回戦で桐生第一正田樹との投げ合いに敗れるも、3試合連続で2桁奪三振を記録した。

1999年ドラフト会議において大阪近鉄バファローズから2位指名を受け入団。

プロ入り後[ソースを編集]

近鉄時代[ソースを編集]

オリックス時代(2008年9月27日、阪神鳴尾浜球場)

入団2年目の2001年に5試合に登板し、初先発・初勝利を記録。

2002年には主にリリーフで27試合に登板して防御率2点台の好成績を残し、先発初勝利も記録した。

しかし翌2003年は再び一軍登板無しに終わった。

2004年は主に先発として起用され自身最多投球回数を記録したが、打者2巡目や中盤で捉えられる事が多く、5点近い防御率に終わった。近鉄の本拠地最後の試合となった9月24日西武ライオンズ戦(大阪ドーム)で勝利投手となり、チーム最終戦である27日のオリックス・ブルーウェーブ戦(ヤフーBBスタジアム)でチームが敗れたため、高木は近鉄最後の勝利投手となった。同年オフに球団合併による選手分配ドラフトでオリックス・バファローズへ移籍。

オリックス時代[ソースを編集]

2005年は8試合に登板したのみで、内容も芳しい物ではなかった。5月15日広島戦(スカイマークスタジアム)で先発を任されるも、打者3人に対して2四球1安打という乱調で、1死も奪えずわずか12球で降板。その後、試合は16対14で広島が勝ち、プロ野球史上2位タイとなる両軍42安打(広島22安打・オリックス20安打)という大乱打戦となった。

2006年はリリーフとして起用され、21試合で防御率3.20と久々に一軍の戦力と言える数字を残した。同年オフに、97年以来9年ぶりに復活するハワイ・ウィンターリーグへ派遣された。

2007年は開幕から一軍に入り、菊地原毅山本省吾吉田修司らと共に左の中継ぎとして活躍した。それ以前は走者を出すと制球を乱し痛打を許して崩れる場面が目立ったが克服し、特に強打者には滅法強い強心臓ぶりを発揮。シーズンを通して登板を重ねてチーム2位の54試合に登板、防御率2.62と安定した成績を残した。

2008年も開幕一軍入り。4月2日の西武戦で3年ぶりの先発を務めるも、3回3失点で敗戦投手に。以降、精彩を欠いた投球が続き、10試合で防御率8.80の大乱調で4月中に2軍降格。10月に内視鏡による左肘頭骨棘(ちゅうとうこっきょく)除去手術を受けた。

2009年は開幕では一軍登録はされなかったが7月10日に一軍登録された。しかし、登板機会がないまま7月15日に登録抹消された。8月7日に再登録され8月12日の試合に抑えとして出場。六点の差があったためセーブはつかなかったが、1安打無失点と好投した。しかし、翌日の8月13日の試合では1回2安打2四球2失点と乱調であった(ビハインドの場面だったので勝ち負けつかず)。その後も乱調が続き、8月21日に再び登録抹消された。しかし、9月10日に再登録され、この日の試合に先発。結果は5回5安打2四球4失点(自責点3)と失点こそは多かったが、まずまずのピッチングをした(高木は敗戦投手)。その後は抹消と登録を繰り返し、登録された時は先発するという形になった。9月22日には近鉄時代以来の先発での勝利投手となった(6回2安打2四球無失点)。10月9日のオリックス最終戦でも先発した(結果は負けて、高木は敗戦投手となった)。なお、この年の先発した試合はすべて東北楽天ゴールデンイーグルス戦であった。12月4日木佐貫洋との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍[2]

巨人時代[ソースを編集]

2010年8月15日横浜ベイスターズ戦で移籍後初登板。昇格後は9月5日の対中日ドラゴンズ 戦まで11試合連続無失点を記録している[3]8月21日阪神タイガース戦6回1点ビハインドの場面に登板し、1回1安打無失点に抑え、直後にチームが逆転したために移籍後初勝利を挙げる。さらに、新天地でのお立ち台デビューも果たしている[4]9月16日東京ヤクルトスワローズ戦で巨人移籍後の初先発を果たし、4回を3安打1失点に抑えるも、今季初黒星を喫している[5]。10月8日の東京ヤクルトスワローズ戦では勝てば2位となりCS本拠地開催権を確保できる試合で9回に追いつかれ、延長10回にクルーンがランナーを2人出したとこで交代となり登板したが、川本良平に勝ち越し3ラン本塁打を打たれそのままチームは負け、3位となりシーズンを終了した。最終的にこの年は21試合を投げて24.2回、自責点3、防御率1.09と過去最高の成績を残した。

2011年は登板数は前年の倍近い46試合に登板したが、打ち込まれるケースも多く、防御率も前年の倍近くの3点台に終わった。

2012年は、開幕から13試合連続無失点を記録。山口鉄也や新人の高木京介の影に隠れつつも、40試合に登板。3勝1敗、防御率1.44と前々年の安定感を取り戻した。年間を通じて1軍に在籍もした。

2013年は、4月3日の横浜DeNAベイスターズ戦に登板するも出場はこの1試合のみ。8月3日、球団から左肩関節唇の修復手術を受けることが発表された[6]10月23日、自由契約になる事が発表され、11月28日に育成契約を結んだ[7]

2014年は二軍でも登板なしに終わり、10月1日に球団から戦力外通告を受け[8]11月6日にブログにて現役引退を表明した[9]11月23日開催のファンフェスタでは約10分にも渡る引退スピーチを行い、整列していた選手・首脳陣も思わず吸い込まれるようにこれに聞き入った[10]

引退後[ソースを編集]

2015年より巨人の2軍サブマネージャーに就任[11]

選手としての特徴[ソースを編集]

平均球速約139km/h[12]、最速147km/hのストレート、高校時代に甲子園でも多くの三振を奪った変化の大きいカーブに、カット・ファスト・ボールスライダーシュートフォークボールなどの多彩な変化球を投げ分ける軟投派左腕である。

プロ入りからオリックス移籍直後までは先発投手を任されていたがあまり目立った成績を残せず、2006年以降はリリーフとしての起用がメインとなった。

チームにとっては貴重なサウスポーだが、やや故障が多いのが欠点であった。

人物[ソースを編集]

2004年シーズンオフの選手分配ドラフト直後のオリックスとの交渉時、年俸1300万円を提示されるものの、「12で割ると1カ月分がすごい半端。1320万だと110万円になるんで」と主張して20万円の上乗せに成功。当時フロントの中村勝広を笑わせた。

髪質がウィルフィン・オビスポに似ていることから、オリックス時代から兄弟ではないかというネタにされていたものの、ジャイアンツへの移籍が決まったことで、奇しくも同じチームに所属することになった[13]。しかし、2010年オフにオビスポはトレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍した。

ジャイアンツ移籍後、ズームイン!!サタデー内のコーナー『プロ野球熱ケツ情報』の司会、宮本和知に年賀状を送っており、このことから宮本に「非常に律義な性格」と称され、以後同コーナーでは『リッチギー(律義)高木』と命名されている。

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2001 近鉄 5 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 35 6.1 12 1 4 0 0 6 1 0 10 10 14.21 2.53
2002 27 5 0 0 0 3 3 0 -- .500 257 63.1 49 3 17 2 4 61 4 0 19 18 2.56 1.04
2004 19 10 0 0 0 2 7 0 -- .222 283 64.2 54 7 38 1 3 42 2 0 35 35 4.87 1.42
2005 オリックス 8 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 80 17.1 20 5 11 0 1 11 2 0 12 12 6.23 1.79
2006 21 3 0 0 0 0 1 0 1 .000 88 19.2 23 2 8 0 0 19 0 0 7 7 3.20 1.58
2007 54 0 0 0 0 4 3 0 8 .571 226 55.0 48 3 18 2 1 47 2 0 18 16 2.62 1.20
2008 10 1 0 0 0 1 2 0 1 .333 70 15.1 21 3 3 0 1 8 0 0 16 15 8.80 1.57
2009 6 3 0 0 0 1 2 0 0 .333 89 20.0 18 1 14 0 0 4 0 0 12 11 4.95 1.60
2010 巨人 21 1 0 0 0 1 1 0 3 .500 100 24.2 15 1 11 1 2 19 3 0 3 3 1.09 1.05
2011 46 1 0 0 0 1 3 0 12 .250 157 36.1 31 3 20 0 2 24 1 0 16 15 3.72 1.40
2012 40 0 0 0 0 3 1 0 6 .750 169 43.2 34 0 8 1 0 25 3 0 9 7 1.44 0.96
2013 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 7 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:12年 258 30 0 0 0 18 26 0 32 .409 1561 368.1 327 29 152 7 14 267 18 0 157 149 3.64 1.30

記録[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 33 (2000年 - 2009年)
  • 13 (2010年 - 2013年)
  • 001 (2014年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 静中・静高創立125周年人物誌 プロ野球・近鉄投手 高木康成氏
  2. ^ 木佐貫投手とオリックス・高木投手のトレード成立
  3. ^ 巨人・高木、12戦目で今季初失点…
  4. ^ 2010年8月22日付日刊スポーツ紙面
  5. ^ 高木、今季初先発で好投も報われず スポーツニッポン 2010年9月16日
  6. ^ 【巨人】高木康が左肩関節唇の修復手術 nikkansports.com 2013年8月3日
  7. ^ 【巨人】野間口、高木が育成選手契約 nikkansports.com 2013年11月28日
  8. ^ 越智選手ら7選手に戦力外通告巨人球団公式サイト2014年10月1日配信
  9. ^ 本人ブログ
  10. ^ 原監督をうならせた名スピーチ…今も巨人を支える「律儀」な男 - スポーツニッポン、2015年7月18日配信
  11. ^ 【裏方さんGood Job】高木康成2軍サブマネジャースポーツ報知2015年2月6日配信
  12. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、8頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  13. ^ 本人ブログ

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]