ウィルフィン・オビスポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオビスポ第二姓(母方の)はバルガスです。
ウィルフィン・オビスポ
Wirfin Obispo
モンテレイ・サルタンズ #43
YG-Wirfin-Obispo.jpg
巨人時代(2009年8月27日、ジャイアンツ球場)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1984-09-26) 1984年9月26日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 アマチュア・フリーエージェントとしてボストン・レッドソックスと契約
初出場 NPB / 2007年8月14日
最終出場 NPB / 2011年4月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィルフィン・オビスポ・バルガスWirfin Obispo Vargas , 1984年9月26日 - )は、ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球選手投手)。現在はメキシカンリーグモンテレイ・サルタンズに所属。

日本での愛称は「オビ」「オビちゃん」。

経歴[編集]

レッドソックス傘下時代[編集]

2002年1月20日にボストン・レッドソックスと契約。当時は遊撃手だった。

2003年はルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・レッドソックスでプレーしていたが、オフの11月3日に放出された。

レッズ傘下時代[編集]

2004年1月23日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、投手に転向。同年は球団のマイナー最優秀投手に選出された。

2006年はルーキー級ドミニカン・サマーリーグで14試合に登板し、4勝5敗、防御率2.04だった。

巨人時代[編集]

2007年読売ジャイアンツの春季キャンプにテスト生として参加し、育成選手として契約。イースタン・リーグで巨人史上2位の最速157km/hを記録する[いつ?][1]など球威はあったが、春季キャンプの紅白戦でボークを2回犯すなど、投球技術と制球力に課題があった。6月29日に支配下選手登録。二軍では11試合に登板して5勝2敗。47.1回を投げ奪三振51、防御率は3.99だった。8月14日に一軍登録され、同日の広島東洋カープ戦の8回裏に初登板。シーズン終了後、鈴木誠とともに故郷ドミニカのウィンターリーグに派遣された(エストーラス・オリエントに所属)が、右肩の違和感から再度育成選手として契約することが決まり、2008年1月25日付で一旦自由契約となった。

同年7月30日に再び支配下選手登録される。今度は一軍登板が無かったが、二軍では37試合に登板、34回を投げて奪三振41、1勝3敗21セーブ、防御率4.24を記録し、イースタン・リーグ最多セーブ投手となる。

2009年は二軍スタート。マーク・クルーンの故障離脱もあり4月25日に昇格。28日の広島東洋カープ戦では、次の回の登板に備えてベンチ前でキャッチボールしていたところ、3度も暴投して球がフィールド内に進入したため、その度に試合が中断し、球審にベンチへ下がるよう命じられた。中継ぎで数試合登板後、外国人枠の関係から降格した。6月、二軍の先発不足の事情から先発に転向し好投すると、クルーンの再離脱により6月16日に再昇格。7月2日の対広島東洋カープ戦で初先発し、コルビー・ルイスと投げ合い、6.2回を1失点で来日初勝利を挙げた。育成選手出身投手による先発勝利は史上初。また、7月22日の横浜ベイスターズ戦では三浦大輔と投げ合って2失点で、育成選手出身投手史上初となる完投勝利を挙げた。このとき、嬉しさのあまり自身のグラブとウイニングボールを球場ベンチに置き忘れた。その後、クルーンの復帰によって二軍に降格したが、セス・グライシンガーの故障で再度昇格し、9月17日の阪神タイガース戦で約2ヶ月ぶりの勝利を挙げた。この試合の6回表、プロ野球史上13人目、セ・リーグでは6人目となる「1イニング4奪三振」を記録する。また、優勝を決めた9月23日の中日ドラゴンズ戦に先発、谷繁元信に、一時1点差まで追い上げられる本塁打を浴びるも、7回3失点で勝利し、優勝投手となった。中日と戦ったクライマックスシリーズ第2ステージでは第2戦に先発し5.2回を2失点、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第3戦に先発し、3本のソロホームランを打たれるも6回3失点でそれぞれ勝利投手となる。育成出身選手によるポストシーズンと日本シリーズでの勝利投手は史上初。

2010年4月25日の対広島東洋カープ戦で、上野弘文から来日初本塁打を放った。この日は投げても7回2失点に抑え、シーズン初勝利を挙げている。しかし不安定な投球が多く2軍落ちし、中継ぎへ配置転換されたこともあり、2勝3敗、防御率5.21の成績で終わった。

日本ハム時代[編集]

2010年11月、須永英輝紺田敏正との交換トレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍[2]11月9日公示)。背番号は12に決まった。

2011年はプロ入り初の開幕一軍出場を果たしたが、シーズン初登板となった4月12日の対埼玉西武ライオンズ1回戦(札幌ドーム)でホセ・フェルナンデスに本塁打を浴びるなど、1回5失点だった。結局2試合しか登板できず、10月19日付けで加藤武治と共に戦力外通告を受け、10月31日に自由契約選手公示された[3]

日本ハム退団後[編集]

2012年2月2日に古巣のシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。AA級ペンサコーラ・ブルーワフーズで開幕を迎え、5月14日にAAA級ルイビル・バッツに昇格するも、10試合で19回1/3を投げ14失点を喫し、5月21日に降格する。ペンサコーラでは10先発を含む25試合に登板し、5勝2敗、防御率2.23、WHIP0.91の成績を残す。11月5日にアトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。

2013年はAAA級グウィネット・ブレーブスで54試合に登板し、2勝4敗9セーブ、防御率3.53だった。オフの11月1日にブレーブスとメジャー契約を結び、40人枠に加わった[4]

2014年2月25日にブレーブスと1年契約に合意した[5]。開幕後もメジャー昇格はなく、5月31日にDFAとなった[6]。6月1日にウェーバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍[7]。同日にAAA級インディアナポリス・インディアンスへ異動した。AAA級では26試合に登板し、0勝2敗、防御率3.77だった。オフはドミニカのウィンターリーグに参加しエストレージャス・オリエンタレスに所属。12月2日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結ぶ。

2015年7月25日に解雇となる。オフはドミニカ共和国のウィンターリーグでプレー。

2016年2月2日にメキシカンリーグモンテレイ・サルタンズと契約。

プレースタイル[編集]

スリー・クォーター気味のフォームからの、最高球速158km/hの速球スライダーチェンジアップ等が武器。荒れ球だが、日本での通算与四球率2.72と四球は少ない。また、インステップで投げ、右打者からの被打率は左打者からの被打率に比べて低い。元遊撃手で俊足であり、二軍で三塁打を放ったことがある。また、前述のリーグ優勝決定戦とクライマックスシリーズではセーフティースクイズを成功させている。

2009年までスライダーの握りを知らず、手首を捻って無理やり我流で曲げていた。当時の監督・原辰徳から伝授された正しい投げ方で投げたところ、それまでは横にしか変化しなかったボールが縦にも大きく変化したため、本人も「本当に自分が投げたのか」と驚いたという。この変化球は原の名前から「ハライダー」と名付けられた[8]

人物[編集]

  • 妻は5歳年下のドミニカ人女性。
  • 自由奔放な性格で、同僚の野球道具を勝手に拝借することもあり、2008年には門倉健のソックスを履いて練習に参加。2009年には大田泰示の新品の汗取りを勝手に開封して着用した。
    • 相手が先輩やコーチであってもイタズラする。2009年、2軍調整中だった高橋由伸に対して突然、低めの声で「おい」と声を掛けた。高橋は思わず背筋を伸ばして振り返ったが「何だ、オビちゃんか」と苦笑いしていた。
  • ズームイン!!サタデーの「プロ野球熱ケツ情報」のコーナーで、阿部慎之助から「岩尾 通(いわお とおる)」という日本名を付けられた。理由は阿部曰く「なんかいそうだから」。また、東京ドームのモナカアイスが大好物とも発言する。
  • 日本ハムで同僚だった稲葉篤紀のファン。サインボールをもらうほどである[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00
2009 14 7 1 0 0 6 1 0 1 .857 233 58.2 44 7 11 0 4 48 0 0 16 16 2.45 0.94
2010 14 7 0 0 0 2 3 0 1 .400 223 48.1 60 9 18 1 7 22 2 0 33 28 5.21 1.61
2011 日本ハム 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.0 4 1 3 0 0 0 0 0 6 6 54.00 7.00
通算:4年 32 14 1 0 0 8 4 0 2 .667 471 109.0 109 17 33 1 11 71 2 0 55 50 4.13 1.30
  • 2011年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打:2009年7月28日、対中日ドラゴンズ13回戦(東京ドーム)、3回裏にチェンから中越二塁打
  • 初打点:2009年9月23日、対中日ドラゴンズ21回戦(東京ドーム)、4回裏に山井大介から二塁適時内野安打
  • 初本塁打:2010年4月25日、対広島東洋カープ6回戦(東京ドーム)、4回裏に上野弘文から左越ソロ

背番号[編集]

  • 129(2007年 - 2007年6月28日、2008年 - 2008年7月30日)
  • 91(2007年6月29日 - 同年終了、2008年7月31日 - 2010年)
  • 12(2011年)
  • 43(2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 巨人にドミニカ出身の選手が入団するのは、2001年のヘクター・アルモンテ以来。イースタンでの巨人最速・158km/hを記録したのもアルモンテ。
  2. ^ 日ハム、巨人オビスポ獲得 紺田、須永とトレード北海道新聞 2010年11月5日
  3. ^ オビスポ戦力外 米国でのプレー目指す”. スポーツニッポン (2011年10月20日). 2011年11月2日閲覧。
  4. ^ Braves add Buchter, Obispo to 40-man roster”. MLB.com (2013年11月1日). 2013年11月2日閲覧。
  5. ^ Atlanta Braves agree to terms with 19 players”. MLB.com Braves Press Release (2014年2月25日). 2014年2月26日閲覧。
  6. ^ Mark Bowman (2014年5月31日). “Fredi hails Heyward as top defensive right fielder”. MLB.com. 2014年6月1日閲覧。
  7. ^ Pirates claim pitcher Wirfin Obispo off waivers from Atlanta”. MLB.com Pirates Press Release (2014年6月1日). 2014年6月2日閲覧。
  8. ^ オビちゃんがハライダーで先発5本柱合格
  9. ^ オビスポ、移籍会見で骨折明かす 稲葉へ“ストーカー宣言”…日本ハム
  10. ^ 四死球や安打を挟まないで達成したのは、2005年の前田幸長(巨人)以来、史上5人目。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]