1999年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロ野球ドラフト会議 > 1999年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

1999年度新人選手選択会議会議(1999ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は1999年に行われた第35回のプロ野球ドラフト会議である。

概要[編集]

11月19日14時より新高輪プリンスホテル(現:グランドプリンスホテル新高輪)で行われ、76選手の交渉権が確定した。

複数球団指名選手[編集]

順位 選手名 ポジション 指名球団
1位 河内貴哉 投手 広島、近鉄、中日
2位 田中賢介 内野手 日本ハム、西武、中日
  • 太字は交渉権獲得球団。逆指名導入後に2位指名選手が重複して抽選になるのは、この2年前の新沼慎二以来であるが、その時は抽選トラブルがあり[1]、滞りなく逆指名導入後2位抽選が行われた初のケース。

指名リスト[編集]

網掛けの選手は逆指名による入団

パシフィック・リーグ[編集]

福岡ダイエーホークス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 田中総司 投手 立命館大学 入団
2位 広田庄司 投手 日本通運 入団
3位 的場直樹 捕手 明治大学 入団
4位 川崎宗則 内野手 鹿児島工業高 入団
5位 田中瑞季 内野手 住友金属 入団

西武ライオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高山久 内野手 九州学院高 入団
2位 眞山龍 投手 仙台育英学園高 入団
3位 大島裕行 外野手 埼玉栄高 入団
4位 猪爪義治 投手 埼玉工業大学深谷高 入団
5位 貝塚政秀 捕手 三菱重工長崎 入団
6位 青木勇人 投手 同志社大学 入団
7位 後藤光貴 投手 大和銀行 入団

オリックス・ブルーウェーブ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山口和男 投手 三菱自動車岡崎 入団
2位 葛城育郎 外野手 立命館大学 入団
3位 迎祐一郎 外野手 伊万里商業高 入団
4位 岩下修一 投手 三菱自動車岡崎 入団

千葉ロッテマリーンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高橋薫 投手 日本通運 入団
2位 清水直行 投手 東芝 入団
3位 戸部浩 投手 東芝 入団
4位 塀内久雄 内野手 三瓶高 入団

日本ハムファイターズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 正田樹 投手 桐生第一高 入団
2位 田中賢介 内野手 東福岡高 入団
3位 吉崎勝 投手 ミキハウス 入団
4位 佐々木貴賀 投手 高松西高 入団
5位 藤崎大輔 捕手 中央学院高 入団
6位 神島崇 投手 インディアンヒルズ短期大学卒 入団
7位 遠藤良平 投手 東京大学 入団

大阪近鉄バファローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 宮本大輔 投手 延岡学園高 入団
2位 高木康成 投手 静岡高 入団
3位 前田忠節 内野手 東洋大学 入団
4位 山下勝己 内野手 近畿大学 入団
5位 岩隈久志 投手 堀越高 入団
6位 鷹野史寿 外野手 日産自動車 入団
7位 覚前昌也 外野手 PL学園高 入団
8位 奈良将史 投手 東北福祉大学 入団
9位 吉川勝成 投手 龍谷大学 入団

セントラル・リーグ[編集]

中日ドラゴンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 朝倉健太 投手 東邦高 入団
2位 福沢卓宏 投手 滝川第二高 入団
3位 山北茂利 投手 トヨタ自動車 入団

読売ジャイアンツ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高橋尚成 投手 東芝 入団
2位 谷浩弥 投手 田村コピー 入団
3位 佐藤宏志 投手 亜細亜大学 入団
4位 内薗直樹 投手 三菱重工長崎 入団
5位 條辺剛 投手 阿南工業高 入団
6位 十川孝富 内野手 大阪商業大学 入団
7位 宮崎一彰 内野手 いすゞ自動車 入団

横浜ベイスターズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 田中一徳 外野手 PL学園高 入団
2位 木塚敦志 投手 明治大学 入団
3位 村西哲幸 投手 比叡山高 入団
4位 鈴木寛樹 投手 掛川西高 入団
5位 南竜介 投手 報徳学園高 入団
6位 七野智秀 内野手 PL学園高 入団
7位 中野渡進 投手 三菱自動車川崎 入団
8位 八馬幹典 内野手 三菱自動車京都 入団

ヤクルトスワローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 野口祥順 内野手 藤代高 入団
2位 藤井秀悟 投手 早稲田大学 入団
3位 米野智人 捕手 北照高 入団
4位 細見直樹 捕手 比叡山高 入団
5位 花田真人 投手 中央大学 入団
6位 本間忠 投手 野田サンダーズ 入団

広島東洋カープ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 河内貴哉 投手 國學院大學久我山高 入団
2位 木村一喜 捕手 日本通運 入団
3位 栗原健太 内野手 日本大学山形高 入団
4位 末永真史 外野手 佐賀東高 入団
5位 佐竹健太 投手 NKK 入団
6位 苫米地鉄人 投手 山梨学院大学附属高 入団
7位 松本奉文 内野手 亜細亜大学 入団
8位 長崎元 外野手 平塚学園高 入団

阪神タイガース[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 的場寛壱 内野手 九州共立大学 入団
2位 吉野誠 投手 日本大学 入団
3位 岡本浩二 投手 東邦高 入団
4位 新井亮司 捕手 児玉高 入団
5位 上坂太一郎 外野手 王子製紙春日井 入団
6位 窪田淳 投手 帝京大学 入団
7位 松田匡司 外野手 シダックス 入団
8位 高山智行 内野手 箕島高 入団

備考[編集]

近鉄は河内貴哉の外れ1位に宮本大輔を指名、中日は河内貴哉の外れ1位に朝倉健太、田中賢介の外れ2位に宮本大輔を指名した。宮本大輔の交渉権は規定により指名順位上位に優先権があり、近鉄に決まった。中日は改めて2位に福沢卓宏を指名した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ B.B.MOOK156 スポーツ伝説シリーズ18「プロ野球ドラフト読本2000」51P、ドラフトミニ事件史、ベースボール・マガジン社、2001年、ISBN 978-4583611174