遠藤良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠藤 良平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川口市
生年月日 (1976-06-28) 1976年6月28日(46歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト7位
初出場 2001年10月1日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

遠藤 良平(えんどう りょうへい、1976年6月28日 - )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。兄はオートレース選手の遠藤誠(25期、浜松オートレース場所属)[1]

経歴[編集]

小学1年でリトルリーグ入りし、投手兼外野手としてプレー[1]。中学時代に軟式野球で外野手に専念[1]筑波大学附属高校では2年秋からエースも3年夏は遠藤竜志がいた修徳高校に敗れた[1]。その後、自分が神宮でプレーできるとすれば東大だけだ、と野球のために東大を受け、一浪の末合格[1]。きっかけは高校時代に神宮第二球場でプレーしたときに神宮でプレーをしたいと強く思ったことから。なお、大学では教育学部でスポーツ科学や運動生理学などを学ぶ身体教育学コースを専攻した。

1年春から東京六大学リーグ戦に登板し、3年春は開幕戦で早大を無四球完投勝利[2]すると秋も早大1回戦、翌々日の3回戦でも1失点完投で早大戦15年ぶりの勝ち点となった。4年春には開幕の法大戦で完投するも浅井良の本塁打で惜敗も2回戦は再び先発完投で法大から7季ぶりの勝利、92連敗中の明大戦で木塚敦士と投げ合い、自身も2打点の活躍で勝利[2]。リーグ通算57試合登板、8勝32敗、防御率3.63、152奪三振。通算8勝は東大歴代5位タイで、左腕では最多。1999年ドラフト会議日本ハムファイターズから7位指名を受け入団し、史上4人目の東大出身プロ野球選手となった[1]。入団発表会見で目標を聞かれ「開幕戦の中継ぎ投手で出られるように頑張ります」「(六大学の2年先輩)高橋由伸さんと対戦したい。成長した姿を見せたい。」と答えた。

現役生活はわずか2年間だったが、2001年10月1日の西武戦に消化試合ながらプロ初登板を果たしている(6回裏先頭の左打者・柴田博之の場面で先発カルロス・ミラバルに代わりワンポイントとして登板したが、右打者・玉野宏昌が代打で登場。結果は三塁線への内野安打。投球数は2球。)[1]

現役引退後は、北海道日本ハムファイターズにフロント入りし、業務提携しているニューヨーク・ヤンキースへの2年間の研修留学、ベースボールオペレーションディレクターを経て、2015年からはゼネラルマネジャー補佐。二軍中心の若手育成プラン作成や、アマチュア野球の現場でのスカウティング、一・二軍首脳陣とコミュニケーションを取って方針を現場へ伝える橋渡し役などを行っている[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----

記録[編集]

背番号[編集]

  • 48 (2000年 - 2001年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、94ページ
  2. ^ a b 神宮球場ガイドブック2011年春号「神宮球場から翔び立ったプロ野球のスターたち」越智正典
  3. ^ “日本ハムGM補佐・遠藤良平さん 史上4人目東大卒プロ、米留学でよみがえった情熱”. デイリースポーツ online. (2021年2月25日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/02/25/0014105138.shtml 2022年8月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]