十川孝富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十川 孝富
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府松原市
生年月日 (1977-05-29) 1977年5月29日(42歳)
身長
体重
184 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1999年 ドラフト6位
初出場 2002年3月31日
最終出場 2006年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

十川 孝富(そがわ たかとみ、1977年5月29日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

香川西高では投手を務めた。大商大では1年生の春季のリーグ戦でいきなり開幕投手をまかされ1勝3敗の成績を残すが右ヒジを骨折し、内野手に転向。関西六大学リーグで通算89試合に出場し、331打数97安打、打率.293、7本塁打、40打点。1998年春季のリーグ戦で首位打者になる。ベストナイン2度受賞。1999年のドラフト読売ジャイアンツ(以下:巨人)から6位指名され入団。

3年目の2002年に初めて1軍に昇格し同年は13試合に出場。その後は出場機会に恵まれなかったが、2005年から内野の控えとして一軍に定着。次第にスタメン出場の機会も増え、7月には阪神タイガース戦で安藤優也から初本塁打を放った。

2007年シーズンはチームの若返りの方針もあり1軍昇格を果たせず、また水晶体に水が溜まり物が二重に見えるといった病気も発症[1]10月4日戦力外通告を受け、11月30日自由契約公示された。

現役引退後は、「TOKYO GUTS」で野球スクールのコーチを務めた。2011年3月1日からは巨人に復帰し、副寮長を務めている[2]

2002年から2006年まで同チームに同姓の十川雄二が在籍していたが、血縁関係は無い。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 巨人 13 9 9 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .000 .000 .000 .000
2004 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2005 27 17 16 3 3 0 0 1 6 1 0 0 0 0 1 0 0 7 2 .188 .235 .375 .610
2006 7 9 8 1 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 .250 .333 .250 .583
通算:4年 48 35 33 5 5 0 0 1 8 1 1 0 0 0 2 0 0 13 2 .152 .200 .242 .442

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2000年 - 2007年)

脚注[編集]

  1. ^ 元巨人・十川孝富「TOKYO GUTS」/引退後記”. 日刊スポーツ (2010年5月20日). 2011年3月2日閲覧。
  2. ^ 【巨人】十川氏が副寮長に就任”. 日刊スポーツ (2011年3月1日). 2011年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]