1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロ野球ドラフト会議 > 1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

1979年度新人選手選択会議(1979ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、1979年に行われた第15回のプロ野球ドラフト会議である。

概要[編集]

  • 1979年11月27日東京・飯田橋ホテルグランドパレスにおいて開催された。
  • 指名順位で選手が重複した場合は抽選となった。
  • 抽選に外れた球団は奇数指名順位はウエーバー方式、偶数指名順位は折り返しウエーバー方式で希望選手を指名。
  • ウエーバー順位は西武 - ヤクルト - 南海 - 巨人 - ロッテ - 阪神 - 日本ハム - 中日 - 阪急 - 大洋 - 近鉄 - 広島。
  • 早稲田大学の岡田彰布に6球団が競合し、阪神が交渉権を獲得。この記録は1989年ドラフトにおける野茂英雄の8球団競合まで破られなかった。

複数球団指名選手[編集]

順位 選手名 ポジション 指名球団
1位 岡田彰布 内野手 阪神、ヤクルト、西武、南海、阪急、近鉄
1位 木田勇 投手 日本ハム、巨人、大洋
2位 大川章 投手 ヤクルト、ロッテ
3位 滝口光則 投手 広島、近鉄
4位 長瀬正弘 投手 日本ハム、阪神
  • 太字は交渉権獲得球団。

指名リスト[編集]

セントラル・リーグ[編集]

広島東洋カープ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 片岡光宏 投手 府中東高 入団
2位 永田利則 内野手 県立広島商業高 入団
3位 滝口光則 投手 山形南高 入団
4位 山中潔 捕手 PL学園高 入団

横浜大洋ホエールズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 杉永政信 投手 鯖江高 入団
2位 江幡和志 投手 常北高 入団
3位 竹之内徹 外野手 福岡大学 入団
4位 北安博 内野手 星稜高 入団

中日ドラゴンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 牛島和彦 投手 浪商高 入団
2位 小松崎善久 捕手 土浦第三高 入団
3位 島田芳明 外野手 同志社大学 入団
4位 井出登 投手 いすゞ自動車 翌年シーズン後に入団

阪神タイガース[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 岡田彰布 内野手 早稲田大学 入団
2位 赤松一朗 投手 電電北陸 入団
3位 北村照文 外野手 三菱重工名古屋 入団
4位 井沢武則 投手 盈進高 入団

読売ジャイアンツ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 林泰宏 投手 市立尼崎高 入団
2位 山崎章弘 捕手 育英高 入団
3位 岡崎郁 内野手 大分商業高 入団
4位 上野敬三 内野手 箕島高 入団

ヤクルトスワローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 片岡大蔵 投手 国士舘大学 入団
2位 大川章 投手 大阪商業大学 入団
3位 熊野輝光 外野手 中央大学 拒否・日本楽器入社
4位 岩下正明 外野手 三菱重工横浜 入団

パシフィック・リーグ[編集]

近鉄バファローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 藤原保行 投手 名城大学 入団
2位 光井正和 内野手 大阪商業大学 入団
3位 山村達也 投手 泉州高 入団
4位 銚子利夫 内野手 市立銚子高 拒否・法政大学進学

阪急ブレーブス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 木下智裕 投手 東海大学 入団
2位 森浩二 投手 高知商業高 入団
3位 八木茂 内野手 東芝 入団
4位 矢田万寿男 投手 倉吉北高 入団

日本ハムファイターズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 木田勇 投手 日本鋼管 入団
2位 高橋正巳 投手 仙台鉄道管理局 入団
3位 松本信二 投手 塩山商業高 入団
4位 長瀬正弘 投手 日体荏原高 入団

ロッテオリオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 竹本由紀夫 投手 新日本製鐵室蘭 拒否
2位 高沢秀昭 投手 王子製紙苫小牧 入団
3位 佐藤和史 投手 日南高 入団
4位 中居謹蔵 内野手 小高工業高 入団

南海ホークス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 名取和彦 投手 日産自動車 入団
2位 香川伸行 捕手 浪商高 入団
3位 山内孝徳 投手 電電九州 翌年シーズン後に入団
4位 水谷茂雄 投手 四日市工業高 入団

西武ライオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 鴻野淳基 内野手 名古屋電気高 入団
2位 田鎖博美 投手 盛岡工業高 入団
3位 大石友好 捕手 河合楽器 入団
4位 蓬莱昭彦 外野手 西南学院大学 入団